すべて表示


[ホームページ][使い方説明][ツリー表示]

1ページに最大10件のツリーを表示します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
javaを理解してくれないブラウザ、海外からは書き込みできない可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
宣伝書き込み防止のためURIは不定期に変更します
↓次の記事の先頭へ↓

No.21278 子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? りんた [Windows/7:FireFox/3.6.6] 07/06(火) 13:40
いつも楽しく拝見しています。

話が二つになってきたので、新しく建てます。
(ソマチットから分離←検索用)

プログラミングをやってみたいと次男に言われ、誕生プレゼントに Arduino互換のマイコン基板キットを買って、難しいと非難されてしまった りんた です。
よろしくお願いします。

プログラミングをやってみたいと言い出した次男は小学5年生です。
ゲームは週末30分しかさせてもらえないし、DSも買ってもらえない、時代遅れな(?)子ですが、PCは普通に使えます。(お古のセレロンxpを自分用に使ってます)


>LEDをピカピカさせる程度しかできず、

まずはじめの一歩はそれでいいかなと思って買いました。
LEDの点灯時間を自分でコントロールできれば上等と。
そうしたら、工作で飛行場や町を作ってもピカピカ光ってかっこいいし、ちゃんと信号みたいに交互に点灯出来れば作りがいもあるというものです。

>プログラミング入門用にはポケコン
>文句なしに Turbo Pascal

本当にそうですよね。
私もはじめはFORTRAN77(なんとパンチカード入力式!)年がばれる!
無印88でBASIC
無印98でDISK BASIC(つまり、なんと88時代はカセットテープに記録していた!)年がばれる!
MS-DOS時代は、TurboPASCAL(探せば5インチフロッピーが見つかるかも?640K?)
TurboC++と使ってきました。
その後、windowsになってからは、ボーランドではなくMSのvisualBASICです。

しかし最近は何でも探せばあるので、何も自分で作らなくなり、すっかり開発環境事情が分からなくなってしまいました。
せっかくやってみたいと子どもが言うので、いろいろ探したのですが、子どもでもできる入門用のものを見つけられなくて、それじゃいっそArduino互換のマイコン基板キットかなぁという感じで買いました。

紹介していただいた「なでしこ」も知らなかったのですが、これでも息子には難しすぎると思います。

ちょっとやってみたいなぁという息子の希望をかなえてやるいい方法があれば教えてください。m(__)m
 

59-190-171-25.eonet.ne.jp


No.21280 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/06(火) 13:54
プログラミングをしたいからプログラムを作るというのが私にはよく分からなかったりします。
つまり、なぜプログラムなどと言う面倒なものを組まなければならないかというと、それによって(プログラムを組むよりも多くの)手抜きが可能になるからだと思っているからです。

なので、まずは何をしたいのかがあって、だったらどうやってそれを実現するかという問題になり、そしてその解がプログラム、と。

Arduinoだとハード絡みで、それはそれで又面白いですが難しそうですね。
もちろんそれを習得出来れば素晴らしいとは思うのですが、I/O制御の概念みたいなものも知らないといけないし…

私は昔はBASIC、それからアセンブラなどをやって、PerlとかPHPとかJavaは余り良くは解りませんが、まあそんな感じです。
と言ってもプログラマーではないのでたいした事は出来ませんが。

ハード寄りだとPICでラジコンを動かすとか、ロボットを動かすなんてのが(個人的には)面白そうな気がします。
目的がハッキリするので。
こちら

No.21281 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? FUSHIKIZ http://www.tomoya.com [k:Windows/2000:FireFox/3.6.6] 07/06(火) 16:20
>それによって(プログラムを組むよりも多くの)手抜きが可能になるから
>だと思っているからです。

まあ、まっとうな中年熟年で心得のある方の場合はそれですよね。目的がないと。
いい例が年賀状管理アプリでしょうか。実際年賀状が30枚なら手でやった
方がいいし、50枚で手間はトントン、100枚以上でやっとメリットが出る
でしょうね。言語もそれぞれの特質はどうであれ、極端な話、どれも一定の手続きをすつ点では同じかもしれない。

子供に教えるとしたら、何をどうさせたいのか、を記述する訓練でしょうか。そう
言えば15年前に電脳が自分でプログラムを書いてくれる、かのような期待が妙に
楽観的に広がった時期がありました。今理性的に考えると、どうしてああ楽観的に
考えられたかが不思議です。たとえば、

電脳  ご主人様なんでもプログラムいたします。
社員  じゃあ、整数を3個用意して、こういう計算して答えをだしてくれる?
電脳  はいできました。

とか、

電脳 何でもどうそ
社員 じゃあ1のボタンをおしたらコーラが、2がジュース、3がカップラーメンを
出るようにしてほしい
電脳 はいできました

って、よく考えたら社員が何をさせたいか司令する段階でプログラムになってしま
っているんですね。

FUSHIKIZ


No.21282 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? B-51 [f:Windows/7:Chrome/5.0.375.99] 07/06(火) 16:44
HW寄りの環境をお望みなら的外れなのですが、単にプログラミングを学べればいいと言うことなら、WindowsPCでHSPってのが良いのではないですか?
昔のROM BASIC的な感じでプログラムを組めるので、入門には良いと思いますが。
こちら

情報も比較的多いですしね。

ちなみに、私は小学校のころにFM-7+ROM BASICから入りました。
当然当時はFDDなど高根の花で、カセットテープでしたけどね。

当時は、ソースコード付の雑誌があり、ゲームやりたさに一生懸命打ち込んで、当然ミスってうまく動かないのでデバッグしてとしているうちに自然とある程度のことはできるようになっていましたね。

昔に比べれば、今はネットでかなりいろんな情報が得られますし、便利なライブラリも使えますから、プログラミングは学びやすくなっていると思います。
ただ、昔と違って、ゲームをやりたければフリーソフトをダウンロードしてきたりすればいいですし、サンプルコードもそのままコピペ出来てしまうので、「学ぶインセンティブ」は減少していますね。

No.21283 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? Sam_Y [Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 07/06(火) 20:16
>当然ミスってうまく動かないので

思わず同意。 これ 最初から簡単に動いたら それっきりだったような気がします。

私の場合 MZ80(なぜか 会社に有った)から入って Basic その後 10年以上ブランクがあって
PS55Noteで復帰。 英語版TarboPascalのVRAM直書きだった CRTUnitを どうしても日本語モードで走らせたくて 必死でユニットを改造しました。

そんな事を思い出してたら浮かんだ提案です。

1. ハード寄りにしろ ソフトよりにしろ 面白そうな本を一冊与える。
2. 実際の ハードないし ソフトは与えない。むしろ 6年生になるまで とか 中学生になるまでと 期間をきって禁止。 (年寄りにとって 一年は短いですが、小学生くらいだと 無限に感じますよね。)

これじゃないでしょうか。 1.の段階で 興味がわかなければ それまで。
2. の期間があると ちょっとやそっとうまくいかなくても放り出したりしなくなります。

または 2.の期間に「自分で探して」Freeのものを見つけて使いこなしたりするのではないでしょうか。 同じFreeのものでも 自分で探してきたと物と 与えられたものでは
うまくいかないときの 情報収集意欲がちがうでしょう。

Arduinoも 自分で探して手に入れたものならば 「難しい」とは言わなかったと思います。

ということで(どういうことだか?) Arduinoは「おまえには まだ早かった」と言って
親のおもちゃとして回収し、しばらくは 親が楽しく遊んでみせるのが良いのではないでしょうか。(きっと Arduinoを選択した気持ちの中には 親の趣味もありますから 楽しいと思いますよ)


No.21287 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? ZZZ [DoCoMo/N05A:DoCoMo/DoCoMo2.0] 07/07(水) 09:02
マイクロソフトから Visual studio EXPRESS が無料配布されていますが
子供用にはこれで十分では?
RADなので年寄りが昔PCで苦労してやっていたようなことが簡単にできるはず

EXPRESS は未経験なので何か落し穴があるかも知れませんが

proxy1115.docomo.ne.jp


No.21288 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? ZZZ [DoCoMo/N05A:DoCoMo/DoCoMo2.0] 07/07(水) 09:12
子供でもできる入門用という条件には合わないかも知れませんね
でもこれが現代のBASICだと思います
現代のマイコン少年が読めるような入門書が見つかればいいんですけどね

proxy1138.docomo.ne.jp


No.21289 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? kone [Windows/XP:IE/7.0] 07/07(水) 21:15
MS謹製のSmall Basicはいかがでしょうか?

softbank219173073202.bbtec.net


No.21290 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? YASU [m:Windows/Mobile:Opera/9.80] 07/07(水) 23:42
その年代ならロボットの類ですかね?
レゴにそんな製品群が有ったはずです。
車などの動きをプログラミングできるやつですが普通の店には置いてないかも。
確か教材扱いだったはず。
後はタカラかバンダイからもロボットが出てたかと。
大人用の高価なやつも有りますけど...
私が小学五年生の頃は鉱石ラジオから初めて電子工作したり模型用のロケットエンジンで飛行機飛ばしてたりしてましたな。

em60-254-209-99.emobile.ad.jp


No.21291 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? Mei [n:Windows/2000:IE/6.0] 07/07(水) 23:43
私もZ80時代のマイコンに触れることができた世代ですけれど、プログラミングが目的と言うよりもパソコンを自在に動かすための手段だったように思います。
とはいえ、心のどこかには『プログラミングをパズルのように考えることを楽しんでいる』自分もいるようです。

全然、子供向けではないのですがLEGOのマインドストームが出たときには猛烈に欲しかった事を思い出しました。
ただそれも、マインドストームで何をするのか?と聞かれると答えようが無くて『マインドストームで、どんなことができるのか見てみたい』...これが趣味っていう物なのでしょうか。

nttyma039219.tyma.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.21293 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? CF化挫折者 [p:Windows/7:Chrome/5.0.375.99] 07/08(木) 07:15
現代の小5の感覚を予想するしか無いので、ズレているかもしれませんが
候補としてはおすすめ順に

(1) Visual C# Express でウィンドウプログラム

  今時の子は、コマンドラインでは興味が続かないと予想

  ウィンドウプログラムとしては、情報量、環境の出来まで考慮すると最も簡単

  Javaとよく似ているので潰しも利く(小5では気にすることは無いか...)


(2) Eclipse + Google AppEngine でクラウド

  「クラウド」という言葉にひかれるミーハーの気がある場合におすすめ

  Eclipseの出来の良さとAppEngine pluginの親切さにより難易度は(1)と大差ない(?)

  最も実用的なのかも


(3) Ruby (で何をしよう?)

  日本発な事もあり情報量が多い

  最近はインストールも簡単になった

  「型」の縛りがゆるいので初心者には優しいと思う

  多くのプログラム言語の良さ(考え方)を扱いやすい文法と共に提供されるので、
  プログラムに関する柔軟さが身につくと思う


今時のプログラムはイベント駆動型のモデルになることが多いので、少し凝ったことを
するとすぐに難易度が上がるのに加えて、全貌を理解しにくい面があると思います。
そういう意味では Ruby で CLI が良いのかもしれません。


あと、こんなのはどうでしょう

(4) Arduinoは接収し、数年後にトラ技のオマケのUSBつきマイコンボードを与える

p239.net059086018.tnc.ne.jp


No.21295 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? ちゃ [Windows/7:FireFox/3.6.6] 07/08(木) 21:20
 なんだか耳にするのも数十年ぶりの単語が連発されていますねぇ。
 プログラミングとはプログラムする事ですよね。なら一押しは Croquet じゃないでしょうか。純粋な興味から論理構造を作ってどつきまわるのも楽しいですよ。なれればなれたなりに、知識が得られれば得られたなりの楽しい玩具となります。
そして、ウィンドウイングシステムの論理構造など本質に触れていく事もできます。計算機を計算用に使うなら色々なプログラミング言語も良いでしょうし、実用のプログラムを手軽に作るならC#やJavaも良いでしょうけど、遊ぶほどさらに面白い域に達するのはハードルが高い。Basic や C もそうです。CはBasic風な構造化プログラミングの癖を付けてしまうと不幸です。
 楽しくて害が少なく想像力を伸ばす事ができる。知らないうちに本質的な論理構造について学べる。楽しい玩具となる事でしょう。

Croquet

3d2cacb6.ip.ncv.ne.jp


No.21296 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? ちゃ [Windows/7:FireFox/3.6.6] 07/08(木) 21:46
すいません。追加です。
Croquet の分かりやすい資料があればよいのですが、もし入門が困難だと判断されるならば Squeak をお勧めします。小学校高学年ならば十分理解可能な日本語のサイトもあったはずです。視覚化されたオブジェクトとメッセージパッシングを楽しく扱う事ができます。

3d2cacb6.ip.ncv.ne.jp


No.21316 RE:子ども(小学生)向きプログラミング、はじめの一歩に向くものは? りんた [Windows/7:FireFox/3.6.6] 07/13(火) 09:20
皆さんいろいろ情報ありがとうございます。

私の知らなかったことがたくさんあり、全部を吟味できていないので、どれが良いと今は決められませんが、週末とりあえず、Arduinoで息子と遊んでみました。

Arduinoの開発環境としては、IDEを使いました。
(コンピューターの規格のIDEではなく、エディタ&簡易デバッガ&コンパイラ&転送ソフトのIDE Processing Development Environment の略とか。)

書式はほぼC++で、雛形を変形させるぐらいなら、しばらく遠ざかっていた私でも簡単でした。
息子も説明すれば動作の意味は分かったようで、何とか自分の名前をLEDで電光掲示板風に表示することが出来ました。
(やっぱり、LEDピコピコぐらいしか出来ないってことでもありますが。。。)

これで時間を稼いでおいて、(しばらく自分で遊んでもらう)
その間に、今回教えていただいたものをまずは自分で試して、しかる後に何気なく、「こんなんあるけど、どう?」と息子に見せようかなと思います。

いろいろどうもありがとうございました。

最初に表示するなら Hello world をさせるほうが、のちのち、「こういうことか!」と思うだろうから時限爆弾的には面白かったかな? 

