すべて表示


[ホームページ][使い方説明][ツリー表示]

1ページに最大10件のツリーを表示します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
javaを理解してくれないブラウザ、海外からは書き込みできない可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
宣伝書き込み防止のためURIは不定期に変更します
↓次の記事の先頭へ↓

No.18429 デジタル一眼(レフじゃない) 中村 [Linux/i686;] 09/12(金) 19:24
こちら

が発表されました。
イメージがあるからデジタル一眼と名乗るらしいですね。
デジタルでレンズが一つなら全てのコンパクトがそうなのだが。

一眼レフ側から見ると、大きな違いはEVF ですよね。
EVF が使いものになるなら、こっちが主流になるのでは?
ミラーが光学系の設計の邪魔をしたり一眼レフって余り賢いシステムではないですよね。

逆にコンパクトやレンジファインダー路線から見ると、
センサーが大きいのはメリットですが、
わざわざレンズ交換式にする必要があるのでしょうかね?
このくらい大きいセンサーでコンパクトなカメラって、
売れる気がするのですが。(シグマのDP1みたいな機種)


No.18430 RE:デジタル一眼(レフじゃない) ほりこし [Windows/XP] 09/12(金) 19:35
進化が遅くて価格の高いレンズ、毎年のように進化するディジタル撮像カメラで価格も下がってくるものの組み合わせなので、バラの方が買いやすい面はあるでしょう。
最初は付属(推奨?)の安いレンズ、でもやがて満足できなくなって高いレンズを買うみたいな感じで。

TTLというか、撮像素子に表示素子を付ければそれでTTLな訳ですが、撮像素子を通電しっぱなしで使うとCMOSとは言っても発熱するのでS/Nが悪くなりますよね。
それとフォーカシングの問題もあるのでどちらが良いのかという話でしょう。
フォーカス用の素子をメイン撮像素子に並べて配置できるような仕組みが作れれば便利だとは思います。

No.18438 RE:デジタル一眼(レフじゃない) COLE [Windows/XP] 09/13(土) 17:49
> TTLというか、撮像素子に表示素子を付ければそれでTTLな訳ですが、撮像素子を通電しっぱなしで使うとCMOSとは言っても発熱するのでS/Nが悪くなりますよね。
> それとフォーカシングの問題もあるのでどちらが良いのかという話でしょう。
> フォーカス用の素子をメイン撮像素子に並べて配置できるような仕組みが作れれば便利だとは思います。

今のところソニーのα300,350が一番それに近そうですね。
並べて、ではないですが、撮影用とは別の素子でEVFと露出制御をまかなっていて。
これに顔検出をつけて顔に露出を合わせるのもソニーのコンパクトデジカメを見ているとすぐ出来そう。

> このくらい大きいセンサーでコンパクトなカメラって、
> 売れる気がするのですが。(シグマのDP1みたいな機種)

私もそういう機種なら、少なくともパナの昨日出た奴より興味あるのですが、
DP1って売れてますかね。パナみたいな有名どころが出せば売れるんですかね。

No.18454 RE:デジタル一眼(レフじゃない) 中村 [Linux/i686;] 09/15(月) 16:32
> > このくらい大きいセンサーでコンパクトなカメラって、
> > 売れる気がするのですが。(シグマのDP1みたいな機種)
>
> 私もそういう機種なら、少なくともパナの昨日出た奴より興味あるのですが、
> DP1って売れてますかね。パナみたいな有名どころが出せば売れるんですかね。

似たようなコンセプトの Richo のカメラは売れてるみたいですから、
宣伝次第じゃないでしょうか?
大きなセンサーを使ったら少なくとも画質は上がるでしょうから、
Richo の GR-D の画質にがっかりした人達は買うと思います。

銀塩の頃はどんなカメラも同じ撮像素子(フィルム)を使っていたので、
いいレンズさえついていればコンパクトでも非常にきれいな
写真が撮れたのですがね。
一眼レフでないカメラで仕事されていた方も多かったと思います。

No.18458 RE:デジタル一眼(レフじゃない) FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/15(月) 23:18
??????????

良く分かりませんが、このカメラはセンサーがあって、ファインダーは
光学的にはつながってなくて、別にEVFがあるんですよね。

ということは、ウチにある(貰いものの)ミノルタディマージュと
おんなじかな。

一眼レフのレフは反射板があるレフレックスの意味だから、やっぱり
変かな。

それとも私が間違っているんでしょうか?????

これは一眼レフじゃないですね。
まあ、写るのが見えるというなら、過去多くのEVFがついた高級機は
みんなデジタル一眼????

個人的にはミラーはだいきらいですけど。

FUSHIKIZ

No.18465 RE:デジタル一眼(レフじゃない) COLE [Windows/XP] 09/16(火) 14:29
中村さん

> 似たようなコンセプトの Richo のカメラは売れてるみたいですから、
> 宣伝次第じゃないでしょうか?

そうですね。DP1の売れ具合はDP1固有の理由(ブランド名、受光素子の個性)のようですね。

> 銀塩の頃はどんなカメラも同じ撮像素子(フィルム)を使っていたので、
> いいレンズさえついていればコンパクトでも非常にきれいな
> 写真が撮れたのですがね。

銀塩でもフィルムによる違いもありはしましたが(笑)
コンパクトカメラで撮ってフィルムスキャナーで読み込んだ画像って、下手なデジタル一眼より綺麗ですね。

FUSHIKIZさん

> ということは、ウチにある(貰いものの)ミノルタディマージュと
> おんなじかな。

ディマージュはレンズ交換出来ませんよね。その点以外同じだと思います。

> これは一眼レフじゃないですね。

ええ、ですからここの題名も「一眼(レフじゃない)」です。

> まあ、写るのが見えるというなら、過去多くのEVFがついた高級機は
> みんなデジタル一眼????

はい、そう思います。

レンズ交換が出来るディマージュだと思えば、
・一眼レフと違ってミラーがアップしないので、バックフォーカスの自由度がある。
・受光素子、画像処理の進歩は速いけれどレンズの進歩は速くないので、いいレンズを買って本体だけ買い換えれば無駄がない。
というメリットはあります。
今のところのデメリットはほりこしさんも書かれた撮像素子を通電しっぱなしで使うことによる発熱でしょう。

メリット・デメリットよりも、マーケティングのしやすさ、売れやすさが大事なのでしょう。
個人的には、今のデジカメには画素数よりもS/N比に不満があります。
「画素数増やすくらいならS/N比上げろよ」って思っても、画素数の多い方が売れますからね。

No.18531 RE:デジタル一眼(レフじゃない) COLE [Windows/XP] 09/25(木) 10:29
Photokinaで、いかにもレンズ交換可能なコンデジ、という感じのモックアップも出てきて面白くなりそうですね。

ところでちょっと違う話題で便乗質問ですが、デジカメの感度は撮影時に変更できますが、具体的にはどの部分でやっているのでしょうか?
受光素子からのA/D変換の部分で、どのレベルの信号をデジタルのどの符号に割り振るか、という部分でしょうか?
それともA/D変換後の演算、例えば現像ソフトに渡すときに「これはISOなんぼで撮った写真」という情報を渡しているだけでしょうか?

ISO200を露出補正+1で撮った写真と、ISO100との明るい部分の飛び具合を比べると、A/D変換の部分かな?と思うのですが、仕組みを御存知の方、教えてください。

No.18532 RE:デジタル一眼(レフじゃない) ななしぃ [Windows/Vista] 09/25(木) 13:40
>デジカメの感度は撮影時に変更できますが、具体的にはどの部分でやっているのでしょうか?

旧世代のCCDの場合、素子から読み出す部分の(アナログ)アンプの増幅率を変えているのでは無いでしょうか?
CMOSは仕組みが異なる様ですが

No.18535 RE:デジタル一眼(レフじゃない) COLE [Windows/XP] 09/26(金) 17:01
ななしぃさん、ありがとうございます。
MDデッキにアナログ音源から録音するときの音量調整みたいな感じでしょうかね。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18518 上手なこじり方 [Windows/XP] 09/22(月) 21:41
昔のMDラジカセのリモコンが機能しなくなって、デジカメで撮影して
確かめたところ、赤外線LEDがボタンを押さなくて光りっぱなしになっている
という問題であることがわかりました。

ここまではいいのですが、このリモコンを開けて直そうと思ったところ、なか
なか上手く行きません。ネジを使わず、はめ込んであるタイプなので、こじって
開けようとするのですが、さっぱりです。

過去に類似のものを開けようとするときには、爪楊枝を何本か用意して、空いた
ところから差し込んで行って、全体に浮かせるようにして開けるやり方(我流)
なのですが、こいつはピッタリはめ込んであるせいか、それも上手く行きません。

もともとメーカーでこういう製品を開けるときって、何か専用の治具みたいな
ものがあるんでしょうか? 製品ごとにこじる場所のツボのようなところがあって、
そこに力をいれれば嘘のように簡単に開くとか・・・?

