すべて表示


[ホームページ][使い方説明][ツリー表示]

1ページに最大10件のツリーを表示します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
javaを理解してくれないブラウザ、海外からは書き込みできない可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
宣伝書き込み防止のためURIは不定期に変更します
↓次の記事の先頭へ↓

No.30013 GOLFGTI [p:Windows/XP:IE/8.0] 09/02(金) 01:03
私の足も幅が広くて外側が出っ張っているので、合う靴を探すのに苦労します。
8年くらい前に、セミオーダーであつらえたことがありますが、さすが足に吸い付くような履き心地で、非常に歩きやすくいまだに愛用しています。値段は4万円くらいだったと記憶していますが、一足持っていても損はないと思っています。
ほりこしさんも一足あつらえてみたらいかが?

224.157.128.101.dy.bbexcite.jp


No.30021 RE:靴 特価黒 [Windows/XP:FireFox/5.0] 09/02(金) 20:09
ここ数年ぐらいで日本の靴サイズが変更されたのでしょうか?
昔は丁度よい靴を探すのに苦労しませんでしたが、最近は幅が広すぎて困っています。
普段使いの靴はアメリカの靴がピッタリだから輸入品を買うようにしていますが、工場で使う安全靴や静電靴をどうしようか悩んでいます。
オーダーメイドの安全靴や静電靴は無理でしょうね。

168.196.244.43.ap.yournet.ne.jp


No.30061 RE:靴 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.220] 09/05(月) 13:41

数年前にセミオーダー(セミセミ程度?)の靴を安く新調しました。2.5万円程度だったかな?
ちょっと高い靴を2足買ったと思えば安いものだと思いました。フォーマルなので履く機会が
あまりないのですが。蛇足ですが、そのお店では、Yシャツとかスーツのオーダーも受けていて
(テイラーメイドって言うのかな?)、Yシャツ5000円から作れるのは安いと感じました。吊るしに
3000円払うなら、オーダーで5000円払ってもいいかな、と。着る機会ありませんが。

その際、サイズは"F"だと言われました。世の中には"3E"か"4E"しかないと思っていたので、
"F"は衝撃的というか、"A"なんてサイズがあったことにも驚きです。

カジュアルではアキレスの靴を履く事が多いです。理由は簡単で、アキレスに勤める友人が
「日本人は皆、幅広甲高というけど、それが日本人の標準よ?」と言った事を真に受けて、
勢い試してみたら意外と具合が良かったので。

あるいは、カジュアルではリーガルのレザースニーカーもなかなか良いです。リーガルは
細めのイメージがありますが、スニーカーは色々と調整が効くし皮が柔らかいのでオススメ
です。

ご参考になれば。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30010 超硬 きたひ [n:Windows/XP:IE/8.0] 09/01(木) 00:05
今更?ですが下記のチェーンを持っていたりします。

>以前に単車用の防犯チェーンの事を書いたことがあるが、KITAKOの絶対切れないチェーンを何でも切れるカッターで攻める対決もある。

普段はガレージ保管ですが実家への帰省にバイク使ったりする時の為に買いました。
結局あまりにも大きい&重いので実家に帰省する時以外は使っていません。
(バイクで帰省する事自体まず無いですが)
とは言え実物を持ってみた時の安心感(どこに付ければいいんだと言う半分絶望感w)は結構大きいです。

新しく開発された高性能材料もありがたいのでしょうが自分の経験の範囲では実際に使うとなると入手性や価格の為に結局従来の物を使う機会が多かったです。
チェーンロックのような製品で新素材が生かされるんだなあとちょっと思ったりしました。

ntszok195228.szok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.30005 急性白血病 こたつねこ [Windows/Vista:FireFox/6.0] 08/31(水) 02:05
震災前もずっと読んでいましたが、震災後に書き込みだしました。
さて、

東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

 東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。
こちら

−−−とのことですが、この発表に一言一句ウソがないとしても、
「8月上旬の作業と今回の白血病の因果関係はない」と発表しているだけで、
会見では5か月前の原発”事故”との因果関係まで否定していません。

作業と関係ない=原発は関係ない。と短絡的に考えて偶然で済ませてはいけない気がしています。
もし仮に3月4月の被曝が原因であるのであれば、ご近所で同様に過ごしていた人たちの
検査をやって
早期発見・早期治療に努めることが大切だと思います。
東電の労災には関係ないとしても、政府は原因究明をもう少し粘るべきでしょうね。

nttkyo380183.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.30006 RE:急性白血病 smd [n:Windows/XP:FireFox/3.6.20] 08/31(水) 10:45
こちら原爆被爆者における白血病リスク
「過剰白血病は被爆後約2年で発生し始め、被爆後約6−8年の間にピークに達した。」
とあるので、福島事故から5ヶ月では早すぎる気がします。

d101.gtokyofl96.vectant.ne.jp


No.30008 RE:急性白血病 YASU [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.215] 08/31(水) 12:57
長崎大学のサイトに放射線医療科学e-Learning こちら なるものがあります。
その中で「3-1)放射線被ばくと発ガン;白血病」が参考になるかと。

被曝線量や年齢から考えても今回の事故由来の放射線とは因果関係は無いと考えるのが普通かな?

em1-112-59-226.pool.e-mobile.ne.jp


No.30009 RE:急性白血病 nobody [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/31(水) 22:54
はるか昔に原発ジプシーを読んだ人間からすると、被曝線量管理のいい加減さから
見て、ちゃんと調べないとコメントの余地はないと思います。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25479 迷子記事へのレス ------- G:Windows/XP:FireFox/6.0 [nhk.or.jp] 08/28(日) 01:08
---


192.168.159.104


No.25481 RE:原子村瓦解のあしおと jerrybird [M:Windows/XP:FireFox/6.0] 08/28(日) 01:14
WHOの指針では、
 ヨウ素剤の投与 → 速やかに避難する
って事ですよね。

第2ステップの避難ができない!!!から、
第1ステップが不要です!!!って広報したとしか思えません。

関東・東北のTVラジオ局では 311以降、イソジンなどを
飲まない様にって広報が頻繁に流れていたそうですが、
どこが主体となって広報していたんでしょう???

#しかし自分で可否を判断して、イソジン摂取していた人も
結構いるそうで、そういう人はいち早く危険地帯からも脱出
していたのでしょう。

#このBBSの311以前と以降のアクセス数って顕著な変化は
有ったのでしょうか? >>ほりこしさん

No.25512 迷子記事へのレス YASU [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.215] 08/29(月) 23:27
チョイトためさせてもらいます。

em114-48-183-184.pool.e-mobile.ne.jp


No.25513 Re:迷子記事へのレス Lear [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/29(月) 23:42
No.25481 って書かれた方が削除して消えたのかと思ったらまだあったんですね。
そしてちょっと大変なことに^^;

No.25514 Re:Re:迷子記事へのレス YASU [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.215] 08/30(火) 00:01
スレッドの親記事が消されたタイミングとレスを書き込んだタイミングが悪かったようですね。
別のスレッドにレスが付いた時点で、見かけ上そのスレッドに含まれたように見えるんじゃないかな?
まあ、この状況になるには一定の条件が必要で、その状況は殆ど起こらないと思うので運用で対処で良いかなと...
プログラムに回避のためのアルゴリズムを取り入れると処理が重くなりそうですしね(^_^;)

em114-48-183-184.pool.e-mobile.ne.jp


No.1 RE:迷子記事へのレス ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 08/30(火) 07:47
ここに書いてみようっと。

先頭記事の削除のタイミングと次の記事の書き込みのタイミングの差でおかしな事になったみたいです。
同時アクセス時データそのものは保護されているはずなのですが、処理がどこまで進んでいるかのシーケンス自体はロックされていないので駄目なんですね。

削除機能をなくすのが一番手っ取り早い解決法、ちょっと頭を使うならば親記事のみは削除できなくする事が出来るかも。

ご要望の前の記事への移動は付けてみました。

No.30001 RE:迷子記事へのレス ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 08/30(火) 08:03
記事番号が1になった…
よし、3万からにしてみよう。

No.30003 RE:迷子記事へのレス FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/30(火) 14:34
なんか、私が記事を消したのが迷惑かけたようですね。
陳謝いたします。

なんか話しが循環しているようで心苦しいです。
まあ群馬のワカサギまで基準を超えているようで、
”直ちに影響が無いが”ずいぶん広い範囲に散ったものだと思います。

電力制限例も解除が9月22日から9日に前倒しするそうですが、
電磁連にだまされてこれを出したのは海江田です。まあA級戦犯
でしょうか。今度は小沢にだまされて担ぎ出されて、本当に
おろかな人だと思います。

fushikiz

No.30004 RE:迷子記事へのレス ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 08/30(火) 14:43
いえいえ、本質的なバグというか設計の詰めの甘さですね、これは。
元々のcgiはファイルロックすらされていなかった訳で、チョコチョコは直しましたが駄目なところは駄目と。

ソフトの仕様にあわせて人間が考えなければいけないなんて、本末転倒というものです。

ただ今すぐ直せるかというと無理そうで、その点心苦しいです。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25460 トコトン議論 あさみ [Windows/7:Opera/9.80] 08/25(木) 00:50
少し、掲示板に間があきましたので、火に薪をくべさせて頂きますw
この掲示板で話題に上がると思っていましたが出なかったものですから 知らない方もいるかもしれないので。




「「孫正義×堀義人 トコトン議論 〜日本のエネルギー政策を考える〜」
 東日本大震災、そして福島第一原発の事故を経て、『次世代エネルギー』に関する果てしない論議が続く。太陽光パネルを始めとする自然エネルギーへの転換を訴えるソフトバンク社長の孫正義氏、そして「脱原発を叫ぶ前に電力の安定供給をすべき」と反論するグロービズ代表の堀義人氏。まったく正反対の主義・主張を持つふたりが、20分のプレゼンテーションに対して10分の反論を行ない、その後は自由に議論を繰り広げるというルールを決めて、『日本のエネルギー政策』をテーマとする“トコトン”公開討論に挑んだ」


堀義人氏は「マスコミには基本的には出ない方針で来ました。テレビは避けて、動画も控えて、経済誌以外のマスコミは断ってきました。敵も作らずに、政治的な発言も控えて参りました。」とのこと。

全文書き起こし
こちら

堀義人の議論後のブログ書き込み
こちら


動画は4時間近くありますが、書き起こしを読むのなら、それにくらべ楽ちんです。ありがたい。

個人的には、堀氏が「孫さんは議論後に反原発方針を少し転換したのを感じた」ということをだれか著名人とtwitterでやりとりしていたのが印象的でした。ソースを探しましたが、忘れました。たしかあったような気がしたのですが・・・





14.239.197.113.dy.bbexcite.jp


No.25464 RE:トコトン議論 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/25(木) 18:02
議論の内容以前に、孫x堀義人というのがまったくつりあっていない
ように思います。堀氏はデータが資源エネルギー庁のものを語って
いますし、ウランのリサイクルが現時点で確立しているかのような
前提で話していますから、当初から議論にあがるだけの勉強が
できていない。

個人的には

原発から離脱すべき年数(何年ぐらいで全廃できるのか)

によって区別しないと、脱原発なのか、減原発なのか、原発ミニマム
なのかわからないですね。

ある人は脱原発といっても20年ぐらいでなくなるつもりで言っている。

ある人は減原発といっても20年かけてゼロにする、と言う。

同じことですが、言葉が違うとかみあいませんね。つまり0年から∞年まで
のスケールを前提に話さないと、

fushikiz


No.25470 RE:トコトン議論 Lear [m:Windows/7:FireFox/6.0] 08/26(金) 11:43
文書の方を速読してみました、粗読みですので勘違いはあるかもですが・・・^^;

この対談、孫氏の圧勝のように読めました。
むしろ圧勝すぎて議論と言うよりは堀氏は引き立て役か当て馬か?とすら思えてしまう。

「脱原発を叫ぶ前に――」、このお題に期待して読みましたが・・・速読後の感想は”引っかかりました”です。
客観的な分析がいくつかあって考察を展開することを期待したのですがそうではない。
真の影響度がどうなのかは置いといて、堀氏の放射線は意外と大丈夫です説明は聞き手側が納得できる内容にはなってませんね。
原発コストの説明も同様。
対談の主題とは無関係な尾鰭の「原発よりも電磁波のほうが怖い」が更に堀氏への疑心を加速。
主題ではないので電磁波怖いは説明さないのはしょうがないとしても、印象として失点を招いただけですね。
尾鰭の尾鰭、電波塔の共有話までたどり付くと・・・これは本当に対談なのだろうか?

方や孫氏の説明では多くの聞き手側は大枠では納得しやすい内容にはなっていると感じました。
でも過去の経緯から言った事と実行する事の乖離幅が割りと広めの孫氏なので話半分程度で受け取っていた方がよさそうですが。

孫氏のプレゼンが上手すぎるのか?
堀氏のプレゼンが下手すぎるのか?
それとも対談を装った出来レースか?(←憶測です)

No.25494 RE:トコトン議論 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/29(月) 07:07

遅くなりましたが、ようやく読み終わりました。感想は、まあ恐らく皆さんと一緒でしょう。

一点だけ判官贔屓するならば(堀氏のブログのコメント欄からの盗用ですが)、いざ化石燃料が
枯渇して、原子力を再起動するしか手がなくなった時に、果たして原子力に再び火を点す技術が
残っているのだろうか? 孫子のミニマム論には、技術を維持するために必要な最低限の炉の
運用は含まれているのだろうか? という点です。

系統への接続など運用も含めての「技術」ですから、大学などの実験用原子炉や「僕の考えた
安全な原子炉」を机上で空論しているだけでは不十分でしょう。

もちろん、その一方で「原子力しか手がない」状況がくるのか、という疑念もあります。

化学エネルギーに変換しておくことだけが電気を蓄える方法ではありません。揚水もそうです。
個人的には、「揚水が昼夜逆転すること」が将来の希望ですが、方法はそれだけでは無いです
よね? 採掘済みの枯渇した油田に圧搾空気を貯めておく、とか?