りんた

59-190-171-25.eonet.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21241 ソマチット ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 06/27(日) 06:11
代筆
理由:海外からの投稿のため
------
自分の血を電子顕微鏡を通じて大型モニターで見せていただいたところ、ちょこ
ちょこ動く物体が数多くあり、聞けば「ソマチット」とのこと。詳しく聞くと2,
3面白ことが
・絶対死なないので、人体、動植物、大気を通じて、数億年も地球の中を循環し
ている(ビックバンの際にもあった?中国の世の中のエネルギーは常に一体とい
う思想にも通じる?)
・研究が進んでいない
・活発に動いているが何をしているのかわからない
・公の医学会などでは無視されている

わたし自身は面白いなあと思いましたが、医者や科学者からなぜ無視されるのか
疑問でした。ネットでもなんだかオカルチックな扱いのようです。

No.21242 RE:ソマチット バルス [u:Windows/XP:IE/8.0] 06/27(日) 18:42
 「ミディクロリアン」みたいですね。
 これが増えると、フォースが使えるようになったりして。

No.21243 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://Google [m:Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/27(日) 23:17
>自分の血を電子顕微鏡を通じて大型モニターで見せていただいたところ

電子顕微鏡は通常標本を真空中に置きます。透過型と反射型がありますが、
いずれも染色もしくはスパッタリングで何らかの金属を使わないと
電子の影がでませんね。透過型ではウランとか使います。

そこで生きている構造は無いですね。ただし、電子があたるので、
それで動く構造はあるかも知れませんが。ちょうど布切れが風で
なびるように、千切れかかった構造が電子でひらひら動くことは
あるでしょう。

個人的には電顕を非常にちょびっとかじりましたので気になります。

しかし、その以前に、ねー知っている、キスすると、、、

こちら

また、人間の神経節には少なくともかなりの種類のウイルスが巣食って
いますし、血液中にも多数ウイルスいます。。。。。

唾液中のばい菌やスピロヘータは光学顕微鏡でも動くのは見えますが。

FUSHIKIZ

No.21244 RE:ソマチット YASU [u:Windows/Vista:IE/8.0] 06/28(月) 00:55
「動いている」=「生きている」ってわけじゃないですしね。

光学顕微鏡でブラウン運動を観察をして、粒子は生きているって言っているようなものかと...

em114-48-139-244.pool.e-mobile.ne.jp


No.21245 RE:ソマチット O.Oku http://micro.sakura.ne.jp/mws/todaysimage.htm [Windows/XP:FireFox/3.6.6] 06/28(月) 01:45
>電子顕微鏡は通常標本を真空中に置きます。

もちろんそうなのですが,最近は
こちら
なものもあるので,これを使えばすぐに決着がつく?
(まぁそれ以前にオカルトの問題の気もしますが)

一秒間に2億個というのはちと大げさな気もします。
10^9個/mlとしても,それほど唾液交換が行われますかねぇ。
それに出てきたばかりのヨダレには10^8個/mlのバクテリアはいないように見えます。
(対してベロの上などはたくさんいますがね)

まぁ納豆など食べれば,一秒間に10億個以上の納豆菌
こちら
を得られるでしょうし,バイキンの話は嫌がるより慣れたほうがよいでしょうね。

No.21246 RE:ソマチット YASU [u:Windows/Vista:IE/8.0] 06/28(月) 02:22
こちら
は、走査式電子顕微鏡なので電子顕微鏡として使用する場合は、固定・染色は不可欠かと...
あくまでも、試料が大気圧側に置けるので真空中に置くやつに比べると、観察間隔が短く出来るだけみたいですね。
又、試料を大気圧側に置くということは、それだけ外部の影響を受けやすく、観察結果にぶれが生じやすいって事を意味しますよね。
うーん、似非科学が悪用するにはもってこいの機材かも。

>バイキンの話は嫌がるより慣れたほうがよいでしょうね。
そうそう、30年以上前に開頭手術をしたんですが、その時に医者から「抗生物質大量投与の影響で、腸内細菌のバランス崩れて不都合あるかも知れないから気をつけてね」なんていわれました。(薬ももらったかな?)
細菌は体内にも多数いて有益なやつもいるって事ですな。

em114-48-139-244.pool.e-mobile.ne.jp


No.21247 RE:ソマチット 中村 [Linux/i686:FireFox/3.5.7] 06/28(月) 17:56
> ビックバンの際にもあった?

まじめに答えるのもどうかと思いますが、クォ−クが結合する以前に分子とかそういうレベルで語られるものが存在するがありません。

No.21248 RE:ソマチット 西條 [Windows/7:FireFox/3.6.4] 06/28(月) 23:36
>固定・染色は不可欠かと

最近になって電顕は急激に進歩していまして,例えば生体試料などでは位相差電顕を使うことで無染色での観察が可能となっています.まあ,まだまだコンベンショナルな装置とまではいきませんが.
(ここ1年以内の論文で,位相差電顕を使ったTEMトモグラフィーで細胞内小器官の3D像を得た,と言うものも読んだ覚えがあります)

また,一部のグループは超高圧電顕を使い透過力を無理矢理に上げ,in-vivoに近いような条件で観察してやろう,という取り組みを行っています.これは試料室内に薄い密閉容器を入れ,その内部を一気圧,場合によっては溶媒共存下とし,そこに浮いている細胞をそのまま強引に透過してみてやろうというものですね.あちこちで鋭意開発中です.

透過電顕(TEM)のここ最近の進歩は本当に面白くて,CSコレクタの開発により球面収差が劇的に改善したことから,STEM(通常のTEMがある程度の範囲に電子線を照射し,その回折像を得るのに対し,一原子サイズ以下のスポット状の電子線をスキャンしながら照射し,その散乱強度から原子像を得る手法)でも原子分解能が得られるようになり,これとEELSやらを組み合わせることで「リアルタイムに原子種の識別をしながらその位置,配列を3次元的に調べる」というような,一昔前には夢物語だったナノ粒子構造解析なんてことも実現できるようになってきています.

さらにこれに計算機の能力向上を組み合わせることで,
グリッド上に多数のタンパク質分子を散布 -> コントラスト像を数十万・数百万オートサンプリング -> 同一粒子が様々な方向を向いた結果だと考えてPCで強引に元粒子の三次元構造を算出,
と言うような手法で,サブナノメートルの分解能でタンパク質の立体構造を決めてやったりだとか,ここ最近の進歩は見ていて面白いものがあります.まあ,実際目に見える画像で出てくるのも面白い一因ではありますが.

わかりやすい例としては,ここ数年のNature,Science周りを見ていただくと,電顕で○○を実現,という論文がかなりの数出ていることがわかるかと思います.
(一目瞭然な論文が多いんで,暇つぶしに読むのにちょうど良いんですよね)

p4016-ipbfp1604tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp


No.21249 RE:ソマチット O.Oku http://micro.sakura.ne.jp/mws/todaysimage.htm [Windows/XP:FireFox/3.6.6] 06/30(水) 00:06
どこかで手のひらサイズの電顕開発プロジェクトもありました。小型で低消費電力で
あれば個人用に一台欲しいところですが,まだまだ大きいし,500万円くらいしますね。

海外には自分で作ってしまった方もいます。
こちら

ところで,口腔内細菌を久しぶりにみてみました。
はがれ落ちた粘膜細胞と一緒に,元気に泳ぎ回るバクテリア君がたくさん。
こちら

ちなみに,私の顔からはこんなカッコイイ奴もみつかります。
こちら
興味ある人はDemodexで検索してください。

各種体液をいろいろ顕微鏡でみていると,ちょこちょこと動くソマチット?という
ようなものは確かに見えます。バクテリアよりもずっと小さい。数十〜数百nmサイズ。
よく調べてみるとタンパクを含む顆粒だったりしますが,研究が進んでいない部分が
多く,詳細は分からないことも多いです。例えば,泌尿器科医でも,Prostasomeを
知らない人は珍しくないと思います。

No.21250 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://Google [m:Windows/XP:FireFox/3.6.6] 06/30(水) 23:31
いろいろ検索して気づいたのですが、最近の若者の言う

電子顕微鏡=デジカメがついた光学顕微鏡

の意味らしいですね。やはり教育の荒廃がげんいんでしょうかね、
昔は小学生でも知っていたことを大学生が知らないことがある
ようで。

ところで、電子顕微鏡は結構中古品が出回っていて、数百万も
出せばかなり上等なものが手に入ります。

私自身も嘗てかじった電子顕微鏡の解体撤去を手がけたことが
あるのですが、まあ涙涙の体験でしたが、けっこう古くなると厄介
な代物なんですね、これが。故障とガス漏れの塊というか。

TEMの場合、とっぺんに電子銃があって、これが途中の電磁コイル
のレンズを経て資料にあたり、それが蛍光板に映る画像を見るという
比較的単純なものです。ある意味ブラウン管にも似ている。

ところが、まず高圧がリークするのですね。ぶっといケーブルが
高圧発生装置から出ていますが、このコンデンサやケーブルが不良
になる。同様に、電磁コイルも不良になる。

次ぎが機密性の低下です。隙間をふさぐのにゴムやグリースを使うと
そこからいろいろな物質が出てコンタミになるので精度良くできて居ますが
どうしても資料を出し入れするあたりが甘くなりますね。

最後が真空ポンプです。これもコンプレッサーのモーターやオイル管理が
面倒。結局数千万した電子顕微鏡もかなりのお金をかけて解体撤去になり
ました。

そのあともたたりました。染色につかったウラニウムの残量を毎年役所に
届ける仕事があったりして、これも数年かけて処分しましたね。こんなに
めんどくさいとは思わなかった。TEM使っていたころは結構染色はいいかげん
にやっていて処分も雑でしたが、その後国際的にいろいろ管理が大変に
なって、これだけでモチベーションが下がった研究者も多いようです。

というわけで、別に数百万出して自作するまでもなく、数千万の機械が
おそらく廃棄物もしくは撤去費で手に入ると思いますよ。自分で高圧
発生器と真空ポンプの面倒をみれば以外に安く維持できるかも、です。

そうそう忘れていたミクロトーム。この機械が高い、というかダイヤの
歯がバカ高い。ミクロトームはめちゃくちゃ重くて撤去にお金がかかりました。これも、もってけドロボーじゃないですかね。

とにかく、デジカメがついた光学顕微鏡を電子顕微鏡と呼ぶそのセンスが
日本が没落したなあ、と思います。ちなみにこの手の業界では電子顕微
鏡から発生するX線で頭がはげるとか、女の子ばかりできるとか、言われて
いました。電顕で博士をとった私の先輩のところは女の子ばかりでしたが。

FUSHIKIZ

No.21251 RE:ソマチット 西條 [Windows/7:FireFox/3.6.6] 06/30(水) 23:59
生物系はよくわかりませんが,分析電顕などの高分解能の電顕ですと,駄目になってくる(というか毎年のメンテに金がかかる)のはレンズ部分ですかね.すぐヘタって像がぶれてくるので,原子分解能を維持しようとすると毎年毎年業者呼んで半月から一ヶ月ぐらいのメンテ期間をとらないとどうにもなりません.
(結晶性物質を見るだけならもっと適当で良いんですが,軽原子の分子を見ようとするとこのあたりにかなり気を使うようで)
ポンプはまあ,真空系扱ってるところはどうせ全てメンテがいるので,そういうところの人々にとってはさほど大変ではないという面も.