前記のやり方であると、無事に開けられたあとでも傷は結構残ってしまうので、
正しいやり方だとどうなるのか知りたいです。

No.18521 RE:上手なこじり方 ほりこし [Windows/XP] 09/22(月) 22:29
まず分解可能な構造か否かですね。
小型品や肉厚の薄いプラスチックの場合は爪で勘合させると強度が出ないので超音波などで(発熱させて)くっつけているものもあります。
これがかなり強力にくっついているので壊す以外に分解が出来ません。

それほど薄くないものでピッタリくっついているものは、よじる事によって爪が外れるものもあります。
ただし材質によっては割れます。

リモコン程度のものだと修理するケースは皆無と言っていいと思いますので、分解時のことなど考えていないかも知れません。

No.18522 RE:上手なこじり方 むなかた [Windows/XP] 09/23(火) 00:00
これですかね。ハンズとかにありますよ。

こちら

u521111.neas2.ne2.yokohama.mopera.net


No.18523 RE:上手なこじり方 FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/23(火) 01:29
どっかにネジがかくれていないですかね。

もうひとつは電池ケースのふたを開いたところから内部のつめの
具合がのぞけませんか。

FUSHIKIZ

No.18524 RE:上手なこじり方 [Windows/XP] 09/23(火) 11:35
ほりこしさん
>超音波などで(発熱させて)くっつけているものもあります
接着してある可能性があることは考えてませんでした。今回の場合は
力を掛けると微妙に浮きはしますが、もしかするとそれで駄目なのか
もしれません。

むなかたさん
>これですかね。
その道具の存在は知っていました。ただ、開けるのが前提の腕時計の
裏蓋と違って、家電のプラスチックのはめ込み式のは、単に力の入れ
方のコツだけではなくて、全方向同時に力を入れる(としか上手く表
現できなくてすみませんが)必要があるじゃないですか? それがど
うも上手くいかなくて・・・。

FUSHIKIZさん
>どっかにネジがかくれていないですかね。
電池ボックス内のネジなどもかなりじっくり探したので、おそらく見落
としはないと思います。電池ボックスから外す爪があるかどうかについ
ては調べていないのでやってみます。

まあ壊れてもともとなので駄目ならプラカッターで切るなり、割るなり
して分解してみたいとは思います。
お答えを下さった方ありがとうございます。

No.18525 RE:上手なこじり方 kaz3 [Windows/2000] 09/23(火) 13:13
リモコンを作っていた立場から。

とりあえず、普通のツメだと簡単に外れるので、ネジを併用します。

ネジを使わない場合は、はめたら簡単に外れないように勘合の強力なツメにします。
内部構造を把握しないで外すと、一部のツメか受けを壊すことになります。
1,2カ所壊してもなんとか使えると思いますので、思い切ってひねるか、
スクレーパみたいな薄い金属で隙間を開いて下さい。

溶着しているモノはひねると一部が剥がれるので、そこから隙間を開いてみて下さい。

何にしても、スペアのリモコンを用意するか、学習リモコンでバックアップする等の
準備をしておかないと、破壊して使えなくなる可能性があります。

hdofa-02p3-163.ppp11.odn.ad.jp


No.18526 RE:上手なこじり方 ACBI [Windows/XP] 09/23(火) 19:38
栗さん>

結構売れたモデルなら、HARD OFFにリモコンだけ売ってることがありますよ。莫大な在庫がありますので、探し出すのは結構大変ですが。

u083087.ppp.dion.ne.jp


No.18527 RE:上手なこじり方 agp [Windows/XP] 09/23(火) 20:11
筐体をとめるビス、電池カバー等を外した後に雑巾を絞る感じで本体をネジる。
力加減に注意。
反対にもネジる。を数度繰り返します。

その後のカバーを外す作業が楽になります。
(リモコン分解の定番おまじないです)

元々の症状と、古い機器って所から分解清掃で一旦は復帰する可能性が高いと想像します。
ダメ元なら分解清掃してみる価値はあると思います。

ntaich213032.aich.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.18528 RE:上手なこじり方 smd [Windows/XP] 09/24(水) 13:52
>(リモコン分解の定番おまじないです)
よく効きますよね。

私は鉄砲串のもち手をノミ状に斜めにカットして使ってます。
 マイナスドライバーは、機器を割ったり削ったり 指刺したりしますよ。

接着の場合は、接着されていない所(赤外線のレンズ廻り等)からこじ入れます。
 重なった糊代部分で、内側と外側がわかれば大丈夫だと思います。
  糊代部分が内外ではなく、凸凹の場合は難しいですが・・・。
爪の場合、表面の”ひけ”や艶の違いで ある程度場所が特定できます。
 ・・・高価な機器ほど判らなくなりますけど。

No.18530 RE:上手なこじり方 FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/25(木) 08:12
>上手なこじり方

私だったら電池フタのところから押しますね。

理由は

1)内部から押せるのは唯一ここ。この部分には部品が無いので、少々手荒に扱っても部品を
突き刺したりしない


2)この部分でモナカを少しわり、ツメや接着の具合から他の部分の接着やツメの具合を推測する。あるいは隙間から中身をのぞく。

3)接着されているリモコンはいわば卵。工学的には応力外皮構造とよばれて強いものです。
しかし、内部と外部から協力して割れば道はひらけるでしょう。

中国の古いことわざに”?啄同時(そつたくどうじ) ”というのがあります。

このことわざは実際にはウソだという説もあります。

FUSHIKIZ


No.18533 RE:上手なこじり方     [Windows/XP] 09/25(木) 19:53
碎啄同時 またとない絶好(ぜっこう)のチャンス。両者の気持ちがぴったり合うタイミング。

201.237.138.210.bf.2iij.net


No.18534 RE:上手なこじり方 スリーダイヤ [Windows/XP] 09/26(金) 16:56
背面の銘板シール裏に1本の隠しネジは有りがちなパターンですね。
シールを爪先等でしごくと、ネジ穴の存在が分かります。

そして爪を筐体隙間に入れて開腹も常套。
そして毎度深爪になるのです、、。
少し隙間が開けられたら、使用済みテレカを差し込むのが良いですね。

210.199.211.248


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18457 水素自動車 昼行灯 [Windows/XP] 09/15(月) 23:07
 水素を燃料とした自動車は「環境に優しい」ということで、各分野で開発が進んでいるようですね。
 しかし、ガスを生業としている者からすると、「水素」ほど恐ろしいガスはないです。火炎は見えない、どこからでも漏洩する、金属を脆化させる、etc・・・・・。
 とりわけ、自動車の燃料に水素を使うのであれば、「水素脆化」という問題は解決してほしいです。現在はまだ解決できていません(水素脆化に耐えうる金属材料がない)ので、この状況で水素を燃料とした自動車が公道を走るというのは、考えたくもありません。

 「水素」というとクリーンなイメージが先行して、影の部分が全く表に出ていませんので、あえて書き込みました。

 掲示板を汚してしまい、すみません。

i125-205-208-20.s10.a024.ap.plala.or.jp


No.18460 RE:水素自動車 ほりこし [Windows/XP] 09/16(火) 00:03
確かに水素で金属は壊れてしまいますね。
欧州の実験車などでは樹脂タンクが主流のようですが、この場合はどうなのでしょう。
金属より漏洩量は増えそうですが。

No.18461 RE:水素自動車 MA [Windows/XP] 09/16(火) 05:32
>この状況で水素を燃料とした自動車が公道を走るというのは、考えたくもありません。

私も同感です。タンクはもとより、配管やその先につながっている噴射装置などの信頼性を考えると、水素で走る自動車が多数走り回るまでの道のりはかなりあると思います。

No.18466 RE:水素自動車 b51 http://b-51.hp.infoseek.co.jp/ [Windows/XP] 09/16(火) 15:37
水素は結局自動車の主燃料になることは無いんじゃないかと思います。

材料工学は「枯れた」技術に近いので、水素脆化を解決するにはかなり大きなブレークスルーが必要ではないでしょうか。
さらに、それを克服したとしても、高圧タンクや液体タンクでは極端な冷却でもしない限り、漏れや事故での破損で大爆発の危険がありますしね。
水素吸着が高分子ポリマーとかで実現できると、大きな飛躍になるかもしれませんけど。

