Tnx! 98,970,115 Access

[MENU]

カビと戦う人(6/23)
◆ 別荘関係の記事を読んでいた。軽井沢にしても八ヶ岳にしても蓼科にしても湿気に悩む人がカビと戦っていた。その土地の形状などによるのでそのエリア全てが同じでは無いにしても、皆それぞれ苦労している。

◆ 特に軽井沢は湿度が高いようで、カビ対策は宿命だなどとも言われる。新築時には設計時点から湿気が入らない構造にし、室内も空気の流れや除湿機を置く場所と配水管、結露しやすい水道管やトイレ周辺などの対策が必要だと言われる。

◆ 誰もがまず導入するのが除湿機だ。
これを連続運転して室内の湿気を排除しようとする。次には防かび剤の塗布や床下換気などで、建物に侵入する水分を軽減する。

◆ 傾斜地は傾斜角度にもよるのだが湿気は少ないとも言われる。水が下に流れるからと言う事らしいが全ての場所で同じで有るとは言えない。平坦地かそれに近い土地で地下水が地表近くにある場合は湿気が凄くなる。穴を掘って地下水を出そうにも平坦地では自然には流れていってくれない。

◆ 多湿地帯ではカビが生えるという事を知らずに別荘を購入、使用頻度が減って次に鍵を開けたら部屋中カビだらけだったなんて話がある。
そしてこのカビの発生は建築設計が悪かったと建築会社に文句を言う。まあ気持ちは分かるが筋違いも甚だしい。

◆ もちろん設計上でも防湿シートだとか珪藻土の壁だとか、防かび剤の塗布を行う。防かび剤は環境基準の為に以前のような強力なものが使えない。しかし防かび剤があると無いとではかなりの差が出るそうだ。

◆ 霧が出る場所は湿度が高い。そう考えると箱根辺りも多湿地帯なのだろうか。霧に煙る木々は中々良いものだと思うのだが住んでいる人にとっては邪魔者か。

◆ 伊豆でも伊豆高原など東側の海に近い場所は湿度が高い。高原と言っても海抜200m位の所なので丘という感じだ。不動産屋は海風が湿気を持ってくると言っていた。

◆ 伊豆半島エリアにしても湿度が高い場所もあるが、軽井沢(旧軽井沢と言われる側は未だ良いらしい)で暮らす人々の苦労に比較すれば楽なのかも知れない。

◆ これまでに何軒もの別荘内を見たが埃臭かったりかび臭いと感じるのは伊豆高原側の別荘に多かった。ダイヤランドやエメラルドタウンの物件では埃が積もっているところはあったが室内がかび臭い物件はなかった。

◆ 毎年1度でも使っている別荘は掃除も行き届いているので綺麗に維持されているが、使われなくなって年数の経つ別荘はうっすら埃をかぶっている。なお管理事務所に言っておけば定期的に窓を開けるなどして風を通してくれるそうだ。

◆ これも湿気の少ない地域でなら良いのだが、外気湿度が高いところで日照時間が少ないと窓を開けるよりも除湿機を運転し続けていた方が室内湿度は下がる。

[Contents]
サイト内記事検索
[PR]ジュエリーSIMON
[昨日の雑記]
[Blog風]
[F&F Menu]
[気象情報]
[F&F 掲示板]
[Fast Link]
[地震速報設定]
[12星座占い]
Amazon.co.jpロゴ
[変換エンジン]
JR東海運行状況
JR西運行状況
列車運行情報