ミクロトームはeBayなどでも結構良いものが出ているのを確かに見ますね.値段も意外に安くて1-数千ドル程度.向こうにしても,処分量出して捨てるものが売れるんならありがたいと言うことでしょうか.
eBay,意外に侮れませんで,電子計測器系などもやたら廉価で出ているので思わず私物で買ってしまったりします.
(新品で買うと2-300万円ぐらいするKeithleyの236なんぞも2000ドル切っていたりしますし.そのうち買おうかと)

p4016-ipbfp1604tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp


No.21252 RE:ソマチット FUSHIKIZ [m:Windows/XP:FireFox/3.6.6] 07/01(木) 00:32
>ミクロトームはeBayなどでも結構良いものが出ているのを確かに見ますね

米国だとリサーチのファンドはかなり柔軟に使えますので、中古市場
もなりたつのでしょうかね。私もラジオシャックのガラクタを買って
いました。XENIXのシステムとかソフトだけ買うのと、ハード共で
買うのがあまり値段がかわらなかった。

私のところでも廃棄物の顕微鏡なんかまだ使っています。かつてガラス
細工の後アロンアルファで電極作っていた実態顕微鏡なんか、これ捨てる
の?(対物レンズがアロンアルファで曇っているので)でキープして
います。これはアロン化成さんに聞いて、対物レンズを酢酸につけておくと
取れるとのことで、やっととりましたが、使い道があまりないですね。

電子顕微鏡はさすがに廃棄物は用途が無いのですが、唯一信越化学の
高真空グリースが役に立ちました。強力なハンドクリームにも
なりますが、これ時計のふたのパッキンにつけると具合がいいのです。
もったい無い話です。他に電顕用のいろいろな濃度のシリコンオイルが
ありましたが、普通は使い道がないですよね。

FUSHIKIZ


No.21253 RE:ソマチット ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/01(木) 06:15
代筆
理由:海外からの投稿のため
------------
ソマチットが微妙に不規則に動いていたのは面白かったのですが、それよりも白
血球の動きが面白かったです。

こんな感じで見えました。

こちら


ちと疲労と寝不足で赤血球のリングが重なっていたのですが、それを白血球がア
メーバみたく、リングの重なりをはずそうと、ウネウネと動いていたその生物的
な動作にまず感激。まさに生物のような、不規則で不器用な動きでした。少しト
ロくて、下等生物のような動きでしたが、自分の中に自分の意思とは無関係の動
きをする生物(白血球)の目視に感動1つめ。

もう1つ感激したのは、赤血球のリングの重なりをはずそうとしていたのですが、
いったんそれをあきらめて、上の方に行って、ほかの赤血球をどけてスペースを
作って、いったんあきらめた赤血球に戻って、やっこらせと最初のリングの重な
りをはずしたことです。最初リングの重なりをはずすのをあきらめたときは、
「ああやっぱり下等生物みたいな動きをするから、アホなんだなあ」と思いまし
たが、意外と知恵のあることに驚き、「ええ!?白血球に知恵があるんだ!?で
も目もないはずなのに、どうやって???!」と驚きと感動がつのるばかりでし
た。

電子顕微鏡か光学顕微鏡か素人は関心ありませんし、ソマチットはともかくとし
て、自分の白血球の動きにはともかく感激しました。聞けば人によっては、ほと
んど活動しない白血球もあるのに、現在の医療の血液検査では、白血球の数だけ
を数える結果しか出さないとか。

万人には無理でしょうが、お金を払えばオプションとして、自分の血液の赤血球
と白血球の様子をビジュアルで見せると、患者自身も学ぶことが多いと思うので
すが、どんなもんでしょう?

この板には博学の方も医学関連の方もいると思いますが、ソマチットというのは
関心の対象にも値しないものなのでしょうか?

No.21254 RE:ソマチット りんた [Windows/7:FireFox/3.6.6] 07/01(木) 09:39
おはようございます。
いつも楽しく拝見しています。

ソマチットなるのもの知らなかったのでいろいろ勉強になりました。
が、なんか話がかみ合わない感じがしていたのですが、
>電子顕微鏡か光学顕微鏡か素人は関心ありませんし、
で、ちょっと納得しました。
見ている対象物の縮尺が違うのでは?と思ったしだいです。

私の住んでいる田舎の県に、京大の廃棄電子顕微鏡の展示してある施設があるのですが、
(なるほど、捨てにくい物だったのですね。)
なかなか面白いなぁと見物したことがあります。
また行く機会があれば見てこようかな。。。

>白血球に知恵があるんだ!?
白血球に知恵というのは難しいかもしれませんが、
化学反応や電子等の移動に対する反応の延長上に脳があると考えると、どこら辺から生物といえるかなと思索させ、また興味深い感じですね。


>白血球の様子をビジュアルで見せる
見せてもいいかもしれないですが、患者さんにではなく、子どもにきちんと説明できる指導者とともに見せるほうが意義がある感じですね。

プログラミングをやってみたいと次男に言われ、誕生プレゼントに Arduino互換のマイコン基板キットを買ってやったが、サンプルは動くけど自分では作れない、難しすぎると非難されてしまった りんた
(でもねぇ。子供の内にこういうもんで遊んで欲しいんだよ。私としては。。。)


59-190-171-25.eonet.ne.jp


No.21257 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://www.tomoya.com [m:Windows/2000:FireFox/3.6.6] 07/01(木) 17:55
>白血球に知恵があるんだ!?
>白血球に知恵というのは難しいかもしれませんが、


先日棒軟体銀行のボスが今後300年のビジネスプランを語る、という
ビデオを見たのですが、彼がCPUがシナプスの数を越えるとCPUが人間の
英知を越える、とか言っていたのですが、これは違うですよね。

白血球もミドリムシも単細胞ですが、特定の物質があるところに
クンクンとニオイ?をかいでパックンと貪食します。つまり、一個
の細胞ながらそれが一個のロボットのように振る舞うわけで、単純な
数で語れる話では無いですね。ミドリムシは単細胞の動物のくせに
葉緑素も持っていてすごいです。ただ、これを知性と言えるかどうかは
定義によるでしょうね。

個人的にはソマチットのようなものがあっても不思議とは思いません
が、簡単に見えるとか、それ自体が不死とか知性を持つとか癌患者に
いないとか放射線に耐えるとか世代を越えて意志が伝わるかは
ちょっとオカルトですね。癌といっても発育が非常に遅いものは
かなり確率で高齢者は持っていますが若者より元気がいい人も多い
ですからね。

むしろ、ミトコンドリアやミドリムシの体内の葉緑素のように、どこか
機嫌の違う由来のものが細胞に取り込まれて遺伝していく、というほうが
あり得るような気がします。

FUSHIKIZ

No.21259 RE:ソマチット よこを [MacOS/PowerPC:FireFox/3.6.6] 07/02(金) 13:04
> この板には博学の方も医学関連の方もいると思いますが、ソマチットというのは
> 関心の対象にも値しないものなのでしょうか?

医学・生物学関連の論文のデータベース Pubmed
こちら

で、「somatid」をキーワードにして検索しても 0 件しか論文が出てこないので、
これは、科学ではなく、他の分野に属するお話なのだろうな、などと思って
います。

No.21260 RE:ソマチット ほりこし [M:Windows/Vista:IE/8.0] 07/03(土) 06:46
代筆
−−−−−
血液検査で、白血球の活発さを数値化しないのはなぜでしょう?ほとんど動かな
くて活動をしていない白血球の数が多くても、あまり意味がないような。自分の
血の活動をモニターで見てから、いまの血液検査の白血球値が総数だけなのが、
物足りなく感じます。

>各種体液をいろいろ顕微鏡でみていると,ちょこちょこと動くソマチット?と
>いうようなものは確かに見えます。バクテリアよりもずっと小さい。数十〜数百nmサイズ。

普通に見えるものが、なぜ研究対象にならないか、逆に気になりますね。

医学や生物界では、存在が確認できるのに、前例がないから研究対象にしないと
いう慣例があるのかも

No.21261 RE:ソマチット O.Oku http://micro.sakura.ne.jp/mws/todaysimage.htm [Windows/XP:FireFox/3.6.6] 07/03(土) 12:34
>普通に見えるものが、

普通には見えません。見ようと思った人がその気になれば判るという程度です。

>なぜ研究対象にならないか、

細胞内や組織液中の顆粒はこれまでも研究対象になっています。
それから,No.21253で示されている粒子は光学顕微鏡によるものですが,
血球とのコントラスト比で想像すると,ソマチットとされる大きさの粒子より
1〜2桁大きいのではないでしょうか。

>医学や生物界では、存在が確認できるのに、前例がないから研究対象にしないと
>いう慣例があるのかも

そのような慣例は,当方の限られた経験からは聞いたことがありません。
ただ,現在では,ガンなどの急を要するとされるテーマに人材が集中しているという
印象は持っています。

>ソマチットというのは関心の対象にも値しないものなのでしょうか?

日本ソマチット協会なるHPを見ますと,科学用語を多用した説明がありますが,中身の
論理を理解するには飛躍や誤解も多く,個人的には,説得力に欠けるように見えます。
多少サイエンスを学んだ人は,よこおさんのように感じるのではないでしょうか。

>電子顕微鏡か光学顕微鏡か素人は関心ありませんし、

ヤフオクなどを見ていても,コンセントにつないで光源の電球が光る顕微鏡を
「電子顕微鏡」として出品している例を多くみかけます。よくわかならいのなら,
顕微鏡とだけ書いておけば○をもらえるのですけどね。

※電顕は廃棄品をもらえる機会もありましたが,大きすぎました(笑)。
 小型軽量で高分解能という点で,AFMの方が手軽かもしれませんね。

No.21262 RE:ソマチット Sam_Y [Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 07/03(土) 23:33
>電子顕微鏡か光学顕微鏡か素人は関心ありませんし、

まぁ 関心がないのはご自由ですが、、

Wikipedia(ja)の記事によれば
こちら

--引用
ネサンによれば、自分自身が発明した3万倍率(分解能:150A=0.015μm)の光学顕微鏡(ソマトスコープ)によりソマチットを発見したとする[1]。
--引用終わり

とありまして、(ソマチットのサイズは明記してありませんが)
それが いつ頃から 通常の光学顕微鏡で見えるサイズに成長したのか、
それとも ネサンの呼ぶソチマットと 世に言われるソチマットは別物なのかとかを
考える上では 結構 意味が大きいのではないかと思いますよ。

あと 私としては ソチマットより 純然たる工学の産物である ソマトスコープ
と その原理に興味があったりします。
ソマチットを研究しているらしい「日本ソマチット協会」には たくさんあるのでしょうかねぇ。

No.21263 RE:ソマチット YASU [u:Windows/Vista:IE/8.0] 07/04(日) 04:05
>あと 私としては ソチマットより 純然たる工学の産物である ソマトスコープ
>と その原理に興味があったりします。
>ソマチットを研究しているらしい「日本ソマチット協会」には たくさんあるのでしょうかねぇ。
私も、可視光線の波長より分解能が高い光学顕微鏡ってのには興味有りますな。

日本ソマチット学会さんのHPにある「培養中に見られるソマチット・サイクル」なる図ですが、これって無菌室じゃないところで培養して、外部から飛来したものが観測され、それを適当に並べただけに見えるのは気のせいでしょうか...
ま、健康ビジネス絡みの様なのでこんなもんでしょう。

em111-188-42-253.pool.e-mobile.ne.jp


No.21264 RE:ソマチット FUSHIKIZ [m:Windows/XP:FireFox/3.6.6] 07/04(日) 09:24
>こんな感じで見えました

こちら

これって血小板じゃないでしょうかね。

ええっと

こちら

これだと1mm3に20-30万個あります。赤血球の10分の1程度の数
ですが、スライドガラスなどのように血管内皮と性情や荷電が
違うところに吸着接着する(それがお仕事なので)ので、特定
のスライドガラス上の視野に十倍以上見えても不思議で無い。
またデリケートで壊れやすくカケラも多いです。

また形も変幻自在にかわりますので、一定の形をとっているわけで
はありません。

FUSHIKIZ


No.21265 RE:ソマチット Sam_Y [Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 07/04(日) 19:32
No.21262:
すみません ソチマット −> ソマチット ですね。

話はそれてしまいますが、

No.21250:FUSHIKIZさん
>とにかく、デジカメがついた光学顕微鏡を電子顕微鏡と呼ぶそのセンスが
>日本が没落したなあ、と思います。

に 同意しかけていたのですが、

No.21254:りんたさん
>プログラミングをやってみたいと次男に言われ、誕生プレゼントに Arduino互換のマイコ>ン基板キットを買ってやったが、サンプルは動くけど自分では作れない、難しすぎると非難されてしまった りんた
>(でもねぇ。子供の内にこういうもんで遊んで欲しいんだよ。私としては。。。)

を 読むと 「いや それも一時のこと」と思い直しました。

これから 机に焼け焦げや、リード線の切れ端が足にささっても 大目にみてやってくださいませ。( さすがに エッチング液は、、、)

No.21273 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://www.tomoya.com [k:Windows/2000:FireFox/3.6.6] 07/05(月) 13:51
>No.21254:りんたさん
>プログラミングをやってみたいと次男に言われ、誕生プレゼントに Arduino互換のマイコ>ン基板キットを買ってやったが、、、、、、
>(でもねぇ。子供の内にこういうもんで遊んで欲しいんだよ。私としては。。。)

うーーん、りんたさんは漢だなあ。。。尊敬します。

以前RZと伺って、軟弱VTだったFUSHIKIZは尊敬した記憶がありますが。。。

PICの基板数枚組まずに死蔵させているFUSHIKIZとしては耳が痛い。そういえば
基板のついたトラ技も何冊か積んであったような。死蔵傾向が始まったのは
たしか秋月のZ80で作るパケットコントローラのムカデ足のハンダ付けを
1枚ダメにして以来ひどくなったような気がする。。。

当時のRS232Cが最近はUSBになっているのだなあ。。Arduino知りませんでした。
トラ技も近くの本屋の在庫からはずされてから見てないし。

FUSHIKIZ

No.21274 RE:ソマチット バルス [u:Windows/XP:IE/8.0] 07/05(月) 14:00
>電子顕微鏡か光学顕微鏡か素人は関心ありませんし

 私は、漠然と同じような事を感じてしまいました。

 電子顕微鏡の話は読んでいておもしろいのですが、自分にとってはこれまでも、この先も縁のない物なので、雑学レベルのネタにしかならないと気づいて寂しくなってしまったのでした。
 それを使える、所持できる立場にあると聞かされても、凄いね、と漠然と自分とは違う世界としか思えなくなってしまったような。
 そもそも、顕微鏡って光学式のも含めて、どれだけの人が必要があって、使っていることでしょう?

