すべて表示


[ホームページ][使い方説明][ツリー表示]

1ページに最大10件のツリーを表示します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
javaを理解してくれないブラウザ、海外からは書き込みできない可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
宣伝書き込み防止のためURIは不定期に変更します
↓次の記事の先頭へ↓

No.31030 ダブルグリスバーガー症候群 なっくん [Windows/7:IE/9.0] 05/13(日) 19:49
4月29日に日本で出回るようになったインテルのPC向け新プロセッサ"Ivy Bridge"ですが、5月1日にこんな記事が出ました。

Intelの新CPU「Ivy Bridge」が高熱になる「ダブルグリスバーガー症候群」状態
こちら


これに対して、実際に評価をしてみた記事が出ました。

瀬文茶のヒートシンクグラフィック
【番外編】Core i7-3770Kの「殻割り」で熱輸送のボトルネックを確かめる
こちら


まとめると、
- Ivy Bridgeはなぜかオーバークロック時の熱耐性が前モデルSandy Bridgeに劣る
- 仕様では省電力になったはずなのにこれはどうしたことか?
- 実はヒートスプレッダ内の熱結合がグリスに変更され、しかも秋葉原でふつうに入手できるものに比べて質が悪いようだ

ということで、主にオーバークロッカーから批判が出ています。


これに対して
- 通常使用ではインテルの言っているとおりの性能は出ている
あるいは
- これはやっちまったな...

みたいな意見があります。

もちろん、
- そもそも現状のCPUで満足しているのでIvy Bridgeなんて興味ない。

という見方もあるでしょう。ただ、実際にグリスを変えただけで高負荷時に発熱の下がっているデータを見てしまうと、とくに導入予定が無くてもIvy Bridgeに(ひいてはインテルに)ネガティブな印象を持ってしまいます。

こんなことを気にしているのは世界中でも日本人(それも一部の)だけのような気もするのですが...以前の浮動小数点バグとかUSB3.0の件とかi820がダメダメだった件とか思い出してしまいます。

No.31031 RE:ダブルグリスバーガー症候群 kone [Windows/XP:Chrome/18.0.1025.168] 05/13(日) 20:34
その番外編、
「まず普通のヒートシンクでやれよ!」
と、見た瞬間に爆笑しました。

p73a2a50b.wmaxuq00.ap.so-net.ne.jp


No.31032 RE:ダブルグリスバーガー症候群 Beep [p:Windows/7:FireFox/12.0] 05/13(日) 23:48
AMDが不甲斐ないからこんな物でも平気で発売されるんだ!とか
関係ないところまで飛び火したり。
とりあえず現状はM/Bだけ対応品にして、CPUは「今は買うな!」で
Sandy Bridgeのまま使ってステッピング変更で改善を期待したい
ところでしょうね。

ところで、なっくん さん
USB3.0の件ってなんでしょうか?
幻のPentium3 1GHzとかはありましたけど。

P.S.
下を見てもしょうがないけど、リネームだらけのビデオカードより
マシかとw

fl1-118-108-185-149.stm.mesh.ad.jp


No.31037 RE:ダブルグリスバーガー症候群 なっくん [Windows/7:IE/9.0] 05/14(月) 15:08
>USB3.0の件

すいません「3Gbps SATAの不具合」の件の間違いでした。

こちら
こちら

今調べてみましたら2011年の話でした。まだ一年ちょっとくらいしか経っていないのにもう忘れているという...

No.31039 RE:ダブルグリスバーガー症候群 Beep [p:Windows/7:FireFox/12.0] 05/14(月) 23:05
ああ、そういえばそんなこともありましたね。>SATA
もう随分昔な気がしますが、1年と少しなんですよね。
USB3.0の言い出しっぺなのにやっとチップセット(Z77)に
組み込んだとか、そういう話かと思いました。

P.S.
USB3.0ボードも価格が少し下がってきたので刺したけどUSBメモリくらい
しか使い道無い...
一番需要ありそうなのは、スマホの高速充電(500mA→900mA)とかだったり。

flh1adm112.stm.mesh.ad.jp


No.31040 RE:ダブルグリスバーガー症候群 なっくん [Windows/7:IE/9.0] 05/14(月) 23:35
近頃はノートPCでUSB 3.0搭載のものがあるんですけど、これとUSB 3.0外付けブルーレイドライブ(5インチのでかいやつ)を接続して使っています。

ノート用内蔵ドライブより速く読み書きできる(1GByteを1分くらい?)のと、そもそも光学ドライブをはずしたままいつもは使ってる(ThinkPad T420sです)ので、よく.isoを作るのに使っています。

計算すると1GByte 1分くらい=133Mbps程度なので、USB 3.0の必要は無いのかもしれませんが。

SSDだと最近はシーケンシャル読み込みで500MByte/s = 4GbpsとかあるのでUSB 3.0が生きてくるのかもしれませんね。



No.31041 RE:ダブルグリスバーガー症候群 Beep [Windows/7:IE/9.0] 05/15(火) 01:50
最近のノートだとUSB3.0なんですね。
今これ書いているのは去年の春モデルの廉価機だからか、USB2.0です。
確かに5インチの光学ドライブに慣れているとノート用ドライブの読み書きは
DVD-Rへのバックアップですら遅く感じますね。
BDだと10倍速あたりでUSB2.0だと不安になるかな?
外付けのSSDの是非は兎も角、SATAもUSB3.0も8B/10Bなので500MB/s=5Gbpsかな?
USBだと実測で8掛けくらいに落ちてしまいそう。
理論上はGbE NICとか合っても良さそうだけど、需要がどれくらいあるかどうか。
USB3.0だと、マルチディスプレイアダプタとか安価に出ないかな?
SDXCのUHS-1だと95MB/sとかもあるので、必要でしょうね。
それにつけても延長ケーブルの高さよ。カモンの1mでも\290...

flh1adm112.stm.mesh.ad.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.31003 太陽磁場転極 experia [Windows/7:FireFox/12.0] 05/04(金) 23:17
こちら
今さらですか?
てかんじですね。
ココでも武田邦彦さんをトンデモなんて言っていた方も多数いた様な。


No.31006 RE:太陽磁場転極 とし [u:Windows/XP:FireFox/11.0] 05/06(日) 19:19
ブログの方にもレス付けましたが・・(笑)
他にも
こちら
ですかね?

しかし、世界中どこもCO2削減なんてやってないし日本にしたって原発止めて火力で発電中。さらに瓦礫まで燃やしてるのに去年の寒さ。

寒冷化すれば今度は食糧難となるのが必死なのに今更CO2なんて言ってるのはなんかイタい。テレビなんかも最近は言わなくなったけど。

No.31016 RE:太陽磁場転極 B-51 http://heavybommer.web.fc2.com/ [m:Windows/7:Chrome/18.0.1025.168] 05/10(木) 12:52
地球温暖化については、そもそも予測でしか無く、その精度だって高いとは決して言えないものですからね。
予想通りに行かない可能性だって大いにあるでしょう。
寒冷化するとかいう話もしかりですが。

ただ、論理的に言ってそういった可能性が否定出来ないというか可能性として高そうだという話だったわけです。
だから「無理のない範囲で」保険的に対応をしていこうというのが、本来の温暖化対策です。

そこを、ビジネスに乗っける人たちが出てきたからちょっと過剰になってしまったわけですが…
そして、その過剰な部分にさらに過剰反応して、「温暖化懐疑論者」も必死になったってところですよね。

少なくとも、数年とか言う短いスパンでは、温暖化するのか寒冷化するのかなんてわからないのですから、ここ数年寒いから寒冷化だとか、猛暑だから温暖化だとか、脊髄反射的にいうからいけないんですよ。
マスコミがそういう傾向だから、世論がそれに引っ張られるのでしょうけど。
もうちょっと長い目で物を見る癖をつけてほしいものですが。

で、「無理のない範囲」での温暖化対策(温室効果ガス排出削減)は、保険みたいなものなんですから、やってもそう損はないと思いますけどね。
後になって「やっぱり温暖化しちゃったね」じゃ遅いわけですし、もし寒冷化に向かったら別の対応をすれば良い(地球全体の気候を制御するよりは、農地にビニールハウスをたくさん作るとかの方がよほど現実的)わけですからね。

それと、化石燃料の使用料削減は、石油の温存にもなるのですから、無駄ってことはありませんし。

>武田邦彦さんをトンデモなんて言っていた方も多数いた様な

彼は環境問題についてはトンデモだと思いますけど。
仮に「温暖化なんて起きない」ってのが当たったとしても、他にも沢山分けのわからないことを言ってましたから。
Wikipediaにもまとまっているくらいにね。
こちら

もちろん、発言の全てがトンデモだなんて言いませんけどね。

結局、武田氏はまず「温暖化対策なんてしたくない」っていう結論があって、そこにこじつけるためにいろんな理屈をこねていたように思います。
ちょっと前にこちらでも見かけたように、もともと賢明な人でも、特定の問題についてはそういった「結論ありき」の議論をしだす場合は往々にしてありますからね。

君子豹変すを逆で行くようなもので。

No.31017 RE:太陽磁場転極 experia [f:Windows/7:FireFox/12.0] 05/10(木) 22:51
>武田氏はまず「温暖化対策なんてしたくない」っていう結論があって、そこにこじつけるためにいろんな理屈をこねていたように思います。

2009年9月27日に放送された「たかじんのそこまで言って委員会」の要約(こちら)です。
以下引用ーーー

宮崎氏「あのね、番組のクオリティーの為に念の為、聞きますけど、

先般【朝まで生テレビ】に出演されましたよね。国立環境研究所の研究員の方がグラフを出して、温暖化は進んでいる上下をしながらゾーンをとってみると、やはり気温が上昇しているという議論をなさっていて、私が見るとこ、武田さんあんまり有功に反応されてなかったように見えるんですが、これについてはどう?!」

武田氏「僕ね、ここで三宅さんから質問があった時に答えたように、未来の気温は今の科学じゃ分からない。上がるか下がるか分からない。分からないものをこうだああだって言ってもしょうがないんですよ。

あの時、国立環境研究所の研究者は上がると言った。隣の丸山先生は下がると言った。両方とも正しくてね、どっちがあってるなんてね、、僕よくこう言われるんですよ『武田先生はどっち信じますか?!』って、『いや宗教じゃないから信じられませんよ』って言ってるわけ。僕の今日の提案はね、まぁCO2が増えてね、暖かくなって心配だっていう方がおられるから、科学はどっちか分かんないけど、暖かくなっても銀紙貼るだけですよと言ってるわけですよ。それくらい小さい事を大きく言ってねお金取ろうという、まぁ電気代が倍になったりするのは、やっぱりちょっとおかしいって、、」

引用終わりーーー

武田さんを擁護したい訳ではないですが、温暖化を口実に一稼ぎを狙っている方(オウベ
イカ)が多すぎと思えてならないだけなのです。


No.31018 RE:太陽磁場転極 nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 05/10(木) 23:26
結局、何が言いたいのでしょうか?

>ココでも武田邦彦さんをトンデモなんて言っていた方も多数いた様な。

具体的にどのようなものでしょうか?


氏の、代表作である「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」など、最初から10
ページほど読むだけでいろんな議論のすり替えや無理のある論理展開があって、
これがトンデモと非難されているところだと思います。

もちろん、温暖化問題や本来の専門である放射線防護の問題では正鵠を得ている
発言も多いのですが、氏の発言全般を見てみると、変な人としか言いようが無いと
思います。


また、温暖化懐疑論は当初からあり、排出権の問題も京都議定書以前から取り上げ
られてきたところです。そんな中で、なぜ問題の多い武田氏を取り上げるのでしょうか?

No.31019 RE:太陽磁場転極 experia [f:Windows/7:FireFox/12.0] 05/11(金) 00:28
>結局、何が言いたいのでしょうか?
>また、温暖化懐疑論は当初からあり、排出権の問題も京都議定書以前から取り上げ
られてきたところです。そんな中で、なぜ問題の多い武田氏を取り上げるのでしょうか?

温暖化懐疑論は当初からあっても、対等に議論され取り上げられてきましたか?
単に懐疑論があったか無かったかなど肩の上の芥です。

では、何故日本は率先して温暖化対策をしようとしているのですか?
貴方は、一般の方にこう言った考え方も在るよと啓蒙しましたか?
ドイツはなぜ原発をやめるのですか?
原発推進の大きな理由が温暖化なのは何故?

一般の方にわかり易く啓蒙しようとすれば、変な人としか言いようが無い事を
するのが一番の気がします。

>具体的にどのようなものでしょうか?

どの発言にたいしてのものでしょうか?