再生可能エネルギーだけで本当に100%賄えるのか、蓄電技術は十分に発達する見込みはある
のか、それは化石燃料の枯渇に間に合うのか、その辺りの議論が、原子力の行く末を語るには
まだ少し不足しているような気がします。

No.25502 RE:トコトン議論 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/6.0] 08/29(月) 21:40
>、いざ化石燃料が枯渇して、原子力を再起動するしか手がなくなった
>時に、果たして原子力に再び火を点す技術が残っているのだろうか?

この手の議論で不思議に思うものは、

”化石燃料だけが値上がりしてウランが値上がりしないことは無い”

ということですね。どうせ中国はかつての70年台のようにポコポコ
原子炉作っています。当然低開発諸国に輸出するでしょうね。したがって
化石燃料が高くなれば、ちょっと遅れてウランも高くなるのですよ。
現実に天然ガスなどは原油価格を少し遅れておっかけています。

それと、化石燃料が枯渇したおりには、ウランもなくなる。ウランの
資源量は石油と同じくらいで、ガスや石炭より少ないといわれています。
もちろん、化石燃料があがればウランも探し出すと思いますが。

ようするに、世界中の開発途上国が日本のような生活をしたいと
思えば、エネルギーが不足するのは仕方がないでしょう。それが
いやなら再生可能エネルギーを使うしかないです。

fushikiz

No.25503 RE:トコトン議論 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/6.0] 08/29(月) 21:43
それと堀氏の議論では、太陽光と原子力を比べています。しかし
風力についての記載がない。

またまた地熱に関する記載がない。再生可能って太陽光だけなのか?

堀氏の議論はちょうど夏休みの宿題で中学生が資源エネルギー庁
のチラシをみて作った自由研究のレベルかと思います。

fushikiz

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25499 原発コスト(Re:原子村瓦解のあしおと) Lear [m:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/29(月) 12:38
No.25480 原子村瓦解のあしおと
> こちら
> 政府が原子力コスト試算案 1キロワット時16〜20円
> ”政府の「エネルギー・環境会議」は、原子力コストの算出などのために
> 「コスト等試算・検討委員会」(仮称)を9月に立ち上げ、報告書を11
> 月に公表する予定”

もとスレッドは放射性ヨウ素関連の方が旺盛なのでもうひとつの方、原発コスト関連はこちらに誘導したいと思います。


電気新聞記事にありました立命館大の大島堅一教授がまとめた試算が気になり軽く調べてみました。
震災以前の資料、原子力委員会第48回「原子力政策大綱見直しについて。費用論からの問題提起」を大島堅一教授がフリージャーナリスト岩上安身氏のインタビューという形で説明しているUstreamがありまして興味深かったのでご紹介しておきます。

「岩上安身氏のインタビュー記事まとめ」(岩上安身氏のサイト)
こちら

「Ustream(インタビュー 2011年4月11日)」
こちら

「原子力委員会第48回「原子力政策大綱見直しについて。費用論からの問題提起」(2010年9月7日)」
(立命館大学国際関係学部 大島堅一教授)
こちら (PDF)

安全か危険かはとりあえず置いといて、コスト分析が中心です。
時間のある方はPDF見ながらUstream見ると良いかと思います。



No.25500 RE:原発コスト(Re:原子村瓦解のあしおと) Lear [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/29(月) 13:53
本日はシフト休日を休日出勤した代休取得というなんとも複雑な経緯のお休みで自宅におります。

電気新聞記事にありました地球環境産業技術研究機構(RITE)の秋元圭吾客員教授の方も軽く調べてみました。

RITEの「システム研究グループ」というページがありまして、
こちら

「最新の分析―発電コストの推計」(2011年5月24日)
こちら

というのがありました。

そこにある「発電コストの推計」(PDF)ですが”孫正義論文(「世界」2011年6月号)の検証”という項目が目を引きます^^;
第一印象としては、大島堅一教授のものを見た後だったこともあり、荒っぽさが目に付いてしまいましました。
まあ、方や資料+解説付ですけどね。

「発電コストの推計」(PDF) (2011年5月23日)
こちら
「日本の発電コスト比較(要因別)」(PDF) (2011年5月23日)
こちら


No.25501 RE:原発コスト(Re:原子村瓦解のあしおと) FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 08/29(月) 17:23
>地球環境産業技術研究機構(RITE)の秋元圭吾客員教授

この人の論文はひどいですね。積算が非常にいい加減。

たとえば、

”バックエンドはおそらく10兆以上(実際には50機の廃炉費用だけで10兆をこえるのに)”

”仮に現在の原子力の発電量が、、50年以上続くとして(新炉建設しない続きません)”

”稼働率の違いを。。。原子炉80-90%として(無知で恥ずかしくなる)”

発電単価2050年で18円から42円 過大でしょう。
孫さんの引用しているJ.Blackburn氏のデータではすでに2010年で太陽光が
原子力のコストと逆転している、というのはもともとムリがありますかね。

個人的にはバックエンド費用は大島教授でもまだ甘いのでは無いかと思いますが、
今後たとえば米国で原発を新設するときの保険代や訴訟費用などを見積もると
米国ではあながち間違いとはいえませんね。

我が国だとコンセンサスでは1kwの施設は立地平均年1000kwh発電します。ただし
昼間だけ。

で孫氏はおそらくパネル+パワコンを1kwあたり30万程度(アジア製)で手当てするのじゃないかな。とすると、ソーラーファームのような大規模施設で寿命20年
(法定償却17年から)とすれば、

30万÷1000kw÷20年=15円 /kw

拙宅の場合は10年でパワコン故障交換するとして(6万/kw)実績から推定すると

(57万+6万)÷1150kw÷20年=27円/kw

仮に設置補助金(kwあたり合計8万)を引くと

(57万+6万ー8万)÷1150kw÷20年=24円/kw

電気買取を計算に入れると  20円以下。。。

極めて大規模なソーラーファームがあればかつかつ。補助金と
30円/kwの買取があれば黒字になるでしょうね。

fushikiz

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25461 MIMO 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/25(木) 09:58
 
8/23の雑記が、消化不良と言うかなんと言うべきか。。釣具屋の理解と異なっているところが
あるので、適当に加筆&修正してみます。専門家ではないので、間違えているかも知れません。
ツッコミへのツッコミは大歓迎です。

>言語は同じで同じ場所で話しているが、どの方向から聞こえた声か、AサンとBサンの
>声質が違うので分離が出来る。

「言語が違う」と「声質が違う」の差分が不明確です。CDMAも「声質が違う」で説明できて
しまいます(カクテルパーティー効果)。

より端的に説明するには、言語も声質も同じな双子が同時に左右から話しかけてきても、
(一般的にヒトには耳がふたつあるので)双子のどちらが話したか判別できる、といった
所ではないでしょうか?

>これにはAサンとBサンが離れた場所にいてくれる(電気的距離が長い=使用周波数帯が
>高い)必要があり、もしも近い場所から話されると分離出来なくなってしまう。

離れたところに居てくれないと困るのは、AサンBサンではなくて、右耳と左耳では?

>相関のない2つのアンテナをどうやって筐体内に納めるかに苦労した。

「相関のない」ではなくて(それだと3dBのゲインにしかならない)、「空間に対して相関
のある」が正解かと思います。

MIMOの出自はSM(空間多重)ですから、「どちらから電波が飛んできたか判別できること」
ならびに「どちらへ電波を飛ばすか選択できること」にあります。これを達成するため
には、アンテナは、空間に対して相関がなくてはなりません。

ただ、それだけだと、ただのアダプティブアレイアンテナに成り下がってしまう(MIだけ
もしくはMOだけ)で、大して面白くない。MIMOの面白いところは、ここから先です。

>つまり直進性が強く反射しやすい性質の周波数帯の方が何かと使いやすい

従来は、反射波はただの「妨害」でした(マルチパス干渉)。アナログテレビで言う所の
「ゴースト」です。しかし、技術が進歩して「どちらから電波が飛んできたか判別」できる
ようになると、反射波を「別々の伝送路」として用いることができるようになりました。
ちょうど、PCI-Eを2レーン使うと、1レーンの時の倍の速さになるようなものです。

AサンBサンが(ほぼ)同じ場所に居ても、Aサンは右の壁に向かって話しかけ、Bサンは左の
壁に向かって話します。それを聞くヒトもまた、耳がふたつあるので、右の壁から反射して
聞こえたのか、左の壁から反射して聞こえたのか、判別できる(情報量が2倍になる)。

さらに言うと、AサンBサンは同一人物でも構いません。右と左に話し分けられれば。ただ、
左右を聞き分けられるヒトは居ても、左右に(同時に)喋り分けられるヒトはなかなか居ない
ので、説明は難しいですけどね。

ここが、まさに「コロンブスの卵」的な発想(従来はただの妨害ですよ?)で、個人的には
感心したところです。そこの説明がなかったのが、ちょっと惜しい、と個人的には思います。

No.25462 RE:MIMO ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 08/25(木) 10:08
AさんとBさんの声質の違いは、パはじめとする固有の情報がそれぞれのデータに付加されている所を例えています。

AさんとBさんの位置が無限に近いとMISOになってしまいますね。

コロンブスの卵がどうなのかは解らないですが、SSBで通信をした事のある人は混信せずに二つの信号を抽出出来る概念は持っているかも。

No.25463 RE:MIMO 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/25(木) 12:08
 
>パはじめとする固有の情報

パイロットシンボルの事でしょうか・・? NTSCで言う所のカラーバースト信号みたいな。

であれば、例えて言うのなら、右の壁は金属でできているので甲高い声に聞こえ、左の壁には
カーテンが掛かっているのでくぐもった声になる、で、声質で判別しているという事になり
ますね。

No.25469 RE:MIMO ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 08/26(金) 09:43
あ、書き込みが変でしたね。
「パイロットやCPなどの」でした。

で、カラーバーストは壁の種類(反射を言っているのかな?)と関係してるんですか。
反射がなくてもMIMOは成立しますよけどね。

甲高いとかって周波数成分のことでしょうか?
ベースバンド信号で言うと情報の速度?
いや、MIMOはチャネルによる情報の速度差はないんですけどね。
しかも反射によって情報の成分が変わってしまうとだめですね。
遅延はCPやGIでカバーできますけど。

MIMOの場合はチャネル推定の話に持って行かないといけないのでは?

No.25471 RE:MIMO 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/26(金) 13:22
>で、カラーバーストは壁の種類(反射を言っているのかな?)と関係してるんですか。

はい。関係します。fc付近の減衰が強ければ、カラーバーストの振幅も小さくなって、
それで正規化した色副搬送波を同期検波することにより、Yb,Yrを得ますので。

遅延波も関係してきます。カラーバーストの末端には、遅延波の成分も重畳されています
ので、テレビでは末端を狙って基準信号を得ます。これは、ライン上隣接する区間との
色相関が高いので利用できます。例えば、1画面「赤ベタ」だったりすると、遅延波が
乗っていても、色は正しく再生されます。逆に、エッジの部分で色相がコロっと変わると
弱くて、それが主波と遅延波が交差する区間で色相が反転したりする原因になっています。

一方で、ビデオでは、トラッキングを維持するために"真面目な"カラーバーストを必要と
しています。テレビではカラーバーストの末端しか見ない。ここに目をつけたのが、マクロ
ビジョンをはじめとするACPSですね。カラーバーストの末端以外にデタラメな情報を挿入
する事によって、トラッキングを不正にしてダビングを阻止する。

ここら辺は、大学生の頃に、一番興味を持って学んだところなので、自信はあります。
間違えていたら、吹抜先生(こちら)に文句を言ってください。教科書が悪いと。

#吹抜ホール、懐かしいですね。

>反射がなくてもMIMOは成立しますよけどね。

専門家じゃないので、そんなに苛めないで下さいな。釣具屋の認識では、反射がないと、
MIMOで得られるゲインは、「キャリアダイバーシティ」程度です。MIMOの肝は、スペース
ダイバーシティにあると思っています。

>甲高いとかって周波数成分のことでしょうか?

周波数選択性フェージングの説明のために使用しました。実際には、フェージング周波数
が異なるだけでは、キャリアダイバーシティになってしまうので、複数のアンテナからの
成分を足したり引いたりした時に分離が良く得られることが重要になってきます。

元の話が、「声質が違う」だったので、それに合わせてみました。

>ベースバンド信号で言うと情報の速度?

よく分かりませんが、キャリア毎に変調を変える(QPSK/16QAM/64QAM)は重要ですよね。

>いや、MIMOはチャネルによる情報の速度差はないんですけどね。

チャネルと言うのは、キャリアの話でしょうか?伝送路の話でしょうか?

>しかも反射によって情報の成分が変わってしまうとだめですね。

よく分かりませんが、遅延波(の合成)によって、周波数成分は変わりますけどね。周波数
選択性フェージングってやつ。逆に、遅延波以外に周波数選択性フェージングの要因って
あるのでしょうか?

>遅延はCPやGIでカバーできますけど。

CPってコンティニュアスパイロットでしょうか?
GIはガードインターバル?

両方とも、周波数選択性フェージング=遅延波の話ですよね。なんか話がずれている気が
します。「反射によって情報の成分が変わってしまう」とは、ドップラー効果の事でしょう
か?であれば、その話はしていません。OFDMに於いて、ドップラー効果は、キャリア間
干渉を引き起こすもので、難しい問題であることは認識しています。

>MIMOの場合はチャネル推定の話に持って行かないといけないのでは?