 自分の小さい時ですが、金持ちボンボンの友人が顕微鏡を買ってもらったというので皆で遊びに行った事がありました。ところが、さてこれで何をする?となり、付属サンプルのプレパラートや、本に載っていたように池の水とか毛糸の繊維とかを一通り見て「本に載っていた通りだね」でお終いになってしまったのでした。
 虫眼鏡あたりに比べたら扱いが凄まじく面倒で、子供にとってはいちいち使っておられん!という代物だったので・・・といいますか、子供には虫眼鏡で十分に間に合ったような。切手の印刷や、ブラウン管表面の3色パターンを見たりして。
 対象物を小さいながら目で見ることができ、それが実はこんな形をしていた、というのは分かりやすい驚きでした。それに対し、電子顕微鏡による原子の像とかを見せられても、なんかピンとこなかったのでした。
 顕微鏡を買ってくれた親は金持ちでしたが学者でなく銀行の支店長、すなわち単なるリーマンだったわけで、何をどうしろと教えてくれたわけでもなく、今から考えると何のために子供にこんな物を買い与えたのか謎です。
 子供をダシにして買った、本当に欲しかったのはお父さんというわけでもなかったみたいですし。

 かく言う私もUSB接続の顕微鏡玩具なんかを所持していますが、所持しているだけで何の役にも立っていません。
 ジャンク屋で激安だったので、その時は何かの役に立つかもと思って買ってみたのですが。
 唯一役に立っていたかもしれないのは、知り合いの子供の夏休みの自由研究でしたが、プリンターの故障により結局は成果は出せませんでした。

 電子顕微鏡は安い代物でないでしょうし、それの処分に手間と金がかかると聞いて、もったいないとも思いましたよ。
 スパコンの事業仕分けの際のような、天才博士の道楽のための玩具、とさえ考えてしまったりして。
 電子顕微鏡を使った研究成果の数々は聞いたことがあるので、実際には、この機材を使って大きな成果を出している(元はとった)であろうと思い直し、前述のような恐れ多い事を考えたのは一瞬だけでしたが。


 ソマチットに関しては、私ごときには見ることも検証する事も何もできません。
 しかし情報を見聞きし、「ミディ=クロリアン」に似ているとは思いました。
 他にも古今のSFなんかで似たような宇宙絶対的存在は登場してますしね。最近のメジャー(?)な例ですと、某「情報統合思念体」なんかがそれっぽいですかな。
 ジョージルーカス監督はスターウォーズの世界を作るのに世界中の文化・民俗を参考にしたそうですが、「ミディ=クロリアン」の設定にはソマチットをモチーフにしたかもしれませんね。


 ここから話は外れますが、

>プログラミングをやってみたいと次男に言われ、誕生プレゼントに Arduino互換のマイコン基板キットを買ってやった

 Arduinoは、どっちかというとハードが主役ぽいので、お子さんの「プログラミング」とはイメージが外れてしまったかもしれませんね。何かを接続してナンボという具合でしょうし。
 個人的な感想ですが、Arduino等は「マイコン」世代的にはドンピシャな代物なのでしょうが、あの頃に感じたような、LEDをピカピカさせる程度しかできず、それがどうした?的な物足りなさがそのまんま思い出されてしまったのでした。
 何かをつなげて動かせば良いのでしょうが、そうなると一気にハードルが高くなるでしょうしね。部品の調達に金もかかるし、地方では部品調達自体もままならないとか。

 プログラミング入門用にはポケコンなんか良いかもと考えたりしました。
 完結したハードで、どこでも持ち歩けて、機種にもよりますがBASICからC(インタプリタですが)からアセンブラにCASLまで動いて、将来的に役に立つかもしれない上に、壊れなければ一生使えるかもしれない、と。
 ・・・と思ったのですが、既に絶版でしょうか?1〜2年前に秋葉原で普通に売っていたような気がしたのですが。

 「PIECE」というゲームボーイみたいなプログラミングできるゲーム機(?)もあったのですが、これまた絶版。

 MS-OFFICEにはVBAが付いてきますが、これって余計な物事が多すぎて入門用にはどうよ?と疑問ですね。
 攻略本が豊富なのは良いのですが。

 技術もコンピュータ文化も成熟したかに見えて、大昔のパソコンやポケコンのようにシンプルな、ただプログラムを組んで動かして・・・とやれるような代物が無いですね。

No.21275 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://www.tomoya.com [k:Windows/2000:FireFox/3.6.6] 07/05(月) 14:15
>  Arduinoは、どっちかというとハードが主役ぽいので、お子さんの
>「プログラミング」とはイメージが外れてしまったかもしれませんね。
>何かを接続してナンボという具合でしょうし。

今子供が遊んでいるDSとかとレベルの差が激しすぎて、面白く無いの
かも知れないですね。

確かに基板としては面白いのでしょうか、それで何ができるか?と
言われると実用性を持たせるためのスキルの要求が高すぎるのでしょう。

個人的にはハードから離れて、まずスクリプト(PearlとかRubyとか)からが
いんじゃないかなあ。

個人的にはスクリプトって??と思っていましたが、若者から雛形をいた
だいて、けっこう楽しんだ記憶があります。

個人的には一つのデータベースからデータを組み替えて他のデータベースに
移植するとか、医局独自のデータベースを電子カルテサーバーに落とし込む
とか、非常に役にたちましたね。特にエクセルの限界を越えるデータサイズ
でも、ノロノロと一日中働いてくれてデータ引っ越しできました。

ネットのCGI小物も作れますし。今はブログが多いせいか自作変造掲示板を
あまり見かけなくなりましたね。前はいろいろ面白いのがあったけど。。

FUSHIKIZ

No.21276 RE:ソマチット Sam_Y [Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 07/05(月) 23:46
ほんの少しだけ アマチュアプログラミングをやる身です。
(Pascal onlyですが)

PCプログラミング方面と言う事であれば、一昔(三昔くらいか 笑)
なら 文句なしに Turbo Pascalがおすすめだったのですが。
(入手可能みたい こちら
ですが DOS環境が、、、)

いまとなっては 無償で手に入る Turbo Delphiの公開も終わってしまったし
(裏技が無いわけではないらしいですが)
いまの Delphiのhelpのレベルはとても 人にお勧めできるとは言いがたいので
お勧めできるものがありません。
(Pascalが初めてだと Free trial30日で購入なんて無理)

なによりも きっと 「子供の内にこういうもんで」の なかにPC系は入ってないんじゃないかと。

Arduinoは おろかAVR系は触ったことが無いのにこんなことを言うのもなんですが
Arduinoって 完成度が高すぎるのではないでしょうか?
かえって 16F系のPICと アセンブラのほうが 出来ることは少ないですが( それこそ LEDピカピカ レベル) ですが 動いたときの感激が大きい気がします。
あとは 後閑さんの本が PICに関して、開発環境作りから手取り足取りといった感じです良いですよ。 MicroChipの情報を探せばわかる内容なのですが やはり 日本語でまとまっているのは便利です。( お子様 おいくつでしょう。漢字がまだだとちょっとつらいですが)。

またホームページの製作例
こちら を参考にしても良いですし。
高級言語に移行したければ こちら に Pascal Basic C が あります。(私は 当然 Pascalです)






No.21277 RE:ソマチット YASU [u:Windows/Vista:IE/8.0] 07/06(火) 12:19
Windowsでプログラミングなら、こんなのもあります。
こちら
実際に使ったことが無いのでなんともいえませんが...
PascalやBasicは教育用の言語ですが、それの日本語版ですかね?

私がプログラミングの基礎を覚えたのは、机上では8080、実機ではプログラミング電卓(TI-58)かな?
プログラミング電卓の流れで、ポケットコンピュータのBASICもやりましたが...
高校時代からですので、参考にはならないかも...

em114-48-29-5.pool.e-mobile.ne.jp


No.21279 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://www.tomoya.com [k:Windows/2000:FireFox/3.6.6] 07/06(火) 13:51
ボーランドはいろいろ無償で公開していますよ。

こちら

TurboC++はまんま全て公開していたような。

こちら

あれ、ここはなくなったのかな?他にもサイトがあったと思います。
先日古いturboC、C++で少し遊んでいましたが、今は無いのかな。
まあ、以前は敵同士だったボーランドとMSからFrameworkとなって
行くとは予想だにしなかった。今は会社を離れたカーン氏の力量
に今更驚きます。

私にはTurboCシリーズは恩人です。UNIXマシンでCをviで書き始めた
時は泣きたかった。そのとき登場したTurboC1.0でバグ出しをして
からHP-UNIXやSUN、アポロにkermitで転送してました。そういえば
マックのThinkCにも書き出していました。

もちろん、エラーでエディターに戻れずPCごとハングすることも
ありましたが、DOSマシンは再起動も速くすぐ立ち直れました。
データサイズと例のセグメントの制限以外は、XENIXマシンにも
さほど劣らないのど快適でしたね。グラフィックも独自のライブラリー
BGI(Boland Graphic Interface)で簡単でした。

そのため、TurboシリーズのフロッピーはIBMPC版もPC9800版も
申し訳なくて捨てていません。。。。

FUSHIKIZ

No.21285 RE:ソマチット ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/07(水) 06:37
代筆
-------
ははあ・・

ソマチット=血小板

という結論でしめますか

ソマチット学会なるオカルト呼ばわりされているところには大学の先生やらいる
ようですが、彼らはそんな阿呆なんでしょうか?

いずれにせよソマチットは顕微鏡で確認できる存在なのに、基本的な情報はまっ
たく欠如していること。流布しているのは確認方法が定かでないオカルトっぽい
情報のみ。その中間で中立な情報が世の中に皆無なようで。

いずれにせよ、ますます興味をそそられました。

金ができたらその顕微鏡&モニターセットでも買いますか。400万円くらいと
教えてもらいました

No.21286 RE:ソマチット FUSHIKIZ http://www.tomoya.com [k:Windows/2000:FireFox/3.6.6] 07/07(水) 08:53
同姓同名かも知れませんが、

こちら

に、「 福村被告は、自宅に「ネイチャーメディカル研究所」を設け、「バイタルチェック」と称して有料で血液診断をしていた。血液診断では、あらかじめ既往症や健康状態を問診。カルテに似た「バイタルチェック表」を付け、3カ月後の“再診”を勧めるなどリピーター獲得にも利用した。「赤血球が連鎖している」「ホルモンバランスが崩れている」「血液の中にがんの芽が出ている」などと、事実に基づかない表現で客の不安をあおり、健康食品の販売につなげた。2回目以降の人には症状が改善しているように告げ、使用を継続させていた。」

とあります。同姓同名かもしれませんが、商売やっているような

こちら

こちら

同姓同名なんでしょうけど。

FUSIKIZ




No.21292 RE:ソマチット ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/08(木) 06:18
代筆
---------
日本のソマチット学会は問題あるようですね。ただわたしの関心は学会ではなく
ソマチッドそのものです。

基本的な質問で恐縮なんですが、血液を一滴とって、プレートにおいて、乾かな
いようカバーして、その状態で光学顕微鏡で血液を見ると、まだ白血球がアメー
バのように活動しているのが見えるのでしょうか?

もしそれすらウソなら、わたしは自分の血を見ていたのではなく、ただの既成ビ
デオを見ていただけなのですね。

もし活動しているなら、恐らくわたしは自分の血を見ていたわけで、白血球とか
赤血球とかにまじって、粒のようなものたくさんが見えたのは事実です。そして
その粒はそれぞれ、上下に不規則に細かい振動をしていました。わたしの「これ
は何ですか?」という問いに、「ソマチッド」という答え。「何をしているので
すか?どんな機能なのですか?」という問いには「わかりません。激しく動いて
いるのでエネルギーが生じているのは見ての通りですが、何をしているのかはわ
かりません」という答えでした。(別にそこで勧誘を受けたわけでも健康食品の
PRをされたわけでもありません。そういう場ではありませんでしたから)

そもそもの質問に戻ります。

ソマチッドとは何ですか?存在するのですか?

存在しないなら、わたしの見た血液中にある、多数の細かい振動運動する粒は、
いったい何なのでしょう?血小板はそのような動きをするのでしょうか(赤血球
はたまに水に流されるような動きをして、白血球はアメーバのようにゆっくり動
いていました)

こちら

No.21294 RE:ソマチット FL3 [MacOS/PowerPC:FireFox/3.6.6] 07/08(木) 12:02
まずはこのスレッドを最初から読み直してみてはいがかでしょうか。
誰に質問したのか知りませんが、小さい粒が何かと問われて分からない
ので(または単に面倒なだけだったのかもしれませんが)ソマッチッドと
答えたってだけのようにみえます。
 ソマチッド = なんだかわからない|面倒なので説明したくない 物
というところでしょうか。
小さい粒子が動いているからといって生きているとは限りませんし
自分で動いているともかぎりません。
ブラウン運動 動画 で youtube を検索してみてはいかが?

j096154.ppp.asahi-net.or.jp


No.21297 RE:ソマチット ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/09(金) 08:38
代筆
---------------
アドバイスに従い、さっそくYoutube検索しました。

こちら

の、2分20秒〜5分50秒の間に、まさにわたしが見たのと同様映像がありま
す。ご失笑の方も多い、「ソマスコープ」なる顕微鏡も出て、音声説明もついて
います(コメント欄には光学顕微鏡に暗視野コンデンサーを挿入すれば同様の映
像が見れるとツッコミがありますが。ただソマチッドを血小板だというツッコミ
はないですね・・)。

このちょこまかした粒は、いったい何なんでしょうかね?