No.31020 RE:太陽磁場転極 B-51 http://heavybommer.web.fc2.com/ [m:Windows/7:Chrome/18.0.1025.168] 05/11(金) 12:03
>experiaさん

いや、その発言だけなら、まっとうなことを言っていると思えますよ。

ただ、そうでない発言も非常に多いわけですよ。
Wikipediaの記事見てください。
もちろんWikipediaが100%正しいなんて言うつもりはありませんけど、それだけ議論を呼ぶ発言を繰り返しているということではあるでしょう。

もちろん、繰り返しになりますけど、氏の発言の全てがトンデモだなんて言うつもりは毛頭ありませんけどね。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.31007 夏の電力需給予測 Lear [m:Windows/7:FireFox/12.0] 05/08(火) 13:04
「夏の電力需給予測 北電、九電、関電の3社で電力不足となる見通し」は本当だろうか?
電力需給予測
こちら
によると厳しいのはこの辺との事
 北電: -3.1%
 九電: -3.7%
 関電:-16.3%
 四電: +0.3%

2011年3月11日の災害発生から今年の夏季需要のピークとなる2012年7,8月まで約16ヶ月間ありました。

2011年の夏季、東京電力と東北電力は震災で傷ついた火力・水力発電所を復旧させつつ、同時に増設も行いました。
東京電力と東北電力は今年の夏季需要に向けて更に発電所を増設しています。

2011年3月11日以降に新設ないし再開する/した火力発電所をとりあえず調べてみました。

【東北電力】
2011年7月運転開始 新潟火力発電所 5号系列(10.9万kW)
2011年8月運転開始 東新潟火力発電所 港3号系列(5.38万kW)
2012年1月運転開始 新潟火力発電所 6号機(3.4万kW)

2012年7月運転予定 東新潟火力発電所 5号機(33.9万kW)
2012年7月運転予定 八戸火力発電所 5号機(27.4万kW)
2012年7月運転予定 秋田火力発電所 5号機(33.3万kW)

【東京電力】
2011年4月運転再開 横須賀火力発電所 2号ガスタービン(14.4万kW)
2011年4月運転開始 姉崎火力発電所 1〜4号系列(0.56万kw)
2011年6月運転再開 横須賀火力発電所 3号機、1号ガスタービン(35万kW+3万kW))
2011年7月運転再開 横須賀火力発電所 4号機(35万kW))
2011年7月運転開始 常陸那珂火力発電所(ディーゼル含む総出力25.323万kw)
2011年7月運転開始 袖ケ浦火力発電所 1号系列(11.22万kw)
2011年8月運転開始 大井火力発電所 1号ガスタービン(12.8万kw)
2011年8月運転開始 川崎火力発電所 1号ガスタービン(12.8万kw)
2011年8月運転開始 横須賀火力発電所 3・5・6号系列ガスタービン(総出力32.96万kw)
2011年9月運転開始 大井火力発電所 2号ガスタービン(8.1万kw)

2012年6月運転予定 君津共同火力 6号機(15.29万kw)
2012年7月運転予定 鹿島火力発電所 7号系列(80.4万kw)
2012年7月全動予定 千葉火力発電所 1号系列(100.2万kw)

【中部電力】
2012年7月運転予定 上越火力発電所 1号系列1-1号(59.5万kw)

【関西電力】
2012年8月運転予定 姫路第一発電所 1・2号ガスタービン(3.27万kW×2)
2012年夏頃再開予定 海南火力発電所 2号機(45万kW)

【九州電力】
2012年7月運転予定 豊前発電所 1号〜3号ディーゼル(1200kW×3)

東北電力は今期7月までにあと3機増設します。
東京電力は今期7月までにあと3機増設します。
厳しいといわれる北海道電力、四国電力は増設予定を見つけられませんでした。
九州電力はたった0.36万kWしか増設予定がありません。
一番厳しいと主張されている関西電力もこの程度です。


原子力再稼動への人質効果を狙っているのでしょうかね?
増設すると設備投資の二重化という問題はありますが、本当に足りないなら増設すべきですがはてさて?
増設する時間はあったのですが何かの理由で積極的にやらなかったのは確かではないでしょうか?

No.31008 RE:夏の電力需給予測 ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 05/08(火) 14:03
関電は電力が足りないから原発を動かすのではなく、原発を動かしたいから動かすのだと言っていましたね。

東電は自分たちが事故を起こしたから仕方なくみたいな所もあって火力を増設したのではないでしょうか。
東北も復興云々があったので仕方なく。
もしも他のエリアの電力会社の事故だったら、関電と同じように何もしないで足りないと叫ぶばかりだったような気がします。

炭酸ガス排出問題とか色々ありますが、原発はいつかはやめないと廃燃料の問題だとか寿命が来た炉の問題だとかが深刻になりますよね。
広い土地があるなら良いですが、国土が狭く平坦地の少ない日本では原発を作る場所にも困るでしょう。

今の炉が寿命を迎えて全国に50基の使えない原発が数十年間寝かされる事になり、それと別に100基は作らないといけないなんて話が将来の現実でしょうから。

No.31009 RE:夏の電力需給予測 Osaka [u:Windows/XP:FireFox/12.0] 05/08(火) 15:46
東京電力と東北電力については、発電所新設の際必要な環境影響評価手続が条件付で免除されて
いるようです。通常3年程度かかるのだとか。
こちら
こちら

東新潟火力発電所 5号機の運転計画
こちら
を見るとそうして作った発電設備も現時点では原発の代替ではなく被害を受けた発電設備が復旧す
れば廃止する物であるとの事。

休止火力の再稼動
こちら
・蒸気タービンなど主要設備の取り換えが必要などとして再稼働まで3年程度が必要
・再稼働には新規に火力発電を建設するのとほぼ同額の2000億円以上の投資が必要
3年と2000億・・・東新潟火力発電所5号機33.9万kwが1年少々で設置できるのに?。

電力会社は国が方針を示してくれないからこのまま行くと。
国は、というか政治家は叩かれるのを恐れてだんまり、夏が終わるまで待って起こった(起きな
かった)結果を見てましな方に付く、のかなあ。

em1-114-76-224.pool.e-mobile.ne.jp


No.31010 RE:夏の電力需給予測 Lear [m:Windows/7:FireFox/12.0] 05/08(火) 21:20
関電予測「想定需要節電織り込みH22年並猛暑」の場合で-16.3% = -495万kWだそうで。
こちら

多奈川第二発電所は長期計画停止中の火力発電所としては大出力ですね60万kW×2機=120万kWの能力があります。
営業運転開始は1977年で、これは東京電力が再稼動させている横須賀火力発電所の3号機、4号機(35万kW×2機)の1964年より13年も新しい設備なんです。
横須賀火力発電所の停止は2010年4月と停止期間は1年程度で3ヶ月で再稼動しております。
多奈川第二発電所の停止は2005年だそうでまだ最近といってよいのかな?

関電で再稼動予定の海南火力発電所 2号機は45万kWの出力で営業運転開始は1970年で2001年から長期計画停止していたものです。
海南火力発電所 2号機の方が多奈川第二発電所よりも7年古くて4年長く停止してましたので多奈川第二発電所を再稼働させるには3年程度/2000億円以上の投資が必要ってちょっとへんですね。
3年という当たりは通常の環境影響評価手続きを盾に利用して言っている気がします。
蒸気タービンなど主要設備の取り換えが必要というのはよほど管理を怠って腐らせない限りは無いと思うのですが実施のところはどうでしょうかね。

関電管轄では宮津エネルギー研究所に37.5万kWx2機=75万kWの長期計画停止している発電所があります。
営業運転開始が1989年で他と比べればかなり新しく2004年から長期計画停止しています。

多奈川第二発電所と宮津エネルギー研究所は隠し玉かな?、実は再稼動の準備を影でコソコソ進めてたりして?
仮に両方再稼動させることが出来ると+195万kWです。


No.31011 RE:夏の電力需給予測 nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 05/08(火) 21:26
Lear さん、相変わらず長々と書き込まれていますが、とりあえず中部電力の武豊
火力2号機の再稼動と知多第二発電所2号機ガスタービンの合計37.5万kWが抜けて
います。関西電力の堺太陽光は定格1万kWなので些少として無視しても、この
37.5万kWは無視するわけにはいかないでしょう。

長々と書かれていてても、資料性が高ければ価値があると思うのですが、抜けが
多いと意味がありません。

No.31012 RE:夏の電力需給予測 nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 05/08(火) 21:41
>関電は電力が足りないから原発を動かすのではなく、原発を動かしたいから動かす
>のだと言っていましたね

これは本音でしょうね。今日、関電本店の人と話をしていたのですが、明言こそし
ませんが、社員自身が電力が足らなくなるという会社の説明を既に信じていないよ
うです。そりゃそうですよね、この冬も毎週毎週需給ギャップが-8%あるとかいう
プレス出して節電依頼しておきながら、実際には毎朝7:50頃にNHKアナウンサーが
「使用率は83%です」なんて放送していたわけですから。中国電の融通を抜いても
余裕で足りる状況でした。

今朝の日経でもとうとうトップ記事で出ました。
電力不足は「DR」で解消できる、奇妙な政府・関電の“試算” こちら
大阪市の戦略会議でも多数の資料とともに関電は追い詰められています。こちら


>今の炉が寿命を迎えて全国に50基の使えない原発が数十年間寝かされる事になり、
>それと別に100基は作らないといけないなんて話が将来の現実でしょうから。

広瀬隆氏とかが散々批判していたのがここですよね。原子力ルネッサンスなんてこ
とを言ってましたが、既に運転開始から30年を超えた炉が多数あって、廃炉には
東海第一の実績で言うと20年はかかる。これで原子力の割合をさらに引き上げようと
すると、年2機以上のペースで建造していかないと間に合わないわけです。

No.31013 RE:夏の電力需給予測 Lear [m:Windows/7:FireFox/12.0] 05/08(火) 22:27
> 2011年3月11日以降に新設ないし再開する/した火力発電所をとりあえず調べてみました。

他に抜けがあればよろしくお願いします>ALL
特に九州、四国、中国、北陸、北海道あたりはかなり斜め読みで調べたのでまだ抜けがあるかもしれません。

> 資料性が高ければ価値があると思うのですが、抜けが多いと意味がありません。

なるほどね、ご指摘感謝感激。
正直、ソーラー発電所は調べる気まったく無かったです。
まだ漏れはきっとまだあってお願いしたいところです、新設の水力とか風力とかまったく調べてません。

【北海道電力】
2011年6月運転開始 伊達ソーラー発電所 (1000kW)

【東北電力】
2011年12月運転開始 八戸太陽光発電所 (1500kW)
2012年5月開始予定 仙台太陽光発電所 (2000kW)

【東京電力】
2011年8月運転開始 浮島太陽光発電所 (7000kW)
2011年12月運転開始 扇島太陽光発電所 (1.3万kW)
2012年1月運転開始 米倉山太陽光発電所 (1万kW)

【中部電力】
2011年8月運転再開 武豊火力発電所 2号機(37.5万kW)
2011年8月運転再開 知多第二火力発電所 2号機のガスタービン部(15.4万kW)
2011年10月運転開始 武豊火力発電所 メガソーラーたけとよ(7500kW)

【北陸電力】
2011年3月運転開始 志賀太陽光発電所 (1000kW) 3/12から運転
2011年4月運転開始 富山太陽光発電所 (1000kW)

【関西電力】
2011年9月運転開始 堺太陽光発電所 第3区画(3700kW)

【中国電力】
2011年12月運転開始 福山太陽光発電所 (3000kW)

No.31014 RE:夏の電力需給予測 nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 05/08(火) 23:22
とりあえずですね、九州電力では平成21年から休止していた苅田新2号機(37.5万kW)
を復活しています。というわけで以下は誤りですね。

>九州電力はたった0.36万kWしか増設予定がありません。

他、細かいのとかを挙げるときりがありません。こういうのは、掲示板で個別に書い
てもしょうがないと思います。他、PPSなどの状況も加味しないといけないし、例えば
関西電力の赤穂・相生発電所みたいに稼働率が極端に低かったやつの稼動を上げた
場合も考慮しないと、意図している議論にはならないはずです。

No.31015 RE:夏の電力需給予測 Lear [k:Windows/7:FireFox/12.0] 05/09(水) 12:10
意図してる議論は電力会社が出した見通しの確からしさはどの当たりかです。
結局、数値を積み上げていかないと言いっ放しにしかなりませんのでね。

九州電力の件は訂正します。

−−−−−−−−−−−−−−−
【九州電力】
2012年6月再開予定 苅田発電所 新2号機(37.5kW)
2012年7月運転予定 豊前発電所 1号〜3号ディーゼル(1200kW×3)
その他       離島移動用発電設備の稼動(0.3万kW))

九州電力はたった38.36万kWしか増設予定がありません。
−−−−−−−−−−−−−−−

ついでに九州電力関連で

 大分発電所 1号機(25万kW)  営業運転開始:1969年7月
 大分発電所 2号機(25万kW)  営業運転開始:1970年6月
 唐津発電所 2号機(37.5万kW) 営業運転開始:1971年7月
 唐津発電所 3号機(50万kW)  営業運転開始:1973年7月

が長期停止中で
「今夏の電力の供給力及び需要の見通しについて」(九州電力)
こちら
では大分発電所/唐津発電所は補修内容検討や部品の調達・交換に2年程度必要と書かれておりますが

2008年の九州電力IR資料(PDF)によると
こちら
> なお、計画停止中の大分発電所、唐津発電所については、急激な
> 需給変動など必要性に応じ短期間で再稼動可能な供給力として、
> 引続き保有することとし、供給計画の最終年度(2017年度)まで計
> 画停止としています。

なんて書いてるんですよね、変ですね。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30975 祝CDI搭載 vwD [Windows/2000:Opera/9.80] 04/24(火) 14:28
半年掛かりでの完成 搭載 おめでとうございます。
少し電圧が500Vとか 高めなので絶縁破壊が心配です。
 400V 一寸で デスビが溶けた (ULTRAのフルトラキット装着で)経験あり
仕事中に昼間だったがポイントに戻して事なきを得ました。
確かにバイクは失火覆いから 効果は期待できますね。

