個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.23348 RE:イソジン9本目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 04/06(水) 01:20
今日は忙しくてオフラインでした。遅く帰宅したら奥様がネットが
落ちているとお冠。みたらフレッツPPPoEOサーバーが落ちてました。
ほっといたら回復しました。

>ヨウ素の件、以下の理解で良いのでしょうか?

・甲状腺を飽和させるには足りなくても、放射性ヨウ素が体内に入る前に少量でも先回りして摂っていれば、その分だけは放射性ヨウ素の蓄積が減る。

有名なNewEngland Jの論文によれば、ヨウ素飽和後の131Iの摂取を甲状腺NaIシンチメーターで計っていますが、30mg以上であれば甲状腺のアップテークは95%以上防止されます。ただし、一日数mg(一桁)落ちて行きますので、継続的に汚染があるのであれば、
2、3日おきにチャージが必要でしょう。

本来安定ヨウ素というのは、チャージしたら避難するのが原則です。今回のようにすでに
23日間も放出が連続している場合は毎日ではありませんがチャージが必要です。
おおむね30mgのチャージは6日程度で元に戻ると思われます。

福島の30キロ内と飯館や川浪だと継続的に毎週チャージが必要でしょう。
教科書には毎日ヨウ素剤と書いてありますが、それは古いデータによるもので
毎日の必要は無いと思います。報道によると結局飯館村ではヨウ素は一回も配布
されなかったようです。731部隊並み。

手当てしたヨウ素溜めていて何に使う???

そもそもそういう地帯では最低週一回以上できれば3日毎に飽和が必要ですが、
30キロ圏内に数回分のヨウ素剤の備蓄は無いし実際何回も
配布されていないと思います。ここでも人体実験やっているのでしょう。

東京だと毎日2ー3mg程度の摂取で十分だと思います。昆布に乾燥重量で約0.1%から
0.15%のヨウ素がありますので、乾燥昆布で2ー3g程度でしょうか。うがい
なら5%ヨウ素が吸収されますので、4mlのうがい2回ですか。

>長期間飽和しっぱなしというのも、別の意味で甲状腺に良くない。今回Shimalithさんがご心配なさったように。

これも論文があって、ヨウ素を大量にとっても隔月で休めば問題ないことが
わかっています。あまり神経質になる必要はありませんよ。

>現在の東京のように、安定ヨウ素剤を今すぐ飲む必要があるほどではないが、
 だからこそ避難できないワカメ、昆布をいつもより多めに食べるくらいで、飽和ではなく長期間継続しても問題がない程度を保つくらいが丁度良い

そうです。東京なら昆布かうがい程度ですね。たぶんに安心感がぜんぜん違う
と思います。事実この規模の汚染は過去チェルノブイリしかなく、広範囲に
撒いた量ではまだチェルノより少ないですが、炉外に飛散した燃料の量では
数倍勝っています。今人類が経験したことのない汚染に瀕しているわけで、
甘い観測は禁物です。

今回漏れたピットの写真がありましたが、岸壁はヒビだらけでした。

ピットや溝のコンクリ下の栗石や棄てコンの下から汚染水がでています
から、そこいら中のヒビから漏れていると思います。2号のタービン、復水
器の循環が改善しても、お釜の底が割れているので栗石や棄てコンあたり
からの漏れだと岸壁の無数のヒビからは止める方法がありません。

格納容器無いにホルツのクーラント漏れ止めをいれればいいのかも
しれませんが、ポンプやその軸受けもやられるでしょうね。(軸受けは
グラファイト+ゴムだと思います。)

それより、政府は1号炉の再臨界を疑っているかのような発言を繰り返して
います。予防線を張っているのかな。ちょっと温度が過剰だと思います。
最悪もう一回ドカンあるか。再臨界がありえないと断言する学者が多いが
信用なりません。というのは、スリーマイル以外に崩壊した燃料がどういう
状態(デブリ)で重なっていて、水がどのように囲んでいるかは、人類は
経験していない。ましてやBWRではまったくこの規模の事故はおきていません。

だいたい学者で”ありえない”という人は二流です。一流は”可能性は
低いがゼロでない”というもんでしょう。私は基本的にゼロ%と100%と
言う人間は信用しないことにしています。

FUSHIKIZ

もどる



mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12