まあ、水素は軽いから漏れてもすぐに発散してしまって問題ないという方も居ますが、キャビンやらトンネルやらにこもったら結局危険ですし。

やっぱり、移動機械の原動力は(走行距離が有る程度以上あるものは)液体燃料に落ち着くんじゃないですかね。
まあ、高速道路では電磁誘導方式の比接触給電+それ以外はバッテリー走行ってのでもいいのかもしれませんけど、トラックなどはやっぱり厳しいでしょうし。
電力を使って液体燃料を合成をするなんてことも出来ますから、石油枯渇or温暖化ガス対策も(十分な電力さえあるのなら)可能では有りますしね。

No.18472 RE:水素自動車 ほりこし [Windows/XP] 09/17(水) 11:11
マツダの水素ロータリも室内ベンチレーションなどには相当気を遣っているようですね。
一方でタンク破損時などの安全性に関しては、大気中に急速に拡散するので引火したとしても大きな事故にはならないと言っていたような気がします。
まあ積載量にもよるのでしょうが、大丈夫なのかなぁ。

No.18474 RE:水素自動車 でんでろ [Windows/XP] 09/17(水) 16:43
水素はガソリンと比べると空燃比がキビシイんで、広範囲に爆発できるだけの環境を作るのは難しいかと。
ベースが気体なんでちょっとした燃焼や爆発でも、自分で環境を壊してしまいますし。
その点ガソリンは液体から気化してちょうど良い空燃比になった所で燃え続けるってのでずっとタチが悪いです。

q027106.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.18475 RE:水素自動車 B51 http://b-51.hp.infoseek.co.jp/ [Windows/XP] 09/17(水) 18:09
>水素はガソリンと比べると空燃比がキビシイんで、広範囲に爆発できるだけの環境を作るのは難しいかと

そんなものですかね〜
ヒンデンブルク号の事故(もっとも、最近では水素ガスの爆発と言うよりは、外皮の方が火災の原因だとする説が有力みたいですけど)なんかを見ると、水素にはどうも危険な香りを感じてしまいますけどね。

ちなみに、水素エンジンや燃料電池全盛になると、今度は水蒸気が温室効果ガスとして問題になったりして・・・
他にも、冬季など東京での大雪を引き起こしたりなんてこともあるかもしれませんね。

もっとも、個人的には安全性を抜きにしても、やっぱり扱いにくさ天下一品の水素の普及は難しいんじゃないかと思ってしまいますけどね。

No.18508 RE:水素自動車 ぼす [Windows/XP] 09/20(土) 14:24
水を放出しながら走ると、それが原因で冬季は路面が
凍結したりしないんでしょうか?

pl691.nas921.p-fukuoka.nttpc.ne.jp


No.18509 RE:水素自動車 ichigo [Windows/XP] 09/20(土) 15:23
内燃機関で燃料を燃やしても水は出るので温室効果には影響ないでしょう。たしかに寒冷地で路面に液体の水をダラダラ流されるのは具合がよくないかもしれませんが。

しかし夏には打ち水効果が出て、いいんではないでしょうか。

No.18515 RE:水素自動車 JerryFoo [Windows/XP] 09/22(月) 14:33
水素自動車に関連してマユツバ系の記事を見つけたので
リンクはっときます。

#NoX問題を水噴射で解決???
こちら

#水を触媒で分解して燃やす???
こちら

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18371 海外でビデオダビング とおやま [Windows/2000] 09/03(水) 06:07
ヨーロッパ在住です。
こちら
なるサムスンのワールドワイドVCRデッキを、日本で買って、ヨーロッパに持ち込んで使っています。デジタルビデオカメラでヨーロッパを色々撮って、それをこのデッキにてVCRテープにダビングして、日本に送っていました。

しかし、デジタルビデオが壊れてしまったので、こちらヨーロッパにて以下のPAL方式のモデルのデジタルビデオカメラを買いました。
こちら

するとVCRテープにうまくダビングできなくなってしまいました。

ビデオデッキ側のINPUT OUTPUTを、色々とNTSCやPALとかにしても、画面がずれていたり、毎秒のようにノイズが入ったり、ダビング後のテープをPAL出力で見ても白黒になっていたりと、どうにもうまくいきません。

あきらめたほうがよいでしょうか??

No.18375 RE:海外でビデオダビング ichigo [Windows/XP] 09/04(木) 07:13
こんにちは

録画したテープは確実にNTSCで記録されているでしょうか?そしてそれを再生している時、ビデオデッキの出力はNTSCかつテレビのほうもNTSCを再生しているでしょうか。NTSC専用のビデオデッキとテレビの組み合わせでチェックできるといいのですが。

というのも、このデッキは違うのでしょうが、ヨーロッパのほとんどのPAL/SECAMデッキにはNTSC再生機能が備わっており、これが特殊なPAL信号としてPALテレビで再生されるらしいのです。しかしこれがとても不安定。そしてほとんどのPAL/SECAMテレビにはNTSC入力で再生できるのですが、これも微妙なところがあります。私のPALデッキ+PALテレビでは日本からのNTSCカセットで同期不良、周期的な画面の乱れなどがありました。このテレビに日本から持ってきたNTSC機器をつなぐと輝度の変化とか色信号を認識してくれませんでした(PS2だけがちゃんと映りました)。

私もとったビデオを日本に送るのに信号変換で躓きましたが、いまはみんなPCを経由してPC(Windows media player)で見ることができるもの、あるいはDVD-VIDEOにしています。お使いのビデオカムにはPCにつなぐデジタル端子がありますよね。

No.18387 RE:海外でビデオダビング とおやま [Windows/2000] 09/05(金) 21:05
ありがとうございます!
おっしゃるとおり、ヨーロッパで買ったDVをこのデッキにつなげると、入力信号がPALになったりならなかったりするので、非常に不安定なのです。たぶんちゃんとNTSCになっていないと思います。

前回は、デッキもDVも日本で買ったので、その変の相性はなかったのですね。
これはもう回避することはできませんよね?
デジタル機器って以外にアナログですね
いまDVをつなげるPCはありませんが、購入を考えて見ます。
ichigoさん、ありがとうございました。

No.18388 RE:海外でビデオダビング nobody [Windows/XP] 09/05(金) 22:05
>デジタル機器って以外にアナログですね

PALとNTSCの場合はフレーム数がそもそも違いますからね。今はだいぶデジタルで
上手く補完するようになりましたが、それでもフレーム数の問題はこういう場面
ではいかんともしがたい部分があると思います。

No.18391 RE:海外でビデオダビング よこお [MacOS/PowerPC] 09/06(土) 12:08
DV カメラの方に、PAL で外部出力するか、NTSC で外部出力するかを選択するメニューはありませんか?(日本のモデルにはたいていある)

いままで、NTSC 出力でうまくいっていた、とのことですから、カメラに明示的に NTSC で出力するように指示してやったら良いのかな、と思いまして。

No.18392 RE:海外でビデオダビング とおやま [Windows/2000] 09/06(土) 17:42
>DV カメラの方に、PAL で外部出力するか、
見てみましたが、残念ながらないようです・・・
もっと高級DVモデルならあるのかもしれませんが、DVの画質などどれを買ってもさほど変わらないと思ったので、大手メーカーで一番安いモデルで、型落ちのを買ったしだいです

No.18455 RE:海外でビデオダビング elcaminoreal [Windows/XP] 09/15(月) 18:05
#日本にビデオを楽しみにされているご家族がいるのでしょうか・・・?

PAL/NTSC変換に関してですが、nobodyさんご指摘の通り「いかんともしがたい」モノ
ですので、いかんともしがたい事情がない限り「変換しない」がお勧めです。

具体的には、NTSCに変換した後のものを「保存する(コピーする)」とは欲張らずに、
ダビングはPALのまま行い、再生直前にNTSCにするのがよいでしょう。

具体的には、
1)サムスンのVCRを「視聴用」として日本に送り戻す
ダビング用のVCRは現地調達し、PAL→PALで変換せずにダビングする
あるいは、
2)IEEE1394+編集ソフトのセットを調達し、PALのままDVDに焼く
 日本ではPAL/NTSC変換再生対応のDVDプレイヤを調達してもらう
あたりがお勧めです。

IEEE1394+編集ソフトのセットは、日本で買うと\3,000程度。
海外で調達しても余り変わらないでしょう。PAL/NTSC変換再生対応の
DVDプレイヤも\10,000はしないと思います。

No.18456 RE:海外でビデオダビング elcaminoreal [Windows/XP] 09/15(月) 18:46
>デジタル機器って以外にアナログですね

アナログ時代って、情報源符号化(記録方式)と伝送路符号化(放送方式)が
渾然一体となっていて、混沌とした世界でした。NTSCベースのEDTVとかATVとか、
PALplusとか、もう何とかしてほしかったですね。

#毎週のように出張があって、忙しくとも楽しくともありましたが。

それがディジタルになって、情報源符号化は世界的にMPEGに統一されたかと
思ったのも束の間、(ts descriptor に方言があるのなんて些細な問題で)
今は各々DRMのcompliance ruleとの戦いです。