自分も免許取得前(40数年前か)からCDIを作ってまして
ゲルマ パワーTRばかりでしたが それなりの効果はあったかな。
少なくとも燃費の向上はそれほど見込まれなかったが
レスポンスはおおむね確実に向上した。

これからの報告楽しみにしています。

No.30976 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/25(水) 20:34
ん?半年?
半月、ですかね。

実験の方は更に色々やっていまして、この辺りは追ってblogに書きますね。
IGBT+PICで放電時間とか放電回数の制御をやってみたくなっています。
ハードロジックだと面倒だからなのですが、ステートマシンは暴走という怖さもあるし…
IGBTはVGEが高いのでインタフェースが要るし、その辺りが面倒です。

ドライブ電圧は600Vまで上げても短時間なら大丈夫でした。
それ以上はSCRの耐圧の関係で実験出来ず。
ただ使っているイグニションコイルの巻き数比が小さいようで、1:50とかその位の感じです。
まあ巻き数比が大きくても放電は定電圧なので、むしろインピーダンスを下げて電流を大きくする設計なのでしょう。

No.30977 RE:祝CDI搭載 vwD [Windows/2000:Opera/9.80] 04/25(水) 22:48
現行製品の1つにMSD社が有りますね

こちら

当然 検討されてると思いますが
三田無線と同じくコイル使ってるのが興味深い
このコイル使うと パワーTrの発熱ぐんと減りました。

日立のフルトラ改造kitも ウルトラの後に使いました。
有名蕎麦屋の奥の電装やさんで入手したのも懐かしい。
当然 天つけ大 も食べましたが、今思うとそんなに美味いそばではなかったな。

No.30978 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/25(水) 23:18
コイルって、放電用コンデンサと直列に入れるヤツですよね。
ちょっと実験してみたのですが、そこそこ大きなインダクタンスのものでないと効かないので個人的には微妙な感じです。

市販品の難しさは、様々なイグニションコイルを想定しなければならないことだと思います。
その点からすれば放電時間を欲張らずに複数回放電が良いのでしょうね。

三田無線、ありましたねぇ。
CDIも作っていたんですね。

No.30979 RE:祝CDI搭載 vwD [Windows/2000:Opera/9.80] 04/26(木) 08:47
HKS、MSDの2社ですか 現行CDI

デリカ三田 のCDI HiQ L と言いますが
前社長が応対に出てきて 頒布してもらった。
車CDIも見てもらったかな
100mH500mAってとこかな?


 たしかIGオンで250Vでクランキングすると
このコイルで350V位まで上がる。

ゲルマ パワTrを使ったCDIには必須の物かかと
触れないくらい熱くなったのが 人肌以下


No.30980 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 04/26(木) 09:35
100mH/500mAかぁ、結構大きなコイルですね。
三田無線の回路図を見てみると Hi-QコイルというヤツはMSDのような位置にあるのではなく、DC-DCコンバータとSCRの間に入っているのですね。

DC-DCの出力がブリッジ整流された後で、結構容量の大きな平滑用コンデンサが入っています。
このため、このコイルがないとSCRがターンオンした時にDC-DCがショートしてしまって動作が成立しないわけです。
コイルがあればSCRがターンオンした時にこのコイルにエネルギをチャージするためにDC-DCがショート状態にならないのでしょう。

SCRがターンオフするとコイルにたまったエネルギが(昇圧型SWレギュレータのように)コンデンサに移るという感じ。

高速時の放電用コンデンサチャージ時間短縮のために平滑用コンデンサが欲しかったんですかね。

放電用コンデンサが自動車用としては大きめ(3.2μF)なので、DC-DCを安定して動作させるためにも平滑回路入りの普通の電源回路が必要だったのかも知れません。
普通の?CDIだとSCRがターンオンして過負荷になるとDC-DCが自動停止するような設計だったはずで、しかしこれだと放電用コンデンサのチャージ初期に(充電電流が流れて)DC-DCが不安定になる可能性があります。

MSD同様にブースタコイルと称されるものも入っていますね。
これは放電時間の延長対策です。

No.30981 RE:祝CDI搭載 vwD [f:Windows/2000:Opera/9.80] 04/27(金) 11:24
別の使い方でしたかすみません。

MSD社 ブースターコイル 内装 
450から500V 湿気で日本じゃ無理かと
これで円高のおかげで 特価販売 2万からとは! 大きそうだけど
専用コイルついても25000円とか欲しくなりますね。

外部につけるのも有りますね

三田無線は最終モデルはHiQコイル+ブースターコイル内装
 この頃はもう 各社 必要十分な点火回路を備えるようになって
¥3.5万円(もっとしたかな)の投資はしなくなった。

blogのこの方 こちら

燃費10から15kmLとか凄いですね。
ホンダは最高出力を得れば 電装はそれで良しと言う設計
と聞いたから有り得ますね。
大衆車 2台乗ってましたので実感します。

No.30982 RE:祝CDI搭載 とり [Windows/7:FireFox/12.0] 04/27(金) 17:55
No.30981のブログの方、ものすごい数値の変動っぷりですね。
満タン法で計測してて、給油時誤差が大いにあるだけじゃないかな・・
と思ってしまいます。

p36248-ipngn2001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp


No.30983 RE:祝CDI搭載 vwD [f:Windows/2000:Opera/9.80] 04/28(土) 15:47
MSDの回路 取り説 眺めると 1000回転あたり1A
4000回転で4Aとか よほどメリットがないと使えませんね。

確かに火花は強いが 火花で走るわけではないです。

三田無線方式では、ゲルマPP 6000rpmで2A程度だったと記憶してます。
HiQコイル使わないと MSDと同等 消費してたかな

早いとこ firstCDI の燃費報告を見てみたいです。

プラグの話ですが、軟らかい銀合金のほうが
好ましいと言う説もあります。
金属イオンが燃焼を助けるのか?などの諸説
実際Yplugが高燃費だったかもしれない。


No.30984 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/28(土) 18:29
走行条件が一定でないと燃費比較は難しいですよね。
車の場合は同じコースを同じように走る機会も少なくなかったのですが、スクータは走行条件も行き場所も様々ですから。
シグナスは比較的燃費は安定していますが、スカイウエイブは渋滞の中を走るか否かでも2割くらい変わってきます。

点火系で1割燃費が変わったら、燃費が悪い方の点火システムに異常があると見るべきでしょう。

No.30985 RE:祝CDI搭載 vwD [p:Windows/2000:Opera/9.80] 04/30(月) 11:43
シグナスはヤマハの点火系は完璧だからいじってくれるなと言ってるようですね。

CDIもコンデンサもボンディング(エンジンだけは電食減るかも)も、
大抵燃費は良くなるのは稀 良くなる場合は経年劣化が回復 設計ケチった車
ベンチ性能さえ出れば出荷された車のみかな。

大抵は多少feelが良くなって 踏み込んで 燃費悪化してました。

1にアライメント 某セールスR32スカイラインは、やけに軽く転がりました
2にタイヤ幅 空気圧 
3にオイル かな

点火時期 噴射時期の点検も重要


No.30986 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/30(月) 19:19
IGf信号を見ているなんて四輪車並みです。
スカイウエイブも何かは見ているのですが直接的な信号では無さそうです。
強力な点火にしてもパワーが上がるのは希で、しかし電力は食いますからねぇ。
その電力も元はと言えばエンジンが作っている訳で、70Wも使うと0.1馬力分ですから小排気量車では逆にパワーダウンになったりして。

No.30987 RE:祝CDI搭載 vwD [p:Windows/2000:Opera/9.80] 04/30(月) 23:32
70w灯火で消費すると
軸主力 3倍必要と聞きますが?
 
 55馬力DEで30W 車幅、尾灯、番号灯 で低減させると
気分的に軽くなるような、気がしました。
だから 軽はLED化は、もっと効きますね

blogの最新解説わかり易かったです。
疑問が解けました。
放電電流100mA以上とか Digは4重点火同等とか


No.30988 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/30(月) 23:48
750Wで1馬力なので、発電や整流効率を考えると70Wで0.1馬力くらいかなと。
原付クラスなど0.1馬力の競争みたいな所もありますしね。
そもそもシグナスだと発電容量が160W位じゃなかったかなぁ。

スカイウエイブはLED化してHIDのローパワー改造したので大丈夫ですが、ノーマルだとブレーキランプ点けてウインカ出すと赤字になっちゃうんですよ。

ヘッドライトは単体で消費電力が大きいので目立ちますが、スモールランプなどの合計電力は結構大きいです。
あんな球でも20Wとかあるので、車などで8個付いていたら160Wですから。

No.30992 RE:祝CDI搭載 vwD [p:Windows/2000:Opera/9.80] 05/01(火) 15:50
ベルト損失 発電機損失 バッテリー損失(新語かも)

10Wをバッテリーから消費すると
エンジンは軸出力30%と聞きました。

運転中はバッテリ損失は無し 軸出力の消費は
勘では 負荷の倍くらいかなと思いますが。

No.30997 RE:祝CDI搭載 vwD [p:Windows/2000:Opera/9.80] 05/02(水) 09:18
30992の間違い訂正 板汚しですみません。

10w消費すると 30wエンジン軸出力消費です。
%間違い Wが正しい。

エンジン始動後 かなりの長い時間オルタから
 10から7A電流が流れます。

ガンスパークが効かない件 良く解りました。
数万キロは つけてましたが外しました。

バイクCDIが多く存在する理由も簡単解説ありがとうございます。

No.31004 RE:祝CDI搭載 vwD [p:Windows/2000:Opera/9.80] 05/05(土) 13:04
blogより

10Aから15A 700Vから1000VのSCRでないと
持ちませんね。

結構高価な 部品に 成りますね。

トリガの安定性 耐圧向上 ノイズ耐性からパルストランスは
採用しないのでしょうか?

PT 確か昔は安かったnew300円くらいかな
使おうとSCR付きジャンク基板 用意して 何処かに そのままになってます。
この基板のSCRは良かった メタルで1000V1Aから3A程度だったかな

あまり大きいSCR600V10Aとかは、トリガ安定性に欠けたような記憶です。




No.31005 RE:祝CDI搭載 ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 05/05(土) 22:08
私が使っているのは2個で250円のSCRです。
600V/25A iTSMが275Aです。
平均電流はたいして流れない&サージ電流50A級で良いので、かなり小型のものでもいけます。

トランス、入手性の問題もあるしサイズの問題もあるしで個人的には余り好きではありません。
出来るならばDC-DCもトランスレスにしたいくらい(笑)

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30989 原付と自動車の燃費について 不知者 [Windows/XP:FireFox/11.0] 05/01(火) 12:46
燃料費高騰もありまして、車から原付に通勤手段を変更した者です。
いまひとつエンジンの燃料消費量について分からないことがあり、質問させて下さい。

条件
@理想空燃比 14.7
A3000RPMで1分間走行する。

モデルケース1(2ストローク原付)
50cc/14.7=3.4cc (一回転毎の消費)
3.4cc * 3000 = 10,714,3 cc (1分間の消費量)

モデルケース2 (3000cc普通車)
3000cc/14.7=204
204/2=102cc (1回転毎の消費)
102cc*3000 = 306,000cc (1分間の消費量)

ということで30倍も車の方が燃料を消費する気がするのですが、
実際は共に13km/lくらいでほぼ同じです。

これはポンピングロスとか機械損失とかそういうものなのでしょうか?
(それ以外に重量とかいろいろな要因の末??)

お分かりになるかたお知恵を授けてください。
よろしくお願いいたします。

219x113x236x92.ap219.ftth.ucom.ne.jp


No.30990 RE:原付と自動車の燃費について ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 05/01(火) 12:54
まず計算の部分ですが、空燃比は容積比ではなく重量比です。
それと、エンジンの充填効率が常に100%と言う事はなく、つまり3000ccのエンジンが3000ccの空気を吸い込む事は(アクセル全開だとしても)ありません。
通常はアクセルを余り踏むことなく走っていますので、吸入空気量は大きく制限されています。

次にエンジンの効率の問題です。
最近の諸元表には載っていないのですが、1馬力・1時間あたりどのくらいの燃料を消費するか、つまりエンジンの効率です。

4ストロークエンジンより2ストロークエンジンの方が効率は悪いです。
(2ストロークの原付とスーパーカブの燃費の違いのようなもの)
エンジンの設計自体も効率重視するのか、パワー重視で行くのかでも大きく変わります。
小排気量バイクの場合は間違いなくパワー重視の設計です。


No.30993 RE:原付と自動車の燃費について taka_m [m:Windows/XP:IE/8.0] 05/01(火) 22:40
13km/lはかなり悪いのかも知れませんね。20〜30km/l位は走った様な気がします。

2スト原付は販売中止になってから久しいので、車体程度の問題も有るのでは無いでしょうか?
燃費が最近悪いんだけど・・・と言ってバイク屋に持ち込まれる整備不良(単に使いっぱなし)車両がそれくらいの燃費だったかと。

kd027087191069.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30994 RE:原付と自動車の燃費について LEILA [Windows/7:IE/9.0] 05/02(水) 01:24
私が今足代わりに使っているリード100(2スト)で20km/l前後ですかね。

昔乗っていたライブDioをボアアップしてビッグキャブを付け、CDIとチャンバーをレース用にしたもの(恥ずかしながら爆音でした・・・が最高速は100km/hを超えるというとんでもない代物)で10〜12km/lでした。

ノーマル状態で13km/lならばかなり悪いと思いますね。

古い原付はキャブに異物が詰まっていたりすることが多いです。エアクリ、キャブ周りのメンテナンスをお勧めします。でもこれバイク屋さんにやってもらうと中古の原付を買えてしまうくらいかかるので、ご自分で出来る範囲でやってみては如何でしょうか。