同意です。が、そもそもの話が「(簡単な)例え話」であってですね、難しい話をしようと
いう意図はありません。

繰り返しますが、「情報通信基礎」程度の生半可な知識しかないので、そんなに苛めて
下さらんな。

No.25472 RE:MIMO ほりこし [G:Windows/7:IE/9.0] 08/26(金) 14:15
私はアナログテレビに関しては疎いので、書かれていることの半分も理解できていません。

反射がなくてもMIMOが成立するのは、アンテナの距離を極端に考えてみればいいのです。
(反射が不要と言うことではなく、無くても良いよという事)
2×2のMIMOでそれぞれの送信アンテナの距離が100km、受信アンテナはそれぞれの送信アンテナの近くにあると考えます。
そうすると2つの信号は混ざることなく受信アンテナに入ってきます。
ところがアンテナ間距離をどんどん近づけると信号の区別がしにくくなります。
反射があると(その分だけ)遅延などが増えるので区別がしやすくなります。
ドコモは、反射を期待しなくてもアンテナ間距離を稼げばいいと言っているしKDDIは反射がないと効率が上がりにくいと言っています。
受信側のチャネル推定のやり方とか、まあロジック規模を大きくしないで復調したいとか、いろいろあるのでしょう。
アンテナ間距離を期待すると演算量は劇的に減りますから。

この信号分離はいくつかの代表的方法があるのですが、簡単に説明できるくらい(私が)理解できたら雑記ネタにでもします。


そこから先の話、変調方式とかドップラとかは全然話がかみ合わないので割愛します。

> が、そもそもの話が「(簡単な)例え話」であってですね、
> 難しい話をしようという意図はありません。
>
例えが気に入らなかったのではないですか?

それに、
> ツッコミへのツッコミは大歓迎です。
>
と書いていらっしゃる。

でも突っ込むと、
> 、「情報通信基礎」程度の生半可な知識しかないので、
> そんなに苛めて下さらんな。
>

政治にたとえると民主党みたいですね。
言うことはデカいがやることはショボい。

No.25473 RE:MIMO 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/26(金) 23:32
なるほど。ようやく理解できました。

>ドコモは、反射を期待しなくてもアンテナ間距離を稼げばいいと言っているし
>KDDIは反射がないと効率が上がりにくいと言っています。

ほりこしさんはドコモの言い分を受け容れていて、釣具屋はKDDIの言い分しか信じていない
ところがかみ合っていなかった理由ですね。

>2×2のMIMOでそれぞれの送信アンテナの距離が100km、受信アンテナはそれぞれの送信
>アンテナの近くにあると考えます。

これだと、ただのマイクロセルになってしまいませんか? MIMOの本質はそこではないと
思います。

>例えが気に入らなかったのではないですか?

話が前後していますが、「チャネル推定の話に持って行かないといけない」のは同意です。
それで、ほりこしさんがその意図で言っているのかな?と思いNo.25463を投稿しました。
ところが、No.25469を読むと、それも違うと言っているように見えます。何が違うのか、
本格的に分からなくなったので、No.25469です。

>政治にたとえると民主党みたいですね。
>言うことはデカいがやることはショボい。

○| ̄|_

意図したかったことは、ほりこしさんとの溝を縮めたかったのに、投稿の都度、むしろ
その差は開いてしまう。なので、「そんなに先に行かないで下さい」程度の意味でした。

ほりこしさんが釣具屋を苛めているように取られる可能性のある不適切な言葉でした。
お詫びして訂正させて頂きます。

もっと苛めてください。

No.25474 RE:MIMO ほりこし [G:Windows/7:Chrome/13.0.782.112] 08/27(土) 00:06
反射もそうなんですけど、変調方式もOFDMに限った事ではないのです。
CDMAでもMIMOは成立しますが、CDMA+QAM+MIMOとなると干渉(振幅方向のデータが干渉する)が起きるので効率が低下します。

これもドコモは(CDMA+MIMOは)意味がないと言っていますがクアルコムは出来ると言っています。
何が違うかと言えばセル内収容局数です。
拡散符号に余裕があれば干渉の度合いが少ないのでMIMOが出来る、ドコモのようにセル内に沢山の加入者を入れているような使い方だとMIMO効率が上がらず意味がない、と言う事ですね。

反射や回折の考え方というか判断の仕方も似たようなものでしょう。
YRPの実験でドコモは、アンテナの間隔を広げられるのなら(空間)多重数はいくらにでも出来ると言っています。
これも、理屈はそうなのですからそうですねとしか言いようがないです。
それこそアンテナ間の距離を離していけば良いだけ。
あとは演算量がものすごくなるだけです。

2つのアンテナに別々の信号が入ってくるような状態においてはMRC(最大比合成)のロジックを少しいじった程度でMIMOが出来てしまいます。
しかし2つのアンテナにほぼ同じような信号が入ってきてしまう状態では、理屈通りの演算をしないと理屈通りのパフォーマンスが出ません。
(長くなるので割愛しますがこの辺りはドコモの特許がいっぱい)

MIMOの方式自体も何を対象にするかによって説明や比喩にしても変わってきますよね。
そもそも何かに例えて説明する時点で物事の正確性や確実性は相当減少しているわけです。
なので、話が難しくならない程度、面倒にならない程度に例えてみましたくらいのものです。

AさんとBさんの話す声が空間で混ざりますよね。
なので、聞く側はその空間の伝達特性の逆のフィルタをかければ話し声は分離出来ます。
歪みに関しても同様に、空間で何かしらの歪みが起こるとすればその逆のフィルタをかければ歪みは取れます。
でもこれはたとえ話にしにくい訳です。


No.25476 RE:MIMO 釣具屋 [k:Linux/x86_64):Chrome/13.0.782.107] 08/27(土) 05:20

>AさんとBさんの話す声が空間で混ざりますよね。
>なので、聞く側はその空間の伝達特性の逆のフィルタをかければ話し声は分離出来ます。

「伝達特性の逆のフィルタ」は、各アンテナから各アンテナへの伝達特性の行列、その逆行列の
事ですよね?

>ドコモは(CDMA+MIMOは)意味がないと言っていますがクアルコムは出来ると言っています。

これは初耳でした。OFDMの場合は、伝達特性行列はキャリア毎に個々に逆行列を計算して、
それで「割れば良い」だけなのでそこそこ簡単かと思います。CDMAの場合は・・・時間軸での
畳み込みになってくるので、考えるだけで頭が痛くなってきますね。

>でもこれはたとえ話にしにくい訳です。

はい。なので、伝達特性行列を(ほぼ)アイデンティカルであると考えることにして、声質の違い
よりも、むしろ単純に右耳と左耳があるから分離できると考えた方が簡単かな?と思った次第です。

No.25477 RE:MIMO ほりこし [G:Windows/7:IE/7.0] 08/27(土) 07:58
行列演算(MLD?)はMIMOを実現するための演算の一つの方法の中の一部の計算に過ぎないので、ここで言う逆の伝達特性のフィルタはもっと概念的なものと考えて貰った方が良いでしょう。


No.25493 RE:MIMO 釣具屋 [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/29(月) 05:10

>MIMOを実現するための演算の一つの方法の中の一部の計算に過ぎないので、ここで言う
>逆の伝達特性のフィルタはもっと概念的なもの

その通りなんですけどね。。ただ、その概念があまりに抽象的過ぎると物事の特徴を
掴むことは難しくなってしまいます。

例えば、古典的なAMラジオだって、1242kHzを通すフィルタと1132kHzを通すフィルタが
あれば、JOLFさんとJOQRさんを聞き分ける事ができるわけで、これだって「JOLFさんと
JOQRさんの声質の違い(JOLFさんの方が声が高い)」によって聞き分けられると表現できて
しまいます。TDD以外は、どれも多かれ少なかれ同じことが言えるのではないでしょうか?

その上で、何をもってAサンBサンの声を聞き分けているかに主眼を置いて説明すると、
・TDD: 同時には話さないので聞き分けられる
・FDD: 声の高さが違うので聞き分けられる
・CDMA: 言語が違うので聞き分けられる
・MIMO: 耳がふたつあるので聞き分けられる
のように説明するのが、簡潔かな?と思った次第です。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25441 電力量ってどこの時点 3kWh目 証アナ [k:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 08/18(木) 11:42
>なんか、世間では東電への機構のお金は特別利益になるので、債務超過が
無い、とか書いているバカが多いですね。東電の幹部でさえ、そう言って
いるのが驚きです。

私も初めて読んだときにそんな馬鹿なと思ったのですが
いろいろ調べているとこのようなブログが・・・
こちら

驚きました。交付金に返済義務ないんですね。そうなると
確かに収益認識は可能です。しかし、まあよくこんな仕組み作ったもので驚きます
相当、切れ者がいるんでしょうね。

個人的にはこれは法的には問題がなくても道義的にはかなり問題があるように思います。
賠償金を収益認識するというは会計原則に反するようにも思いますし、
直感的にもわかりにくい。
東電をつぶしたくないからルールを変えるというのは本末転倒に感じますね。

em111-188-27-104.pool.e-mobile.ne.jp


No.25443 RE:電力量ってどこの時点 3kWh目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/18(木) 13:10
まあ特別利益ですか。贈与である。と。
しかし機構全体をみれば債務は残り、それは保険金の形でいただく。

融資とすると債務超過になる。

”債務超過転落を避けるためには返済義務はないとしながらも、機構から貰った金と同額の金額が機構に積みあがるまでは特別負担金=割増保険料を取るということで、実質的な返済義務を担保する…まさに玉虫色。”

確かに一言で言えば”簿外債務”ですね。過去どっかの商社や証券会社が
取引や為替、先物に大損して、それをオフショアにとばし、露見して会社が
つぶれた。。。

在庫を子会社に押し付けて粉飾した。などなど。ほとんどの企業犯罪、
企業倒産には必ずといっても”簿外債務”があった。

格付会社がもっとも注目するのが”簿外債務”であります。ある意味、
会計監査とは、財務とかは、BSが正しいか、は当たり前ですが、要するに
”簿外債務”がないか、どっかに隠れていないか、今後発生するのでは
、を探す仕事といってもいい。

ということは、格付け会社はこの決算をみて格付けを投資適格とすることは無い、
というかできない、でしょう。ただこのスキームが早晩破綻する(資金が
足らない。つまり東電が黒字にならない、保険金が積み上がらない、)のは
確実で、ゴーイングコンサーンの大問題として残る。

そのときに配電網を別会社にして売却して埋め合わせをるつつもりか。

やはり本筋が間違っていますね。本筋は

1)一度破綻させる。
2)株価をほとんどゼロまで政府が東電を追い込んだところで、政府に
第三者割り当てを行い、事実上国営化し、上場廃止する。債務超過では
上場はできませんが、会社を維持することは可能です。

その後発電会社、配電会社、原子炉債務担当会社にわけて、、、賠償額は
国が以後は今の機構と同じですが、稲村氏のように信用ある人間を社長、会長
に据える。

今の政府は1)はともかく2)はすべきでしたね。

ホリエモンとかを特別利益ビークル云々で逮捕しながら、こういうインチキが
まかりとおるのはなぜか。またなぜ東電の捜査しないのか。なぜ東電の
上場を許すのか、ありえない話です。

ようするにガラパゴス資本市場、ガラパゴス会計監査ということです。しかし、
格付け会社は許さんでしょう。結局今破綻させる以上の無駄金がかかる。JRや
JALで過去やってきたことと同じです。

それは、デリバティブで言うところの時間の利益なり価値の喪失です。速い話
金利です。現在東電は巨大な揚水発電所を建設中であり起債できずとも
さらなる金が必要です。で、結局はメガバンクも債券を放棄した上に追加
出資を迫られる。JAL破綻のときと違って今回は胴元ですから、逃げられません。

”あのとき破綻させておけばよかった”

という目に合う。われわれも税金と電気料金という形で末永く余計な金を
払うことになる。

同じ電気1kwhであっても、それが正午なのか、あるいは午前零時なのかに
よって値打ちは3倍も違います。同様に今の1円は将来は一円のままではなく
金利がつきます。今の1円と10年後に払う1円とでは値打ちが違う
ということです。

FUSHIKIZ

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25387 RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Sam_Y [n:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 08/14(日) 10:11
一杯になってしまったので。

> 昼間携帯やライトの充電池などに充電できるだけでもかなりありがたいですしねえ。

こちらだけなら 秋月とかのソーラーセルと 1石自励発振あたりで 数千円で何とかなりますね。 法令を気にかけないでもいいですし。

我が家では ThinkPad 560の廃棄Li電池と組み合わせで、
庭園灯 : ソーラーセル 1.2V - 昇圧 - Li電池3.7V(一本) - 白色LED 1W
物置照明: ソーラーセル 1.5V - 昇圧 - Li電池3.7V(3パラ) - 昇圧 - 白色LED 1Wx3直

という構成で 稼動中です。

No.25389 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 nobody [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/14(日) 15:34
太陽光がこれからどうなっていくのか良くわからないのですが、戸建て住宅のペアガラスや
高性能断熱材みたいに、いつの間にか標準装備になるかもしれませんね。

Bloombergの記事ですが、こちら
>大阪府堺市のメガソーラー発電所を見学したことのあるおおい町の時岡町長は「双眼鏡
>で見るようにはるか一面に太陽光パネルを敷き詰めても、発電能力は1万キロワットし
>かない。あれを470個作れというのは無理だ」と指摘。同町の大飯原発の発電能力は
>4基の原子炉で471万キロワット。

私なんか逆に感じるんですよね。ただ単にパネルを並べておくだけで1万kWも発電できる
わけなんです。13ヶ月ごとの保守もいらないし、温排水も低レベル放射性廃棄物も出さない。
点検の度に被曝者を出すわけでもないし、故障してもクリティカルにならない。
おおい町の町長は原子炉建屋の中を見学したことがないんだろうか。あれだけ配管や
付属機器があって、それを13ヶ月おきに被曝者を出しながらメンテナンスしなきゃいけ
ないのと、パネルが並んでいるだけのソーラーの違いを、良く理解しなければいけないと
思います。

もちろん、メガソーラみたいなのが多数作れるわけでないでしょうが、家庭の屋根の
上など、これまで活用されていなかった場所を使っていけば、低効率な原発をトータル
で超えることは十分可能なはずです。
本当にたられば論なのですが、電力会社がこれまで原発を「安全だ・高効率だ」と言い
張るために費やしてきた広告費、関連団体に垂れ流した補助金類を太陽光発電に投入
していたら、電気料金はもっと安く安定的になったんじゃないでしょうか。