つまらない世界になりました。

No.18459 RE:海外でビデオダビング FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/15(月) 23:30
ちょっとこわいのは、デジタルなコピーストラテジーが未来にどうなるか、
ですよね。

たとえば、昔の8mmや16mmのフイルムは上演できる。しかも100年持つ
ことが確認されている。

その後はVHSですか、これは現役。しかし8mmビデオはあやしい、という
具合ですが、今後はこれにデジタルなコピーストラテジーが加わって
くると、おそらく昔のデータは読めなくなるんじゃないかな。おそらく
素なデータだけじゃないかなあ。

したがって、単なるメディアと再生ハードだけの問題ではなくなりますね。
おそらく、今一番安全なのは、素なMPEG2(一番古い規格)にして、
CD-Rに焼く事かなあ。しかし、手元のCD-R、読めなくなったものがあるし。

ということは、最低記念撮影はやはり銀塩(白黒)に焼いて置くのが
安全なのでしょうか。おそらくインクジェットはメーカーは100年
持つといっても、本当に100年たってみないとわかりませんし。

FUSHIKIZ

No.18464 RE:海外でビデオダビング ななしぃ [Windows/Vista] 09/16(火) 13:35
今は知りませんが、昔アンギオのDIOCMデータをCD-Rに焼いて保管していました。
「アレ多分、相当数読めなくなってるんだろうな…」とか思っています。
何処から湧いたのか、当時から有名な「Princo」なんてのもちらほら。

運用は知らないので、「xx年保管必須」なのかは知りませんので、ひょっとしたらそれで良いのかもしれませんが…

そこは銀塩XRayフィルムは辞めてしまった様ですが、30年前のフィルムとかちゃんと残ってましたね。ただ、デジタイズしてしまった様なので、フィルムが廃棄されてしまっていたら、もう消えてしまっているかもしれません。


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18209 AMとFM iii [Windows/Vista] 08/16(土) 13:33
ご存知の方がいらしたらアドバイスをいただければと思います。

無線通信を行う際には一定の帯域が必要だと思います。
FMなら周波数を変えることで信号を送るので、その周波数の高周波から低周波までの変化分が帯域となるのはわかります。

問題はAMでAMは一つの周波数の強弱を変えて信号を送ります。
だとすれば帯域はとても少なくていいように思います。

ただ現実にはAMにもガードバンド以外に一定の帯域が必要なようで、なぜ必要なのか感覚的に理解できません。
AMでも実は周波数が変わっているのでしょうか??

softbank219049180081.bbtec.net


No.18210 RE:AMとFM ほりこし [Windows/2000] 08/16(土) 14:06
確かにAM=振幅変調なのですが、音の強弱と共に周波数成分も送らないといけませんから帯域は必要になります。
変調は搬送波と信号波をかけ算している(これだとDSBになるのですが)ので、信号波の周波数成分が搬送波の周波数として、信号波の振幅成分が搬送波の振幅として情報化されることになります。

No.18212 RE:AMとFM Kazuna [Windows/XP] 08/16(土) 19:32
 
AM変調の波形は、搬送波(キャリア信号)の両サイドに側波帯として信号が乗ります。
送信信号を作ってしまえば、搬送波は不要だったりするので抑圧搬送波両側波帯DSBや、
搬送波だけでなく側波帯は1つでも良いことから抑圧搬送波単側波帯SSBなどもあります。

AM : ∩|∩
DSB: ∩ ∩
SSB: ∩   (LSB)
SSB:   ∩ (USB)

難解かも知れませんが、詳しくは こちら など
 

No.18400 RE:AMとFM iii [MAC_OS/iPhone] 09/08(月) 21:15
周波数成分を波の強弱に変えて送っているのがAMだと思っていました。
ほりこしさんの回答は教科書にものっておりその通りなのだと思います。

ただ気になるのは、AMでも周波数成分を送っているとなると、AMとFMの違いがますます解らなくなります。

FMは情報を搬送波の周波数を変化させることで送っており、AMはFMの周波数の変化にプラス出力の強弱も追加した伝送方式と考えられます。

ではなぜFMとAMではAMの方がノイズに弱いのでしょうか?

pw126254000201.14.tik.panda-world.ne.jp


No.18401 RE:AMとFM f [DoCoMo/SO905i] 09/08(月) 21:43
電気信号(電波含む)に何らかの情報を乗せて送ろうとすると、
ある程度の帯域を必要とします。

直感的な説明は難しいので、(丸投げ的で申し訳ないのですが)
Wikipediaなんかで「振幅変調」「周波数変調」と検索すると、
理論式で各方式の帯域について説明してあります。

proxy2104.docomo.ne.jp


No.18402 RE:AMとFM YASU [Windows/XP] 09/08(月) 21:53
波の強弱を変えて送ってますよ。
強弱が変わるって事は搬送波の正弦波が歪みその結果、側波帯が生じるって感じかな?
AMとFMの差ですが
400kHzの搬送波を3kHzの音声信号で変調かける場合
AM
 音声信号の周波数成分は搬送波から側波帯の周波数の差分として現れます。
 397kHzと403kHzに側波帯として信号がのるということです。
 音声信号の強弱は即波帯の信号の強弱に現れます。
FM
 音声信号の周波数成分は搬送波の周波数の変動周期として現れます。
 周波数の変動周期が3kHzとなるって普通の人には理解しにくいかな?
 音声信号の強弱は周波数の偏移(どのぐらい周波数が変わるか)に現れます。

FMの方がノイズに強いというのは以下の理由によるものです
 ノイズ成分はAM成分である
 AM成分はFM復調時に出力されない
 飽和増幅でAM成分は均一化されてから復調器にかけられる

zh073177.ppp.dion.ne.jp


No.18403 RE:AMとFM f [DoCoMo/SO905i] 09/08(月) 21:54
Kazunaさんの書き込みで、Wikipediaへのリンクがありましたね。
どうも失礼しました・・・


なお、AMがノイズに弱い(というかFMがノイズに強い)の理由は、
同Wikipediaの「周波数変調」のトピックに、(定性的で、若干
乱暴にですが)記載されています。

proxy2118.docomo.ne.jp


No.18404 RE:AMとFM ほりこし [Windows/XP] 09/08(月) 22:20
> AMとFMの違いがますます解らなくなります。
>
確かにそうですね。
振幅変調と言いながら振幅以外の成分も送っている?とも解釈できますね。
モールス信号(搬送波の断続で1と0を表すもの)があります。
搬送波を1MHzだとすると、その1MHzの信号が出ているときと出ていないときで2値の信号を伝達します。
しかし、この場合にも帯域が必要なのです。
何故ならばON-OFFを切り替えるときには、その単位時間あたりの振幅変化量に応じた帯域の広がりがあるからです。
従って0と1の切り替え速度をどんどん速くしていくと、どんどん帯域が広がります。
CDMAなんかはこんな感じですね。
1MHzの搬送波を10KHzでON-OFFすると1MHz±10KHzの所にエネルギが発生します。
ON-OFFとは変調度100%のAMだからです。
CDMAの場合はこの変調信号がランダムな(PNなど)信号なので特定の場所にキャリアが立たずに帯域が広がったように見えるわけです。

なのでAM=振幅変調ではなくAM=振幅成分をキャリアの振幅として送る変調方式だと考えるのが良いでしょう。
FMは振幅成分も周波数変化として、PMは振幅成分を位相変化として送りますので。

ならばAM信号をFM復調すると振幅成分が一定で周波数変化だけを抽出できそうな気がしますが、両側波帯の平均周波数がキャリア周波数になるので復調できません。
しかしインパルス性のノイズなどがフィルタを通過して来たような信号はFM復調されるので、イグニションノイズなどの影響は受けやすくなります。

No.18407 RE:AMとFM Shin−G [Windows/XP] 09/09(火) 00:23
そういえば、昔無線でやったあそびは、とFMとAMの交信で、変調の浅いAMを送信してFM(PM?)で復調するということをやっていましたね。小振幅なら位相変化に見えてFM受信機で復調可能だったと記憶しています。
式でも小振幅の近似で求められたと記憶があります。(無線工学だった忘れましたが何かの講義の演習に出ていた記憶があります)
もう25年以上も前の話ですが。

pppa1349.e10.eacc.dti.ne.jp


No.18410 RE:AMとFM kazz [Windows/2000] 09/09(火) 10:57
超再生受信機だとFMもAMも聞こえますよね。
周波数が不安定なので実用的かと言えばアレですが。