関係ありませんが、リード100はノーマルでは低速トルクが薄く、コーナーで回転を落とすとうっかりするとコケそうになるほどです。古いおっさんスクーターだからしょうがありませんが、これがライブDioのCDIに変更すると劇的に改善するそうです。カプラーの形状は同じでポン付けできるそうで、ピン数は多いそうですが動作には問題ないそうです。
50ccのCDIに変えると良くなるとは思いもしませんでしたが、まあ今はちょい乗り程度なのでノーマルで乗っています。

No.30995 RE:原付と自動車の燃費について do it myself [p:Windows/7:IE/9.0] 05/02(水) 07:52
>これがライブDioのCDIに変更すると劇的に改善するそうです
点火時期のMAPか、何か違うんでしょうかね?
ほりこしさんがまさにCDIを自作研究されているようですが、点火系のチューンってどれぐらいの効果があるのでしょうね。
30年ぐらい前は、永井のフルトラだとか、Monoマグコードだとか、ボッシュ?の赤コイルだとかいろいろと試しましたが、私にはよくわかりませんでした。
オートメカニック(っていう雑誌がありました)にはいろいろと能書きが書いてあって信じてしまったのですが、結局点火さえしちゃえば火花が強くてもマルチに火花が散っても変わらないようにも思います。
でもカーショップで火花の比較をされて、ジィ〜って強い火花を見ると惹かれてしまうのは残念です。(笑)

khp059137193188.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30996 RE:原付と自動車の燃費について ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 05/02(水) 08:41
現在の車に関して点火で何かを改善する余地は殆ど残されていないと思います。
ドエル時間の問題もDI化で凄く楽になったはずです。
少なくともモード燃費計測の回転数と負荷域で燃焼状態が悪くなるようでは排ガスレベルがNGです。

単車の場合は高回転域のドエル時間不足問題もあると思いますが、そういうモデルは最初からCDIかも。

調子の良いエンジンはそもそも改善の余地はあまりなくて、例えばシグナスの低温低速時にかぶりやすい部分を助けるとかスカイウエイブだと低速時のトルク変動を軽減するとか、キャブ車だと多少セッティングがずれても何とか火が付くように的な改善ですかね。
以前SLにCDIを付けたのも低速域でかぶったようになる対策で、これは効果がありました。
しかし点火が良ければ混合気はどうでも良いと言うことは無いので限界はあります。

小排気量バイクの点火系は固定進角のものもあるし、点火強度と言うよりも点火時期などに違いがあるようです。
原付クラスのトランジスタ点火だと電源容量やコイルサイズの問題もあって、本当にギリギリの設計ですね。

No.30998 RE:原付と自動車の燃費について 通りすがりのホイキタです。 [m:Windows/7:IE/9.0] 05/02(水) 13:40
点火の放電火花の強さはノーマルで十分なはずです。エンジン始動時はスターターに電力を食われてバッテリー電圧は10ボルト以下になることもありますが、そんな状態でも始動に必要な火花は飛ぶように作られています。しかも始動時は空燃比が不安定で混合気の密度も低い状態です。それで着火できるのですから、通常走行時の火花はノーマルで充分です。点火系の強化は、ほりこしさんの言われるように調子の悪いエンジンを強力な火花で強引に着火させるといった発想になると思います。ポイントやディストリビューターのような機械式のものは接点が荒れると明らかに調子が悪くなりトラブルが多かったですが、もう昔のことですね。

高回転で火花が弱くなるというのも実際にはほとんど関係ないと思います。2サイクルに比べれば4サイクルは余裕ですし、4サイクルでも2サイクルと同じように1回転ごとに火花を飛ばすエンジンもあります。バイクでは2気筒分のプラグをシリーズにつないでギャップ2倍の火花を飛ばす強さがありますね。

強い火花より弱い火花、つまり小さな電力で効率よく着火するにはどうすればよいか。それで様々な工夫があるのだと思います。容量成分や誘導成分など放電の質の問題のようです。

ntkngw477041.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.30999 RE:原付と自動車の燃費について 不知者 [Windows/XP:FireFox/11.0] 05/02(水) 14:34
ほりこし様、taka_m様、LEILA様
早々の回答ありがとうございます。

原付で13km/Lは悪すぎるにしても、車は高効率+アクセル絞っているのでそこそこ走るし、原付は無理やりパワーを出しているので効率とは程遠いと言う事で理解しました。
(1/60の排気量なのに、似たような燃費なのはちょっと悲しいですが。)

一人しか乗れない、雨降ると濡れる、トラックに惹かれそうになる、などもあって通勤原付化はあきらめようかと思いました。 

いろいろありがとうございました。

219x113x236x92.ap219.ftth.ucom.ne.jp


No.31000 RE:原付と自動車の燃費について JR8 [m:Windows/XP:Chrome/18.0.1025.162] 05/02(水) 16:58
2スト原付話題に便乗させていただきます。

私が乗ってるのは、平成18年規制直前の、いわゆる「最後の」2スト原付一種です。
17000キロ走行してますが、燃費は街中30±1km/L、遠乗り34±1km/Lで一定しています。

不思議なのは、ノロノロ発進、「急」のつく運転禁止、意識して時速30キロを維持する、いわゆる「いきすぎたエコ運転」をしても、燃費が上がらないことです。
逆に、ブイーン発進、急加速あり、時速√弐千伍百キロ(^_^;)で走っても、燃費が下がりません。

No.31002 RE:原付と自動車の燃費について 濡れねずみ [Windows/XP:Chrome/18.0.1025.162] 05/02(水) 18:21
2ストとはいえ13km/lは明らかなる不調と思ったほうがいいです。
まず疑うべきはパンクしてないか?キャブがおかしくないか?ですね。ピストンとピストンリングも交換。点火タイミングを調整。CDIは不調(故障)していないか?
ホイールベアリングも交換したほうがいいです。

自分のは水冷(ファンは無い)2スト原付一種をシリンダーポーリングして二種というものですが、片道5kmの通勤で35km/l、郊外の遠出で45km/lといった感じです。
距離計の誤差も確認済み、ほぼ1年にわたってずっとこうなので計測誤差でもないと思います。
過激なチューンはしていないので、そういう連中に比べると遅いですけどね。

>一人しか乗れない、雨降ると濡れる、トラックに惹かれそうになる、などもあって通勤原付化はあきらめようかと思いました。 

これはその通りなのです。

まぁ、機関としては4st 125ccの方が総合的に良いと思います(騒音、低速トルク、排ガス、耐久性、etc...)。
立ち往生はまだ経験してませんが、古いのでやっぱり細々と不具合が出ていますし(そのたびにパーツ取り寄せて整備する)、4st 125ccを新車で買ってもトータルの費用は同じくらいなんじゃないかとも思います。
ただ、個人的にはギリギリのパワーを細かいシフトチェンジでカバーしながら走るのも楽しいことなのでこれでいいと思ってます。

オカネに関しては、燃料費よりも税金や保険料や駐車場代の差が大きいと思います。
どうせ車を持っていて勤務先に駐車場があるならば、原付で行く利点はあまりないと思いますね。
渋滞のすり抜けが出来る(時間が読める)というのはありますが、雨の苦労を思えば利便性も微妙になってきます。

kd125054008055.ppp-bb.dion.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30966 RE:特別感 do it myself [f:Windows/7:IE/9.0] 04/21(土) 10:22
そろそろ書き込み限界なので。
>私自身は気筒数で特別感を感じるより、エンジン自体のフィールでの特別感の方が大きいような気がします。

気筒数が多ければ滑らか、ロータリーだから滑らか、フェラーリだから気持ちいいというわけでもなさそうですね。
やっぱりチューニングとか、最後の詰めでいろんな意味での特別感があるんでしょうね。
(やっぱり試乗したこともありませんが)今のGTRってどんな感じなんでしょう?
走行テストまでしてから販売されていますよね。
一時期?ホンダのType-Rでしたっけ?製造工程でポート研磨までしていたとか。
あんまりエンジン鼓動が皆無というのも面白くありませんが、回転があがるにつれ、ぶっ壊れそうな音や振動が出るのはいただけませんね。

khp059137193188.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30967 RE:RE:特別感 nc35 [Windows/7:IE/7.0] 04/21(土) 19:42
話が変わりますが、do it myself さんは何に乗られてるのでしょうか。僕はCBR600RR
なんですがやっぱりトルクが薄いですね。教習車のCB750Fは低回転でも走りやすかったです。あと、逆車なんですが、120馬力出てる感じがあまり感じられません。やはりリッターバイクのようにアクセル操作だけではフロントは浮かないのでしょうか?

No.30968 RE:RE:特別感 do it myself [f:Windows/7:IE/9.0] 04/21(土) 22:25
2輪はホーネット600Sです。
日本仕様車なので70psぐらいじゃないですかね。
リッターバイクは重たいの(FJ1200、K100RS)しか乗っていないので、フロントなんて絶対に浮きません。っていうか私にはリフトできませんでした。
YouTubeだったかでフロントアップの講座ってありましたよ。
フロントフォークのサスペンションを使えばそれなりのマシンなら浮くんじゃないですか?
うまい人はスクータでもフロントリフトできるらしいですから。

khp059137193188.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30969 RE:RE:特別感 ACBI [u:Windows/XP:FireFox/11.0] 04/21(土) 22:44
>V8

V8は各社とも等間隔爆発ですよ。違うのはクランクシャフトの構造で、フェラーリやF1などパワーを追求したものがシングルプレーン、その他はデュアルプレーンです。
片バンクの4気筒だけで見たとき、シングルプレーンは直4と同じ等間隔爆発で、排気干渉を避けやすくパワーが出せます。デュアルプレーンは片バンクでは不等間隔爆発になります。

デュアルプレーンV8は完全バランスですが、シングルプレーンV8は水平方向に2次振動が出ます(直4の7割ぐらいのレベル)。

zt033148.ppp.dion.ne.jp


No.30970 RE:RE:特別感 にゃんこ [n:Linux/Ubuntu:FireFox/11.0] 04/21(土) 23:08
スーパーバイク(特に逆車)の600ccクラスならレッドゾーン少し手前のピークトルクまで回すと余裕でフロントリフトしませんか?

CBR900RR(公称130馬力)の2速フル加速でもフロントリフトしますよ(ホンの少しだけ…)。


逆車の600ccは回さないとパワー感が無いからオモシロイんですよ。MTバイクで低回転からトルクがモリモリ沸いてきたら乗っていて楽しくないです(^^;)。

No.30971 RE:RE:特別感 じる [p:Windows/XP:IE/8.0] 04/22(日) 08:24
>デュアルプレーンは片バンクでは不等間隔爆発になります。

だから不等間隔爆発だと認識してたんですが、ユニット全体で見れば等間隔ですね。
失礼しました。

>今のGTRってどんな感じなんでしょう?

あくまでも私感ですが、自分の限界が解らなくなる車ですね。
34GT-Rまでは、それなりに車の限界と自分の限界の境界線のようなものが解るんですが、今のGT-Rは、一般道で乗ってる限り、凄いし関心するんだけど解らない車です。
僕は、パワーより軽い車が好きで、乗ってて楽しく感じる車は重さを感じない車です。
で、今のGT-Rって、重いのに、乗ると重さを感じないんですよ。でも楽しいか? と言われると、正直良く解らないです。
多分、ある意味自分の理解を超えてる車だからだと思います。

>やっぱりチューニングとか、最後の詰めでいろんな意味での特別感があるんでしょうね。

あとは、その人その人の好みの問題でしょうか。
単車でも、音も含めてですが、単発が好きな人、ツインが好きな人、マルチが好きな人、2stがすきな人イロイロで、それぞれ好きなポイントがまるで違いますからね〜

ntgifu163090.gifu.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.30973 RE:RE:特別感 do it myself [p:Windows/7:IE/9.0] 04/22(日) 12:41
>多分、ある意味自分の理解を超えてる車だからだと思います。
私が乗ったこともないのに言うのは何ですが、きっとそういう車なんでしょうね。
Nurburgringを走っているGTRの公式?ビデオを見ましたが、すっげー早いんだろうけど運転していて楽しいのかなぁって思いました。
そういう意味ではAE86は面白かった。特別感もなんもない車だと思いますけど。
まぁ、運ぶ道具、移動の道具じゃない目的で選ぶのであれば、GTRもいいし、フェラーリもいいし、86もそれぞれによさがあるんでしょうね。

khp059137193188.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30974 RE:特別感 LEILA [Windows/7:IE/9.0] 04/22(日) 18:08
>> nc35さん

私はCBR6000RRとCBR1000RRを交互に乗り継いでいますが(すべて逆車)、
CBR600RRでも簡単にフロントは浮きますよ。

問題ない車両であれば3速からでも楽にフロントを浮かせられます。
アクセルの開け方が足りないのではないでしょうか。

1000と600では乗り方がまったく違います。
CBRで言うなら1000ならレッドゾーンが11,000rpmなのに対して600は15,000rpmです。
確かに低速トルクは1000には劣りますが、車重や総合的に考えてCB750よりも下というのは?です。

街乗りやツーリングでは1000のほうが楽ですけどね。
峠道では600のほうが使いやすいパワーなので楽しめます。

ただ600ccスポーツで楽しい乗り方をすると燃費がとても悪くなります・・・
1000ccスポーツよりも2〜3km/lは劣ります。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30922 鋳物 よっぱらい [p:Windows/7:IE/9.0] 04/05(木) 01:07
鋳物って難しいですよ。