No.21301 RE:ソマチット YASU [m:Windows/Vista:IE/8.0] 07/09(金) 22:50
観察している環境からすると部屋で発生した埃や微粒子だったりして...
見た感じ、無菌室には見えないですよね?
マスクもしてないし...
あれで、培養なんてやったら培養基はにぎやかなことになるでしょうな。

em114-48-45-104.pool.e-mobile.ne.jp


No.21315 RE:ソマチット ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/12(月) 23:29
代筆
--------
うーん、わたし自身も、何ケースかの血を映像で見ましたが、すべて参照動画の
ように似た動きをする粒が実際に見えましたので、雑菌説には疑問です。どの血
の実験にも、同じような動きをする雑菌が同じ数だけ入り込むほうが不自然かと。
それに

こちら

の動画で培養をやっていたかは知りませんが、わたしの場合、血をとって、それ
をそのまますぐに光学顕微鏡で見ただけですから、菌の培養はしていません。

この板には光学顕微鏡を日常的にのぞいている方もいると思うのですが、血を見
て、このような粒を目撃した方は皆無なのでしょうか?(何だか自分の疑問が浮
いているような気がして仕方ありません)

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21266 Docomoの中継塔 ももづく [Windows/7:FireFox/3.6.3] 07/05(月) 10:49
我が家から道を挟んだ先に駐車場があり、そこにDocomoの中継塔が建つ計画があります。
私は心配ないだろうと思っているのですが、両親は心配のようで反対するつもりです。
ちなみに我が家周辺はDocomoの電波がたまに入らなくなったりするので、その影響で今回の計画が上がったのだと思います。
ネットで調べる限り、中継塔が健康に悪影響を与えるという話は眉唾に感じるのですが、なにぶん専門ではないので真実は分かりません
実際の所どうなのか、皆様のご意見をお聞きしたいです。

p4051-ipbf305akatuka.ibaraki.ocn.ne.jp


No.21267 RE:Docomoの中継塔 ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 07/05(月) 10:59
通常の基地局だと、基地局から数百メートル離れた場所の電界強度が最も高くなるのですが、中継局というと電柱に小型のアンテナを付けたようなものでしょうかね。
この場合はチルトビームなどは使わないので、そのアンテナの近くの電界が高くなります。
ただし垂直面の指向性があるのでアンテナ直下が一番電界が大きいとも言い切れません。

2GHz帯で市街地だと、電界強度は距離の3乗に比例して低下する感じです。
従って数十メートルも離れれば、携帯電話機の輻射電界強度より低くなると思います。

中継局が出来ると携帯電話への電波が当然強くなりますよね。
下り(基地局→携帯電話機)が強いと言う事は、上りも届きやすくなっているはずです。
すると携帯電話はパワーを下げるように動作しますので、電磁波を気にする人からすれば良い事ですけどね。

まあ、そうは言っても電磁波が嫌いな人は沢山居ます。
携帯電話の電波が家の中のコードレス電話や無線LANより弱いのだよと言ったところで信じては貰えないでしょう。

No.21268 RE:Docomoの中継塔 ももづく [Windows/7:FireFox/3.6.3] 07/05(月) 11:46
追記致します。
パンフレットを見る限りDocomoの自立柱タイプのアンテナが建設予定のようです。
高さは15m程で、パンフレットに記載されている画像は以下のURLのようなものです。

こちら
こちら

p4051-ipbf305akatuka.ibaraki.ocn.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21239 NTTの債権 とうしろ [Windows/XP:FireFox/3.6.4] 06/25(金) 00:37
NTTの債権(電話加入権)って、どうしたら返還されますか?
光にしたら債権放棄になってしまうのでしょうか?

よく掛かってくるNTT代理店からのうるさい電話で聞いても、答えてくれません。
返還してくれたら光に加入してもいいって言っるんですが・・・。

No.21240 RE:NTTの債権 Lear [Windows/XP:FireFox/3.6.4] 06/25(金) 11:24
> NTTの債権(電話加入権)って、どうしたら返還されますか?

光回線化移行によりメタル回線を半永久的に塩漬けお蔵入りしておいた上で休眠回線有効期限切れを利用した消滅作用で逃げ切るつもりの様です、このままでは返還されないでしょう。

> 光にしたら債権放棄になってしまうのでしょうか?

塩漬けお蔵入りする手段として光回線の扱いを別物にしてますね、なのでそう言う意味では債権放棄にはなりません。
ただし、ちゃんと休眠させる手続きをとって、誤っても”もう不要です”とか誘導尋問に引っかからない様にする必要があります。
また休眠期間ですがNTTは有効期間を勝手に設定(Webのみで通知、見てない人は知らない)した上に期限切れを通知して来ないようです。
休眠させた電話加入権は数年に1度、継続意思を表明する必要があるようにNTTは勝手に規約を変えてた筈です。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21228 非通知ワン切り bkm [Windows/XP:Chrome/5.0.375.70] 06/19(土) 17:32
こんにちは。
Willcomを使用しているのですが、
3月くらいから非通知のワン切りが入るようになりました。
それぞれ非通知のワン切りですが、
毎月一回というのも気分が悪いですね。

2010/06/18 07:18
2010/05/08 18:46
2010/04/23 22:44
2010/03/08 21:22

奇しくも3月といえばWillcomの再生支援が決まった時ですね。
某社と関係があるのでしょうか?

232.220.145.122.ap.yournet.ne.jp


No.21229 RE:非通知ワン切り kone [Windows/XP:IE/7.0] 06/19(土) 18:15
うちはワンギリが変な時間に二月に一回くらい来ます。

あと、
メアドを単語一つにしたら一日に迷惑メールが50件とか来るようになりました。
どうしたもんかなぁ
CCに沢山メアドが並んでるのもなんともかんとも

softbank219173073202.bbtec.net


No.21230 RE:非通知ワン切り [Windows/XP:Opera/9.64] 06/19(土) 22:30
6/18 8:17に同じく非通知ワン切りがありました
何が目的なんでしょうね

u043201.ppp.asahi-net.or.jp


No.21231 RE:非通知ワン切り kawauso [Windows/7:SeaMonkey/2.0.4] 06/19(土) 22:43
確かに来ますね。なんだろう?と思ってました。みなさん来ているのかー。

p3101-ipbf2107marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp


No.21232 RE:非通知ワン切り 佐藤 [Windows/7:FireFox/3.5.9] 06/19(土) 23:08
私も来ましたし、継続してきてます。
大体2週間に1回ぐらいの頻度で時間帯はマチマチです。

119-228-117-89.eonet.ne.jp


No.21233 RE:非通知ワン切り FUSHIKIZ [m:Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/20(日) 00:36
ウチにも来ました。数ヶ月ぶりに。深夜でしたが。。。

おそらく再建計画の資産査定で実同数や幽霊端末数を調査しているの
じゃないかな。

FUSHIKIZ

No.21234 RE:非通知ワン切り bkm [Windows/XP:Chrome/5.0.375.70] 06/20(日) 03:26
やはり皆様も同様の着信があったんですね。

先ほど143にダイヤルして非通知拒否を設定しましたが、
FUSHIKIZさんの仰られてる内容が事実だとすると、
拒否設定が無視されたりして…

232.220.145.122.ap.yournet.ne.jp


No.21235 RE:非通知ワン切り ほりこし [M:Windows/Vista:IE/8.0] 06/20(日) 10:19
SBMの非通知ワン切りは、寝かせ等の実態調査が目的ではないかと思っています。
あまりに数が多いのでSBM側でも把握が出来ないのでしょう。
孫さんに言わせれば「カネをかけずに実態調査が出来る。BM特許を取りたいくらいだ」なのかも。

なのでWILLCOMに関してはFUSHIKIZさんの書かれたとおりではないでしょうか。

bkmさん
SBMは非通知着信拒否が端末でしかできない(着信音は鳴らないが履歴は残る、つまり着信動作はする)ので非通知ワン切りを実質拒否は出来ないのですが、WILLCOMで局側で拒否できるとすると孫さんの作戦は役に立たないかも。

No.21236 RE:非通知ワン切り じる [Windows/XP:IE/8.0] 06/20(日) 11:47
非通知ワン切りじゃ無いんですが、パソコンのメールで、件名も本文も何もない迷惑メールがドカドカ届くんですが、これも何か意味があるんでしょうか?
広告にもなってないし勧誘でもないし、まして脅しでもないし?

ntgifu118220.gifu.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.21237 RE:非通知ワン切り ほりこし [M:Windows/Vista:IE/8.0] 06/20(日) 11:58
差出人も宛先も本文もない場合はspamフィルタでの拒否設定が出来ない場合もあり、メールアドレスの有効性のテストが出来るのではないかと思っています。

No.21238 RE:非通知ワン切り じる [f:Windows/XP:IE/8.0] 06/20(日) 20:36
>メールアドレスの有効性のテスト

それで通ったら、ここにはspamが送れるぞリストでも作ってるんでしょうか?
まあそれはともかく、いろんなことを考える人がいるんですね。

ntgifu118220.gifu.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21225 メールフィルターの世紀末 風夢 [Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/19(土) 10:10
 AUが ガンガンメールというのを始めたので 一度全てのインターネットからの
受信メールを解除してみました。

 そうすると来るわ来るわ、、、異様に大量にやってきます。

でも受信のパケットは完全無料なので、財布は傷みません。

ですが、携帯でのメールの運用上無理があるので、必要なメールのみ
どんどんと振り分けをするようにしていって、振り分けられないものが
迷惑メールという運用形態に落ち着いています。

また AUはメール転送が無料なのでパソコンのアドレスに転送してやって
SPAMの情報を収集しておいてそのうちにPCからEZWEBの拒否ドメインに
設定しようと 思い 本日決行しました。

単純な .xx .xxxのようなものだけで40件になりました。

登録するたびに適度に短いものが上のほうに来るようですが、
ソートされているわけでもなく、登録したらダブっているとエラーが出る
妙な仕様です。

ソートされていればすぐに見つかるのでそういうエラーも出さずにすむのですが。


パソコンのほうでも同様の事を GMAILのフィルターでやっていますが
GMAILのフィルターはお馬鹿なので .coを指定すると.com全ても対象に
なってしまうようです。

GMAILの多段使用などもやって、なんとか凌いでいますが、かなりメンテナンスを
してやらないと必要なメールがGMAILの迷惑メールに落ち込むのでこまめに
迷惑メールを削除してやって、必要なのに迷惑判定されたメールを
アドレスで迷惑判定しないという手作業がずっと続いています。

ほっとくと一日1000通は迷惑メールに溜まっていたのですが
最近は少し減っているようです。

AUなんかは全部太っ腹にユーザーに送っているんで大量に帯域を食われている
だろうなと想像できます。




No.21226 RE:メールフィルターの世紀末 ほりこし [M:Windows/Vista:IE/8.0] 06/19(土) 10:28
ここ数日で急に増えたのですが、手当たり次第に送りつけてきます。
Postfixのログは↓
To:
ZackRosenlof@wanadoo.fr -> brandon.gatke@fnf.jp
KendraLiscano@yahoo.it -> carole.hunsperger@fnf.jp
MelissaVallon@cox-internet.com -> avrvlpmg@fnf.jp
QuincyMilare@btinternet.com -> avrvlpmg@fnf.jp
CharlieKocon@propals.com -> brandon.gatke@fnf.jp
MakailaSonders@windowslive.com -> calesq1@fnf.jp
NasirAmble@yahoo.se -> blanca.neill@fnf.jp
FreddieChesbro@cox.com -> bettyfrey@fnf.jp
RubiBehlke@yahoo.com.mx -> blanca.neill@fnf.jp
LindaHumbird@yahoo.de -> calesq1@fnf.jp
CurtisKamm@netscape.com -> bettyfrey@fnf.jp
DeangeloBreidigan@hotmail.com -> brandon.gatke@fnf.jp
MosesHeiss@shaw.ca -> carole.hunsperger@fnf.jp

これは実在しないアカウントに対して送られてきているものの集計です。
もっともspamerが使っているIPアドレスはブラックリストに載っているものがほとんどなので、その時点でリジェクトされます。
さらにHELOも不完全なのでそこでもチェックされ、最後にグレーリストで排除されるという具合です。

gooにfrom行も本文も空欄のメールが来るのですが、どうもこれはメールアドレスの実在チェックみたいです。
リターンが返るかどうかを見ているらしい。

gooはこうした宛先や差出人のないメールのフィルタ設定が出来ません。
それでもYahoo.co.jpよりは良いかな、あれは使えません。

No.21227 RE:メールフィルターの世紀末 風夢 [Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/19(土) 11:20
 あれこれと メールアドレスの漏洩が多いんので
やばそうな、業者ごとにアドレスを作っています。

ほりこしさんのリストにあるようなアドレスも増えてるようです。

それが全部迷惑扱いになり毎日1000通とかgmailの迷惑メールたまって行きます。

最近AUなんかでは受信して配信されながらも表示できないフォーマットですとか
お馬鹿なメッセージが表示されたりしています。

だったら最初から配信しなければいいのにと思ってしまいます。

現在自宅サーバーは稼動停止中なのでGMAIL頼りです。


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21212 磁石は肩こりにきくんですか? おぼさん [Windows/XP:Chrome/5.0.375.70] 06/15(火) 15:57
10年来、密やかに拝読しております。
さて、本日の一節に、
「磁力が何の役に立つかと言えば肩こり防止と詐欺くらいなものかも知れない」
とありましたが、
これは堀越さんとして、皮肉っておっしゃっているのか本当に磁石が肩こりに効く事実があるのか、
ふと読みながら止まってしまいました。

シニカルな書きクチがたのしいF&Fですので、エレキバンなどもとんでも磁石グッズと同じだと見なされているのか、それとも堀越さんが本当にエレキバン愛用者だったりして?
とか、よくわかりません。

当方薬剤師で、薬店では相変わらずエレキバンはコンスタントに売れていることも存じておりますが、
私自身は眉唾だと思っております。
・磁界の変化がヘモグロビンにどう作用するの?
・いや、血流がある以上、磁石は不動でも相対的に磁界変化があるのかな?
・そもそもヘム鉄に磁気が作用するのか?