No.18420 RE:AMとFM fxd [Windows/NT] 09/11(木) 21:42
以下は直観的理解のための駄文です。

振幅変調では振幅と同時に周波数も変わります。

頭の中で完全なサイン波の搬送波に振幅変調をかけ始めてみてください。
かけ始めの瞬間、もとの搬送波にくらべて変調波は上なり下なり、どちらかに
ずれます。

この変調がかかり始めた瞬間の時点で、受信側で振幅が変わったのか
送信周波数が変わったのかを判別できるでしょうか。できませんよね。
波がピークを打って折り返すまでは、振幅がどうなるか受信側ではわかりません。

受信側にとってその二つは同じことと理解するしかありません。

すなわち、振幅変調をかけるということは周波数も変動します。

No.18428 RE:AMとFM [Windows/XP] 09/12(金) 18:49
>頭の中で完全なサイン波の搬送波に振幅変調をかけ始めてみてください。
>かけ始めの瞬間、もとの搬送波にくらべて変調波は上なり下なり、どちらかにずれます。

なんとなくわかりました。
いままでは搬送波の山ごとの高さが変わるイメージだったので周波数が変わる理由がわかりませんでしたが、山の途中で変化することを考えるとその時点での周波数は確かに変化しますね。
a(Hz)の搬送波をb(Hz)の信号で変調したときa±b(Hz)の周波数になるというあたりがいまいちつかめませんが(^^;

ppps1600.hakata.bbiq.jp


No.18446 RE:AMとFM YASU [Windows/Vista] 09/13(土) 23:09
>a(Hz)の搬送波をb(Hz)の信号で変調したときa±b(Hz)の周波数になるというあたりがいまいちつかめませんが(^^;
逆に考えてみるといいかも。
aの周波数の信号とa+bの周波数の信号を混ぜると唸り(ビート)が発生しますよね?
その唸りの周波数がbになるって感じです。

音声データ用で周波数は違いますが
こちら
のテスト信号発生ソフト(WaveGene)でAM・FM・PM変調した信号を作成できます。
で、作成したWAVファイルをスペクトラムアナライザ(WaveSpectra)で周波数成分
に分解して解析できますのでこのあたりの理解の助けになるかもしれません。


zh073177.ppp.dion.ne.jp


No.18450 RE:AMとFM Sam_Y [Windows/2000] 09/14(日) 14:07
>逆に考えてみるといいかも。

ものすごく単純に、
cos(a+b) + cos(a-b) = 2 cos a * cos b
右辺が AM変調(搬送波cos b の振幅が 2*cos a で変調)
とすれば 良いのかな?

No.18451 RE:AMとFM すずき [Windows/XP] 09/14(日) 17:50
100%変調の場合を考えます.搬送波の周波数をf1,変調波(でいいのでしょうか)の周波数をf2とします.AM変調の式は,

cos(2・π・f1・t)×(1+cos(2・π・f2・t))

になります.変調波の波高が−1の時に,丁度,変調で出来た波の振幅が0になるように,
右側のcosには1を加えてあります.

高校の数学によれば,この式は,

cos(2・π・f1・t)+(cos(2・π・(f1+f2)・t)+cos(2・π・(f1−f2)・t))/2

と展開できます.よって,周波数f1搬送波成分と,振幅がその半分の,周波数f1+f2およびf1−f2の,側帯波成分になることがわかります.

というのではダメですか?

u041072.ppp.asahi-net.or.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18394 景気対策? バラマキ? なっくん [Windows/Vista] 09/07(日) 02:00
一国の宰相がまたもや急に辞めたいと言い出し、これに触発されていろいろな(自称?)候補者たちが一斉に動き始めたように感じる昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回のある党の総裁選はちょうど景気後退が明白になった時期でもあり、どの候補も経済運営に関する発言を行っています。また、メディアではそれ以前から「財政再建」路線なのか「景気刺激」路線なのかで候補者を色分けする論調を目にしていました。

さて、今回の後退局面ですが、みなさんはどのような運営がされるべきだとお思いでしょうか?

当方、一応大学でミクロ経済学とマクロ経済学の単位(いちばん初歩のやつだけ)をとりました。が、決して専門家というわけではありませんし、当時の知識もほとんど忘れてしまいました。ましてや、どのような政策運営が現在の状況に最適なのか...皆目見当がつきません。

それに比べて、専門家の意見は一致して「バラマキ財政政策は経済を悪化させる」のように見受けられます。

たとえば、こちら

このような知見が出てくるのはどのような背景があるのでしょうか?
うまい説明を聞いてみたい気がします。

歴史の場合には修正主義などと話題になることがありますが、経済についての知識も修正を迫られているような気がします。

No.18395 RE:景気対策? バラマキ? nobody [Windows/XP] 09/07(日) 08:45
前々からこの掲示板で何度も書いているのですが、ミクロ経済とマクロ経済の
違いは本当に難しくて理解しにくいんですよ。

財政赤字の問題をミクロに見ると、財政収支などを考えることになるのです
が、マクロに長期的に見るとドーマー条件を考えないといけない。
新聞にはプライマリーバランスという言葉は良く出てくるけど、債務対名目GDP比
という言葉はほとんど出てこない。

バラマキをミクロ的に批判するのはとても簡単で、マクロ的に擁護するのはとても
難しいという面があるんじゃないかと思います。


個人的な見解としては、日本は戦後一貫して消費不足の状況が続いていますから、
上手くバラマキをやったり減税したりして、消費を増やす方向に持って行く必要
があると思っています。今般、やっと最低賃金の引き上げがなされましたが、こ
れで消費がどの程度上向くか、興味を持ってみています。

No.18396 RE:景気対策? バラマキ? ほりこし [Windows/2000] 09/07(日) 09:57
バラまきといっても、それが効果的に作用するか否かの違いもあると思います。
その効果自体も、誰にとっての効果なのか、誰の経済状態が改善されるのかとかありますよね。
経済を人の(政府の)チカラで動かそうとするのですから大変です。

No.18397 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/07(日) 21:54
こんばんは
ようやく休みが取れまして国内を放浪しています(笑)

マクロ経済学は直感的、ミクロ的にには受け入れがたい結論を導きだすことが
あります。その最たるものが合成の誤謬ですね。
これの一番よい例は徳川吉宗の経済政策でしょう。
紀州藩時代、彼は、倹約を奨励し、支出を削減する一方、年貢を引き上げたり
新田開発することで収入を増やすことで藩の財政を大きく改善させました。
その結果もあり、将軍になり、当然、彼は紀州でうまく言った政策を
全国規模で行いまう。結果、どうなったか。生産を増やしたり、年貢を引き上
げたことで米の収入量を増やすことに成功しましたが、倹約令のために需要が低下、
米の価格が暴落して、トータルの税収を増やすにはいたらなかったと
思います。

 このように、ミクロでは最適な政策である財政再建がマクロでもよいとは
いえないのです。大事なことは需要と供給のバランスです。なんどか申し上げた
ように、わが国は人口の多い都市部で家が狭すぎ、最低賃金も低すぎます。
これは需要を停滞させる要因になっていると思います。一方、生産性はIT化や
技術革新でどんどんあがっています。需要と供給の差は大きく広がっています。
この差は貿易黒字となっているともいえるわけです。
 これを国が借金してなんとか補った結果、借金が積み上がってしまいました。
短期的には需要を作って有効でも、最終需要ではないため長期的には禍根を残す
ことになると思います。
 個人消費は、最終需要で賃金から発生する限り健全です。ですから最低賃金の
引き上げや、都市部の住環境の改善を行うことが私は理にかなっていると思います。 

 最近、政府も最低賃金や賃金上昇率の低下がマクロ経済にマイナスの影響を
与えていることを認識しているという報道がありました。しかし、企業は
ミクロ的な視点で生き残れないあるいは貯蓄にまわるとして賃金の引き上げには
消極的です。しかし、私にはそう思えないのです。最低賃金レベルでは貯金は
不可能に近く、大部分は消費に回ると思います。これは経済を活性化させます。
金持ちに減税したり、財政出動するより、ずっと効果があると考えています。

em119-72-81-32.pool.e-mobile.ne.jp


No.18398 RE:景気対策? バラマキ? B51 http://b-51.hp.infoseek.co.jp/ [Windows/XP] 09/08(月) 15:45
経済はぜんぜん門外漢なのですが、日本の消費って結局は「先行きの不安」から頭打ちになっているのではないですかね。
まあ、最低賃金レベルなら引き上げれば消費に回るだろうってのはそうなのかもしれませんが、人口割合・経済規模的にいって最低賃金レベルの労働者の消費が多少上向いたところで、経済全体に及ぼす影響はかなり小さいようにも思います。