実習で作ったことありますが、いろいろと工夫が必要です。

まず、木型を作るときには鋳物尺というものを使います。これは材料によって溶融状態の金属と冷えた金属では膨張率が違うので伸び縮みを勘案した独特の尺を使わないと図面どおりの寸法ができないためです。さらに、この木型には図面にないふくらみやへこみを入れるそうです。ここが鋳物やさんに言わせると独自のノウハウだそうです。

それから鋳型に使う砂にも特定の産地の砂が使われます。これは経験上選別された砂という話です。それから鋳型を作る際にも特定の水分調整が必要で、鋳型ができた後は特定の水分含有率になるまで乾燥をさせます。この乾燥のが十分でない場合、湯を入れた後に巣ができたり、湯を入れるときに鋳型が中で崩れたりします。

そこまでやっても、十分な経験を持っていない場合なかなかうまくいかないようです。温度管理が悪いと鋳肌が荒れたり、冷却がうまくできないと割れたりします。

うん十年前実習で私が作ったものは巣が入って鋳肌もなかなかひどいものでした。w

ロストワックスはやったことがありませんが歪などはおそらく考慮しないといけないし湯を入れた時に発生するガス等の逃げ道の考慮がないと欠陥のない鋳物にするのは結構難しいと思います。

そういえば鋳物やさんで国内でやっているところは現在相当減っているそうです。

p6104-ipbfp303takakise.saga.ocn.ne.jp


No.30923 RE:鋳物 ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 04/05(木) 07:42
ロストワックスの身近?なものだと指輪の自作キットでしょうかね。
余り繊細なものは作れないというか難しいようなのですが、まさかアルミや半田で作るわけでもないでしょうから高温の炉が要りますね。

No.30928 RE:鋳物 lunashin [Windows/XP:FireFox/11.0] 04/07(土) 15:35
フルモルドのワックス型を作って持っていったら、吹いてくれるようなところが手近にあればいいのでしょうが、鋳物の街も今は昔で鋳造工場なんてなかなかお目にかかれない。

鋳鉄だと後の仕上げが大変そうなので、アルミあたりで。
クランクケースに個性的なカバーを付けられそうですね。
最近だとアクセサリ用の手軽なものでは鋳造でなく、造形後焼きあげるメタルクレイがありますね。

ほりこしさんはなんかやってくれそうなので、勝手に楽しみにしております(笑)

No.30932 RE:鋳物 hiraki [Windows/XP:IE/7.0] 04/08(日) 08:53
七輪でロストワックスやってる方もいたのですがもうページなくなってるようですね。

たしか2つの七輪の口を合わせた炉を使ったり、
水を含んだ石綿をフタに貼って、それを湯口にためた溶けた金属に押し当てて蒸気圧で型に流し込むとかやってました。

softbank220059158150.bbtec.net


No.30933 RE:鋳物 よっぱらい [p:Windows/7:IE/9.0] 04/08(日) 12:07
鋳造実習
こちら

溶解炉から湯が出てくるときは、キャンプのときの焚き火を見てるときみたいについ見とれてしまうんですよね。

ところで、アルミ程度であれば
こちら
によると、720-750度でいいようなので、坩堝に材料を入れて趣味の範囲の電気炉(5万円程度)でこなせそうです。

なお、鋳造は火災や重度のやけどを起こす危険性が常にあることを意識してください。溶融した金属による火災は水で消火すると水蒸気爆発の恐れがあるので砂をかけて消す。など作業上の基礎知識が必要です。

p6104-ipbfp303takakise.saga.ocn.ne.jp


No.30934 RE:鋳物 ACBI [u:Windows/XP:FireFox/11.0] 04/08(日) 19:58
アルミの鋳造をしようと思う人は水分に注意してください。アルミの溶湯に水が接触すると爆発します。雨漏りが溶解炉に垂れて、工場の天井を吹き飛ばした事故があります。

それでなくても、溶けたアルミに、溶かす材料を継ぎ足す時も危険です。
一見まったく濡れてなくても、稀に表面に吸着した水分のせいで溶湯が弾けて飛び散る場合があります。鋳造工場では、生材を必ず予熱してから溶湯に足します。

飛び散ったアルミ溶湯はかなり危険です。皮膚に貼り付いて取れません。無理に払うと皮膚をごっそり持っていかれます(旋盤の切粉と同じです)。
それに引き換え、鉄の溶湯は温度が高すぎるので、皮膚の水分で水蒸気爆発をして一瞬で跳ね返るので傷が浅いです。

zt035161.ppp.dion.ne.jp


No.30935 RE:鋳物 きたひ [u:Windows/XP:IE/8.0] 04/08(日) 21:33
同じ物じゃないですがこんなのがありますね。
こちら
県にもよると思いますが工業技術センターなどで時間貸ししてくれます。

以前某県にて上記のような設備一式を工業技術センターの関連部署にて導入したので
見に来てくれ&使ってくれと言われて見学に行ったことがあります。
樹脂製品でしたらペレットからあっという間に実物ができました。
見せてもらったのは4気筒エンジンのインテークマニホールドでした。

アルミの切粉は嫌ですよね。
目に刺さったら病院に行かないと取れません;;
ちょっとポート研磨するだけだから、とか言う時に限って刺さりますw

ntszok177062.szok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.30937 RE:鋳物 よっぱらい [p:Windows/7:IE/9.0] 04/08(日) 23:36
こちら

を見ると簡単そうにやってますが、あくまでも安全に関する知識があって危険行為をしないからこそ簡単そうに見えるんですよね。鋳造だけでなく何かを作るときには安全作業だけを行いましょう。

この映像でわかるように作業の時には皮手、保護マスクをしてますね。見えませんがたぶん皮の脚絆もしています。とりあえず下記に鋳造作業の注意事項の記載がありますので目を通しておくといいでしょう。

こちら

鋳造工場はないのですが、製造業に勤めている関係でつい危険なことは周知する癖が付いていますので掲示板でもつい安全作業について書きたくなります。余計なことだったらごめんなさい。

p6104-ipbfp303takakise.saga.ocn.ne.jp


No.30938 RE:鋳物 lunashin [Windows/XP:FireFox/11.0] 04/12(木) 12:15
鋳造とは離れてしまうのですが
こんなものがあるようです。

こちら

キッチンで真っ赤なものを取り扱うのは、ちょっと…な感じですが。
安い単機能のレンジを買い求めて、庭やベランダでやってみるのも一興。なのか?

融点的とみため的、そして経済的観点からは錫がよさそうですが
出っ張りの少ない根付みたいなものしかできないかな?

鋳型は石膏を使った合わせ形で、乾燥はどうやってやろうか?
まずは、コンテンツが問題だろ。

などと妄想してしまいます

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30929 ハンダづけと重金属中毒について ぁゃιぃ劇団ひとり [p:MacOS/IntelMAC:FireFox/11.0] 04/08(日) 00:51
 ちょっと怖い情報を見つけたので、その情報共有と
真偽についてご意見いただきたいのでカキコします。

 事の発端は、パワハラ部長を合法的に小馬鹿にする
手段はなにかないモノか?、真剣に妄想したところ、

 奴はハンダ付け大好き(公私共)⇒鉛中毒⇒精神障害

 この路線(爆)で調べ物をしていたところ

Q:半田の煙はどのくらい有害でしょうか?
 こちら

A.
>だばこよりもかなり有害です。
>大体1-2mg/(単位忘却)程度の鉛濃度で.流刑が1-5うmであり.
>肺まで入ります。つまり.肺に入ったらばまず出てこない。肺から約50%
>がリンパ説経由で体内に輸送され.90%が骨に蓄積します。
(中略)
>鉛作業規則で義務付けている測定は.大体ハント氏から1年経たないと変
>化しません。肺から入った鉛の場合.神経毒性が強く.原因不明の運動障害
>などで苦しむ場合が多いです(労災適応外。通常これが原因で退職する
>場合が多い)。鉛が゜は移設されず.いつまでも運動障害で苦しみ.周囲の
>人々から「怠け病だ」とあざけりを受けで.(神経障害として狂暴性が出
>てくる・うつ病と同じ状態になりやすい)家族崩壊するばあいがあります。
>鉛作業に従事していて3件近所で家族崩壊した家があります。

 話としてもだいぶ恐ろしいのですが、回答者(鉛中毒?)の誤字脱字
のほうがより生々しくて、かなりビビった覚えはあるのですが、
実際のところどうなのでしょうか?

 一応、酸化鉛のMSDSにはこれを裏付ける記述がある反面、
業務ベースで問題を起こしたことはあまりないとの意見も
ありますが、いったいどうなんでしょう?

#気をつけるに越したことは無いので、簡単な作業であれば
 息を止めて対応しています(爆)


ntfkok169180.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.30930 RE:ハンダづけと重金属中毒について O.Oku http://micro.sakura.ne.jp [f:Windows/XP:FireFox/11.0] 04/08(日) 01:57
鉛は蓄積性があるので毎日ハンダづけするような方は注意するに越したことはないです。
この種の問題は疫学調査がきちんとなされる可能性が低いのでまずは予防かと。
ちなみに,

こちら

にあるように,鉛はけっこうな厄介者です。
私など,釣りで使う"カミツブシ"を小学生時代に山ほど噛んだので,相当に
脳みそが劣化している感じですが(笑えません…)。

不思議なことに,ハンダの煙は,どういうわけか鼻先目がけて流れてきますね。
個人的には,換気扇の下で作業するか,適当なベンチレーターを作った上で
仕事をされるようお薦めいたします。

削除キー 1234

No.30931 RE:ハンダづけと重金属中毒について ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/08(日) 07:37
半田付け時に出る煙はフラックスだと思います。
そもそも半田の気化温度ってどのくらいなんだろう。
半田ごては240度前後で使う事が多いですね。

半田がそんなに蒸発したら、半田層の周りは半田コーティングされそうです。

最近では無鉛化が進んでいて、あの固い半田を高温のコテを使ってみたいな感じになりました。
作業性は共晶半田が良いのですが、時代ですから仕方がないですね。

No.30936 RE:ハンダづけと重金属中毒について FUSHIKIZ4 [u:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 04/08(日) 22:02
鉛中毒は昔はかなりあったらしいです。。。が今はきませんね。

覚せい剤、麻薬、薬剤中毒、シンナー中毒、アルコール依存、ニコチン依存はしょっちゅうお目にかかりますが(仕事先が当地の患者さんを集めることになっているので)、鉛中毒いはコレという典型的な症状というのがもともとあまりなく、血中鉛濃度測って判明するという類のものです。

今はもうあまりないのじゃないでしょうか。というのは昔派電気メーカーでは女工さんが朝から番までハンダつけしていたのですが、問題になっていない。むしろ塗料とか(船底塗料とか)、昭和初期までの顔料(鉛白)とか。他の方も書かれたようにフラックスの方が有害かと思います。

鉛か緣が遠いオフィスでも、認知、うつ、神経症、気分障害、人格障害などは山とあるし、数においては同様の症状を示す糖尿病や脳卒中、アルコール依存、タバコが切れた、などが100倍以上多いのでどうでしょう?

ダメージとしては、得体の知れない(発信者情報がわからない)プリペイド電話からの夜中のワン切りとか、得体の知れない色気メールなどのほうが遥かにストレスフルかと思います。(オススメしません)。

fushikiz

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30853 BBCのドキュメンタリー fushikiz [m:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 03/09(金) 15:37
BBCのドキュメンタリーがyoutubeにあります。これが正確かどうか知りませんが、今まで見たことがない貴重な動画や情報が多数ありますね。

こちら

60分です。まあこれを見ると、想定が甘かったことがすべてで、できることはやってきた。いくつか判断の誤りはあったろうが現場の活動は最悪ではなかったのかも知れないと思いました。

何事も非常時がおきてからできることは限られている。起きる前に想定して準備し訓練することしか地震国日本ではないのではないか、と思いました。

それにしてもわが国のマスコミより重要な動画をBBCが持っているっていったいどういうことなんだろう。

fushikiz

No.30854 RE:BBCのドキュメンタリー Coum [Windows/7:IE/9.0] 03/10(土) 11:18
fushikiz様 紹介ありがとうございます。
途中で止められず、一気に見てしまいました。

それにしても、うましかな学者と無能なTEPCOトップに囲まれた中で
菅氏、枝野氏の対応、褒めて良い気がして来ています。


素材はもっと大量に持っていると信じてます。
民放は番組作成能力から問題外として、NHKは当事者(?)として心の整理が未了、
wetさを引きずっていて、この件については報道機関の任を放棄してる。

--

110-134-175-16.rev.home.ne.jp


No.30855 RE:BBCのドキュメンタリー jerrybird [M:Windows/NT:FireFox/12.0] 03/10(土) 14:58
BBCをみて改めて感じた事、、、NHKより中立かも!?