No.25390 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/15(月) 02:07
 
>家庭の屋根の上など、これまで活用されていなかった場所を使っていけば、低効率な
>原発をトータルで超えることは十分可能なはずです。

この手の話って、「活用できる面積(日照)」の話をしてても、いつの間にか「活用できる
土地」の話にすり返られてしまうんですよね。

例えば、スーパーの駐車場。そこに屋根をつけて、上にソーラーパネルを設置すれば、
結構な量を発電できると思います。暑い日も直射日光で車がチンチンに熱せられることも
なくなるし、雨風もしのげる。お客さんもハッピーです。しかし、柱と屋根があると
「建築物」になってしまうので、建蔽率的に無理かのかもしれません。

この辺りの規制緩和は、政治家の仕事です。「1000万戸にソーラーパネルを設置する」
など目標を掲げるのは良いです。しかし、目標を掲げたのであれば、努力しなくては
ならない。そいうった努力が、今の政権には全く感じられません。

挙句の果て、「土地がない」だの「効率が悪い/コストが高い」だの、自分が掲げた目標
を達成できない理由を他に探しているだけ、要は責任転嫁しているだけ。

政治が解決できること・政治でしか解決できないこと、は沢山あると思うのですけどね。

No.25391 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Sam_Y [n:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 08/15(月) 11:34
>この手の話って、「活用できる面積(日照)」の話をしてても、いつの間にか「活用できる
>土地」の話にすり返られてしまうんですよね。

これは そもそもの発想が メガソーラー だからですかねぇ。
分散させずに 集中しないと 利権になりにくいからか、、

>暑い日も直射日光で車がチンチンに熱せられることも
>なくなるし、雨風もしのげる。お客さんもハッピーです。

「日射の活用」 + 「日陰の活用」ですね。 メガソーラーでできる広大な日陰は
何にも活用されていない。(といっても メガソーラでは 椎茸栽培くらいしか思いつきませんが 笑)
住宅用ソーラーでは この日陰の活用の部分が大きいことも 今後語られなくてはいけませんね。

No.25392 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 B-51 [m:Windows/7:Chrome/13.0.782.112] 08/15(月) 17:04
いっそのこと、幹線道路にもれなく設置していけば、真夏の炎天下や雨の時でも単車が使いやすいということになって、自動車の削減にも有効に働きそうですね。
利権にはならないのでダメでしょうけど。

ああ、でも道路族の新たな利権にすりかえれば意外とうまくいくかな?

No.25394 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Lear [m:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/15(月) 17:31
> 住宅用ソーラーでは この日陰の活用の部分が大きいことも 今後語られなくてはいけませんね。

語るならマイナス面も語らなければ単なる誇大広告になりますよ。
住宅用ソーラー以前になぜ住宅の屋根の多くは黒系統なのでしょうかね?
夏だけを考えるなら、光反射性がよく熱吸収性が低い明るい色の塗料を使えば効果てき面です。
ただし同じ効果は冬場にも起きます、よってより寒い家が出来上がります。
住宅用ソーラーパネルによる太陽光から住宅への熱吸収性阻止効果は冬には無くなるのですか?(まあそんなことは無いと思いますが)

−−−−−

住宅用太陽光発電は地産地消を前提にしておかないと破綻するのは目に見えてると思うのですがなにやら売電を餌に半ば詐欺的に進んでる気がします。
売電は使ってくれる先(近隣の他の家)が無いと成り立ちません。
蛇足ですが電車の回生電力も他の走行している電車が消費してこそ成り立っているシステムです。

今の送電システムでは売電したい電気を自宅と接続している柱状トランス(配電6600[V]→100/200[V])を一緒に利用している同一給電線内の近隣の他家などが使ってくれなければ成り立たないはずです。
つまり柱状トランスよりも向こう側、売電したい電気100Vを6600Vに昇圧して他の給電線に送る仕組みにはなってないかと。

今は太陽光発電システム価格が高いこともあり同一給電線内の近隣の他家などで住宅用太陽光発電を取り入れてる人はまだまだ少ないので売電が成り立ちます。
仮に政治的経済的価格低下阻害要因が今回の原発事故を契機に無くなり、太陽光発電システム価格が十分下がった場合、住宅用太陽光発電を取り入れてる戸数は大幅に増えるでしょう。
そのとき、売電を当て込んで償却計算して購入すると当てが外れることは簡単に予測できる話です、同一給電線内に工場などあれば良いんですけどね。

−−−−−

化合物系CIS/CIGS太陽電池がいい感じで研究開発量産が進んでるようで。
・光劣化が無く経年劣化が少ない → 長寿命
・数μmの薄さでも十分に機能する → 低コスト化
・光電変換効率が高い → 多結晶シリコン太陽電池と同程度の高い変換効率
・4元素(特にレアメタルの)供給に不安要素が少ない → 銅/アルミの精錬過程でできる副産物生成のためとリサイクル回収
太陽電池パネルもシリコン系では小さな発電モジュールを直列接続して電圧を稼いでる弊害で部分影に弱いですがそれが無いのも魅力ですね。

−−−−−

住宅用太陽光発電システムが十分安価になり普及すると困るのが各地域の電力会社ですね、なにせ単位電力あたりで高い電気を各家庭に買ってもらってますから。
エネルギーコストの取り合いという意味でガス会社と電力会社は犬猿の仲ですが太陽光発電システムの会社はここに立ち向かって行けるのだろうか?

No.25395 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Sam_Y [n:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 08/15(月) 18:08
> ただし同じ効果は冬場にも起きます、よってより寒い家が出来上がります。

原理的には 確かにそうですが、現状の住宅が冬場に小屋裏の熱を積極的に活用しているか
というと 疑問ですがどうでしょうか。 ( OMソーラーとかだと 利用しているのかなぁ )
[データも何にもなしの 感覚だけの話なんで 続けようがありませんが]
まぁ No.25391の書き方だと あまりに能天気といわれても仕方ないですが、兼好法師も
家のつくりやうは夏をもって、、、と言っていることですし(笑

電力地産池消の話は 確かにそうですね。 ただ

> つまり柱状トランスよりも向こう側、売電したい電気100Vを6600Vに昇圧して他の給電線に送る仕組みにはなってないかと。

これは どうなんでしょうか、柱上トランスって 単なるトランスでしょうから 何らかの手段で阻止しなければ 勝手にスルーしてしまいそうな気がするのですが どなたかご存知でしょうか。

むしろ 意図的な停電をしたいとき--事故とか 工事とか--に 複雑なことになりそうな気がしますが、この辺はどのように対策されているんでしょうかね。


No.25396 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 08/15(月) 21:47
>、柱上トランスって 単なるトランスでしょうから 何らかの手段で
>阻止しなければ 勝手にスルーしてしまいそうな気がするのですが
>どなたかご存知でしょうか。

タップを切りかえることはできますが、遡上するしないは単に電圧と
負荷インピーダンスの問題じゃないですかね。単に。。。

家がみんな太陽光の団地はすでに多数ありますが、今のところ
何とかなっている。これは電力会社に悩んでいただければいいわけで、
実際でんき予報をみると、非常に予想の精度は高い。2ー3%の誤差
に収まっていますからね。

だから不安定なソースである、というのはまたまたまたまたまた
またまたまたまたまたウソでしょう。もう電力会社のウソに
騙されるのはやめましょう。

FUSHIKIZ

No.25399 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 08/15(月) 22:00
それと、本格的な普及時期になったときの、平均設備は3kwを下回る
のじゃないですかね。自家消費が大半かと思います。

といのは、過去太陽光を上げていた方々は、主義主張がある、酔狂で
ある、趣味である、屋根にも資金にも余裕がある方がおおかったので
設備が大きめになっているんじゃないですかね。

ウチの団地を見渡しても、公庫外の大きなお家でも、うちより載らない
屋根、方角が合わない家がけっこう多い。来る普及時期には平均設備は
2.5kw程度あればいいところかと思います。

また、都市部のように比較的大規模なマンションが多いところは、個数
をまかなう分のパネルが置けるのだろうか?

家の断熱はマンションの方がよいので空調負荷は低いでしょうが、風呂などの
消費は戸建てとあまり変わらないし、乾燥機や電気調理器の使用率はむしろ
高いのではないでしょうかね。

だから、都市部であればシンクも大きいように思います。

FUSHIKIZ

No.25400 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Osaka [u:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/15(月) 22:56
>住宅用ソーラー以前になぜ住宅の屋根の多くは黒系統なのでしょうかね?

最近多いスレート瓦の場合、塗料の耐久性と汚れの目立ちにくさから黒
が多いだけではないでしょうか?。和瓦なら銀や青や茶系のものも珍し
くないと思いますが。

ソーラーパネルによる放射冷却の低減は期待できませんかね。日射による
温度上昇が減る代わりに夜間の暖房の効きがよくなるとか。

zaqd3871344.zaq.ne.jp


No.25401 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Lear [m:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/15(月) 23:01
あ〜、ちなみに柱状トランスよりも向こう側には行けないと思ってる根拠は単相3線の交流100/200Vを単純に三相3線に戻すことができないからです、協調処理しないと三相のバランスが崩れて・・・。



屋根裏の熱利用or処理
今時の昔と比べると高機密性な住宅の構造を見ていただければよいかと、手抜きされてなければ大体こんな感じになってます。
2階の天井の上、屋根裏には断熱材が布団のように敷かれてます、屋根裏部屋がある場合は屋根裏部屋の床と2階天井の間にギッシリと。
十中八九は階段スペースの2階天井部分に温度センサー感知式の室内気の排気ファンが付いており、屋根裏に排気することで屋根裏の圧力を上げて屋根裏の熱気を外へ逃がしてます。
2階天井裏専用のファンが付いていたら割とグレードが高かったかな?たしかこちらも温度センサー感知式で冬場は運転休止してます。

またも蛇足ですが最近は瓦屋根が減ってますが瓦屋根って断熱効果が結構あるんですよね、瓦桟木に引っ掛け湾曲した瓦同士を重ねると屋根との隙間空間がありそこで断熱してます。
瓦の下部は下の瓦の上に乗るように取り付けるわけですから、瓦は屋根に直接触れる部分はかなり少ないのです。
瓦屋根の欠点は重心より高い位置での重量ですね。

No.25402 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 バイアス [m:Windows/Vista:IE/7.0] 08/15(月) 23:44
>柱上トランスって 単なるトランスでしょうから 何らかの手段で阻止しなければ
>勝手にスルーしてしまいそうな気がするのですが どなたかご存知でしょうか。

勝手にスルーします。

>むしろ 意図的な停電をしたいとき--事故とか 工事とか--に 複雑なことになりそうな
>気がしますが、この辺はどのように対策されているんでしょうかね。

ある程度の規模の発電所でしたら、事故時には変電所と制御ケーブルでつないでいる転送遮断装置で連系を切り離すのですが、
家庭用太陽光発電ですと、単独運転検出機能で系統の停電を検知して、パワーコンディショナーを止めるようです。
家庭用より少し本格的な単独運転検出装置は↓のような仕組みらしいです。
こちら

太陽光発電が大量に導入されると、単独運転検出装置が他の太陽光発電の電力を誤検出して事故時の遮断が出来ない恐れがあり、
また、電圧変動で一斉解列する恐れがあるなど、集中的に設置された場合には問題があるようです。
↓の11ページ。また、9ページあたりから厄介者のように。

経済産業省 次世代送配電システム制度検討会第1ワーキンググループ(WG1)(第1回)-配付資料5
こちら
この資料を見ると、日本の電力系統は櫛形でループフローが無く、発電所・変電所、大口需要家の動向を
リアルタイムで把握できるシステムが既に出来上がっている。
問題点として、休日の太陽光発電を抑制する必要がある。
だから、スマートグリッドを整備して、太陽光発電の電力を電力会社の都合に合わせ抑制したい。と読めました。

No.25403 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 YASU [k:Windows/Vista:Chrome/13.0.782.112] 08/16(火) 00:53
>柱上トランスって 単なるトランスでしょうから 何らかの手段で阻止しなければ
>勝手にスルーしてしまいそうな気がするのですが どなたかご存知でしょうか。

スルーはしますけど2次側の負荷が変動するとLearさんも書かれていますが三相のバランスが崩れて最悪、保護回路が働き停電となります。
まあ、現状は電圧が上がると売電停止になるので問題ないわけですが…

売電停止を避けるための対処ですが、家庭用太陽光発電も数が少ないうちはタップ調整程度で済むでしょうけど数が増えるとアイソレーション用のトランス増設(SVRで代用なのかな?)や三相・単相変換された柱上トランスから先の負荷調整が必要になります。

em1-112-25-230.pool.e-mobile.ne.jp


No.25404 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Lear [m:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/16(火) 02:33
>柱上トランスって 単なるトランスでしょうから 何らかの手段で阻止しなければ
>勝手にスルーしてしまいそうな気がするのですが どなたかご存知でしょうか。

すでに十分なフォーローが入ってますが一応まとめときます。

柱上トランスそのものには逆流を防ぐ仕組みは組み込まれてないので何らかの手段で阻止しなければ勝手にスルーしますがそれを許すとマズイのが今の送電システムです。
阻止手段は太陽光発電システム内のパワーコンディショナーがその役割を現状では担ってます、逆流が起きる前に売電停止という方法で。
結果として今の仕組みでは柱上トランスの向こう側へは売電できないという事です。

新型のSVRで分散型電源に対応する話はあるみたいですね。
こちら (PDF)
こんなのがあるとはw
こちら (Shockwave/Flash)

No.25405 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 C.M. [Windows/XP:IE/8.0] 08/16(火) 09:44
そうですか。今度は詐欺師にされてしまいましたか…。いやはや。
という冗談は置いておいて。

>住宅用ソーラーパネルによる太陽光から住宅への熱吸収性阻止効果は冬には無くなる?
これですが、これは元々冬場よりも夏場の方が室内と屋根裏の温度差が大きく、
断熱の効果が不足気味になる…という話が前提です。(特に温暖な地域の場合)
冬場の断熱は問題無いが、夏場の日没後にいつまでも暑いような家のだと特に効果が大きくなります。
この辺りは戸建にお住まいの方には感覚的にご理解頂けるのではないかと。

後、三相不平衡電圧の件をやたら気にされている方が居ますが、元々低圧電力の場合でも
負荷がバランスしているケースは稀ですし、電灯線の場合はそもそもが平衡を乱す原因に
なっていますので気にしすぎでは?と思いますが…
5kW程度の負荷変動で配電が破綻するんでしたら、100V換算で30〜50Aの電力を消費して、
しかもON-OFFを繰り返すIH(電磁調理器)は今すぐ全廃棄して頂かないと駄目という事に…。(笑

まぁまるまる嘘だとは思いませんが、この辺の資料がやたら沢山有って、それを鵜呑みに
する方が出てきてしまう辺りが"電力会社が邪魔をしている"と言われる原因の一旦だと思っています。

No.25406 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 nobody [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/16(火) 09:46
No.25403 YASUさん
>スルーはしますけど2次側の負荷が変動するとLearさんも書かれていますが
>三相のバランスが崩れて最悪、保護回路が働き停電となります。

まあ、少々のところで1相のバランスが崩れても、柱上変圧器はRSTにばらまかれて
いるので、余程のことが無い限り保護継電器が動作するようなことはないと思います。
その理屈なら、特定の街区が町内会の旅行で外出て負荷が減少しただけで保護動作する
ことになります。

No.25404 Learさん、本当にびっくりです。なんでそんな解釈ができるんでしょうか??
>阻止手段は太陽光発電システム内のパワーコンディショナーがその役割を現状では
>担ってます、逆流が起きる前に売電停止という方法で。

いったい、どうやれば柱上変圧器の2次側に多数繋がれた負荷の末端で、柱上変圧器の
1次側の潮流を監視できるのでしょうか。

>結果として今の仕組みでは柱上トランスの向こう側へは売電できないという事です。

驚きですね。たとえば、去年の8月に入居した我が家は、10月ぐらいまで柱上変圧器の
2次側は我が家1件だけでした。私の家の実家も、周囲の状況の関係上、単独の柱上変圧器
が上がってました。そういう家は売電はできないのですか????