結局は、一番人口比率の多い「中産階級」が貯めこみから消費に思考を切り替えない限り、根本は変わらないんじゃないでしょうか。

かといって福祉をどんどん強化して北欧型にするのが良いとも思いませんので、具体的にどうすればってのが難しいのは判りますけどね。

例えば、相続税一つをとっても、現金(預金含む)と有価証券の類では税率を変えるとかすれば、財産は預金ではなく有価証券で運用しようと言う方向に働くでしょう。
そういった細かい部分の対策を真剣に考えるべきではないですかね。

少なくとも、箱物行政で一部の業種を潤せば良いってのは、どう考えても一時しのぎでしかないんじゃないかと思います。

No.18405 RE:景気対策? バラマキ? nobody [Windows/XP] 09/08(月) 22:45
以前に同じ話が出ましたし、たぶん証アナさんの方がうまく説明できるので
しょうが、

>例えば、相続税一つをとっても、現金(預金含む)と有価証券の類では
>税率を変えるとかすれば、財産は預金ではなく有価証券で運用しようと
>言う方向に働くでしょう。

有価証券になっても、それが資本に繋がる投資にならなければ、現金預金と
同じです。日本は消費が弱くて一貫してカネ余りなので、みんなが貯蓄を
有価証券にまわすとバブルになるだけです。

No.18406 RE:景気対策? バラマキ? ほりこし [Windows/XP] 09/08(月) 23:59
消費拡大に消費税はマッチしないですよね。
所得税率を上げて、消費税ではなく消費還付にしたらみんなお金を使いそう。

No.18408 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/09(火) 00:25
まだぶらぶら放浪して九州にいます

 nobodyさんもおっしゃっていますが、これも大昔に議論してるんですよね。
GDPは大まかにいって消費と投資と政府支出、さらに純輸出から構成されます。
多くのひとは投資が増えるとGDPが増え、生産性が高まるからいいことだと
思っています。
 ところが、これも合成の誤謬で消費が増えない=賃金が上がらない状況下で
人為的に投資を増やすと生産性をいたく刺激してしまいます。みんなが生産性の
向上がいいと思って投資すると、さらに需給ギャップを広げてしまうので、
価格低下=デフレに悩むことになったり、この差を人為的に埋めるための公共投資が
必要になってしまうわけです。

 また、間接投資(有価証券)に回った場合は企業が資本コストが下がったと
錯覚するので、無謀な投資が増えます。ITバブルのときは怪しげIT機器に
新興市場バブルの時はマネジメント不可能な規模のM&Aに使われることがまま
ありました。これらは結局、一時的にGDPには仮需として寄与しても、消費が弱いので
長期的には維持できないものだったと私は思っています。
 大事なのは最終需要である消費なのです。できるだけ最終需要が増えるような
経済政策を採ることが日本では大事だと思います。

219-096-248-035.jp.fiberbit.net


No.18409 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/09(火) 06:44
>消費拡大に消費税はマッチしないですよね。
所得税率を上げて、消費税ではなく消費還付にしたらみんなお金を使いそう。

いい案だと思います。富裕層はいい顔をしないでしょうけれど(笑)
消費税は逆進性が強いので消費が低迷しますね。
お気づきの方もいるかと思いますが、消費税導入されて税率があがると
GDP成長率は下がりました。日本のように消費が抑制されている経済で
間接税を導入すると経済が低迷してしまいます。
財務省は、これで財政収支が改善するとしていますが、どうでしょうか?
結局、消費が低迷して財政出動をすることになるのではないでしょうか?

もうひとつ上の投稿の補足です。
間接投資で無駄な投資と申し上げましたが、当然まじめな投資もあります。
その場合は直接投資同様になります。生産性上昇⇒需給ギャップが
拡大して経済が低迷してしまうと思います。
結局投資が増えると一時的に需要が高まりますがその結果、生産力が増強
されてしまい消費が低迷状態では、吸収できなくなってしまうのです。
これが、将来に対する不安を招いている問題でもあるです。

219-096-248-035.jp.fiberbit.net


No.18411 RE:景気対策? バラマキ? vip2style [Windows/XP] 09/09(火) 12:13
消費税は逆累進課税ですから、所得が低い人ほど所得に対する税率は高くなる、問題ある税制だと思います。
それに比べて、消費還付を採用するなら、所得の低い人ほど恩恵を与る理屈になりますのでヘリコプター・マネーになり、公共事業一辺倒よりも公平な政策になると思います。
まさに、ウルトラDの難度なので、採用されれば歴史の転機になる政策でしょうね。

No.18412 RE:景気対策? バラマキ? b51 http://b-51.hp.infoseek.co.jp/ [Windows/XP] 09/09(火) 13:46
>nobodyさん・証アナさん

確かに仰るとおりで、相続税云々はちょっと浅はかでしたね。
ただ、だからといってやっぱり箱物行政の方がましってのは、やっぱりどうかと思うんですよね。

前にもちょっと書いたベーシックインカムとかの抜本策も、まじめに検討すべきじゃないかと個人的には思っています。

>消費税は逆進性が強いので消費が低迷しますね

昔、どこかで「毎年1%づつ消費税を上げると宣言すれば、消費はかなり拡大するんじゃないか」って言っている人が居ましたね。
もちろん、本人も半分以上冗談のつもりでしょうし、現実的にはありえないことだと思いますけど、例えば5年後に10%に上げる必要があるのなら、5年間毎年1%づつ上げていった方が良いのかなとは思いました。

No.18413 RE:景気対策? バラマキ? SMS [Windows/2000] 09/09(火) 20:37
ちょっと話がそれるのですが、
どうも国民の日本経済に対する認識には大きな誤解があるように思います。
基本的に日本はまともな国際競争力を失っているということです。
現在、輸出産業が割りに好調なのは今日の異常な円高に依存している部分が大きいですね。
80年代に1ドル100円を割った時代、これからは1ドル90円、80円でも競争力を維持しなければならないと叫ばれていましたが、昨今の100円を割りそうになったぐらいの円高ですら多くの企業は厳しいと悲鳴をあげていました。要するに実質的な国際競争力は20年間まるで向上していないわけです。
労働時間もそうですね。欧米の労働者が定時で退社して、バカンスとっている間も日本のサラリーマンは働き続け、しかもサービス残業という名の無償労働まで行われているというのに国民の平均所得は先進国の並レベルまで落ちている。つまり日本の実質的な労働価値は欧米諸国より格段に低いことになります。
以上から日本は国民が馬車馬のように働くことでようやく先進国の立場を維持しているという実態が浮かび上がってくるのではないでしょうか。
言い方を変えれば、円安による貨幣価値減損分を労働で補填している。この状況を今の若者は肌で感じているんじゃないですかね。
頑張って働いたって国や企業に搾取されるだけだと。

stm16-p92.flets.hi-ho.ne.jp


No.18414 RE:景気対策? バラマキ? nobody [Windows/XP] 09/10(水) 00:23
消費の問題は前川リポートで指摘されていた通りで、その問題を上手く解消
できていないんですよね。

住宅の問題について、個人的には遷都するしか方法がないのかな、と思って
ます。遷都しても東京は引き続き経済の中心になるでしょうが、集中が緩和
して住宅の質が向上するのではないかと。遷都に伴う莫大な公共投資も、需
給不均衡の一時的な緩和になるでしょうし。
#ちょうど兵庫県と大阪府の境にまとまった国有地があるんですが

>消費拡大に消費税はマッチしないですよね。
>所得税率を上げて、消費税ではなく消費還付にしたらみんなお金を使いそう。

ところが、困ったマスゴミは「消費税率を上げるといってる政治家はまともな
政治家だ」みたいな論調を張る。財務省の馬鹿によほどうまく操られているの
でしょう。消費税そのものは必要だと思いますが、すぐに10%だとか15%だとか
言う人は経済のなんたるかがまったくわかっていないと思います。

消費還付というとわかりにくいですから、そうですね、私のような独身者の
所得税率をいまの倍ぐらいにして、その分を所帯持ちな方に配分するという
のはどうでしょうね。子供の将来に備えて積み立てにまわってしまうかな。


No.18413
>今日の異常な円高
>円安による貨幣価値減損分を

円高と円安が混乱してますよ。

No.18415 RE:景気対策? バラマキ? てんぷ [Windows/2000] 09/10(水) 01:00
>経済のなんたるかがまったくわかっていないと思います。

経済学として世間で認識されているものには,正しいものとそうでないものがあるように思います.なぜって,いうことが180度違う経済学者,および経済を語ることをなりわいとしている人たちが普通に存在しているからです.