 13:30 電源車到着、しかし分電盤が水没(しかも海水)
   当時は、ケーブルが足りないとか解決可能と思える問題しか
  報道されてなかった。
   本当の水没だから蒸留水で洗浄とかいうレベルでは無い。

 30:35 村で KI錠を配布した。(木村氏・大熊町か?)
  これって今まで報道が無かったと思う。
  記憶にあるのは、JCO事故で備えのあった東海村周辺自治体だけ。

 プラントの隅々まで掌握している職人が不在だった
   手動ベントするのに、図面引っ張り出してマニュアル読みから
  始めるなんて情けない。
   建設に関わった年代の人には、重箱の隅まで掌握してる人が
  何人かいたはずだが、継承されないまま世代交代してしまったのだろう。

No.30856 RE:BBCのドキュメンタリー jerrybird [M:Windows/NT:FireFox/12.0] 03/10(土) 15:16
教科書的には水蒸気爆発が起こって然るべきだが起きなかった。
ひょっとすると、海水注入で溶融燃料の周囲に溶融塩・結晶塩を被覆させた事が、
水蒸気爆発の抑止に繋がったのではと思っています。
 もし真水が潤沢に使えていたら、もっとヒドイ事になったかも?

メルトダウン時に燃料棒と制御棒が程良く溶け合わさってくれたのか?
融点の低い制御棒だけ先に溶け落ちてたら、再臨界が持続し続けていた筈


>菅氏、枝野氏の対応、褒めて良い気がして来ています。
  ヘリでの現場視察は政治パフォーマンスと当時は思ってましたが、
 深刻な伝言ゲーム状態(東電フィルター)だったんですね。

 枝野氏の対応は、一年たって振り返ると、
  パニック避難による死傷者の最小化
  行間を理解できる人には、それなりのメッセージを伝えた
 などの観点から上出来だったと思います。(子供達を危険に曝した事は別として)

No.30858 RE:BBCのドキュメンタリー Pooh3 [u:Windows/7:FireFox/11.0] 03/10(土) 16:51
専門の「原子力の訓練部隊」(アメリカ海軍の原潜の訓練レベル)も必要でしょうね。

そこが各原子力発電所の異常事態訓練をしょっちゅう行って能力を確認する必要があるのではないでしょうか?

今からそんなもんを作っても「日本版」だと色々な雑音が各省庁から入って碌なものができないでしょうから、ノウハウを持っているアメリカ海軍に金を払って訓練をしてもらうのが一番いいでしょう。
(ディスカバリーチャンネルなんかの原潜内部の訓練をみると日本の原子力発電所での非常事態訓練なんか「幼稚園児のお遊戯」レベルにしか見えないです)

w0109-49-135-182-185.uqwimax.jp


No.30859 RE:BBCのドキュメンタリー FUSHIKIZ4 [u:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 03/10(土) 17:52
いろいろなご意見がありえると思いますが、最良であったかどうかはわからないが最悪ではなかったような気がします。その前に原子炉について幾つか貴重なことがわかったような気もします。

1)本当に怖い事故は、運転中に地震で制御棒が入らずスクラム失敗、冷却不能で大爆発というもの。これは依然として起こり得る話で、こうなると日本は滅亡です。

2)残留熱除去不能の事故なら、燃料棒破壊の前にベントして圧力を抜き水が投入できれば小規模の汚染で収束したはず。今回はベントが遅く燃料棒破壊のあとに水を注入した。日本の炉には大容量フィルター付きのベントが無い。フランスの炉にはついているらしい。アメリカの炉ではベントの手動開放の訓練を日常的にやっているらしい。

これも電源喪失の想定や訓練がなかったので、混乱を極めた現場では最善に近かったかも知れません。ポンプの燃料切れなどのポカは混乱時ではあり得ることかも知れない。一号炉のコンデンサーがoffになっていたのを気づかなかったのも、そんなものかも知れない。何より電源喪失の想定も訓練もやっていないからです。

2)今回早期のベントや注水に失敗しましたが、残留熱では圧力容器はメルトダウンして底が抜けあるいは配管が壊れて圧力が抜ける。格納容器も圧力が上がると上部のパッキンや配管やトーラスが破れて爆発する前に漏れるらしい。

格納容器は耐圧がたった6気圧とは知らなかった。放射能を漏らさないことよりメルトダウンした燃料をコンクリで受け止める役割が重要なのかも。3つの炉とも内圧が大気圧(穴あき)で蒸気にのって放射能は漏れ放題でした。今も温度が下がって蒸気が減っただけで漏れてますよ。

当時ある関係者が今回はスクラムは成功しているので最悪では無いと言っていてハラがたちましたが、彼らの恐れる事故はもっとひどいもののようです。

東電も安全院も機能不全だったので管総理の独断は民主党政権としては最悪ではなかったかも知れない。鳩山だったら判断も遅く米国の協力を断るなど被害はさらに大きかったでしょう。阿部はどうかな?小泉だったら管と同じようにしたでしょう。

ただし、小泉だったらもう少し役人をうまく使ったように思います。


fushikiz

No.30860 RE:BBCのドキュメンタリー FUSHIKIZ4 [u:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 03/10(土) 18:12
>プラントの隅々まで掌握している職人が不在だった
>手動ベントするのに、図面引っ張り出してマニュアル読みから
>始めるなんて情けない。

これは今後日本の多くの産業、現場で起こると思います。福島第1建設当時の東電も東芝も技術者はみんな退職しています。またその後改造に改修、変更、追加を重ねていますから、魑魅魍魎になっているでしょう。

例えば故障したGTRを修理に言ったら、エンジン本体は同じながら違うマニフォールド、違うマフラー、違う噴射装置、まったく違うECU、違うスロットル、違う排気対策、違う点火装置、違うエアクリーナー、違うサスがついていた、みたいな感じかな。それが山のなかでエンコしたので修理に行って、雨の中で懐中電灯で当初の設計図を照らしてみている。おまけにエンジンからは付着すると死ぬかも知れない有害物質が漏れていて周囲にもちびっている。で、ひとつの電磁弁を探して修理する?より状況ははるかに悪いですよね。

その意味で原発の寿命は30年というのが良いのかも知れない。人間の寿命からいって、30年以上経つと当初の設計や理念は継承が難しいということです。企業の寿命も30年という説もありましたっけ。人間が会社で一人前になって退職するまでがだいたい30年ですかね。

聞くところによると(というか目撃したのだけど)、多くの会社の電算機で30年もののコボルのコードが生きていいてJAVAと一緒に走っている所があるとか。IBMも日本の会社も、電算機の仮想化とかパーティション化とかで古いアプリがそのまま動くように手直しを重ねてきて、一人のSEではどうなっているか想像もつかない、、、そいう企業あなたも周りにもありませんか?

fushikiz

No.30861 RE:BBCのドキュメンタリー jerrybird [M:Windows/NT:FireFox/12.0] 03/10(土) 19:56
>高温の海水にさらされた影響について、十分な知識は得られていない、、、
こちら

本文概要 → こちら

 日本での事象なのに日本の研究者が真っ先に知見を得られずに、
欧米が先行するって状況がコレまた情けない、、、
 汚染水の学術調査とかどうなったんだろう?

#斑目さんは研究者なんだから辞める前に、一つぐらいは後進から
無条件に尊敬される様な善行はできないのか?
 研究用サンプルを推進派・反対派問わずアクセスできるぐらいの
仕掛けを用意すれば、充分値打ちはあると思うが、、、

No.30862 RE:BBCのドキュメンタリー nobody [k:Windows/XP:FireFox/8.0] 03/10(土) 21:04
年度末進行でBBCのドキュメント、見る時間がありません。明日の夜には何とか見ます。

全ての問題の原点は、1号機のICから始まっています。ICの配管は無事だったのかどうか。
ICの弁が閉まっていたのを気が付かなかったとか、ICの空焚きを恐れて弁を再度閉鎖した
というのが、どうも信じれないのです。

というのは、地震で主蒸気隔離弁が閉じた後、ICで炉を冷却しているわけです。全電源
喪失前に、ICを使っていたわけです。HPCIじゃないです。調べてみると、福島1F-1や
敦賀1ではこれが正規の手順らしいです。ということは、ICを使うのは通常の運転手順
の延長上なので、なんで上記のような間違いが起きるのか。
東電は一回ウソを発表していますが、スクラムからICだけで冷温停止まで持ち込める
ようです。なので、ICが機能していれば、1号機の爆発は無かったはずです。
#胴側への給水系も用意されているようです

1号機の爆発が無ければ、2号機の電源は救えてた可能性が高いです。

3号機の問題はまた別の問題です。長くなるので後で書きます。

No.30863 RE:BBCのドキュメンタリー jerrybird [M:Windows/NT:FireFox/12.0] 03/10(土) 23:30
>ICの弁が閉まっていたのを気が付かなかったとか、ICの空焚きを恐れて弁を再度閉鎖した
>というのが、どうも信じれないのです。
これは↑Nスペでの再現シナリオですね。

でも当時の報道で、どの号機だったか確信ありませんが、、、
>ICを稼働させたが温度 or 温度下降率だかが既定値を下回ったのでマニュアルに
>従って稼働停止させた。その後、再起動を試みたが起動しなかった。
という内容を憶えています。

たしか、海水注入に難色を示したのも同じ理由で、
当時は廃炉にするという選択肢は【少なくとも本店は】持ってなかったと思います。

#ベント実施やむなしという状況で、
本店の連中は【この会社オワッタな。。。】という感想で、
福一の現場は【俺達はもうダメかも。。。】という描写(BBC)が印象的です。

No.30864 RE:BBCのドキュメンタリー nobody [k:Windows/XP:FireFox/8.0] 03/11(日) 00:35
>でも当時の報道で、どの号機だったか確信ありませんが、、、
>>ICを稼働させたが温度 or 温度下降率だかが既定値を下回ったのでマニュアルに
>>従って稼働停止させた。

これは、津波発生前の話ですね。これは福島1F-1の通常オペレーショです。
急激に冷却すると脆性破壊の危険が増すために良くないということだそうです。

>その後、再起動を試みたが起動しなかった。という内容を憶えています。

はい。しかしその後、18:18にICの弁を再度開けています。この時、蒸気の発生が
確認できなかった(格納容器内側の弁がわずかしか開かなかった)ということから空焚き
を懸念し、再度弁を閉じたということだそうです。以下の105,106ページのあたりですね。こちら

一方、美浜の会なんかが指摘しているように、1F-1のTAF到達は18:15頃(上記PDF 97p)
ですが、それ以前の17:50に原子炉建屋の放射線量は異常上昇しています(PDF 103p)。

いろいろな事のつじつまが合いません。運転員は、ICの有効時間を知っていたはず。
胴側給水の重要性も知っていたはず。水位低下しているのでICが効いていないことも
知っていたはず。なのに、発電所対策本部にそれを強く警告していませんし、ICの弁
を再度閉じるということをやっています。

No.30865 RE:BBCのドキュメンタリー nobody [k:Windows/XP:FireFox/8.0] 03/11(日) 01:19
続いて3号機の話。3号機が破綻する発端は、3/13の2:42にHPCIを手動停止したが、
SR弁を開けれなくて原子炉内の圧力が高まり、以降注水不能になったというものです。
これは上記PDFの172ページのあたりです。これは運転員がよく相談せず、SR弁が開く
ことも確認せずにやってしまった致命的ミスです。183ページに書いてあります。
あと、バッテリー調達に本格的に動き出したのが遅いという問題もあります。
そうして3/14に3号機が水素爆発。

なお、色々な資料を見てもちゃんと書いてありませんが、福島第一原子力発電所が
一番危機に陥ったのは、3/20の5時頃のようです。これについては、以下で詳細な
分析があります。そしてこれが、関東地方を高濃度に汚染した原因です。
こちら

これを受けて官邸WEBサイトにアップロードされた以下の文章、江戸川乱歩の小説に
出てきそうな異様な恐ろしさを感じるのは私だけでしょうか。
こちら

そして、外国人の関東脱出がピークになったのは3/18です。忘れもしません、私は
勤務地が新大阪なのですが、当日の新大阪駅は今まで見たことも無いぐらい外国人で
あふれかえっていました。3/12から下り新幹線は満席の状態が続いており、新大阪駅
は母子とそれを迎えに来た老夫婦、という光景が展開してましたが、外国人はあまり
いませんでした。

ところが、3/18当日、楽天トラベルで検索すると15時頃には京阪神のホテルは全て
満室になり、17時過ぎには相生のホテルも満室になって和田山まで行かないと空き
がなくなりました。新大阪駅3Fの大阪市の観光案内所の前には長い長い外国人の
行列ができており、私は何人にも関西空港までの道のりを聞かれました。

まだまだ、語られていないことがいっぱいあるような気がしています。

No.30866 RE:BBCのドキュメンタリー よっぱらい [p:Windows/7:IE/9.0] 03/11(日) 11:24
こちら

こういうのも見つけました。アメリカのもののようです。

p6104-ipbfp303takakise.saga.ocn.ne.jp


No.30868 RE:BBCのドキュメンタリー FUSHIKIZ4 [u:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 03/11(日) 15:25
>。ICの配管は無事だったのかどうか。ICの弁が閉まっていたのを気が付かなかったとか、ICの空焚きを恐れて弁を再度閉鎖したというのが、どうも信じれないのです。

私の推理ではICは動いていた。しかし運転員の17:50ごろに水蒸気が出ている、建屋の
線量が上がっているという報告で、主任?はICの配管が壊れていると疑ったのではないか?です。ICは圧力容器から直に出ている2系統(主蒸気以外の一つ)なので、損傷を疑ったのだと思います。

ICだけでなくサプレッションチェンバーには海水による冷却系があるので、スクラム後遮断されても冷えるのだと思います。ICには冷却系がなく一度きりであること、隔離冷却系が2号機以後ついたので2号機からはICはなくなっているのだと思います。

