Home > 冬モデル第一弾

冬モデル第一弾


  • Posted by: F&F
  • 2009年11月20日 11:44

ドコモとSBMの冬モデルが発売開始された。
私としては940SHとケータイWiFiがどんなものだろうかと気になって2chスレを見てみたが、まるで発売日ではないかのごとく静かだった。

取説書を見ようとしたら公開されておらず、さっきやっと見ることが出来た。
WiFiに関しての説明は簡易で、これで分かるのかなぁという感じ。

ケータイWiFi契約無しでは専用ブラウザしか使えない。
いわゆるフルブラウザも使えないとは一体…
しかもケータイWiFiを契約したとしても使えるのはケータイサイトブラウザとPCサイトブラウザのみだ。
IP通話までさせろとは言わないがメールも駄目、S!系のサービスも駄目。
自慢のiPhoneがWiFi経由でMMSが使えないからそれに揃えたとか?まさか。

これでドコモと同額を取るなどちょっと考えられないが、永久にキャンペーンを張れば基本料金部分だけは無料である。
いやケータイ無線LANの時にはドコモ同額だったが、サービスが開始されることなく中止され、その後ケータイWiFiとして登場したときにはフラット定額制で実質値上げされていた…
そもそも発表当初は8月開始だったはずで、それが結局は開始されないまま改悪されたというわけだ。

ドコモに3年近く遅れたのに、ドコモとは比較にならないほどの機能でしかないなんて。
それでも孫さんはWiFiだWiFiだWiFiだと呪文のように唱えた。

なぜブラウザによる通信しかできないのだろうか。
ドコモの場合は定期的なアクセスによってNATタイマのタイムアウトを防止し、ローカルIPとグローバルIPの間を接続している。
これによって外部(インターネット側)からケータイへのアクセスが可能になり、各プッシュサービスやIP電話着信を可能にしている。
というか、そもそもVLANを張るので何かしらの接続維持策は必要なわけだ。
ちなみにフルブラウザのみであればVLANを張るわけではないので、通常のPCによるアクセス同様に扱われる。

もしやSBMのケータイWiFiは生データのやりとり?まさか。
そんな事をしたらPCからY!網に入られてしまうだろう。

もしかして931Nはドコモ的VLAN方式で、しかしSBMネットワーク側がそんな難しいことには対応出来ずにサービスが開始出来なかったとか。
今頃931N改修中?まさか。
当初は昨年末、それが夏に変更になり、秋に変更され、さらに来春にまで引き延ばされた緊急地しん速報と同じくグダグダ状態?
その緊急地しん速報は今月末から極々一部の地域で開始される予定になっているが果たして。

この冬モデルで緊急地しん速報に対応したものはあるのだろうか。
過去には対応機として831Nがあり、約4.7万円で売られているがスーパーボーナス分割払いのみの扱いのようだ。
940SHの所も見てみたが、こちらもスーパーボーナス分割払いのみの価格となっている。(オンラインショップ)
相変わらず"実質価格"を大きく表示しているが、月月割りが改悪された今となっては実質価格がどれほど実質なのかは怪しい。
定価は約9.5万円もするので、たとえば購入後1年経ってもローン残は4.8万円近くあるという恐ろしい話なのに。

まあ端末を(私が)買うわけではないからそれは良いとして、ケータイWiFiの仕組みが気になる。
なぜこんな中途半端な仕様が出来てしまったのだろうか。
今後公開されると思われるレポートに期待するか。

そうそう、孫さんは海外でも「3GやLTEは鼻で呼吸するようなもの、WiFiは口だ」と例のフレーズを繰り返したようだが、つまりSBM的には落ち着いて鼻で呼吸することも出来ずにハァハァと口を開けて荒い呼吸をするに至ったと言うことなのか。

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > 冬モデル第一弾