No.25407 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 nobody [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/16(火) 10:05
No.25399 FUSHIKIZさん
>家の断熱はマンションの方がよいので空調負荷は低いでしょうが、風呂などの
>消費は戸建てとあまり変わらないし、乾燥機や電気調理器の使用率はむしろ
>高いのではないでしょうかね。

これがですね、実例で調べてみるとかならずしも戸建の方がマンションより電力使用量が
多いとは限らないのです。ライフスタイルに依存しますね。方位によっても空調負荷は
相当変わりますし、廊下や玄関が暗いものだから常に照明を点灯していたりすると、
戸建を超える場合があります。

照明は馬鹿にできないです。仮に20Wのダウンライト4灯が1日18時間点灯されていたら
1.44kWh/日。これが30日だと43.2kWh。我が家の一ヶ月の消費電力量254kWhからすると、
大きな値になります。戸建てだとパナソニック電工がいろいろな製品を出しているので、
人感センサーの積極的な導入で相当改善するはずです。こちら

商業施設なんかは本当に酷い状況で、調べれば調べるほどアラが出てきます。こちら
過剰照明で、試しに昼間に消灯しても誰も気がつかないとか、営業時間終了後も点灯して
いるのでよくよく聞いてみると「スイッチの位置を知らない」だとか、びっくりする話
が次々と出てきます。

パナソニック電工の人と話していると、数年前に見える化製品のラインナップを作った
時は年商数千万のオーダーだったらしいですが今年は数億オーダーらしく、まだまだ拡大
余地があるのでフル2線のセンサー・タイマー類と共に売り込んで行くのだとか。

No.25408 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/16(火) 10:10

相関偏差の話が突然SVRにすり替わって、しかも「柱上トランスの向こう側へは売電できない
という事です」と結論付けられることに、面食らってしまいます。。。

相関偏差については、設置台数が増えれば増えるほど減るのは、中学生で習うことですね
(大数の法則)。そもそも、数kWp程度の偏差で保護回路が働いて落ちる位では、我が家で
電子レンジと掃除機とエアコンを同時に起動したらダメってこと。あり得ないです。

柱上トランスは、それこそ「東電に頼んでタップ調整してもらう」ものなので、SVRは関係
ありません。FUSHIKIZさんの言うように、
 >単に電圧と負荷インピーダンスの問題じゃないですかね。
で結論は出ています。

そしてまた、SVRに関しても、FUSHIKIZさんの言うように、
 >これは電力会社に悩んでいただければいいわけ
で結論は出ています。

No.25409 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/16(火) 10:21
 
>手抜きされてなければ大体こんな感じになってます。

我が家には「温度センサー感知式の室内気の排気ファン」などというものは付いていません。
つまり、我が家は手抜き(欠陥)住宅ということですね。

吹き抜けの採光を除き、LowEガラスを使っています。夏場は吹き抜けのシェードを降ろせば
涼しく、冬場は吹き抜けの採光だけで十分に部屋を暖かく保つことはできます。

屋根からの熱量は、基本的に過多だと思いますよ。

屋根瓦の断熱効果を知っていて(それこそ古くから伝わる知恵ですよ?)、屋根が断熱される
事に関して「より寒い家が出来上がります」などdisるのは、何か太陽光に恨みでもあるの
でしょうか?

No.25411 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/16(火) 10:58
 
この週末、街中をドライブして、アメリカのソーラーパネル設置状況をリサーチしていました。
結論から言うと、1時間のドライブで1軒だけ見つけることができて、写真に収めたのですが、
・・・迂闊でした。

その直後、交差点(左折時)信号無視で捕まりました。。。

別スレでは「会話に困ったことはない」などとエラそうに書きましたが、イザという時には、
全く役に立たずしどろもどろ。窓を開けて、免許証の提示を求められたので、ドアを開けよう
としたら、イキナリ"Hold on!!"ですよ。泣きそうになりながら、「後部座席のカバンに入って
いるの(泣」って説明したら、"Unlock the door!!!"って。

会話する度にビックリマークが増えていくの。

で、紆余曲折あって、「日本の法律では、(青信号で)停止線を越えて交差点に進入した場合
には速やかに車両を移動させる規則なの(泣」って説明して、ようやく「合衆国のルールでは
青信号で左折できない(と予測される)場合は停止線の前で待つんだ!!」って、ビックリマークが
一つ減って、なんでソーラーパネルを調べていたのか説明してもう一つ減って、撮った写真を
消去して(USモデルのデジカメで良かった・・・)、ようやくビックリマークが消えて、最後に
「気をつけろよ」と言われて解放されました。

ホテル戻ってきたら、パンツ濡れていましたよ。。。

No.25412 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Sam_Y [n:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 08/16(火) 11:13
柱上トランス越えの件 なんとなく判った気になってきました。

三相を単相で使っているので、相関偏差が出てしまう。
当然 買電(個人から見て)側でも同じことはあるので 従来はタップ調整されていた。
(もちろん 経路の不平衡の話もあるので タップ調整の目的はそれだけではないかも知れませんが)
ところが 近年このタップ調整を自動化するために SVRが導入されつつある。
、、、で このSVRが 売電(個人からみて)を考慮したものではなかったので問題が出る。
(具体的には 系統電圧があがって パワコンで売電カットとなる位かな? 最悪 漏電誤検知 とかで 停電もあり?)
ということですね。
SVRに関しては FUSHIKIZ氏のおっしゃるように電力会社が悩めばよいことですが、、

元々の
>そのとき、売電を当て込んで償却計算して購入すると当てが外れることは簡単に予測できる話です、同一給電線内に工場などあれば良いんですけどね。

こちらの話は 売電価格が 恣意的に定められた状態だと 大いにありうることだと思います。 (そうはいっても 今の電力システムだと 電力の市場価格というのが無いので そこをなんとかしなければ。)

---
冬寒い家の話は 真面目に考えれば 結構難しい話になりそうですが、、(太陽高度、暖房有無、南面の建物 etc)
非常に短絡して 公園の東屋のようなものを思い浮かべています。
夏は 太陽光がさえぎられて 涼しいですが 冬季には屋根があるために寒いってことはないですよね。(壁が無いので 暖かくはないですが)



No.25413 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/16(火) 12:19
失礼。s/相関偏差/相間偏差/g

No.25414 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 C.M. [f:Windows/XP:IE/8.0] 08/16(火) 21:53
本筋から遠いお話で申し訳無いのですが…

>屋根裏に排気することで屋根裏の圧力を上げて屋根裏の熱気を外へ逃がしてます
上記の件、できれば具体的な設置例を挙げて頂けませんでしょうか。

室内から屋根裏へ排気するシステムというのは聞いた事が有りません。
(屋根裏から排気というのは最近よく聞きますが…)
屋根裏へ排気…となると、一般的な断熱であれば冬場の使用はNGのはずで、
となると別に付いているはずの常時室内排気系統との連携がどうなっているのか
とても興味が有ります。

No.25415 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 TAKE http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kankisen/pr/hainetsu/hainetsu_b.html [f:Windows/XP:IE/8.0] 08/16(火) 23:02
コレでしょうかね?

ただ、室内と屋根裏との間に別の空間があって、そことの間で換気するみたいな説明ですが、普通の戸建はこんなになってないよなぁ・・・

ntkngw022164.kngw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


No.25416 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/16(火) 23:24
>「合衆国のルールでは青信号で左折できない(と予測される)場合は
>停止線の前で待つんだ!!」って

このあたり、意外や米国人は左折はまじめに待ちます。一方、
右折はNYなどをのぞくと赤でも右折可ですね。この仕掛けが
米国人が加速の良い大トルク車を好む理由のひとつとか。。。

スクールバスが止まっていれば出発するまで停止。。。。これは
せっかちなNYでも守らないと拘置所行きかと思います。

南部にはある程度の金を持たずに運転すると拘置所入り、という
州もあります。おおこわ。

>今の新しい基準では、室内の換気は法的な義務ですが、
屋根裏は特に換気の取り決めはないかと思います。

三相から単相からの割り振りは、工事人の気まぐれで決まるので
多くの家で均されるかも。今日も屋根を見て運転してきましたが
今の日本の家のデザインでは平均2.5kwどころか2kwを割るかも
知れない。

このたびヤマダ電機がプレハブ大手SXLを買収するとかで、
太陽光を組み込んだ家を売るそうです。もっとも、今はほとんどの
新築が太陽光をオプション設定していますので、今後は南向きに
単純な切妻屋根をもつデザインが増えるでしょう。

こちら

こちら

単純な形だとデザイナーも苦しむだろうなあ(付加価値のつけ方が
難しい)。まあ日本の家は過度にビジーなデザインなので、これも
いいのかも知れない。

>冬寒い家の話は 真面目に考えれば 結構難しい話になりそうですが、、(太陽高度、暖房有無、南面の建物 etc)

これは冬を待ってみないと解かりませんね。太陽の輻射が減って寒く
なる、と言う要素と、屋根から輻射で逃げる熱量が少し戻る分
(太陽熱パネルの裏はどのメーカーも白く塗ってありますが)
とでどうなるか。夏の高温を避けるためか、数CM浮いているのが
どう働くか、ですね。

ようするに日射量の減少が効くのか、放射冷却が効くのか?みたいな。

今は居室にすべて内窓(プラマードU)をつけています。こういう出費
にもかかわらず今まで電気代が減らなかった原因が今回わかった事も、
二階が涼しくなったことと並んで大収穫でした。おまけに毎月九電から
お小遣いまでもらえるなんて。nobodyさんありがとう。。。

FUSHIKIZ

No.25418 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Lear [m:Windows/XP:FireFox/5.0] 08/17(水) 02:28
なにやら交流送電に関して電圧の安定化には位相差(交流の世界では相関偏差という言葉は使って無いかな?)は関係ないと言わんがばかりの人がいるようで。
SVRのみならずSVCやAVRが・・・やーめた。
少なくとも交流に関しては基礎知識として力率とは何ぞやまで行かねば理解できないだろうし、力率を理解するにはリアクタンス、アドミタンス、サセプタンスが何かや皮相電力、有効電力、無効電力も・・・って掲示板やるのは厳しい。
高校物理の範囲超えてるのか・・・これって大学/高専の強電(この言い方が古い?)専門分野でしたね。

−−−−−−−

住宅用ソーラーパネルによる太陽光から住宅への熱吸収性阻止効果、私はこの効果はそこそこあると思ってます、年間通じて。
仕組み的には屋根板とパネルの間の空間は瓦屋根に通じるところがありますし、電気に変換された分は熱には成らないでしょうし。

−−−−−−−

>> 屋根裏に排気することで屋根裏の圧力を上げて屋根裏の熱気を外へ逃がしてます
> 上記の件、できれば具体的な設置例を挙げて頂けませんでしょうか。

安価なものはところてん式(室内気→屋根裏→屋外)に排気しています。
たとえば三菱の換気排気ファンの取り付け工事説明書ですが3ページに図があります。
こちら (PDF)
高級なもの?は室内気と屋根裏気を同時にファンで屋外へ排気します。
こちら
冬場に稼動してしまうとNGなのはそのとおりです、先にも書きましたがそのため温度センサーが付いていて設定温度以下では停止または手動でOn/Offしてます。

積水とかパナとかダイワとかトヨタとかの住宅メーカー系の家はあまり普通の瓦を使わなくなりました。
住宅メーカー系はスレート屋根(石質の薄い板のものやガルバリウム鋼板などなど)が多数を占めてるかと思います。
メリットは重量低下による耐震性向上と価格ですがガルバリウム鋼板などは10年程度に一度塗り替えが必要です。
どうもこの手の屋根は旧来主流だった瓦屋根に比較して屋根裏に熱を貯めやすいようで、スレート屋根化と同時に(遅れて?)屋根裏排気を取り入れているようです。

−−−−−−−

「普通の戸建」ってどのあたりが普通のなのだろうか?
ちなみに私は「今時の昔と比べると高機密性な住宅」の話ならしてますが、住宅メーカー系の家の話です。

−−−−−−−

> これは電力会社に悩んでいただければいいわけ

電力会社に悩んでもらうことには賛成なのですが、電力会社にとってピーク電力の緩和という意味では太陽光発電等々はプラス要因ですがそれ以外はむしろ来て欲しくないマイナス要因ですよね。
その電力会社が自分たちに不利なことが降ってきかねない設備の投資に本腰を入れてくれますかね?
分散電源に対応した送電設備の拡充には電力会社をその気にさせる何かが無いと牛歩戦術的なものにでるのではないかと技術面よりもそっちが心配してます。