いずれにせよ、東電は津波前に炉が損傷していた、ということだけは認めたくない。津波はなくとも、地震だけで壊れるということにはしたくないのでウソを付いているのだと思います。

3/21の私の推理はこうです。3号機は水素爆発で上屋が飛び格納容器とドライセパレータープールの隔壁の間の穴から激しく蒸気が出ていました。これにより格納容器圧は一旦ゼロ(大気圧開放)なった。これは今も続いている。

こちら

このため、格納容器と圧力容器の圧力が低下したために、圧力容器内の水が突沸し燃料がさらに露出、それが崩壊し、あるいは一部で再臨界が起こり、燃料の一部が格納容器に落下した。これにより再度格納容器圧があがり、落下した燃料を含む汚染が噴出した。。。

というものです。1号機は破壊箇所不明、2号機はサプレッションプール、3号炉は格納容器の天井ということなのでしょう。依然として3号機の海岸側の道路で1500μ、炉の周囲では100mSV以上jあるようで、やはり重い核種がでたのが3号機からじゃないでしょうか。

1号機は覆いをつけた。2号機は建屋がのこっている。3号炉はシカトして4号機はプール内の燃料を来年までに回収する。さて、3号機をどうするか、ですね。4号機と違ってオペフロアには人間はとても上がれないので遠隔重機で掃除するのでは無いでしょうか。
ただ掃除中は周囲に汚染が散るので、まだ手をつけらえないのだと思います。なんせMOX炉ですから。

fushikiz

No.30869 RE:BBCのドキュメンタリー きたひ [u:Windows/XP:IE/8.0] 03/12(月) 20:07
>これは今後日本の多くの産業、現場で起こると思います。福島第1建設当時の東電も東芝も技術者はみんな退職しています。またその後改造に改修、変更、追加を重ねていますから、魑魅魍魎になっているでしょう。

同発電所に設備を納入している某社では同一案件の資料は一ヵ所にまとめてあり、
設計者であれば誰でも見る事ができます。
改造や変更、追加の場合でも元の設備の製造番号から資料を追えるのですが物に
よっては膨大な資料になるので仰るとおり全てを理解している人がいなくなって
いる物もあると思います。

類似品の設計の為にそれらの資料を全部読んでいくこともありますがかなりの労
力が必要でした。
コンピュータの無い時代の膨大な計算書を見ると一部を除いた現在の設計者は昔
の人よりも退化しているのでは?と思う事もあります。
(古い資料を読む度に自信を無くしていました)

ntszok177062.szok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.30870 RE:BBCのドキュメンタリー fushikiz [m:Windows/2000:FireFox/10.0.2] 03/13(火) 21:17
>コンピュータの無い時代の膨大な計算書を見ると一部を除いた現在の設計者は昔
の人よりも退化しているのでは?と思う事もあります。

昔のメーカーやゼネコンでは、広い製図室に製図盤がずらっとならび、夜遅くまで電気を煌々と付けて何十人いやそれ以上が製図していた写真がありました。

今は学校ぐらいにしかないですね。

こちら

芝にある某メーカーでも他のビルから製図室が見えていた記憶があります。とにかく製図室は明るくする必要があったからだと思います。あのパンタグラフみたいな平行線がひける定規欲しかったなあ.今はCADでやるのでしょうか。まだ技術家庭で製図教えるのかなあ???

そうそう、時代は変わっているようです.

ドイツ:脱原発でも電力輸出超過 再生エネルギー増加で

こちら

日本にいると悪い話ばかり聞こえてきますが、もうこんな時代になっている。要するに太陽光は設備容量からすると稼働率は12%しか無い。しかし日中に限れば特に冷房負荷が高い真夏では80%、気温が低いときはほぼ100%出力がある。しかし夜中は発電しない。

原発は24h発電するが昼間発電は増えない。しかし稼働率は検査のため70%といっているが、ここ2、3年に限れば30%以下になっている。

ようするに単なる稼働率では解らないということですかね。自宅の設備は常にローン返済+5000円〜/月程度のお使いを稼いでくれています。冬でも晴れの日は気温が低いので夏を凌ぐのがおもしろいです。

fushikiz



fle1-186.coara.or.jp


No.30871 RE:BBCのドキュメンタリー jerrybird [M:Windows/NT:FireFox/12.0] 03/13(火) 22:12
福一でも昔の図面は、見づらい【青焼き】図面(しかも製本)なんでしょうねぇ。
多分、アメちゃんの達筆難読文字とか入ってそうだな。。。

80年代に某プラントの現場事務所では、できる限り全貌+細部が判るように、
事務所の壁2面をL型にビッシリ青焼き図面を張り巡らしてましたが、
壁全体からの情報量の多さに圧倒されました。

無論、CADに落とし込んでやればいいのですが、過去図面をCAD化すると
費用がかなりかかる+辻褄の合わない処がでる?らしくて大型プラントでは
過去図面のCAD化は流行らないらしい。

>まだ技術家庭で製図教えるのかなあ???
ラフスケッチをサラサラッと書くためにも、義務教育で基本は教えて欲しいですね。

少なくとも建築学科のある大学では必ずやります。
なんせ、一級建築士は手書き製図必須ですから。
試験実施サイドの話では、【未来永劫手書き必須】だそうです。
アノ程度の図面を手書きできない奴に設計士の資格はないそうで、、、

No.30893 RE:BBCのドキュメンタリー とし [u:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 03/23(金) 16:28
>ドイツ:脱原発でも電力輸出超過 再生エネルギー増加で

>こちら

なんかいつの間にか記事が消されたようですね。マッタク
原発作る金でソーラー発電無償提供すれば原発なんてやっぱり要らないんじゃないのかな。

>60分です。まあこれを見ると、想定が甘かったことがすべてで、できることはやってきた。いくつか判断の誤りはあったろうが現場の活動は最悪ではなかったのかも知れないと思いました。

とはいえ、慰められることもないなあ?というのが実感。と言ったらきついですかね。

No.30894 RE:BBCのドキュメンタリー nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 03/24(土) 23:27
遅ればせながら金曜日に富山→大阪の車中でやっとBBCのドキュメントを見ました。
英語がわからない私でも60分があっという間に感じるほど引き込まれてしまいました。
変な脚色もなく、現場でどんな状態だったが的確に理解できました。

それにしても、近頃出ている出版物を読むと、本当に嫌な気持ちになりますね。
東電があの緊急事態の真っ只中に「本部機能移転について」なんていう、原発から
撤退するという稟議書を作って廻していただとか、真空みたいなNISAの話とか、
裏でいらんことばかり進める経済産業省、財務省。


しかし、やっぱり一番深刻なのはマスコミじゃないでしょうか。件のBBCのエンド
ロールを見ていると、映像提供は福島のテレビ局だったり自衛隊だったり東京
消防庁だったり。つまり国内に映像ソースは全部あるわけだし、管首相が東電に
乗り込む場面では早朝にもかかわらずカメラの砲列が並んでいました。
それであの訳のわからない原発報道です。BBCの方が、よっぽど分かりやすく、
何がダメだったかを的確に報道しているわけです。

民間事故調の報告書を取り上げて管叩きをするマスコミ(読んでみればわかります
けど報告書ではそんな論調で書かれてません)を見ていると、この国は本当に終わ
ってしまうんじゃないかな、と不安を感じます。

No.30896 RE:BBCのドキュメンタリー バイアス [m:Windows/Vista:IE/7.0] 03/25(日) 14:07
BBCだけでなく、↓「ドイツZDFフクシマのウソ」
こちら

CNNでも放送があったようですが、
↓ アーニー・ガンダ‐セン氏の多岐にわたる解説や忠告。
こちら

外国の方が本質を突いた情報が得られ、日本では東電を守る方向でのガンダ‐セン氏の言う同じ意見だけしか聞こえない「エコー効果」が事故後も続いている。

映像も良いのですが、見るのに時間がかかりつまみ食い状態です。

No.30897 RE:BBCのドキュメンタリー とし [Windows/XP:FireFox/10.0.1] 03/25(日) 17:48
ほんと日本のマスコミなんて・・・
瓦礫で結構騒いでますが地域外は総量の20%程度でちょっと現地処理の時間を長くとれば問題ない程度の量なのだそうですがどこの放送局もそんなことは言いませんねえ。

>CNNでも放送があったようですが、
>↓ アーニー・ガンダ‐セン氏の多岐にわたる解説や忠告。
>こちら

単に原発キライでなくてもやっぱりダメダメとしか言いようがないと感じました。
なかなか心に滲みるお話でした。ちょうど一時間め当たりがいい話かな。

たしかにより環境負荷の少ない発電方式の模索のほうがよっぽどマシだと思うなあ・・。
武田邦彦氏は火力でいいんじゃないのなんて言ってますが、CO2がマヤカシだとは言え資源のない日本としては多少は工夫した方がいいと思う。

No.30898 RE:BBCのドキュメンタリー nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 03/25(日) 23:39
今日も朝から仕事だったので、No.30896 のやつは両方とも見れてません。

>単に原発キライでなくてもやっぱりダメダメとしか言いようがないと感じました。
>なかなか心に滲みるお話でした。ちょうど一時間め当たりがいい話かな。

原発事故の直後に書きましたけど、放射線を出さなければ問題はもっと単純で簡単
なんですよね。放射線を出すから、問題が複雑になって一筋縄では解決できなくな
ってしまいます。そういう話は「原発ジプシー」あたりを読めばよくわかります。

原発って、エネルギーも作り出すけど、核ゴミも大量に作り出す装置だというのを
良く認識しないとダメですよね。ウラン235に中性子を当てて崩壊させると、セシウム
134,137を初めとする多種多様な放射性物質を作り出し、それらが出す放射線の総量
ってのは元々のウラン235が出す放射線よりも遥かに大きいわけです。
なんとなく、核燃料を「燃やす」と言うので、今の原子炉に装填してあるやつは運転
した方が得策に思えますが、核廃棄物は「燃やす」と増えるわけです。

使用済み核燃料から、まだ使い道が無くはないウランやらプルトニウムを取り出した
後の、真の核ゴミはガラス固化体にするわけですが、こいつは製造から50年たっても
160SV/hの放射線を出します。傍に10分もいれば死亡します。
こちら

こんなのを、全国54基の原子炉でせっせと生産していたわけです。処理方法も決まって
いないのに。上記のWEBサイトにも記載がありますが、ガラス固化体だけでその元と
なった燃料の製造に必要なウラン鉱石の放射能量と比較して約2万倍になっています。
放射能を2万倍に増殖させる装置、それが原発なわけです。

No.30900 RE:BBCのドキュメンタリー とし [Windows/XP:FireFox/10.0.1] 03/26(月) 18:00
ZDFのほうは30分ですが、DLが遅くてPart1,2と分けてある方で見るとスムーズに見れました。
ガンダ‐セン氏のほうは講演の様子が映っているだけなので携帯プレーヤで話だけ聞いても十分です。一時間半ぐらい。でも時折苦しそうな表情をされるのが、愛しいものを自らの手で葬らなければと思う人のようでなかなかですが・・・

>こんなのを、全国54基の原子炉でせっせと生産していたわけです。処理方法も決まって
>いないのに。上記のWEBサイトにも記載がありますが、ガラス固化体だけでその元と

これについても「10年もすれば処理技術が開発されるだろうと考えて仕事をしてきたのだが、結局は見つからなかった」とおっしゃっています。

ネタバレですがちょっと話の中身は今後の処理費用、犠牲者数、フクシマの処理方法などあたりが私には「ふ〜ん」でした。

No.30902 RE:BBCのドキュメンタリー FUSHIKIZ [T:Windows/XP:FireFox/6.0.2] 03/27(火) 21:27
東電は3/26日に2号機に再度ビデオ内視鏡をいれたようです。

資料によるとオリンパスFlexLXのようです。カメラヘッドにはオーバーサイズのシールドとLED照明をつけたようですね。そのせいで以前よりノイズは減っていて、照明もすこしパワーアップしたようです。

こちら

相変わらず中は激しい雨が落下しているようで、ヘッドを下に向けると水滴がガラスにつくようです。下に向かいなんどかグレーティングをくぐろうとトライし、下に向かいますが、水位はぺデスタル上60cmでちょうどトーラスへつながる管の高さだそうです。
cm

こちら

予想は3mだったそうです(???????)前からトーラス付近が壊れているとわかっていたのに、なんで3mという甘い予想がでるのかは、毎度??????です。ぺデスタル付近の圧力計がそういう圧力を示していたそうですが、これも故障でしょう。

計器類は都合が悪い数字のときは故障と考え、都合のいい数字のときは壊れてないとこの人たちは考えるようです。

今回はファイバー長さが威力を発揮したようですが、実際には雰囲気は激しい雨とヘッドの水滴でみえません。水中に入ったほうが画像がいいですね。

同日には放射線量も測定されています。fushikizは数ー数十Svと以前書きましたが、実際は50-70Sv/hだそうでほぼ予想通りです。これはちょうど癌の治療に使う線量(通常患部に絞って1-3Gy/一回=数分間)に等しいですね。

水位があがらないので、毎時10ー15t程度の漏れだそうですが、大量のようですが、一般家庭の風呂桶が0-300L (0.2-0.3t)を一分で満たす流量ですから、ちょっと大き目の蛇口(床掃除モップを洗うやつ)全開程度ですかね。