そんなあたりで、考えを深めるのを止めてしまっていた訳です。

ご高察をお聞かせ頂けましたら幸いです。






No.21213 RE:磁石は肩こりにきくんですか? ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 06/15(火) 16:15
私は磁石系医療用具?を使った事はないですねぇ。
これも様々な論があって、磁石は効かないとする人もいればMRIで調子が悪くなる人がいるのだから効くんだという学者とか、適切な部位に使えば糖尿病が軽減されるという人がいたり、様々です。

電磁波公害を感じる人などは、もしかしたら磁力変化を感じ取るのかも知れないですね。

磁石に効果は無い説を唱える人でも、磁力によって何らかの変化が起きる事は否定しないとしています。
要するにその変化が肩こりを治しはしないと言いたいのでしょうが、磁気治療器を貼った事で(気分的に)肩こりが軽減されれば効いた事にはなる訳で…

ちなみに強力な磁石を肌に貼り付けると充血みたいな事が起こりますね。
こめかみに貼ると視界が歪むそうです。

No.21214 RE:磁石は肩こりにきくんですか? (こじ) [Windows/XP:IE/8.0] 06/15(火) 21:32
あれは,小さくて堅いもので皮膚を押すことによるツボ押し効果である可能性はないでしょうか.どなたか肩こり持ちの方,プラスチックのBB弾かなにかを絆創膏で貼って試していただけませんかね.

No.21215 RE:磁石は肩こりにきくんですか? ACBI [f:Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/15(火) 23:54
血液は導電性があるので、一応血中に電磁誘導で電流が流れますね。ただ、そのエネルギー源は血液の運動エネルギーなので、当然血行を妨げる方向に力が働きます。発生する電流なんてほんのわずかですが、どうなんでしょう?

u067021.ppp.dion.ne.jp


No.21216 RE:磁石は肩こりにきくんですか? 磁石・・・ [Windows/XP:IE/8.0] 06/16(水) 01:35
ネオジム磁石が錆びに弱いのは知ってるのですが、サマコバ磁石などはどうなんでしょうかね?

p2211-ipbfp4303osakakita.osaka.ocn.ne.jp


No.21217 RE:磁石は肩こりにきくんですか? ほりこし [M:Windows/XP:IE/8.0] 06/16(水) 07:36
サマコバは錆びにくく高温に強いですが、機械的強度の点で最近はネオジムに置き換わっているような感じではないでしょうか。
ただ耐熱性が必要なHDDや自動車用には多用されていると思います。

No.21220 RE:磁石は肩こりにきくんですか? B-51 [f:Windows/7:Chrome/5.0.375.70] 06/17(木) 17:26
一時期エレキバンのCMで、血中イオンが血流によって磁界を横切ることで、イオンに対して力が働いて血流が良くなるみたいな模式図が出ていたことがありました。
でもまあ、当然ながら働くとしても血管に対して横方向なので意味がないはずですけどね。
高校生でもつっこめることもあって、比較的短期間で消滅したと思いますが…

この辺の事情からして、ピップ自身もどうして利くのかは解っていないとみていいでしょう。
結局は燃費グッズなどと同じで、もっともらしい理屈を付けてプラシボを狙っているだけ(結果的にそうなっただけ?)じゃないかと思いますけどね。

No.21221 RE:磁石は肩こりにきくんですか? yama [Linux/i686;:Chrome/6.0.427.0] 06/17(木) 19:57
昔々祖母が

エレキバン風に絆創膏で、薬用の? "米"
貼っていた記憶があります。

薬効があるのか、ツボ押し効果なのかわかりませんが、
もしかしたらそういう療法があって、米を磁石にした
商品がエレキバン、なのかも..

という事を思い出しました。

No.21222 RE:磁石は肩こりにきくんですか? w123 [Windows/Vista:IE/8.0] 06/17(木) 20:47
磁石ではなく一円玉が効くというのを耳にしたことが有ります。一円玉というより素材のアルミが有効らしいのですが。ただしアルツハイマーとの関わりも聞いたことが有りますので、試したくもないのですが。
肩こりではないのですが、稲をアルミのバットの中に植えたら発育が2倍ほど違ったというのも見ました。

softbank218131213012.bbtec.net


No.21224 RE:磁石は肩こりにきくんですか? バルス [u:Windows/XP:IE/8.0] 06/18(金) 06:52
 永久磁石ではなく電磁石ですが、母親が肩こり対策にベルト状の磁気治療器を愛用していました。具体的にどんな物かは知りませんが。
 肩こり解消には血行が関係し、この機械は血行を良くすると言っていましたが、血中の鉄分に作用する?
 それとも、電気で動いている神経の方に作用する?

 以前に変電所用の部品を作る工場で検査のバイトをした際、健康被害云々があるので気分が悪くなったら早めに申し出ろ、と初期講習で真面目に言われて、とんでもない所に来てしまったとビビったこともありました。
 流れる電流が巨大なので、辺りの磁界もハンパでなかったでしょうね・・・これは磁気というより、変電所や送信所の電磁波被害の域でしょうかね。
 幸いに体調が悪くなったことはなく、肩こりが治ったりもしませんでしたが・・・肩こりには今に至るもなったことがない変な体質なので効果は定かでありません。
 一緒に作業した社員さんには、大電流低周波を浴び続けると「種なし」になると冗談半分で脅され、こっちの方が心配でした。

 ちなみに父親は、件の機械は全く使用せず、振動式のあんま機を使っていました。
 気持ちよいと感じる物は、二人で違っていたようです。

 ピップエレキバン以外に磁気ネックレスなんかもありますし、磁気治療器で検索してみたら、それ以外の物もあるようです。
 病院でも磁気治療器があるので、「効果」という点では、あるのではないかと。

 母親が腕を骨折した際に、病院でのリハビリで磁気治療器を使ったと言っていましたが、ついでに毛深くなったそうです。
 見ると、確かに骨折した腕の方が他方より毛深くなっていました。
 ひょっとして育毛効果もあるかもしれません。個人差はあるかもしれませんが。
 リハビリ担当のお医者さんに話したら驚いていたとも言っていましたので、新たな論文が学会で発表されているかもしれません(笑)。

 ただし、母親が言う事なので、いずれも本当に「磁気」治療器なのか不明ですが。
 機械系はからきしな人なので、電気を使っているが振動はしないというだけで、たまたま知っていた「磁気治療器」と称しているだけかもしれません。
 今度、方位磁針持参で実家へ行ってみるとします。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21218 入閣してほしい民間人 すずき http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000066-zdn_mkt-soci [Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/16(水) 22:45
高年収者に聞いた“入閣してほしい民間人”、トップは「孫正義」氏
こちら
こんな記事がありました。
う〜ん。

u041072.ppp.asahi-net.or.jp


No.21219 RE:入閣してほしい民間人 さいとう [Windows/XP:FireFox/3.6.3] 06/17(木) 13:53
「勝間和代」とか、・・・
入閣してほしくない民間人の間違いでは、ないでしょうか?

113x36x152x194.ap113.ftth.ucom.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.14361 ボーズ101MMは日本発の企画? なっくん [Windows/NT] 09/09(日) 01:53
今朝の朝日朝刊別刷りのインタビュー記事に、ボーズ株式会社社長の佐倉住嘉氏が登場されました。記事によれば有名なマイクロモニター「101MM」や最近発売されたデスクトップスピーカー「M3」は日本法人の企画によるものだそう。当方はこの件はじめて知りましたが、皆さんはこれらの製品が日本発であることをご存知でしたでしょうか?

こちら
(このURLは今週のみ有効で、来週には別URLになるものと思います)

ちなみにインタビュー氏は近年小型スピーカー市場が非常に活況であるとか、そのような背景はご存じないようで、過去のオーディオ黄金時代のスピーカ市場のイメージで捕らえられているように思います。一方、現在は必ずしもボーズスピーカー全盛ではないように思いますが、その点に関してはいかが思われますでしょうか?


佐倉氏は日経BPのサイトでもコラムに取り上げられているのを見つけました。
こちら


No.14368 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/09(日) 12:33
>皆さんはこれらの製品が日本発であることをご存知でしたでしょうか?

日本のリクエストで作られたことは承知しておりませんでしたが、
米国には101という型番が無かったか、あても短時間しか存在して
いなかったことは知っていました。

おそらく、当初は米国の店舗や家は広いので、底辺は201だったと思われます。
今は101クラスが多数ありますが、それは101の影響かも知れませんね。米国
でも例えばNYなどはかなり家が狭くなります。

しかし、ここ10年くらい、米国には101はリストアップされていません。
かわりに木製の同クラスのものはあります。101が米国に存在しないのは、
エンクロージャーが丈夫すぎる(これはPA用の800シリーズと同じ
材質)であることでしょう。事実上、ユニットが焼け焦げても、また
エンクロージャーを落下させても壊れませんね。ちょっとオーバースペックです。

音の点では、”雑味が多い”からだと思います。

101については、

こちら

に記事があります。とてもいいスピーカーなんですが、仮想的の
ひとつ、Auratone(これは101より古い)、JBLcontrol(101より
新しい)より、バスレフによる付帯音(低音以外の音)が多いと
書きました。

というのは、バスレフポートから120Hz以下以外の音が出てきて、
となりのフルレンジと干渉する、というものです。同相で出れば
音像がフルレンジとポートの間に移動し、逆相の周波数では
音像が左右にびろーんと伸びてしまいます。

当然BOSEも気づいているわけで、その後ポートをスリットにする、
もしくはポート開口部にカバーをつけて、フルレンジと逆側に
向けてやるようにしています。

ただ、BOSE101はキライじゃないです。雑味のせいで、ニアフィールド
で聞くより、ちょっと距離をいれて分不相応のパワーを入れて聞く
もののような感じ。

中に電球が入っていて、オーバーパワーでドライブされたものは、
電球でスポンジがこげていますけど。ユニットも非常に丈夫で
フォスターのヤワ(繊細とも言うが)なものとは国民性が違うなあ、と思います。

もうひとつ、BOSEのスピーカーは代理店が儲けすぎです。それでもオーディオ
界では安いほうですけどね。まあ、米国より5割以上高い。米国ではPA用品
ないし中高級実用品であって、ハイエンドオーディオとはみなされていませんね。

FUSHIKIZ

No.14370 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? 952noHDD [N505iS] 09/09(日) 13:00
>高い
CD付きラジオも日本では高いですね。
買うのをためらいました。
#米国版ではFMのレンジが日本と異なりますが。。。

proxy2116.docomo.ne.jp


No.14379 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? nobody [Windows/XP] 09/09(日) 18:22
>ただ、BOSE101はキライじゃないです。雑味のせいで、ニアフィールドで聞くより、
>ちょっと距離をいれて分不相応のパワーを入れて聞くもののような感じ。

わたしも101MMの音は気にいってて、自宅では天井吊の101MMで音楽を聴いています。
いろんなジャンルの音楽やテレビの音声など全てこれで再生していますが、どんな
音でも上手に再生してくれるところが気に入ってます。

話は少しかわりますが、首都圏のJR線の駅では101HIを多用していて、背景騒音が
高い中で発車メロディや案内放送、駅員の肉声などのクリアさにいつも感心します。
近畿圏のJR線ではメーカー不明の箱型スピーカーを使っているのですが、どこの駅
でも音が歪んでて聞くに耐えません。

BOSEのスピーカはPA用として確かに高いですが、高いなりの価値があると思ってます。

No.14381 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? vwD [Windows/2000] 09/09(日) 19:13
中に電球が入っていて、オーバーパワーでドライブされたものは、
電球でスポンジがこげていますけど。ユニットも非常に丈夫で
フォスターのヤワ(繊細とも言うが)なものとは国民性が違うなあ、と思います。

もうひとつ、BOSEのスピーカーは代理店が儲けすぎです。それでもオーディオ
界では安いほうですけどね。まあ、米国より5割以上高い。米国ではPA用品
ないし中高級実用品であって、ハイエンドオーディオとはみなされていませんね。

FUSHIKIZ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変勉強になりました。
壊れない、あの押しの強い音、力強い音の秘密は電球だったのかと
納得しました。

対入力は結構高い オーラトーン 5Cも有りますが 
M955n2という130Wのアンプで鳴らした音は
素晴らしいです。最低100w以上の良質なアンプが必要かなと考えます。

あわせて 電流帰還の真空管ギターアンプ140w@D1304個 を4setも
大変伸びやかな音でした。

電流帰還化 計画は 未だ進行中でしょうか?
いつかは自分も 電流帰還アンプで ゆっくり音楽 カラオケでも
と考えています。


No.14405 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/10(月) 20:34
>力強い音の秘密は電球だったのかと納得しました。

もちろん電球だけじゃないです。電球は昔からプロ用機器には良く入っていました。
電球なんで非直線なんですね。最初は抵抗が低く、温度があがると抵抗が増える。
このため、ほぼ定常入力については、対数変換を行ったのと同じ効果がある。その
ため、小さな音はしっかり鳴り、ピーク音でもとびにくい。

さらに熱的にも非直線性がある。スピーカーも電線を巻いているわけで、冷えている
ときはかなり耐入力があるが、あったまってくると焼けてしまう。電球と
相性がいいわけです。