No.25420 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Linux/x86_64):Chrome/13.0.782.107] 08/17(水) 03:44

>電圧の安定化には位相差は関係ないと言わんがばかりの人がいる

どこに居ます?そんな人。どこにも居ませんよね。「相の間の(電圧の)偏り(差)」の話をしていたと思ったら、
なんかまた勝手に話がすり変わってしまいました。

相の間の電圧の偏りは、難しい話を持ち出すまでもなく、中学の数学ですよ?(こちら)

>三相から単相からの割り振りは、工事人の気まぐれで決まるので多くの家で均されるかも。

「工事人の気まぐれで決まる≒無作為」なので「均される≒大数の法則が成り立つ」ってだけの話です。

No.25421 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Linux/x86_64):Chrome/13.0.782.107] 08/17(水) 05:30

SVRって、いわゆる柱上変圧器(6600V→100V)ではなくて、電圧降下を保障するために
送電路に挿入される(6600V以下に落ちているものを6600Vに戻す)もので、想像していた
よりも大型のものですね(こちら)。

いわゆる柱上トランスは、保護回路が働かない限り(相間バランスが崩れても)勝手に遡上
してしまう。バランスに関しては、他の指摘にもあるように、数kW程度の崩れが問題になる
ようでは、そもそも電力網として破綻している(ので、これが問題になるとは考えにくい)。

問題となるのは、(現状では遡上を考慮していない)SVRを越えて遡上が起きる場合ですが、
こちらの資料によると、SVRは定格3000kVAが主流だとか。ここからざっくりと推測すると、
SVRは500〜1000世帯に一つづつと言った所でしょうか。

500世帯で平均しても余るほど発電できるようになるのは、まだまだ先の話でしょう。少なくとも
固定価格買取制度が保証する10年の間にそれが実現できるとは、到底思えません。なので、
「実際には柱状トランスをともにするご近所数軒に回っている程度」は杞憂かと思います。

「自分たちに不利なことが降ってきかねない設備の投資に本腰を入れてくれますかね?」に
関しては、SVR越えの遡上はまだまだ先の話なのに、東電は(研究という形で)既に投資を
始めている訳で、実際に何の問題もないと思いますよ。

No.25423 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 C.M. [f:Windows/XP:IE/8.0] 08/17(水) 10:36
資料提示頂きどうもです。

>安価なものはところてん式(室内気→屋根裏→屋外)に排気しています。
>高級なもの?は室内気と屋根裏気を同時にファンで屋外へ排気します。

ところてん式の場合、別に室内排気系統が必要になると思うのですが、
本当に安価なんでしょうか?屋根裏から直接排気した場合とコストが変わらないような?
あと冬季に何らかのミスで稼動してしまった場合、屋根裏の断熱材が壊滅的なダメージを
受ける様な気がしますがそこのリスク管理はどうなってるんでしょうね。
(それと屋根裏を陽圧にして室内に逆流しないんですかね…。)

考えれば考えるほど謎ですので、具体的な設置例を見てみたかったのですが、
Learさんは設置例をご存知無さそうですし、いい加減トピの話題から離れすぎですので
後は自分で調べてみる事にします。

どうもありがとうございました。

No.25424 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/17(水) 10:54

>ところてん式の場合、別に室内排気系統が必要になると思うのですが、
>本当に安価なんでしょうか?

山本式の方が、屋根裏を冷やすには安価で高性能でしょうね。こちら

もう14年ですか。。。

No.25428 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/17(水) 13:27
 
オフトピすみません。

>このあたり、意外や米国人は左折はまじめに待ちます。

こっちって、左折信号(日本で言う右折信号)が先に(本線が青になる前に)光るんですよね。
日本の感覚で青信号を右折しようと突っ込むと、大抵、信号が黄色になるまで曲がれない。
そして、赤信号のオーバーラップが短いので、立ち往生する。。。通行区分(右側/左側)は
気をつけていればどうにでもなりますが、感覚的な部分はなかなか慣れないですね。

SanJose界隈では、左矢印が赤で点灯していたので分かりやすかったのですが、今いる所は
ほとんどどこも"LEFT TURN YIELD ON GREEN"なので分かりづらいです。

日本の仕組みと、どちらが優秀かと言うと、異論反論あると思いますが、右折信号が光って
いても赤信号を突っ込んでくるバカに気をつけないと発進できない「後光り」より、こちらの
「先光り」の方が、理に適っている気はします。少なくとも、左折車両がいない限り、矢印
信号は光らない点は、日本の信号機(誰もいないのに右折信号が煌々と光る)りも優秀ですね。

あと面白いと思ったのは、信号機の規格が交差点によってマチマチ。赤信号だけ巨大だったり、
逆光になる所では、赤信号の真ん中にフラッシュが炊かれていたり。


>スクールバスが止まっていれば出発するまで停止。

バスの左側面からSTOPサインがニョキっと生えてくるので、問題ない、と思いきや、日本で
言うところの「一時停止の後、徐行して進入」なのか、「サインが消えるまで停止」なのか
暫く悩みました。同時に、踏み切りみたいに赤ランプが点滅するのですが、踏み切りと同じ
意味に取るべきなのか、日本で言う赤点滅と取るのかも分からず。ずっと、後ろからホーン
鳴らされないかとヒヤヒヤして待ってました。

で、今回渡米したら、STOPサインが巨大化していました。徐行して進入しようにも、サイン
にぶつかる程度に。疑問は氷解。

後は、Four Stopが慣れていないと分かりづらいですね。日本と違って、必要以上に徐行する
ことに対しては非常に寛容(煽られることなど稀)なのですが、Four Stopの場合は、先に
入った車両が先に発進しないと、後から来たのがいつまで経っても出られない。

最初は、「待ちすぎて」怒られ、次は「待たなすぎて」怒られ。Four Stopは、今でも怖い
です。この点は、必ずどちらかが優先な、日本の交通システムの方が優れている気がします。

No.25429 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 Lear [m:Windows/7:FireFox/5.0] 08/17(水) 15:40
C.M.さんへ

> あと冬季に何らかのミスで稼動してしまった場合、屋根裏の断熱材が壊滅的なダメージを
> 受ける様な気がしますがそこのリスク管理はどうなってるんでしょうね。

ここが私には良くわかりませんでした、よろしければ解説していただけるとありがたいです。
屋根裏断熱材の壊滅的なダメージってどんな感じになるのだろう?
イメージとして布団状のグラスウールが屋根裏に敷き詰められてるものを想定してたのですがこれがダメになるのか?それとも別物か?
グラスウール場合、結露からカビ/ダニ等々を呼び寄せ云々と言う話は聞いたことがあるのですが乾燥した冬場だし・・・ちょっと想像が付かなかったのです。

> Learさんは設置例をご存知無さそうですし
ああ、設置例は知ってます、知人宅がモロにソレになってますので。
正確な住宅メーカー名を失念した(積水かパナかダイワかトヨタあたりなんですがどれだったっけ)ので書けなかったのです。
住宅メーカー名は忘れてたけど使用しているファンが三菱電気製だと言う事だけは何故か記憶に残っていたので”三菱 排熱ファン”で検索したら一発で出てきました。
住宅メーカー名は機会があれば聞いときます・・・っていつ聞けるかが問題^^;

−−−−−

さて、高校数学物理レベルだけで交流の話をしてみると言うちょっと無謀な話。
詳細まで書くと途端に大学の強電学科レベルになり書ききれなくなるのでそのレベルでの説明は省略しますが知りたい方はがんばって調べて読めば理解できるかもです、肝は力率とその周辺かと思います。

直流の場合、電力P、電流I、電圧Vの関係式はP=IVです。
単相交流の場合も同様ですがPは皮相電力となります。
皮相電力=有効電力+無効電力と表します、直流の場合は無効電力が無いので電力量は100%有効電力です。
有効電力と無効電力は皮相電力と電圧に対する電流の位相差で求まります。
有効電力=皮相電力cosθ=IVcosθ
無効電力=皮相電力sinθ=IVsinθ
直角三角形の斜辺が皮相電力でθの隣辺が有効電力、対辺が無効電力というような図式が良く使われます。
このときcosθを力率と言います。

三相三線交流になると式が少し変わります。
有効電力=√3VIcosθ
この式から読み取れる簡単な話としては三相三線交流にすると定数√3≒1.732倍だけ単相交流よりも効率よく電力が送れます。
問題は力率(cosθ)です、ここは0〜1の間の値を取ります。
力率が1の場合有効電力は最大となり無効電力がゼロになります、力率が0の場合はその逆です。

ちょっと前に送電損失の話がありましたが抵抗成分の損失は高電圧化で軽減している話には触れました。
交流の場合、それ以外に力率を如何に1かそれに近い値に保持するかが送電損失に深く関わるのですがその一端が上記の式で見えると思います。
予断ですが各家庭の電力量計は有効電力を積算計量してますので引き込まれた電力線の力率が悪くても、余分な無効電力は買わされてないハズです。

交流電力の送電に関して電圧の話は良く出てきますが安定的な電力供給の話になると電圧と共に同じくらい重要な話として出てくるのが周波数維持です。
関東だと50.0Hzですがこの周波数、需要と供給のバランスで変動します、たしか発電>消費だと周波数が増えて発電<消費だと減ります(逆だったらごめんなさい)。
あと三相三線であれば各線の位相差は±120度に保たれねばなりません。
ちなみに±0.2Hz以上変動すると大口需要家(自動車とか鉄鋼とか石油精製とかとか)の各機器はセンシティブに反応して機器自体の動作保証範囲は基準周波数の1〜5%(50.0Hzでは0.5〜2.5Hz)となっていても生産品質にムラが発生して影響があるそうです。

三相三線に流れる電流、電圧、周波数のバランスが崩れると回りまわって力率が悪化します。
折角、分散電力で起電した電力が逆流して配電レベルまで上がるとその配電域の力率が悪化して起電電力を超える無駄な送電環境を作りかねないと言えるかと思います。
途中に各力率改善設備はあるものの改善されるのはその設備の向こう側ですし、そもそも今の配電システムは逆流に対して正しく動作するようには設計されてません(なので新型SVRの話があったりします)。

力率の改善は無効電力制御などとも言われてます。
電力系統の電圧・無効電力を制御する方法は大きく分けて2つ、誘導起電力を調整する方法と無効電力を調整する方法があります。
SVR(自動電圧調整器)と聞くと電圧変動の話が主流に見えますがこの手の機器には誘導起電力を調整する方法を用いて力率改善する機能を備えてます。
変圧器のタップ制御も変圧器の変圧比を変えて誘導起電力を調整するものです、同期調相機も同様。
無効電力を制御する機器としては電力用コンデンサ、分路リアクトル、SVC(静止形無効電力補償装置)などがあり変電所に設置されています。
同期調相機も変電所です。
後者は変電所を通過しないと改善はしませんし、こちらも逆流に対して正しく動作するようには設計にはなってないかと思われます。
いまの日本の送電システムはくし型で基本、上流から下流に流れることが前提で組まれているので機器を入れ替えて改善するにしてもいったいいくら掛かるのだろうか?

これ以上細かい話に突っ込むと泥沼っぽいのでこの辺で切り上げます。

No.25431 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 C.M. [p:Windows/XP:IE/8.0] 08/17(水) 18:46
トピから外れていますので手短に。
室内→屋根裏排気で心配なのは、一部ご推察の通り内部結露の問題です。
通常、少々の内部結露は問題になりませんし、冬場の外気も乾燥していますが
室内外には気温差が有りますので、室内の空気を屋根裏に放出すると結露する可能性が有ります。

この時、結露が酷いと(施工の状況に依りますが)繊維系の断熱材が不可逆的に劣化します。
またカビを呼び込みますので、躯体にもダメージが入ります。
室内の防湿シートの施工に穴がある場合、最悪天井もカビます。

大手の施工という事でしたら恐らく対策はされているのでしょうが
万が一の場合には内部結露が避けがたいように思いますが…。

No.25432 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/17(水) 18:51
>たとえば三菱の換気排気ファンの取り付け工事説明書ですが3ページに図があります。

普通の家だと、押入れの天井から屋根裏に入れるようになっていると
思います。私のところはこれを開けて

夏場ピーク電力消費と屋根裏換気システムのナゾ
こちら

でだいたい夏でも就寝時にはエアコンをつけないのですが、午前零時に
30度あるときはエアコンつけます。今年はまだ一度もつけていないです。

個人的には、ファンが無くてもこれをあけておくだけでかなり抜けは
違うのではないでしょうか。高断熱高気密住宅では厳密に換気を
計算する必要がありますが、夏冷房を入れないときは窓を開ける
のが普通ですので、あまり神経質になる必要はないかと思います。

>三相三線に流れる電流、電圧、周波数のバランスが崩れると回りまわって力率が悪化します。

もともと三相は誘導モーターに進相コイルがいらないのですよね。
三相のバランスが崩れると見かけの位相差が変化し、力率の変化と
して見えてくる可能性はあります。

で、不平衡負荷が30%とか40%以下とかの取り決めがあるらしい
です。で電気工事人が配電盤では、おおむねuとvまたはvとwに
だいたいの使用量をバランスするように分割するみたいですね。

分割方法には決まりがないのですが、これを念頭に親ブレーカー
から20Aのブレーカー群に割り振って行きます。

ただし、家庭用だとどうしても不平衡がありますね。例えば我が家
だと一つの20Aに台所(電熱器具や電子レンジなど)、トイレ
(シャワートイレと電熱暖房器あり)、洗面所(洗濯機と乾燥機あり)
が配線してある、というマヌケで、いつも落ちるブレーカは同じ
です。これはこのブレーカーだけ30Aにしたので解決しています。

大数の法則で電気工事人がuとvまたはvとwに無作為に割り振れば
だいたい均される、ということです。このあたりは工事人の裁量
の範囲でうまくバラケさせていますね。ですから、通常配電盤は
例えばエアコン1、エアコン2、エアコン3とか並んでいなくて
バラバラになっています。

