Tnx! 97,483,118 Access

[MENU]

モバイルバッテリ(6/30)
◆ モバイルバッテリの話になったのでその続きである。今や10Ahクラスが普通と言われる感じで、メーカ製でも2千円〜3千円位で買う事が出来る。

◆ 以前に怪しげモバイルバッテリの記事を書いた時には豊富におかしな仕様のものが出回っていた。Li-ionバッテリの体積エネルギ密度も重量エネルギ密度も全く無視したような仕様のものだ。

◆ 今回もいくつか検索してみたが、それら怪しげ系はかなり少なくなっていた。
やはり悪評が立って自然淘汰された感じなのだろう。今やTwitterなどでの情報伝達は早く、真実であろうが嘘であろうがあっという間に広まっていく。

◆ メーカ製でも10Ahで2千円ちょっとなのであえて怪しげ品を選ぶ必要もない。
現在の主流は10Ahクラスだそうで、スマートフォンを2回くらい充電出来る。
20Ahクラスもそこそこ出回っているのだが2Aの充電電流で10時間以上の充電時間がかかる。

◆ カタログに充電時間が謳われているものもあるが、だいたい10時間〜15時間だ。
このモバイルバッテリの充電時間はかなりダルい。スマートフォン自体は急速充電対応などで進化しているのだが、モバイルバッテリはそうでもない。AnkerのものなどはQC2.0対応品もあるので、千円位高くても私としてはこれを選びたい感じだ。

◆ ドコモの5Ah品でも(滅多に使わないので)フル充電で保存はしていない。Li-ion電池はフル充電に余り強くはないので少し減らした状態で放置してある。が、いざ使おう持って行こうとなった時に充電が遅い…前もって充電しておけば良かったと後悔する一瞬である。

◆ 非常時の為にモバイルバッテリは1つ位持っていても損はないと思う。普段使いでスマートフォンのバッテリを使い切ってしまう事は少ないとは思うのだが、通信を伴うアプリの地図やナビ機能を使うとそこそこバッテリは減る。外が明るいとバックライトの輝度も上がるので余計に電流は増える。

◆ 今は停電などは少なくなったし、長時間の停電でも起きればニュースになる程だ。が、これから夏にかけての台風や雷雨での停電時にもモバイルバッテリがあると安心出来る。ウチの場合はCLSに積んでいた100AhのバッテリがUPSに接続されているのでそこそこの時間PCなどは動かせるし、スクータから外したバッテリも一応は充電してある。いざとなれば車やスクータのエンジンをかけて電力をむしり取る事も出来る。

◆ だが出先ではそうはいかないわけだし、さほど重いものでもないので持って歩く事にしている。日帰りだし車だから持ち歩かなくていいやと外出した先で、急遽電車に乗る事になってバッテリ残量が怪しかった事がある。車の中でも充電していなくて、もう少し減ったら充電するかと思いながらそのまま車を離れるハメになった。

◆ この時はもうギリギリの状態で、電車の時間を調べるにもヒヤヒヤものだった。モバイルバッテリを持っていれば何ら不安はなかったのに。このドコモの5Ah品、最近のものに比較すると体積が大きいのが欠点だ。
Qi対応なので仕方ない部分もあるが。

[Contents]
サイト内記事検索
[PR]ジュエリーSIMON
[昨日の雑記]
[Blog風]
[F&F Menu]
[気象情報]
[F&F 掲示板]
[Fast Link]
[地震速報設定]
[12星座占い]
Amazon.co.jpロゴ
[変換エンジン]
JR東海運行状況
JR西運行状況
列車運行情報