それと良く覚えていないが、イコライザーが入っていたと思う。10.5cmは真空管
時代の16cmと同じで、低域から高域までピストンモーション域が広い。しかし
どうしても中音よりやや上にピークがある。それを抑えるためにイコライザーが
入っている。まあイコライザーは望ましくないのですが、ネットワークよりは
かなりマシです。

105cmユニットのため、ツイーターがいらない、というのも丈夫な秘訣です。通常
パルス音で飛ぶのはツイーターですので、これが無いだけで丈夫になります。見え
無いところでは、コイル電線の断面が四角、接着剤が耐熱性の高いものを使うなど、
タフな設計になっています。

低音は丈夫なエンクロージャーが効いています。また吸音材をウレタンスポンジと
することで、効果を上げている。ウレタンの量はなかなか慎重に決められている。

BOSE全体に言えることですが、ローコストなつくりのなか、最適点にしぼった設計
です。またモデルをなかなか買えない。これがモデル数ばかり多くて儲からない
日本のオーディオメーカーと、安作りで儲けが多く、モデル数も少なく寿命が
長いBOSEと、なかなか能率的な経営ですね。

ただ、ペアで4万円ですか。。。ちょっと高いがベラボウでも無い。まあ実用品で
あって、信仰の対象になる価格では無いです。

FUSHIKIZ

No.14406 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/10(月) 20:45
>いろんなジャンルの音楽やテレビの音声など全てこれで再生していますが、どんな
>音でも上手に再生してくれるところが気に入ってます。

これは、ひとえにワイドレンジを狙っていないということに尽きます。その
変わり、指向性をはば広く取ることにかなり努力していますね。スピーカー
の大半が後ろを向いている901、ツイーターの2個中1個が後ろ向きに
ついている301、ツイーターが最初から後ろ向きについている201など、
かなりのこだわりです。

最近、このこだわりには妥協している様子。。。。。理由は、最初から5.1chなど
の製品が増えているからでしょう。


個人的には201が良いバランスだと思っています。301は20cmのため、若干
中音域がぬけていて、その割に低音が出ない。やはりフルレンジのツボは
10cmから16cmあたりの口径にあるようです。

バスレフのつくりもうまくて、ボーカルがボケないように音が作られていますね。
これはPA用途ということもある。

以前からの個人的なナゾですが、高級スピーカーでFMでニュースを聞くと男性
アナウンサーの声がボケて聞き取りにくい製品が多い。どんなにワイドレンジか
知りませんが、人間の声がまともに聞こえないスピーカーって、何なのか、と
いうことです。

これは、バスレフのチューンで、120Hz以下しか増強しないが、下側にレンジを
伸ばしていない。どうしてもその部分が欲しい方は、バズーカでもつけてください
ということのようです。我が家では映画の時は201にBOSEのスーパーウーハーx2
でやってました。家中低音で家財がビリビリガタガタいって家族から苦情がきたので、
きますけどね。

FUSHIKIZ

No.14413 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? kazz [Windows/2000] 09/10(月) 23:50
ボーズの101や301はカラオケ業界でも多用してます。顧客からの指名も多いですし。
本当はちゃんとしたスピーカを繋いだ方が良い音になることもありますが、めちゃくちゃな音量に耐えて、怪しげな定位でもなんとか破綻しないという意味ではボーズは良いと思います。
オーディオのメインSPとしては向かないと思いますが、業務用なら耐久性やブランドも有り、使う機会が多いですね。

hdofa-01p2-79.ppp11.odn.ad.jp


No.14465 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? きみたか [MacOS] 09/12(水) 10:39
昔、学生の頃にPA音響屋でバイトをしていたことがあったんですが、そこで落っことして
壊れた101を何台か貰ってきていろいろ怪しい実験をしてみたことがあります。

壊れたといっても、エンクロージャーは非常に頑強なので車に踏まれても割れないんじゃないかという作りでしたので、擦り傷が入りまくって煤けているだけでしたが、落としてスピーカーユニットがやられてしまっている物をもらってきていたんですが、合理的な作りに感心したというか、よくここまでの簡素な作りでこれだけの音が出来るもんだと思った経験がありますね。

3点ネジ止め10.5cmユニットの部分に無理矢理FOSTEXのFE103を付けてみたけど、同じ音には絶対にならない。101のエンクロージャーではFE103のしょぼさや欠点が露見してしまう音になってしまいます。
電球リミッターが切れてスピーカーユニットは生きていて放置になってる物もあったので、抵抗値が合いそうな物を車のルームランプとか、家庭用豆球とかいくつか試してみましたけど、やはり純正品のようにはならなかったです。

素直に修理出せよと言う感じですが、電球一つ交換でも5000円ぐらい取られたようですし、スピーカーユニット交換修理だったら新しいのを買った方がマシという価格でしたし。

記事の中には、天吊りブラケットを流用品で安く用意することが出来たようなことが書いてありますが、数千円でも十分な作りのブラケットにすばらしい値段がついてました。
いまだともう少し安くなってるかもしれませんが、天吊りにする場合、ブラケットセットが101本体一本分の値段です。なので3本分の値段で見ないといけなかったのが印象に残ってます。

BOSEの10.5cmユニットは専用の内蔵イコライザー回路等を通さず、むき出しとか別の箱に入れてアンプと直結するとろくでもない音でした。固くて紙くさいコーンや角形アルミ巻き線などは耐久性を考慮に入れた上で、専用エンクロージャーとイコライザーや電球リミッターと総合的に組み合わせて適切な性能が発揮できるように設計されていたのでしょうね。

一時期、OEMのような感じで、BOSE for○○といった名称でNECやテレビに内蔵するモデルでSONYなどがユニットの供給を受けて製品を作っていましたが、違うガワでは101の音にはなっていませんでした。やはり総合特性で聞かせるノウハウがしっかり確立してるのでしょう。

個人的には、小音量でBGMで流し聴きするときと、耳がやられるぐらいの大音量ではBOSEは聞かせるべきところをしっかり聞かせていていい性能のSPだと思います。皆さんの指摘通り、ナローレンジで欲張っていないのが良い方向に出ているのでしょうね。
ただし、仕事でステージでは必需品ですが、家では現在所有していないし聞きたくないです。店でBGMは歓迎ですが、真剣に音楽聞いたりする用途では使いたくなくなっています。

z225.124-44-21.ppp.wakwak.ne.jp


No.14471 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? なっくん [Windows/NT] 09/13(木) 01:16
なるほど、みなさんのコメントを読むとボーズ製品は趣味のオーディオの世界ではなく、実用の世界(業務用の世界?)に属しているのだということがよくわかりました。
(電球の件など)

当方101MMをじっくり使用した経験はないですが、確かに電球が入ると定位感は犠牲になりそうな気がします。むしろ定位を必要としない用途に振られてるのですね。

>天吊りブラケット
これですが、当時101MMのマウントがコンパクトスピーカーの業界標準と化して、他メーカー製で使えるものが山のように発売されました。(当方もビクター製の1つ8000円のマウントを入手した覚えがあります。)

現在オーディオ用途のコンパクトスピーカーは適切なスタンドとともに空間にポンと置いて聴くのが主流のようです(気のせい?)。ただこれは日本の都市部の住宅事情では、特に妻子もちだと厳しいですよね。のようなわけで、たまに再び天吊りにトライしてみようかな、と思うことがあります。

ところで、M3の謎(ハイパーレゾネーターのしくみ)に関してはみなさんどのような見解をお持ちでしょうか?
たとえば
こちら


おまけ

101MMとM3を(偶然にも)比較視聴した記事がありました。
こちら

No.14473 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/13(木) 07:32
ミソは、アクティブスピーカーということですね。

音響的には、f0の異なる、2つのドローンコーンが仕込まれていると
思います。つまり、磁気回路の無いスピーカーが2個でしょう。

おそらくドローンコーンには重りがのせてあると思います。これで
簡単にf0=60、90位にチューンできると思います。

以前からBOSEは、空気共鳴管も長さの異なる2本を組み合わせる方式を
使っています。

また、ドローンコーンも使ったことがある。つまり、空気共鳴管であっても
ドローンコーンであっても、共鳴すればいいので、そういう推測が成り立ち
ますね。

日本のラジカセにも、ドローンコーンに重りを貼ったものがありました。

問題は重りでfoは簡単に落とせるのですが、能率が悪くなることです.これは
パワーアンプでプッシュすれば良い。能率はパワーで押し切れるわけですね。

小口径ユニットでは、どうしても低音を出すには、ストロークをとる必要が
あります。しかし、ドローンコーンであれば、スピーカーのストロークは
あまりいらず、fo付近では主にドローンコーンがストロークすることに
なります。ドローンコーンには磁気回路が無いので、めいっぱいストロークを
確保することができます。通常はダンパーを2重にするなどしていますね。

当然ながら、f特性を鳴らすには、電気的にイコライジングする必要があります。
また、foで駆動するには、tomoya.comでいろいろやったように、電流帰還による
定低電流駆動なども有効です。

アンプは、アナログ、デジタルどちらでも可能ですが、BOSEはつねに最小のリソース
で目的を達しようとしますので、アナログの可能性が高いのではないかな。

FUSHIKIZ

No.14476 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/13(木) 13:35
訂正です。BOSEのページをみたら、DSP、メインアンプともデジタルだそうです。

FUSHIKIZ

No.14521 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/16(日) 18:39
すみません、自己レスが続きますがご勘弁を。

FUSHIKIZも以前、小さなスピーカーからどうしたら広いレンジの音を出せるのか
いろいろやってみたことがあります。しかし、あまりうまくいかず、一番マシ
だったのは、置き方で実現する、というものです。
後ろにバスレフ穴があるスピーカーの穴にスポンジをつめて、ダンプ気味にして
前後逆に置く。そして、措くに本を立てるのがいいことを発見?しました。
つまり、

 /\
  □

ステレオの場合、置き方として、右のスピーカを左に、左のスピーカーを右に、
そしてそれぞれを前後逆向きに、軸を内側にむけて壁の前に置くというものです。

----------壁
 /\
◇  ◇ 
R  L

距離を調節して目をつぶると、なかなかおもしろいですよ。

しかし、レンジについてはその後考えが変わりました。というのは、

1.周波数の凸凹は、優秀な人間の脳のDSPが埋めてくれる。
2.しかし、定位や位相のズレは脳でも埋めるのは難しい。
3.老人になるとナローレンジになるから、ワイドレンジはどうせいつか
あきらめなければいけないので、定位や位相を重視する。

というものです。

さてM3は個人的に欲しいかと言われれば値段で迷いますが、おそらくかなり
売れるのではないでしょうか。

日本のオーディオメーカーから出たものは話題にならないことが残念です。
この手のものはソニーやパナソニックもがんばっていますが、
ロゴ、押し出し、低音、価格とも負けていますね。

こちら
こちら

FUSHIKIZ

No.14542 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? なっくん [Windows/XP] 09/17(月) 05:38
ちょっとレベルの低い(?)試用記事ですが、ご容赦ください...

福岡天神のアップルストアに新nanoを見に行ったついでに、M3がMacBook Proにつながった状態で展示してあったので少し触ってきました。

見た目はかなり小さい印象です。大昔に使われていた初代Media Mateなどは大きな印象でしたが、M3の場合は女性の手のひらに乗る、くらいの小ささです。
ここは店内BGMの音量がけっこうあるのでじっくり聞くというわけにはいかなかったのですが、音量を上げてみるとBGMに負けずに、また思ったより自然な帯域バランスの音が再生されました。(ということは低音が出ている?) 小さなスピーカーだとどこから音が出ているか必要以上にわかるスピーカーがあるのですが、この製品はそんなことはなく、あえて言ってみれば音場型と言えそうです。音源はiTunesの圧縮音源でしたが、ヘッドホンで聞くときのように圧縮音源が気になったりはしませんでした。

これで値段が半額くらいだと買ってしまいそうな気がするのですが、やっぱり思いとどまりましたね。こちら とかも買えそうな気がする値段なので...

あと、スピーカーを壁と近づけたり遠ざけたりしてみましたが(あたりまえですが)帯域バランスの変化は少なかったです。

展示の近くにはM3の値段が書いてなかったのですが、MacBook Pro 17インチを買う人には全然問題のない価格、ということなんでしょうかね?

