個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.23093 RE:イソジン7本目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 03/25(金) 22:54
>ま、今の勢いでは、信者(もしくは教祖自ら?)が、WHOすら否定するんでしょうけど。

はっきり言っておきますが、この未曾有の事故でWHOの権威であろうが政府の権威
であろうが、どうでもいいのですよ。教祖?私は自分の考えをかいたわけで
それをどう感じるかは理解できるかどうかリテラシーの問題にすぎません。

これは私がこの事故に関してかなり速い時点で書いたことです、が残念ながら

”この国にはタイムリーに安定化ヨウ素剤を配布するシステムも備蓄も無い”

じゃあ必要な時にヨウ素剤が手元になければどうするのか、というスタンス
ですね。そこの所、くれぐれも間違いなく。ここの所の感覚が放医研は
ズレっぱなしだと思うのです。

ある意味、首都圏にくばるヨウ素剤が無いのに他のヨウ素源をシャットアウト
することは、地震や津波で全電源喪失の可能性があり、その雛形の事故が
起きていたにも対策せず失敗した原子炉行政と同じ線上にあるということですよ。

でどうだったかと言えば、どうやら原発30キロ圏の住人にもSPEEDIの
結果で100mGyを超える範囲の人にもヨウ素剤は配られていないということ、
また30キロ圏内は事実上足止めしておいて最後にさらりと棄てたように、やはり
いざ、というときに政府のサポートを期待できない可能性がますます高く
なった、ということです。

だからこそ、いわき市や三春町が国に反して配布したのです。彼らはいざ
というときに正しい情報が期限の内に届くと信じていないのですよ。私も
その意味ではいわき市の市長あたりと同じ不信感のレベルということです。

じゃあ首都圏にどの程度危険があるのか、ということですが、最近のヨウ素
騒ぎで間違いなく首都圏へ風が吹いていることが確定的となりました。今回
の騒ぎは非常に情報は大きかったわけです。300キロもあるのに水戸、千葉
あたりと都内はさほど違わないのですよ。

したがって、今後格納容器が破裂するようなエクスプロージョンがあれば、
首都圏がヨウ素剤内服となる介入予想値100mGyに入る可能性がでてきた。
可能性はどの程度あるかわかりませんが、例えば格納容器が破壊される
程度の爆発の報をうけながら策無しとならないよう知識武装をして
おくべきでしょう。

私がヨウ素剤の在庫が乏しいことを知ったのは10年以上前です。仕事で
毎月G原発の付近を往復していたですが、ふと気づいたのは原発がま西にあると
いうことです。チェルノの時に私はNYにいたので毎日NYtimesを読んでいて
風向きやヨウ素剤の重要性は知っていました。

で市や電力会社の友人を通じて知ったのが、ヨウ素剤は原子炉のある街にしか
無い、政令指定都市にはない、ということです。ヨウ素剤は3ー6年の寿命が
あるので予算措置を前提とする大都市では、ありえないはずの原発事故に対する
備蓄の予算がむつかしいのはわかります。で、国が備蓄しているかと思ったら
れも持っていない(SDFにはあるかも知れませんが)。このことも今回皆さん
も良くわかったと思います。まだわかっていない人も少数いるようですが。

それ以来、安全で入手が容易かつ十分かつ迅速なヨウ素をチャージできる
代替品を検討しました。これと3日の食事と水備蓄がありますので、
実に原発事故に関しては安心そのものです。ただし賞味期限付近では
毎日カレーばかりになりますけど。

まあ、そういうつもりでお考えいただきたいですね。日本ではたとえカップ
ラーメンばかり食してもヨウ素レベルは高めです。わずかな量で飽和にもって
いけるので、知識と準備があれば今回程度のヨウ素131などで騒ぐ必要は
まったくない、ということです。準備があればパニくる必要は無いですよ。

FUSHIKIZ

もどる



mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12