Tnx! 97,269,711 Access

[MENU]

微妙な違い(5/29)
◆ blogの方でも触れているがAndroidのバージョンアップを行ったスマートフォンと、最初から?そのバージョンにメーカでセットされているスマートフォンでは同一のAndroidバージョンにもかかわらず機能が異なる。

◆ 最初に気づいたのはXperiaAである。いじる課程でAndroidのバージョンは同一ながら最新のOSを焼くとそれまでの状態とは差異が出た。例えばドコモ位置情報や位置情報SUBのアプリは、バージョンアップされた端末では無効化が可能だったが最新と思われるOSでは無効化が不可能になっていた。

◆ Xperia Z4も同じような違いがあった。Android5からAndroid6にバージョンアップしたものでは、初期化後のリストアの様子が異なっている。バージョンアップしたものは初期化後のバックアップデータ(アプリ)をXperia Aからコピーできますよと表示が出た。Android6になった交換品(修理上がり品)はXperia Aからのコピーの他にXperia Z4の過去にバックアップした情報からの復元も選択できた。

◆ この辺りはOSそのものと言うよりもOSに近い位置にある設定アプリだと思われるので、そこが書き換えられるかどうかの違いだ。OSには直接は余り関係がないが内部のプログラムモジュールのビルド番号などは結構頻繁に変わっているそうだ。

◆ SONYのダウンロードサイトにあるものが一応は最新版と見て良いと思うので、マイナーな変更まで追いかけたいという人はXperiaCompanion(PC Companion)などを使って最新版を焼くことが出来る。元々は起動しなくなったXperiaを救済する為の仕組みなのだが、内部のソフトをそっくり焼き直す機能がXperiaCompanionにはある。

◆ 本来であればアプリやOSのデータやキャッシュ部分も消去した方が良いと思う。
XperiaCompanionでもデータを残したままのモードとデータまで全て消去するモードがある。データを残したままOSやファーム部分を書き直す事も出来るので、動きがおかしくなったなどという時にはユーザデータ以外をそっくり書き換えてしまうことが可能だ。

◆ ダウンロード出来るのは最新版のファームやOSのみであり、古いバージョンを入手することは出来ない。古いバージョンが欲しい場合はOSなどが新しくなっていない時点のデータをダウンロードして保存しておくしかない。つまり、それを行わずに欲しいと思ってダウンロードすると最新版になっているというわけだ。

◆ これと同じ事がFlashtoolでも出来るし、Flashtoolであれば好きなモデルのデータがダウンロードできる。XperiaCompanionは基本的にはPCにUSB接続したモデル(一応選択は出来るんだけど)のファームをダウンロードする事になる。

◆ 元々はファームを書く為のソフトではなくデータのバックアップなどを取る為のものだ。画像や音楽、連絡先などを簡単にバックアップできる。バックアップアプリでmicroSDにバックアップしても良いが、PCならば容量に余裕がある。
私の場合は写真はカメラアップロードを使ってDropboxに保存しているし、連絡先などはGoogleに、音などのデータは基本的にはmicroSDに入れているので初期化で失うものは多くはない。

[Contents]
サイト内記事検索
[PR]ジュエリーSIMON
[昨日の雑記]
[Blog風]
[F&F Menu]
[気象情報]
[F&F 掲示板]
[Fast Link]
[地震速報設定]
[12星座占い]
Amazon.co.jpロゴ
[変換エンジン]
JR東海運行状況
JR西運行状況
列車運行情報