No.15229 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? 鈴之字 [Windows/NT] 10/25(木) 09:50
◆電球はリミッターなので、
「電球によって元気になる」というより、
「元気なソースが小口径のあのユニットに入っても大丈夫なようにする」
という感じです。

◆長く使うと電球が劣化します。
中古で長いことPAに使っていた111を1万ちょいで買いました(これは大当たりでした)
※111はユニットもネットワーク?も101と同じです
しかしまるで元気が無りません。
なので、電球をはずしてジャンパしました。完全に別物の元気で繊細な音になりました。
※PAでユニットが丈夫なので家庭内使用でしたら、DCが漏れたり超低域がガツンと入った
りしなければまず大丈夫でしょう。

両極性ケミコン(ルビコンでした)がイヤなので、適当なフィルムコンに変更しました。
中域より上が全般的によくなりました。
最初、同容量で失敗したので…たしか半分くらいの容量で合ったはず。

コイルが鉄心なので、いつか空芯にしようかなとか考えてはいますが…
あとセメント抵抗を金属皮膜抵抗にしました。
Wが半分以下ですが、実用上問題ないですし、壊れるとしたら抵抗の方ですし。

111は内容量が大きく、ポートが非常に優れた形状なので正直に言うと101よりずっと
良い(個人的には)ですが、存在が薄いですね。
以前池袋に住んでましたが、JR池袋駅キップ売り場近くでPAとしてつかわれていました。
(今はもう無い)

改築前の秋葉原駅では大量に使われていたのは101だったようでした。
PA

No.15231 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 10/25(木) 14:14
>111は内容量が大きく、ポートが非常に優れた形状なので正直に言うと
>101よりずっと良い(個人的には)ですが、存在が薄いですね。

NHKの渋谷の放送センターですが、ミキサーのモニターは、少数の
Auratone、そして残りはBose111です。

ご指摘のように、101MMはバスレフポートが正面を向いていて、付帯音、
中音のヌケたものがでてきて、メインスピーカーと干渉しています。

ですから、それ以後のシリーズはバスレフポートをスリットにするか、
覆いをつけて横に向けています。スリットにすると制動がかかるので、
中音のヌケが減ります。低音は指向性が弱いので、どれも十分聞こえてきます。

個人的には111の方がはるかに聞き易いのですが、101MMは元気のある
ソースには元気になるので、これはこれで価値があるのでしょう。

もう一つ気になるのは、いかなBOSEが優秀なユニットであっても、16kHz
以上はかなり落ちています。これも201や301みたいに、スーパーツイーターを
付加すれば、さらにさわやかになるとは思います。ただ、最近の圧縮音楽は
殆ど16kHz以上出ていないので、実害は少ないのですが、リボンツイーターを
常用されているようなユーザーからみればちょっと不満に思われるかもしれま
せんね。

残念ながら111は売ってはいますが在庫かぎりだと思います。

FUSHIKIZ


No.15232 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 10/25(木) 14:24
>両極性ケミコン(ルビコンでした)がイヤなので、適当なフィルムコンに変更しました。
>コイルが鉄心なので、いつか空芯にしようかなとか考えてはいますが…

この手の小口径ユニットは非常にピストンモーションの範囲が広いのですが、3kHz以上
がハイ上がりになります。

そこでバランスをとるために、コイルとコンデンサを並列にしたものに抵抗をだかせて
スピーカーラインに直列に入っています。つまり、ハイあがりを削っているのですね。

これを気にする方もおられますが、ネットワークよりはいいです。かなり抵抗で
ピークをダンプしているので、さほど位相は回っていません。

おもしろいのは、このユニットをたくさんならべた901や820にはもっと大きめの
イコライザーを組み合わせます。通常ユニットを並べると、より大きな口径の
スピーカーと等価になりながら、レンジは広いといううまい話なのですが、
なぜかハイあがりはむしろ強調されてくるので、イコライザーはF特でフラット
にする以上に効かせています。おそらく聴覚的にパラメータが決められていると思います。

世の中には20-20kHzのレンジを気にされる方がおられますが、FUSHIKIZ的には
ボーカルや楽器が鳴る範囲がきれいに感じられれば、レンジは若干妥協しても
いいという考えです。反対される方もおおいと思いますが。

FUSHIKIZ

No.15233 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? [Windows/XP] 10/25(木) 17:19
こちら の可聴周波数域チェッカで調べて
見た所、うちの自作ペットボトルスピーカーのせいか耳のせいかわかりませんが
最高でも15850Hzまでしか聞こえませんでした。
ということでMP3もCDも普通に聞けてます(笑)

p5015-ipbf604sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp


No.15234 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? 結蓮 [Windows/XP] 10/25(木) 22:22

>改築前の秋葉原駅では大量に使われていたのは101だったようでした。
 秋葉原に限らず、都内の主要JR駅はホームのスピーカが101(?)でした。
 (確か、5〜6年以上まえからだったかしら。。。?)

 当時上京したてだった自分は、妙に音圧のある音からBOSEであることを目視確認し、
 『東京はホームのスピーカも違うなぁ』と、謎の歓心をしたものです。。。

 現在も結構残っていますが、スピーカの寿命か?アンプがだめなのか、だいぶ
 歪んだ音を出しています。。。
 それでも、『JR』マーク入りの箱スピーカより断然聞き取りやすいですが。
 #JR節でアナウンスされても聞き取れる。。。

60-62-202-209.rev.home.ne.jp


No.15235 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 10/25(木) 23:03
>最高でも15850Hzまでしか聞こえませんでした。

耳のせいかも知れませんし、そもそもスピーカーからその周波数が
出ていないのかも知れませんよ(笑い)あるいは届いていないの
かも知れない。

いずれにせよ、あまり心配無いです。楽器の音も、自然の音も、16kHz以上
はエネルギー的には非常に低い。そして、通常のスピーカーの設置では
ほとんど耳には届いていないと思います。ヘッドホンなら間違いなく
届けることができるのですが。

ただ、雰囲気には効くというのが定説です。心理的には、16kHz以上が出ていると、
視聴室の天井が高いような気がする、とか、目をつぶると空が曇りではなく、
晴れているような気がするとか、です。

もうひとつ、16kHz以上は聞こえなくても、その音がお互いに作り出す
混変調成分は可聴域にはいってきます。以前より、2つのスピーカー
からひとつは超音波、ひとつは超音波を可聴域で変調した音を放射し、
指向性をきかせて特定の場所だけで音声がきこえるようにできます。
一部は実用化されています。

ですから、下手に16kHz以上の音をだすと、結局はひずみだけが聞こえるなんて
ことにもなりかねません。

FUSHIKIZ


No.15236 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? a [Windows/XP] 10/25(木) 23:52
単なる思い込みかもしれませんが、今時のCDプレイヤー+普通のアンプで実現してしまう、
高域再生(16kHz以上くらい)能力に長けたシステムでは、ハイファイであるにもかかわらず、
聞き疲れなる怪奇現象が起きているように思います。聞き疲れ問題の解決について:


こちら
> しかし2時間も聴くと耳の後部付け根あたりに疲労感が溜まりCDを聴くのが嫌になってしまった。

このサイトでは、DACの出力にかかるLPFの帯域幅をあまり欲張らないことで解決したみたいです。

kyt7-p217.flets.hi-ho.ne.jp


No.15238 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? FUSHIKIZ [Windows/2000] 10/26(金) 00:31
>このサイトでは、DACの出力にかかるLPFの帯域幅をあまり欲張らないことで
>解決したみたいです。

非常に賢明ですね。

オーディオには趣味雑誌の寿命(笑)じゃないですが、よくあるマニアの
たどる道、というのがあるんです。

当初は、やはりスペックとかとくにワイドレンジにとらわれるわけですね。

当然スピーカーは大型、ユニットは多数、どうかすると4way、5wayなど
ユニット数が多いほど魅力的にみえる。これも歴史的にいうと、ランシング
さんが当初アルテック(ホーン2way)をおつくりになったとき、300Bブッシュ
プルで、広い会場に100dBの音を届ける前提でつくられた。

つぎにJBLにうつったときには、よりひろいレンジをめざすようになった。
それが初期のJBLのように、バッフルに多数のスピーカーを並べる方法
ですね。

その後は定位が重視されると、ひとつのツイーターを上下に比較的小口径
のウーハーがはさみ、仮想音源の位置を安定させる。エンクロージャーは
上下に細長いタワーとなり、低音を確保する。この形がAVとの相性がいい
ので、今支配的です。

以前は3wayというと、ウーハーとツイーターの担当する帯域がひろく、ミッド
レンジの帯域は狭かった。3wayの末期には、ミッドレンジがフルレンジ相当の
スピーカーとなり、ツイーターはボーカルレンジを越えた領域に設定され、
次第に定位よりは雰囲気を発生するようになる。ウーハーもボーカルレンジ
より担当がひくくなり、いわゆるスーパーウーハーを構成するようになりました。

しかしながら、いまだ技術があるにもかかわらずレンジにこだわりを持つ方も
少数あります。

そうこうするうちに、オーディオ業界は電脳圧縮のメリットに降参し、ついぞ
レンジはどうでもよくなって、ついにオーディオの終焉を迎えたわけです。

いまは、おもしろいスピーカーユニットを入手することは難しく、メーカーは
最後の聖域、カーオーディオで、数万円するユニットを売っています。思えば
密集した都市で、スピーカーを能力いっぱいの大音量で鳴らせるのは自動車だけ
になったということもあります。

なお、CDについてはもともと44KHzのサンプリングと20-20KHzのレンジは
どうやっても両立しないものです。オーバーサンプリングしても、あるいは
ΔΣにしても、もともと無いデータからノイズを作り出すために工夫している
ようなもので、あるいはあっさり捨ててしまったほうがいいのかもしれません。

というのは、もともとCDを作る側のハードには、どうも20KHzよりかなり
下で、おそらく18KHzあたりで実質切れているものが殆どのようなんです。

おそらく当初、再生側に次数の少ないフィルターが実装されることを念頭
において、ソース側も最初から18KHzあたりが実質の天井に設定されている
可能性大です。そもそも、ライブなどはCDのダイナミックレンジを越えます
から、ソースのレンジもダイナミックレンジも最初から圧縮されていることが
前提と考えるべきだと思います。

FUSHIKIZ

No.15239 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? スリーダイヤ [Windows/XP] 10/26(金) 07:01
>メーカーは最後の聖域、カーオーディオで

今やそのクルマも離れ行く人が少なくありませんので、オーディオ装置のうちのスピーカー部分もかつてのアナログターンテーブルのように枯れて行ってしまいそうな危惧を持っています。

今は
・入口は80年代アナログターンテーブル。カートリッジは枯渇した市場の中で選別されきって残っている
・10数年後には素子交換等の重メンテが必ず必要なアンプは、ウン10万のメーカー品に誘惑されず、パーツ数が少なく比較的自分で手に負いやすい球とデジアンを勉強中
・出口のSPはもともとバブル市場の無かった単体ユニット供給メーカー品にて、これまた自作。最近の木工加工はNC工作にて複雑形状が0.2mm精度でカット出来、学生時代に電動丸鋸で製作した際の精度・仕上がりと大違い

壊れたらどうするか、を考えると音はソコソコでも安いペラペラ品を4〜5年で買い換え続けるのもマニア心的に満たされぬので、上のような感じになりつつあります。

210.199.211.248


No.15240 RE:ボーズ101MMは日本発の企画? nobody [Windows/XP] 10/26(金) 07:41
No.14379でも少し書いたのですが、

>それでも、『JR』マーク入りの箱スピーカより断然聞き取りやすいですが。

昨日新宿駅で観察してきたのですが、中央緩行・山手線ホーム(16〜13番)は
旧来のBOSE 101HIが使われていて、新しくなった中央快速線(7〜12番)では
メーカ不詳の箱型スピーカが使われています。

この2つを聞き比べてみると、もう誰でもわかるぐらい明瞭さに差があります。

>現在も結構残っていますが、スピーカの寿命か?アンプがだめなのか、だいぶ
>歪んだ音を出しています。。。

どこの鉄道駅でもそうなのですが、実際に駅で使っているうちに当初の設計
値をだいぶうわまわる出力で使われるようになっていってしまっています。
放送していない時の駅ホームの騒音もかなり高いレベルにあって、そこで
放送を聞けるようにするとなると、どうしてもかなり高いレベルになって
しまいます。

なので、よく注意して聞いていると、どこの鉄道駅で聞いてみても出力過大
で歪んだ音になっています。その中でもBOSE 101HIを使ってる駅は、肉声が
とても自然に聞こえるので、一日の長があると思います。

No.21211 ボーズM3再発売 なっくん [p:Windows/7:IE/8.0] 06/14(月) 23:05
なんだか懐かしい気がします。

2009年に少量(再)発売された後ずっと品切れになっっていたボーズM3ですが、

なんと600台がふたたび販売されることになったようです。
(しかも6月17日に)

こちら
こちら

あれからPCオーディオ界?ではUSB DACのブームがあったり、iPodデジタル出力とか、DSDディスクとか、いくつか状況の変化もありました。

今回も(あらためて値段をみると)相変わらず高額な印象ですが、希少な価値もあるので前回同様すぐに売り切れるのでしょうね。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.21208 FTTHの話(6/12雑記) jerrybird [m:Windows/NT:FireFox/3.6] 06/12(土) 15:32
孫さんの主張は、「光100%にしてメタル全廃すれば、お釣りが来る」→ こちら
という話なんですが、試算データを真に受けて良いならば、
かなりスジの良さそうな話に見えます。

#局給電できないというのが唯一最大の問題かなぁ?

No.21209 RE:FTTHの話(6/12雑記) YASU [u:Windows/Vista:IE/8.0] 06/12(土) 15:56
孫さんがメタル全廃を訴えるのには「お荷物のYahooBBやめられる」なんて理由があったりして...
さらに、提示された数字も現行分は根拠があるとしても整備後の数字の根拠はあるんでしょうかね?
過去の例から考えると、いい加減な数字じゃないかと疑ってしまうのはしょうがないでしょう。

em114-48-23-152.pool.e-mobile.ne.jp


No.21210 RE:FTTHの話(6/12雑記) ほりこし [M:Windows/Vista:IE/8.0] 06/12(土) 21:38
孫さんと民主党は、どちらもやるやる詐欺みたいなものですね。
孫さんは自力で光のサービスが出来ないので、何とか国にやらせたいのでしょう。
800MHz帯再編独自案と同じく、技術的裏付けも何もない単なる夢だと思います。

それこそ事故や災害でファイバーが切れたら、ねじって接続というわけにはいかないですからね。
中継器のコストや発熱対策、電力効率なども全く考慮してないと思います。

そもそもiPhoneがあれば光は要らない、ADSL程度で十分だと言ったのは孫さんですから。

ページ指定:01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12