私がそういうことは電力会社が心配すればいいこと、と書いているのは
配電を独占しているわけですから、心配する義務がある、ということ
です。

なんか、世間では東電への機構のお金は特別利益になるので、債務超過が
無い、とか書いているバカが多いですね。東電の幹部でさえ、そう言って
いるのが驚きです。

このカネは機構に借金として記録されます。BSに対しオフバランスとなる
か?と言えば私はならないでしょう。長期債務に他ならないわけで、
当然BSに乗らないとすれば会計会社は付記をつけるでしょう。
隠れ借金(だが公然の秘密)を会計会社がオフバランスとしたら、
世界中から非難を浴びる、もしくは国外で商売できなくなると
思います。東電ガラパゴスBS、ガラパゴス財務と今後呼ぶことを
提案したい。

以前東電のスキームの時に、私はどんなに策を弄しても格付け会社が
投資不適格とすれば、起債もできなくなる、と書きました。世の中の
アホな政治家は、起債もできるつもりでいたらしく、また同じ過ち
をしようとしています。

個人的には、かくも膨大な設備投資5-10兆円が何に吸われているかが
知りたいですね。おそらく配電ではなくて、揚水発電が大きいと踏んで
います。

ここのところ、証アナさんご存知でしたら、ご教示ください。

FUSHIKIZ

No.25434 RE:RE:電力量ってどこの時点 2kWh目 TAKE [p:Windows/XP:IE/8.0] 08/17(水) 19:56
Learさん

>「普通の戸建」ってどのあたりが普通のなのだろうか?
>ちなみに私は「今時の昔と比べると高機密性な住宅」の話ならしてますが、住宅メーカー系の家の話です。

リンクの入れ方が判りにくかったようです。
こちら

で、こちらのgifアニを見ると、屋根裏が小屋裏から独立してその間で換気ルートを構成しているように見えます。

まぁ、話の本筋とはあまり関係ない話ですね。

ntkngw022164.kngw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.25199 二輪車の発電機 通りすがりのホイキタです。 [u:Windows/98:IE/6.0] 07/23(土) 00:24
ようやく見付かりました。かつてはホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハの各社でブラシ付きの励磁コイル式発電機を採用していたことが確認できました。新しい物ではスズキのGSX−R1100で1992年まで生産されていました。他にもあるかも知れないですが、確認できたのはここまでです。

ksechttp020.sec.nifty.com


No.25200 RE:二輪車の発電機 通りすがりのホイキタです。 [u:Windows/98:IE/6.0] 07/23(土) 01:11
他にもありました。スズキのBandit1200は2007年まで生産されていたようです。ただ、スズキは例外的のようですね。

ksechttp016.sec.nifty.com


No.25207 RE:二輪車の発電機 通りすがりのホイキタです。 [u:Windows/98:IE/6.0] 07/23(土) 22:48
未確認ですが比較的に新しい物で、カワサキGPZ系、カワサキゼファー系、スズキイナズマ系、ヤマハXJR系、ホンダCB750(RC42)、ホンダCB1000SF、これらも励磁コイル式っぽいです。部品図を見るとブラシレス?の励磁コイル式のように見える物もありました。励磁コイルを固定して、ローターにはギャップを経由して磁束を通すような仕掛けでもあるのでしょうか。

ksechttp018.sec.nifty.com


No.25235 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/XP:IE/8.0] 07/26(火) 10:38
このスレッドに付けちゃいます。

sakuさんが付けたものは↓と同じでしょうか?
こちら
ローパワー化実験をしてみたのですが、10W程度まで下げても起動します。
一度起動してしまえば5W程度までドライブ電力を下げる事が出来ました。
DC駆動の連続放電なので低電力動作が可能なのかも知れません。
5W時の消費電力は約500mAでした。

ただ低電力化すれば暗くなるわけで、ハロゲンランプとどちらが得かと言われると難しいですね。
電圧に応じて可変出力化など、時間があれば実験してみたいと思います。

No.25236 RE:二輪車の発電機 saku [p:Windows/7:FireFox/5.0] 07/26(火) 13:24
たぶん違うモノだと思います。
少しファイルが大きいですが↓
こちら

届いて1週間を待たずに絶命した個体です。
5Wだとナンバー灯にできそうですね。
明るさを求めてHIDにするなら20W弱ぐらいはほしいですね。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25237 RE:二輪車の発電機 saku [p:Windows/7:FireFox/5.0] 07/26(火) 13:26
背景が汚いのはお許しください(恥)

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25241 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/7:IE/8.0] 07/26(火) 21:37
超薄型品でも交流ドライブのものがあるんですね。
入力電圧というか電力に応じた明るさに制御すると、ノーマルのハロゲンランプのようにアイドリング時などはエンジン回転数の変動に応じてHIDも明るさが変わるかも。

No.25243 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 07/27(水) 00:47
>届いて1週間を待たずに絶命した個体です。

一見パーツも実装も上等にみえますね。ケミコンでしょうか。薄型は
コネクターが無いのですね。

我が家のは、ほりこしさんの2011年厚型のものがプリウスに乗って
います。いつこわれるか楽しみ(スペアも用意してある)のですが、
結局1年1万キロ問題なく来ています。冷えやすいところに実装した
せいでしょうか。

色は6000kで緑っぽい感じがします。微妙にちらついていますが、
そのままおそらく100時間程度はもっているようす。

FUSHIKIZ

No.25244 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/XP:Chrome/12.0.742.122] 07/27(水) 08:38
組み立て不良というか半田不良などがなければそうそう壊れないように見えるんですけどね。
sakuさんの写真のものは抵抗がちょっと色が変わってますね。

ケミコンは、105℃と書かれているものが付いている場合もあればそうでない場合も。
書かれていたからといって105℃仕様なのかどうかは不明ですが。

プリウスだとエンジンルームは比較的涼しいのではないでしょうか。
温度が上がらなければバラスト的には楽です。

中国人は緑っぽいのが好きなんですかねぇ。
8000K以上になるとちゃんと青い?のですが6000Kは緑っぽいです。
なんか安っぽくて嫌なのですが、シグナスもそのまま安っぽさ全開で使っています。
バラストよりバーナが先に寿命を向かえるようなので、その時は入れ替えようかなと。

No.25245 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 07/27(水) 08:53
TL494のことを調べていたら、中華性データシートがありました。


こちら

でもこれまちがっているのですね。

というのは、

OR=或門  XOR=或門非

はいいのですが、

AND=与門 NAND=与門非

のはずが、pin13が或非とまちがっています。まあ中華だと回路をデッドコピー
するので関係ないのか。。。各ピンの説明は

こちら


ロシアのもみつかりました。

こちら

あっさりしたもので、連中はゲートの種類はあまり興味がないようです。

ラテン系のもみつかりました。

こちら

日本が将来属国になった場合にそなえて漢字覚えておこう。

FUSHIKIZ

No.25246 RE:二輪車の発電機 jerrybird [M:Windows/NT:FireFox/5.0] 07/27(水) 09:21
>OR=或門  XOR=或門非

ひょっとして NORでは?

No.25247 RE:二輪車の発電機 saku [n:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 07/27(水) 11:12
>いつこわれるか楽しみ(スペアも用意してある)のですが、
>結局1年1万キロ問題なく来ています。
ワントラストのバラスト(1年車で使用済み)、堀江商事のバーナー(片側壊れた残り)でバイク(バリオス)に
取り付けてみました。エンジンの真上で振動と高温という過酷な環境なのですぐに壊れるかもしれません。
ハロゲンをシート下に常備してます。


>組み立て不良というか半田不良などがなければそうそう壊れないように見えるんですけどね。
>sakuさんの写真のものは抵抗がちょっと色が変わってますね。
低電圧で使いすぎて壊してしまったのかもしれません。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25248 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 07/27(水) 12:42
>ひょっとして NORでは?

そうですそうです。それと

NOR=或門非 でなく NOR=或非門でした。

なんとなくXORって印象深いというか便利なロジック
なんで頭に固着していますね。画像処理とかマスクとか、、、、


で、XOR=「異?或」门╱ or 「互斥或」閘

らしい。互斥はぴったりな感じですね。

こちら

こちら

FUSHIKIZ

No.25250 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 07/27(水) 13:02
>温度が上がらなければバラスト的には楽です。

ほりこしさんの最近のHID研究は熟読していますが、基本的に素性があやしいので、パワーアップにもっていくよりも単車用にパワーダウンに持っていく方に興味がビビビとわきました。

そこでTL494をしらべると、実に便利な石ですね、これは。おそらく、中華的には数多あるスイッチング電源のノリで、比較的気軽につくっているのではないでしょうか。ケミコンの温度などが楽観的なのは、いったん点灯してしまえば、損失はたいしたことがない、という読みなんでしょう。

おっしゃるとおり、涼しいところか板金に熱が逃げるような実装であれば、結構ながもちするかもしれません。恐ろしいのは、次第に実装も表面になっていき、そこそこパーツも揃って行き、低信頼性、低価格のまま、つくりがこなれて行くというか、そこが中華パワーでしょうか。

この価格、この出荷数からすれば、キセノンチューブもそれなりの石英管を大量生産できまった形に吹いて、きまった電極ときまったガスを封入したものを大量に生産しているわけで、そのパワーは侮りがたいですね。

聞くところに寄ると、XBOXもPSもiphoneもみんな同じ系統の中華企業で作られていて、秘密は厳守され、そこそこ品質管理もされていて、むしろ最初の設計ミスや熱負荷過剰のトラブルが現れているような感じです。

例の新幹線もぞっとしたのは、これのアルミのダブルスキン構造(座屈していますが)

こちら

を中国が製造している、ということですね。これは外装、内装、縦貫材、強度を一度に実現すると言う日本発のハイテクですが、中華に製法をわたしてしまっている。

今回は座屈していますが、車体自体はあまり屈曲せずに形が保たれている。通常この手の衝突では車両はぐにゃぐにゃになりますがダブルスキンによる応力外皮が非常に丈夫であることがよくわかります。

こちら
こちら

もちろん、車両が破壊されなくても、中の人間がそれだけの減加速度や衝撃にたえられないと思いますが、どの車両もひどく変形していない点がすごいです。

FUSHIKIZ

No.25251 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/7:IE/8.0] 07/27(水) 19:18
DC駆動型は連続放電なのでパワーを落としても放電し続けてくれます。
ちらつきとか汎用バルブが使えるという点でAC駆動の方が良いとは思いますが、これだと25W以下が苦しい。
35W→15W切り替えなんてのを考えると、25W以下になったらDC駆動(Hブリッジを止める)に切り替えるなんてのも面白そうです。
ローパワーならバルブ電極の傷みも無視出来るでしょう。

13V以上で35W、11V以下で15Wとか切り替えるとアイドリング時にも耐えてくれるかも。
リニアに可変する手もありますけどね。
TL494に基準電圧もあるし、オペアンプ一丁かな。

No.25252 RE:二輪車の発電機 saku [n:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 07/27(水) 21:07
こちら
専用バルブになっちゃうんですかね。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25253 RE:二輪車の発電機 yt http://d.hatena.ne.jp/ytachibana/ [Windows/7:FireFox/5.0] 07/27(水) 22:02
FUSHIKIZ先生
私も
こちら
の写真を見たとき,ハニカムっぽいなぁ,意外と工夫しているなぁ,なんて感心しました。
彼らは,ロケットを作ったりしているので,それほど驚くことでもないか,なんて私は思ってました。
意外と知られていない?かもですが,中華製旅客ARJ-21なんてものもあるので,彼らに技術力はあるかな,と感じてます。
結果を出すために試行錯誤を繰り返す姿勢はさすがです。ただ,人命を軽視しすぎですが。。。

nfmv001121203.uqw.ppp.infoweb.ne.jp


No.25254 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/7:IE/8.0] 07/27(水) 22:44
通常のバルブだとAC点灯で23Wあたりが下限なので、ギャップを小さくした専用バルブを作ったのかも知れません。
ただDC点灯なら5Wくらいまで行けるので、mini25Wを超える5W〜35W連続可変なんてのも出来ます。

入力電圧範囲は6V〜28Vという感じになります。

でもサインハウスのものは点灯時12W必要となっているので、もしかしたら35W用バルブをDC点灯させているだけかも。

No.25260 RE:二輪車の発電機 saku [n:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 07/28(木) 19:29
>でもサインハウスのものは点灯時12W必要となっているので、もしかしたら35W用バルブをDC点灯させているだけかも。
DCだと耐久性が気になりますね。それなりの値段がするので長持ちしたらいいんですが。
DCかACか問い合わせしてみようと思ったら電話しかありませんでした。
ありがとうございます。

>ただ,人命を軽視しすぎですが。。。
壮大な人体実験をしているように見えてしまいます。まだ安全のためにデータを集める姿勢があればよいのですが、丸ごと埋めてしまうなんて…ちょっと酷すぎる気がします。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25261 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/7:IE/8.0] 07/28(木) 20:07
電源電圧比例型(サインハウスと同じ)のを作ってみました。
DC型なのでバルブによってはチラつきが出るかも知れません。
全体的なドライブ電力を決める半固定抵抗と、電圧の変化に応じてどの程度ドライブ電力を変えるかの半固定抵抗、2つ付きます。

調整が複雑というか、双方の半固定抵抗どちらでもドライブ電力が変わる事になるので関係が面倒です。

お暇な時にでも実験してみるという事であればまた送らせていただきます。
調整は、このあたりかなという点にして。

No.25266 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0] 07/28(木) 23:45
>中華製旅客ARJ-21なんてものもあるので,彼らに技術力はあるかな,と感じてます。

これは機体はDC-9のままですが、翼、エンジン、構造の一部を新規設計しているようです。丁度MD社がもし独立して生きていたとしたら、出したであろう機体ですね。

中華は蜜月時代には最新のソ連技術をもらっており、ソユーズももらっていたようで、多くの機体はソ連のものを基としていますが、最近はどうもイスラエル方面から技術を買っている気配があります。このリージョナルジェットクラスはカナダ、ブラジル、日本などが注力していますが、ARJ-21は機体設計は古いですが、価格面では強いかも知れません。