私見では経済学なんて,本当に学問なのかどうかさえ怪しいと思っていますが,具体的にどれが,というか誰が,正しいのでしょう.

ntmygi091065.mygi.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.18416 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/10(水) 07:23
 てんぷさんのおっしゃることはよく分かります。

 私も、この仕事に就く前、修士課程にいたときに恩師と別の教授、エコノミスト達がいってることがバラバラで混乱したことがあります。
 なぜ、こんなことが起こるかというと、実は経済学では統一した見解ができてないものがかなりありるのです。
 たとえば、株価がなぜ上昇(バブル化)するのか説明する統一的な見解はありません。金利平価説も実際計測すると逆になるケースがままあり、これも推定の域をでない仮説で説明されているにすぎません。

 統一見解が固まっていないため、エコノミストの大半は、自分の信じるものを主張しあっているだけの状態なのです。そして信じるものが自社のポジションや株主のためになるものだったりすると多少強引でも理論を押し通してくるときがあると私は思っています。

 正しいかどうかは、デコノミストたちの予測をきっちりとメモしてあとで当たっているかどうか検証するといいのではないでしょうか?
 
 個人的には短期の予測は外れることがままあります。以前も言ったように一定の前提に基づいて予測するために、突発的な事象で崩れることがよくあるためです。しかし
長期的には収斂するはずなので理論が正しいなら予想通りになるはずです。

219-096-248-019.jp.fiberbit.net


No.18417 RE:景気対策? バラマキ? ACBI [Windows/XP] 09/10(水) 21:25
>正しいかどうかは、デコノミストたちの予測をきっちりとメモしてあとで当たっているかどうか検証するといいのではないでしょうか?

これで得られる結果に意味は無いような気がします。皆が出鱈目に予測したとします。そうすると偶然当たる人は出てきます。でも、当たったと言っても、その人の理論は「出鱈目」なので意味がありません。過去の成績では、正しい理論か出鱈目か判断できないと思います。

勝率で判断できそうな気もしますが、実際問題、過去の成績が素晴らしいファンドマネージャーのその後の成績を追跡すると、勝敗が半々だったりします。出鱈目でも半々になるので、やっぱり区別できません。

最近「経済はべき分布」ということが言われてますが、これに則ると例えばある理論が的中率90%以上あっても、10%のはずれで全ての勝ち分が吹っ飛ぶことになります。

>長期的には収斂するはずなので理論が正しいなら予想通りになるはずです。

これもどうなんでしょう。経済の根源に持つ不確実性のため、逆正弦法則にしたがって、予想通りになる確率は低いと思います。

個人的に経済理論には「ゲーデルの不完全性定理」のような自己言及性の矛盾が常に付きまとう気がします(理論に従う経済活動が理論を歪めてしまうため矛盾する)。
他にも、情報を100%知ることができないため、「完全な経済理論」は「ラプラスの悪魔」のような机上の空論のような気もします。あくまで気がするだけです。

u065120.ppp.dion.ne.jp


No.18418 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/10(水) 23:42
 ACBIさん

 実際、上で述べているように統一見解がない事柄が多いといってるように、厳密な意味で正しいかどうか判定することは難しいでしょう。
 正しいという表現がまずかったですね。もちろん一回程度でわかるとは思ってないので、統計的な処理は必要だと思います。それでも偶然はありえるわけで、完璧な正しさはありえないというのはおっしゃるとおりです。現状ではエコノミストのいってることがバラバラなので、どうすればいいかという提案したということですね。
より良い案があればぜひ提示していただければと思います。 

p9239-ipbffx02fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp


No.18421 RE:景気対策? バラマキ? ACBI [Windows/XP] 09/11(木) 21:43
もしかしたら、他人を出し抜こうとする市場参加者の行動が、経済を「原理的に統一見解を出せない構造」たらしめているのかもしれません。で、そのことが実は経済発展に必要なのかも(温室育ちより、荒波にもまれた方が強い)。弱い経済構造は、強い経済構造に駆逐されるので、例えば異星文明であっても、成熟した社会の経済は必ずこの形に行き着いている、とか考えてしまいます。

>より良い案があればぜひ提示していただければと思います。

ですので、混沌としている方が実はいいのかもしれません(というか必ず混沌に安定する?)。

u184118.ppp.dion.ne.jp


No.18422 RE:景気対策? バラマキ? なっくん [Windows/Vista] 09/12(金) 01:00
みなさん、特に証アナさん、ありがとうございます。

私は「徳川吉宗の経済政策」の話は初めて聞きましたが、要するに
「紀州藩の経済政策」= ミクロで
「江戸幕府の経済政策」= マクロ
というような例え話なのですね。

とはいえグローバル経済の進んだ現代のこと、政府の経済政策も諸外国との輸出入関係や外国人投資家など考えると100%マクロとも言い切れないな、というように考えました。

話は変わりまして、そろそろ経済活動も(天気予報のように)コンピュータを利用した大規模シミュレーションが可能なように思うのですが、実際にこのような手法で何らかの成果をあげられている例はあるのでしょうか? 以前は産業連関分析がコンピュータの利用例としてよく挙げられていたような気がするのですが、もっともっと大規模なチカラワザの応用を見てみたいです。

No.18426 RE:景気対策? バラマキ? jacobi [Windows/NT] 09/12(金) 17:23
「大規模なチカラワザ」というと経済企画庁が保有していた世界経済モデルを思い出します。

民間消費=α+β所得+γ実質金利…

みたいな関数をGDPの需要項目から供給サイド、労働市場、金融市場…
と網羅した計量モデルを作り、さらに国別に作ったモデルを貿易市場などで接続して…

と気が遠くなるようなことをしていました。

さすがに世界モデルは↓を最後にメンテナンスしていないようですが
こちら

w148173.ppp.asahi-net.or.jp


No.18431 RE:景気対策? バラマキ? 宵越し [Windows/XP] 09/12(金) 21:15
守銭奴税をかければよい気がします。
投機、貯蓄には累進的に高い税金をかけ、国内投資は無税にするとか。

No.18432 RE:景気対策? バラマキ? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/13(土) 00:29
>「大規模なチカラワザ」というと経済企画庁が保有していた世界経済モデルを思い出します。
>民間消費=α+β所得+γ実質金利…

よくある、一次の複数項目に重みをつけて、本当に重み係数が収束
するんですかねえ。

どうして一次の結合で足れり、とするその根拠がよくわからない。
そもそも、項目が独立事象なのか、お互いに依存関係があるんだと
思いますが。

これがブラック・ショ−ルズ方程式だと、考えついた人間は天才だと
思うけど、一時の結合式じゃねえ。。。。


以前も証券会社系シンクタンクが算出した計算式(IT,investment technology
とか行っていた)にしたがって運営する投資信託っていうのがあったけど、
日経やTOPIXに勝てませんでした。

FUSHIKIZ

No.18433 RE:景気対策? バラマキ? Tako [Windows/XP] 09/13(土) 08:04
>これがブラック・ショ−ルズ方程式だと、考えついた人間は天才だと
思うけど、一時の結合式じゃねえ。。。。

仰るとおりだ思いますが、

こちら
やACBIさんの言われたようた逆正弦法則や、不確実性によりブラック・ショ−ルズ
方程式は現実社会には役に立たないようです。

No.18434 RE:景気対策? バラマキ? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/13(土) 12:17
>言われたようた逆正弦法則や、不確実性によりブラック・ショ−ルズ
>方程式は現実社会には役に立たないようです。

役にたたない場合が、ままある、というのが正しいかと考えます。
その発想はすばらしいものがありますね。

たとえば、オレはいっさい証券類には投資しない、現金の預金だけしか
信用しない、という人間がいても、実際には銀行はその運用をマーケットで
やっているわけで、そこにはブラック・ショ−ルズの式を参考にしている
運用先ばかりだからです。ただし、たとえば米にメタミドフォスやカビが
あって、酒類や赤飯、米の売れ行きが一時的に下がる、なんてことは
公式はなんら教えてくれませんよね。

今回、米国の政府系住宅ローン会社の信用不安で、日経新聞によれば、
米国政府は各運用先に直直に、破綻させない、と説得してまわっている
そうです。

で、最大運用先が、例によって農林なんとか。農林なんとか、って
今まで信用不安がおきた場合に必ず名前がでる。国内の企業や証券会社
の信用不安でも必ず名前が出る。ダイエーの時も名前が出ました。

しかしこの会社は鉄壁。つまり一切債権放棄に応じない。ある意味安心なのか
ある意味鈍いのか、ある意味常識やぶりなのか、特徴のある運用会社では
あるなああ。

FUSHIKIZ

No.18435 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/13(土) 12:23
>どうして一次の結合で足れり、とするその根拠がよくわからない。
そもそも、項目が独立事象なのか、お互いに依存関係があるんだと
思いますが。