今後はポリマーとかシルトとかおがくずを流すのでしょうか。トーラスの周囲にシルトを入れて閉鎖し、格納容器内部からはポリマー流せば水封はできるかもしれませんね。ただ床に落ちた燃料がポリマーなどで隔絶されて冷えないとまずいので、なかなか投入するかどうかは決められないような(責任問題になるので)気がします。

おそらく当分はこのままですが、外国から何とか水の漏れを直せ、これ異常汚染水で環境を汚すな、と催促されるかも知れません。

fushikiz

No.30924 RE:BBCのドキュメンタリー おのうえ [p:Windows/XP:FireFox/10.0.2] 04/05(木) 17:06
この記事( こちら )を見て、呆れるとかの感情を通り越しました。やはり、一度破綻していただいて出資者・債権者にも責任をとっていただくしかないのかなと思います。こんな経営者のいる会社にお金を出したわけですから。

No.30925 RE:BBCのドキュメンタリー nobody [k:Windows/XP:FireFox/11.0] 04/06(金) 00:12
メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故は、読む価値があります。3/15の
午前6時頃、東電の面々が総理に具申する文面を作るのにいきなり稟議書を作って
まわし始める下りとか、唖然とする話がいっぱいあります。

また、現在の東電救済スキームがどのようにして作られたのかとか、細かく解説
してあります。切れ者の財務官僚が実質を作った経緯を読んで、いろいろなことが
腑に落ちました。

>やはり、一度破綻していただいて出資者・債権者にも責任をとっていただくし
>かないのかなと思います。こんな経営者のいる会社にお金を出したわけですから。

上記書籍の中に、SMBCやMUFGやみずほがポンと融資するくだりがあります。読めば
わかりますが、本当に信じられない判断です。

証アナさんも私も、現在の東電救済スキームは、短期間のごまかしは効くが長期には
維持できないと判断しています。この掲示板を読んでいる人は、私や証アナさんが
書いた内容(年内に資金ショートする、大規模な資本注入が必要)が当たっているのを
知っていると思いますが、そこでも書いたようにこのスキームは事態を悪化させる
だけです。

私が東電の新旧分離を主張しているのは、現在の方法ではまともな事業継続がどん
どん困難になっていくのが目に見えているからです。東電では若手の技術系の流出が
相当数にのぼっていますし、値上げする以上ボーナスは出せなくなる。損害賠償は
原賠機構から支給されるにしても、原子炉の収束作業は自らが生み出したキャッシュ
でやっていく必要がある。おそらく、2年以内に東電はまともな事業運営ができなく
なって、破綻すると思います。その際、中途半端なことをすると、さらに2次破綻
して被害を拡大すると思います。

No.30927 RE:BBCのドキュメンタリー 証アナ [k:Windows/7:IE/9.0] 04/07(土) 08:54
呼ばれたような気がしました(笑


>上記書籍の中に、SMBCやMUFGやみずほがポンと融資するくだりがあります。読めば
わかりますが、本当に信じられない判断です。

これはそんなに不思議には感じないんですよね
私の知る限り人間は権威に弱くて、東電は独占企業、長年のお付き合い、
政府の後ろ盾って先入観があれば傍から見てもやるように思います。

結構人間は、根拠がない自信で動く生き物のようです。

>証アナさんも私も、現在の東電救済スキームは、短期間のごまかしは効くが長期には
維持できないと判断しています。

この点は昨年から一貫していたと思います。
ここでも私は、日本の不景気はずっと続くだろう。円高も一時的な戻しはあっても
ずっと継続してしまうでしょうといっていましたが、今のところ東電の件も残念ですが当たったように思います。
それで東電に話を戻しますと、財部分析をかけるとcfがないんです。
総資産もあり、営業利益も結構でてるのにFCFは3000億円程度しか無かったので
ウルトラCが無い限り難しいのではないかといっていました。

世間では電力会社は独占でCFが潤沢なイメージがあるのですが実態は
多額の借金でまわしていて、独占企業だからとお金を貸してくれるひとによって
回転していたように私には見えます。

そこに、この事故で賠償が発生したので立ち行かなくなったのです
世間では、賠償は東電がするべきと感情論になってしまいがちですが
東電の実態は私にはお寒い限りに見えます。なにかウルトラCでもなければ
難しいと思うのです。

財務省あたりは嫌がると思いますが目先の損にとらわれず国家百年の計で
迅速に、大量の資金を投入して解決を図るのがいいと思います。
そうしないと長期的に日本の衰退を招いてしまうでしょう。

今日本に必要なのは強力な決断力を持ったリーダーシップじゃないでしょうか?

em1-115-38-133.pool.e-mobile.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30906 光る携帯ストラップ アルベルト [Windows/Vista:Chrome/17.0.963.83] 03/30(金) 09:34
自作の光る携帯アンテナ記事を拝見しました。
全くの素人なので的外れな質問かもしれませんが、今の携帯(3G携帯&スマホ)では光る携帯アンテナと同じ原理でストラップ等を光らせることは出来なのでしょうか?
実はHPを拝見して自作してみましたがうまくいきませんでした・・・(知識不足のせいだと思います。)また、自作可能であれば、その部品や制作方法などのアドバイスをお願い致します。

No.30907 RE:光る携帯ストラップ ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 03/30(金) 10:01
3Gケータイでは平均出力がPDCよりも低いので、LEDを光らせるのは大変だと思います。
電界強度の弱い所でなら光る(パワーコントロールで出力が上がるため)かも知れませんし、SBMならば電界強度の弱い場所が多いので光る確率は上がると思います。

それにしても最大出力で200mW程度しかありません。
通常の都市部などで基地局が最適配置されている場合は、殆どが数十mWしか出ていません。

端末側がパワーを上げて送信している場合で、LED側のアンテナを2GHzあたりに上手く共振させれば光らない事はないかなとは思います。
頑張ればスロット内平均出力80mWのPHSでも光るので。

ボタン電池とトランジスタを1つ使ってアクティブ型にすれば光ると思います。
高周波を増幅するのではなく、ショットキダイオードでDCになった信号を増幅する感じで。

ダイオードは重要なので2GHz帯で使えるミキサ用ダイオード、出来るだけVfの低いものが必要です。

No.30908 RE:光る携帯ストラップ アルベルト [iPhoneOS/5_1 like Mac OS X) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B179 Safari/7534.48.3:Safari/7534.48.3] 03/31(土) 09:51
ほりこし様
ご回答ありがとうございました。
ボタン電池(電源)があればLEDを光らせそうとの事ですが、お手数でなければ必要部品や回路について素人でも作れる様に教えて頂けますでしょうか。よろしくお願いします。

No.30909 RE:光る携帯ストラップ ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 03/31(土) 12:53
回路はこんな感じですかねぇ。
こちら
D17は高周波用ショットキで2GHz帯のローレベルミキサ用が良いでしょう。
1SS86とかが使えるかな。

L1とC12は2GHz帯に共振させますが、L1はメッキ線を曲げた程度でC12なしでも行けるかも知れません。
この辺りはカットアンドトライで。

C21はパスコンなので100pF位で良いです。
トランジスタはVbeが低いPNPが良いと思います。
LEDや電流制限抵抗はお好みで、電池を3Vのもの1個で行くとすると赤色か何かのVfの低いLEDが良いでしょうね。

コンデンサは1005のチップ必須です。
足つきの部品では自己共振があるので上手く動かす事は難しいでしょう。

回路も作るのも簡単ですが、動かすのが難しいのが高周波回路です。

No.30910 RE:光る携帯ストラップ アルベルト [iPhoneOS/5_1 like Mac OS X) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B179 Safari/7534.48.3:Safari/7534.48.3] 03/31(土) 13:44
ほりこし様
早速ご回答頂き本当にありがとうございました。
ご指導に従いチャレンジしてみます!

No.30911 RE:光る携帯ストラップ アルベルト [Windows/Vista:Chrome/18.0.1025.142] 03/31(土) 23:03
個人で少量バラ購入できるのが下記の状態なのですが部品的に大丈夫でしょうか?

LED:Vf1.8〜2.4Vの赤
ショットキバリアダイオード:整流用/ 31DQ04
コンデンサ:チップコンデンサ 50V(1608サイズ) / 100pF


No.30912 RE:光る携帯ストラップ ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 03/31(土) 23:20
C21は1608の100pFでも良いでしょう。
ダイオードは整流用ではダメです。
ちょっと端子間容量が大きいのですが、1SS16で行けるかなぁ。
こちら

1SS16だと足つき部品なので、1SS16のリードそのものをコイル(ピックアップ用の)として使えると思います。
2GHzなので3.7cm位にするのが良いですが。

トランジスタは2SA1015とか、そんなもので。
LEDのVfが2.4Vあると、電流制限抵抗は殆ど要らないくらいになりますね。
気休めに100Ωくらい入れておくとか。

No.30914 RE:光る携帯ストラップ fushikiz http://ff@tomoya.com [m:Windows/XP:FireFox/9.0.1] 04/02(月) 15:06
昔から謎なんですが、この手のものって電波から見ると電波を吸っているんですよね、いくばくか。とすると、この回路の入力は落とし穴のようにみえるのかなあ。

今時ものすごい電波がとびかっていますよね。特に都会では。

そこでいろいろな電線を張って、それを整流すれば一日中LEDぐらい着くのではないかと思います。というのは、子供の時にゲルマラジオでスピーカーを鳴らそうとして長い電線をつないだことがあります。

結局ピーカーは鳴りませんでしたが、クリスタルイヤホンはもちろんのこと、ラジオのイヤホンもST-32でマッチングすると微かながら間違いなく聞こえました。この手のイヤホン5mW程度でフル音量になりますから、0.1mW程度にはなるかと思いました。

もっとも太陽電池の方が早いですが、太陽電池もダイオードのようなものだから電波も効率はともかく若干は吸っているような気がします。

fushikiz

No.30915 RE:光る携帯ストラップ ほりこし [G:Windows/XP:IE/7.0] 04/02(月) 15:57
TV局やラジオ局の近くなら結構な電力が得られるんじゃないかなぁ。
蛍光灯くらい点くでしょうね。

ダイオード検波器の実験をしてみましたが、かなり厳しいです。
電波の弱い所に持っていけば検波されて電圧が出てきますが、それでもトランジスタをONに出来るかどうか。
無線周波数のまま一度増幅しないと無理かも。

No.30916 RE:光る携帯ストラップ Sam_Y [u:Windows/2000:SeaMonkey/2.8] 04/03(火) 23:18
すでにご存知の方も多いかとは思いますが、
こちら
で 実験されていますね。

No.30917 RE:光る携帯ストラップ Sam_Y [u:Windows/2000:SeaMonkey/2.8] 04/03(火) 23:27
すみません 話がずれちゃってますね。
先のリンクは 増幅付きのラジオを放送波を電源にして動かそうって話です。

携帯のほうは よくわかりませんが 携帯をアルミ箔かなんかで(半端に) シールドしたらどんなものでしょうかねぇ。

No.30918 RE:光る携帯ストラップ ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 04/03(火) 23:44
AMラジオ、増幅してから検波するか、検波してから増幅するか。
ワンチップのAMラジオICは増幅してから検波しています。
クリスタルイヤフォンしか鳴りませんが、1V/300μAで動作するようです。
とは言っても300μWですから、検波効率からすればRF入力は0dBm以上ないと動かない訳です。

ケータイは、シールドすれば送信出力は上がりますね。
非接触でなくて良いのなら中から線を出すのが良いんですけどね。
RFの線ではなく送信時に電圧がかかる部分を。

No.30920 RE:光る携帯ストラップ fushikiz http://ff@tomoya.com [m:Windows/XP:FireFox/9.0.1] 04/04(水) 08:07
>すでにご存知の方も多いかとは思いますが、


やはり真面目にトライされていますね。

個人的に覚えているのは昔雑誌で、ポリバケツのコイルやベニアで直径50cmくらいのスパイダーコイル+長いアンテナで増幅段なしにスピーカーがかすかに鳴ったというのがあったような気がします。

ここで問題なのはインピーダンスマッチングですね。アンテナ線を単純にLCにつないでよいのか?どこから引き出すべきなのか、トライアンドエラーする必要があるように思います。

電波に関しては増える一方ですから。ショットキバリアーラジオであればいいかも。ショットキバリアーラジオという名前があるのか検索したら、ダイソー(100円)の部品ばかりで作る無電源ラジオをじめにやっておられる方がいました。

こちら

未だ我が家にはIN60とかSD46とか転がっていますがこれからはレアグッズになるのかな。

そうそう、もう一つタダの電源がありました。電池無しに動くプッシュトーン電話がありますね。どうやってメモリーやCPUが番号をわすれないのか。。。さらにラジオ付きです。問題は電話をかけるとき大きなノイズがすることでしょうか。

これもやっている人がいるのか検索したら、まったく違うのがひっかかりました。

こちら

どっか接触不良でダイオードを作っているのではないでしょうかね。スプリッターかましてもそれより上流で検波していたら無効です。通常異金属の接触点は微視的にはダイオードになり電力をかけると高調波も発生する。昔冷戦のときは、VOAなどの近くでは雨樋やタライから音声が聞こえ、蛍光灯が音声とともにまたたいていたとか。

fushikiz

No.30921 RE:光る携帯ストラップ fushikiz http://ff@tomoya.com [m:Windows/XP:FireFox/9.0.1] 04/04(水) 09:20
ゲルマラジオでスピーカーも鳴りLEDも点いたというのがありました。

こちら

しかし、これじゃ災害の停電用というっても、その前にアンテナやコイルが倒壊しそう。

fushikiz

ページ指定:01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12