最近知ったのですがガーミンというGPSのメーカーがありますが、これが最新航行機器も過去扱っていて、いまや世界的にグラスコクピットや航法システムのハードは簡単に手に入るそうです。問題は機体特性とのチューニングで、これが難物らしいです。

今回の新幹線については、完成品3セット、ノックダウン数十セット、その後は独自政策とのことです。技術自体は買えるし、パクって製作する技術はあるようですが、品質管理と言う点では??ですね。

しかし、レノボなどのパソコンがひどい品質ということは無いので、そういう管理職を日本や米国から雇えばいいものはできる段階に達しているのではないでしょうか。

ピアノも中国製はひどいものが多かったですが、欧米メーカーが厳しく監修して作らせているエセックスやWendl & Lungは品質的にK社とY社にさほどおとりませんね。

実はスタインウェイの販売店の知り合いが、エセックスのベビーグランドが仕上がったが堂思うか聞かせてくれといいました。そこで私は目いっぱいひっぱたきましたが、音が飽和することはなかったですね。

で、巷でいわれているよりはるかにアクションはそろっているし、強大音でひずむこともなく、かなりシビアな練習に使えるのではないかといいました。我が家にあるヤマハより小さい分低音は弱いですが、アクションには差がないどころか、鍵盤重さはエセックスの方が揃っていました。

すると、実はショパコン入賞者のY山氏もこのピアノを引いてまったく同じことを言ったとのことで、現在そのピアノは東京の某教育機関にあります。個人的には120万程度で木目のベビーグランド155cmが買えるのは安いと思いました。

FUSHIKIZ

No.25267 RE:二輪車の発電機 釣具屋 [m:Linux/x86_64):Chrome/12.0.742.124] 07/29(金) 03:36
オフトピで突っ走りますが。。。

>技術自体は買えるし、パクって製作する技術はあるようですが、品質管理と言う点では??ですね。

彼らの怖いところは、まさに戦後の日本のように、非常に貪欲に技術を吸収しようとするその姿勢でしょう。

Foxconnだって、かつてはただのCS(工場と労働力を貸す)だけだったのが、EMS(ライン設計も行う)を
こなせるようになって、気づいたらPS3もXBoxもWiiだってiPhoneだってFoxconnになっていました。
大量に生産すれば自然と技術も身につくでしょうし、世界のEMSの50%を受け持つほどのスケールになると、
それこそ、我々の知らないような、スケールを活かしたノウハウというのも生まれてきます。

例えば、不良率が1万台に1台の問題があったとしても、製造するのが1万台だったら、サンプル不足で
原因の解明には至らないでしょうし、たった1台の不良だと見逃されてしまうかもしれません。それが、
100万台製造すれば、サンプルは100台に増えますので、原因の解明も、かなりやり易くなります。

そのようにして身につけた技術とノウハウで、今ではODM(ハードの設計まで行ってくれる)も行うまでに
成長しました。iPhoneだって、"Designed in USA"と書いてありますが、確かにソフトウェア設計と
コスメティックデザインは米国製でしょう。が、ハードはFoxconnによる設計ではないかと疑っています。

EMSとODMの違いは、基板の色を見れば大体予想がつきます。EMSでは部品の選定は発注元が行いますが、
ODMでは委託先が行います。その中で、一番特徴が現れるのは、レジストの色です。他社の製品と比較して
レジストの色が同じだったら・・・? もちろん、ODMでもレジストを指定する場合もあれば、その逆もあります
ので一概には言えませんが、ある程度の参考にはなります。より確実に見分けるためには、細かい部品を
眺めないとダメですが、B2Bコネクタなどの実装が参考になります。

それによると・・・、怖くて言えないですよ。非常にマズいですね。

マズいと言えば、中国の話ではありませんが、Samsungのテレビもかなり良くなりました。などと、上から
目線で語れないほどに「良い」です。倍速駆動とかフレーム補間とか流行っていますが、Samsungのそれは
日本製のそれよりも、ぬるぬる感が桁違いに良いです。フレーム補間を行うと、どうしてもオクルージョンの
問題は避けられないので、ゴミを引きずったような画になってしまいますが、それが感じられません。どんな
実装になっているのか不思議なくらいです。

細かいところの気配りや配慮など、日本人的には少し物足りなさを感じるところがないわけではありませんが、
基本性能では置いていかれていますね。価格競争で負けたとき、日本は高付加価値路線に移行しましたが、
いまやそれでも負けています。

価格で勝てなくて、性能で勝てなくて、日本がこの先生きのこるためにはどうすれば良いのでしょうか?

No.25271 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/XP:IE/8.0] 07/29(金) 13:13
サインハウス扱いのものですが、SOLAMはDC点灯を推奨している感じなので、おそらくDCではないかと思います。
DC専用バルブを使えば良いだけの話なんですけどね。

ただSOLAMがDC用のバルブを使っているかどうかは不明です。
最大出力25Wだと、AC用のバルブでも寿命問題は起きないかも知れません。

SOLAMのDC46Wは専用バルブの可能性もあります。

追試してみましたが交流点灯で10W以下にするのはかなり難しいです。
フルブリッジで非点灯期間を作るとか、何かやらないと。

No.25277 RE:二輪車の発電機 saku [n:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 07/30(土) 07:11
DCっぽいんですね。
無理して電力を突っ込むと寿命に影響が出るんですね。

おぉ、出力可変型を作ってしまいましたか。
すばらしいですね。是非とも実験してみたいです。
ACライン+ブリッジダイード+コンデンサだけだとアイドリングが厳しそうですね。
DCに追加する場合だと10W程度であればバッテリーがあがることはないと思います。
本当は灯火系をLEDにしてからの方がいいんでしょうね。特にブレーキランプあたり。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25279 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/7:IE/8.0] 07/30(土) 08:44
月曜に送る事が出来ると思います。
半固定抵抗は2つ付いていて、片方(線が長い方)は電圧変化に対してパワーをどれだけ変えるかの設定ですが、これは単車の発電能力の変化よりゲインが大きければ良いものなので(出力変化は単車の発電能力依存にしかならない)テープで固定してあります。
抵抗値の選択の関係で、ちょっと動かすと大きく変わってしまうのでとりあえずはいじらない方が無難です。

もう一つの線が短い方(白い線)の半固定抵抗は全体的な出力調整です。
時計方向に回すと出力が小さくなります。
現在は12Vの時に入力電力が25W前後になるようにしてあります。
9Vまで落ちると10W程度になります。
ただし一瞬でも7.3Vを下回ると消えます。
一旦消えると10秒くらいは再始動出来ないので、点滅ではなく消灯モードになります。


バッテリから取った方が安定はすると思いますが、10Wじゃ暗いですよ。
AC→ブリッジの方が良いんじゃないかなぁ。
あとコンデンサの容量で、最低でも100000μF位無いと厳しいのではないかと思います。
10000μFでもリップルがかなり多そうなので↓
こちら

なら小型のバッテリで良いんじゃないの?と言う事で↓
こちら
セルを回すわけではないので何でも良いのですが、工夫をしないとエンジン切ってもライトが点きっぱなしでそのうちバッテリが上がります。
鉛蓄電池は完全放電させるとすぐダメになってしまいます。

内部動作を別電源にすると4V位まで下がっても点灯が維持出来るのですが、大きさや防水の関係もあって今回はそこまで実装していません。
(防水はしてあります)
従って、何が何でも7.3V以上が維持出来ないといけないわけです。

逆に7.3V以上が維持出来ていれば、あとは半固定抵抗で安定点まで出力を上げて使えば良いという話です。

テールランプは数ワット食っていますので、LED化は効くと思います。
LEDならACでもDCでも点灯するので単に変えるだけですね。
HIDの点灯状態がギリギリだったら、テールランプを外してどうなるか見てみるのも手だと思います。
それで改善されるようならLED化の意味もあるかなと。

No.25288 RE:二輪車の発電機 saku [n:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 07/30(土) 21:02
ありがとうございます。
小型バッテリーと電気二重層コンデンサ1.5F5.5V×4を発注しました。
バッテリと直列コンデンサがテストできたらと思います。
とりあえずDCライン、バッテリーが届いたらAC→ブリッジを試してみます。
バッテリーは保って数分ですかね…HIDのリレーにスイッチつけます。
テールランプも外せるようなら外します。ちょっと分解する自信ないですけど。
7.3V以上、がんばります。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25313 RE:二輪車の発電機 saku [n:MacOS/IntelMAC:Safari/534.48.3] 08/03(水) 18:46
改造バラストありがとうございました。
ACラインでもDCラインでも20Wぐらいが充電できるかどうかのボーダーみたいです。
取り付けが簡単だったのでDCラインに1.5A•13Vちょいで調整しました。
アイドリングで5分ほど放置してみましたが問題なく点灯していました。
テープで固定してある抵抗はいじっていません。

興味深かったのは、アイドリング時に電球のように明るくなったり暗くなったりしていました。
はじめはチラツキかと思ったのですがエンジンの回転数を増やすと普通に点灯します。
また、ウインカーでも明るさの変化が確認できました。

アイドル時のバッテリー放電を許容すればも少し明るくできそうです。
夜になったら明るさの確認をしてみます。テールランプをLED化したいなぁ。

p5222-ipbfp205okayamaima.okayama.ocn.ne.jp


No.25315 RE:二輪車の発電機 ほりこし [G:Windows/7:IE/8.0] 08/03(水) 23:12
バルブ電力が電源電圧依存型なので、電圧が下がると暗くなるはずです。
通常の定電力ドライブだと電圧が下がると電流が増えていきますが、今回のものは電圧が下がると電流も減るようにしたのでアイドリング時などの負荷は軽くなると思います。

明るめに調整しても電圧が下がると電流が減るので、AC→ブリッジ整流の場合は発電機の能力にHIDの明るさは依存します。

バッテリから線を引いた場合はバッテリの能力依存というか、明るくしすぎるとバッテリが上がります。

とりあえず点灯し続けているという事で、良かった良かった。
一旦消えてしまうと30秒くらいは再起動出来ないので、チカチカ状態にはなりにくい(消えっぱなしになる)と思います。

No.25410 RE:二輪車の発電機 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/16(火) 10:29

FUSHIKIZさん。。。

たまには頭を使って"EFコア"について考えてみたのですが、本当にわかりません。
TDKのサイトを覗いてカンニングしてみたのですが、それでも分かりませんでした。

どうか、お返事いただけないでしょうか?

かしこ。

No.25417 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/17(水) 01:33
>たまには頭を使って"EFコア"について考えてみたのですが、本当にわかりません。

私も悩んだのですよ。

まずE+Iはいいですよね。
次にE+ヨもいいですよね。
次にE+=(まんなか丸柱)+ヨのEERもいいですね。本当はEREだよね。

EF?? FFならF+F(上下逆)というのはあってもいいかも。
実際にEIを互い違いに入れるやつはある。FFならあっても
おかしくないが。。

しかしEFはEEと同じカテゴリーにあるぞ???
でコアだけのデータシートを漁ってもありませんでした。

正解はEEで高さが低い(FLAT)のやつですね。昔は有線モデムに
あったかと思います。

EEFとすればいいのにね。そのころはEERがなかったのでTDKも
深い考えがなかったのだと思います。。。

さすがに中華バラストには手間とコストのかかるトロイダルは
ないようですね。

FUSHIKIZ

No.25425 RE:二輪車の発電機 Sam_Y [u:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 08/17(水) 11:56
私も カンニングしたのですが、わかりませんでした。
(元ネタが見えなくなっていたので 突っ込めませんでした。 Thanks 釣具屋さん)

ついでに NECトーキンあたりも眺めてみると、 P だの Qだの Kだの いろいろ有りますね。
こちら (PDF 6.34MB)

EIにしろ EEにしろ もともと電磁鋼板で作っていた頃の名残のようなもので
フェライトになると焼結なのでむしろ EI や EEである必然性は低いような気がしますが、
いまだに 残っていますし、その他形状もバラエティに富んでいて あまり決定版といえそうなものもないように見えます。いろいろあるけど 大差がないってことでしょうかね。

No.25426 RE:二輪車の発電機 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/17(水) 13:04

NECトーキンと言えば、プロードライザー(こちら)がデバイスとしては面白いですよね〜

No.25427 RE:二輪車の発電機 釣具屋 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/17(水) 13:22

>さすがに中華バラストには手間とコストのかかるトロイダルはないようですね。

十数年前、「トロイダルの自動巻線に成功したらこの会社くれてやる」とまで言われたのですが、
「ムリ〜っ」って投げ出してしまった事を思い出しました。若かったなー、あの頃は。今は、
縁(エン)も縁(ユカリ)もない会社に勤めています。

改めて調べてみると、巻線数は少ないですが、既に自動生産には成功しているんですね(こちら)。
なんか、懐かしくて涙が出てきました。

No.25433 RE:二輪車の発電機 FUSHIKIZ [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/17(水) 19:19
>NECトーキンと言えば、プロードライザー(こちら)がデバイスとしては面白いですよね〜

良さげですが、場所をとりますね。この上に回路を印刷してチップをのせれば
いいのかな。

最近は見かけませんが、以前パワーバス?というのがあったような。基盤に
直角に電源ラインを建てるやり方で、今後主流になるとか書いてあったけど
見かけません。多層基盤に駆逐されたのかな。

既に自動生産には成功しているんですね

こちら

サイトの記載に涙が流れてくる。。。いわく、

”弊社は、1982年の創業以来、内職、刑務所、中国での生産、と安い労働力を求めながら
発展してきた。。。。しかし、激化する低価格化競争に勝ち抜き、さらなる発展の為には、従来の延長線上の戦略では限度がある。
そこで、「労働集約型産業から設備集約型産業への転換」、「トロイダルコイルの生産革命」を図るべく「トロイダルコイルの自動生産装置」を開発した。


特許を漁ると、いろいろ

こちら

ありますね。バイフェラみたいに、10本くらい束ねて巻いて、溶接でつなぐ
というのはダメかいな。

FUSHIKIZ








ページ指定:01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12