結局のところ、経済のことはだれもよくわかっていないということなのだと思います。昨年の今頃でしたか、私はそろそろ株価はピークを打ち、そろそろ落ち込むのではないかとここに投稿しました。
しかし、より多くの情報を持ち、複雑なモデルを駆使しているであろう大手シンクタンクでは、サブプライムの影響はすぐ収束し、もし先進国が落ち込んでも新興国が補ういわゆるデカップリングによって世界経済は安定的に成長するという見方が大勢でした。

このように経済理論については百家争鳴もいいところで、だれもこれが正しいモデルというのをつくることができないのでしょう。大手のシンクタンクなども複雑なモデルをつかって予測を立てていますが、前提条件がかなりあって、少し狂うと全体に大きな影響を及ぼしてしまいあたらないということが起こるというはなしを聞いたことがあります。

>以前も証券会社系シンクタンクが算出した計算式(IT,investment technology
とか行っていた)にしたがって運営する投資信託っていうのがあったけど、
日経やTOPIXに勝てませんでした。

 業界関係者としては耳の痛い話で、こういう売りが前面でていても、実際のパフォーマンスは、インデックス以下という投信が多いですよね。
 結局ファンドの大きさがでかくなるとインデックスに近似したポートフォリオしか組めないわけで募集金額の大きいものはαをとるのは困難だとおもいます。むしろ高額な信託報酬や手数料でインデックス以下になることが多い・・・

em119-72-30-48.pool.e-mobile.ne.jp


No.18436 RE:景気対策? バラマキ? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/13(土) 13:04
>このように経済理論については百家争鳴もいいところで、だれもこれが
>正しいモデルというのをつくることができないのでしょう。

ひとつ証アナさんに聞きたい事があります。

個人的にはサブプライムはそもそも大事件では無いと思っており、
せっせと現物底値を拾っているところです。拾っても拾ってもさらに
下がりますが、やっと均衡したところです。歴史的には商品市況の
投機は歴史に残るでしょうが、サブプライム騒動の、真のサブプライム
部分については重大事件だったのかどうか疑問です。

個人的には、サブプライムを組み込んだ投資案件の評価が長く
定める方法が無かったことがメインであって、だからこそこれに
乗じて超過利益を期待するセクター(オイルマネー)などが
シティーなどの増資に応じた(高い利息で)のだと思っています。

個人的にはリーマンがどうなろうと私には関係ありませんが、政府系
住宅ローン会社の信用不安って、よく分からんのですよ。そもそも
ファニーメイなどが本当に破綻しそうになったら必ず政府が介入する
はずですから、リーマンの信用不安とあわせて、不安をあおって
利益を得ようとするセクターがいるとしか思えない。

個人的には、商品市況が一段楽したので、おそらく投機資金は次の
運用先を探している一端で、バーゲンハンティングを狙っているの
ではないかと疑っているのですね。そこのところのご意見をききたい
です。

FUSHIKIZ

No.18437 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/13(土) 16:52
>歴史的には商品市況の投機は歴史に残るでしょうが、サブプライム騒動の、真のサブプライム部分については重大事件だったのかどうか疑問です。

サブプライムの問題が重大事件だったかどうかとなると、おそらくそうではなかったと思います。サブプラムの問題自体はおっしゃるとおり値付けの問題であって暴落したら
ジャンク債的に底値で手に入る投機資金を引きつきえることが可能だと思います。
これ自体は、報道されているほどの問題ではないと思います。

 むしろ、大事なことはその裏で行われていた不動産投機ではないかと思っています。
米国の不動産は、90年代後半からずっとあがり続けていました。それがサブプライムをきっかけに下落したのですが、同様にあがっていた欧州や日本でも、その影響がでています。バブル時には企業の総資産が膨らんで自己資本の不足を負債で補い増すので逆に市況が振れると厳しい状況になります。今の私の取材のイメージでは、サブプライム(不動産)の悪化⇒金融セクターの悪化が企業投資や個人投資を減退させてる感じがあります。実際、金融セクター向けが多い複写機の市況は前年同期比で二桁近いマイナスのところが多く、住宅に関連するエアコンでも市場規模が欧州で半減しているというデータもあります。株価については、サブプライムは単なるきっかけで、総資産の圧縮=信用の収縮が実体経済に影響を与えているおり、業績の悪化につながり株価が下がっていると考えています。

 実際、企業側にアプローチを取ると電機関係は非常に渋い顔になります。彼らはサブプライムのせいにしていますが、不動産のバブルがはじけたことが大きいと私は思っています。

>そもそもファニーメイなどが本当に破綻しそうになったら必ず政府が介入するはずですから、リーマンの信用不安とあわせて、不安をあおって利益を得ようとするセクターがいるとしか思えない。

これはおっしゃる通りでしょう。ここまで大きな案件ですら放置は考えにくい。実際、放置してつぶれた三洋証券、拓銀は後々まで大きな影響が残りました。その教訓が生きている現状ではなかなな想定しにくいと思います。

 信用不安で株が下がっているというよりも、相場で誰かが逃げ出そうしたり、売りしかけると恐慌的に売りが広がったというのが実際ではないでしょうか。相場は下落するときはそういう傾向が強いですし、そのあたりについてはFUSHIKIZさんと見解はかわりません。ただ、思ったよりも実体経済に影響がでています。業績の方向性はまだ悪い感じです。

 大昔にも投稿したと思うのですが、経験則で感じるコツンという底を打った感覚がないんですよね。現状では投資アドバイスは、現金ポジションで、底打ち待ちにしています。ただ、FUSHIKIZさんと同じで次底うちしたときはバーゲンセールで大きなチャンスといっています。あくまでも個人的な勘に近いものですが年明け以降のタイミング待ちでしょう。

em119-72-38-145.pool.e-mobile.ne.jp


No.18439 RE:景気対策? バラマキ? FUSHIKIZ [Windows/2000] 09/13(土) 18:31
>むしろ、大事なことはその裏で行われていた不動産投機ではないかと思っています。


なぜ私がサブプライムの影響は投機を活発させただけで、意外と実態経済を
悪化させなかったか、少し解るような気がするんです。

というのは、米国は何度も深刻なリセッションが来る、といいながらなかなか
そうならないのは、ひとつはお金の流入ですね。これが現在どうのこうの、と
議論されています。

しかし、もうひとつ、語られないことは、米国は人口が増えている、ということ
です。不動産取引は激減していますが、一部を除くと崩壊はしていない。という
のは、米国には中国やインドのように、上昇志向の強い人口の流入がある。

たとえばサブプライムで住居を放棄した人間がどこに住むのか?彼らは
ノンリコースですから負債は負っていない。しかし、ある程度の収入はある
わけですね。したがってどっかで賃貸するか、あるいは安くなった住居を
買うのでしょう。

なかには、身分不相応に負債を負って破産する人もいますが、破産からたち
直りやすいのも米国の特徴で、いわゆる病気的な浪費をする一部の人をのぞくと
世界中、すこしでも豊かな生活をしたい、という人間が大半なんですね。

ほかに、テレビでみると、米国で没落する人たちはクレジットや浪費である
ような印象がありますが、間違いです。

現在、米国で破産の原因トップは、医療費なんです。借金しすぎでもなく、
浪費でも無い。このあたり、マスコミはスルーしているんだな。ようするに
米国から大量の情報が入ってくるようで、実は米国は中国や韓国よりももっと
特殊な国であることを意識しなければいけません。

FUSHIKIZ

No.18440 RE:景気対策? バラマキ? COLE [Windows/XP] 09/13(土) 18:32
> >言われたようた逆正弦法則や、不確実性によりブラック・ショ−ルズ
> >方程式は現実社会には役に立たないようです。
> 役にたたない場合が、ままある、というのが正しいかと考えます。
> その発想はすばらしいものがありますね。

ある前提の下では正しい価格を計算してくれて、
その前提が正しいかどうかは意見が分かれますが
売り手買い手双方共、前提は成り立つと信じていて、
信じてはいるけれど幾らで売買すればよいかは分からない、という時に
具体的に幾らで売買するのが妥当なのかを計算してくれる式だと思います。


> ただし、たとえば米にメタミドフォスやカビが
> あって、酒類や赤飯、米の売れ行きが一時的に下がる、なんてことは

皮肉な話ですが、去年の今頃のサブプライム問題がこの米の問題とそっくりですね。
単独では誰も買ってくれないので他のものにちょっとだけ混ぜて売っていたら、
問題が発覚して以来、ちょっとでも混じっている(混じっているかもと思われる)
もの全体が売れなくなって、損失が拡大。
日本酒や焼酎を作っている業者も、米を買った時点で有害と分かっていれば損失は米代だけですが、
作った後で有害と分かってお酒を捨てれば損失は米代より遥かに大きいですね。

でももうサブプライム混じり物の問題は下げきったことで片付いて、残っているのは
住宅価格上昇に頼っていた米個人消費の落ち込みと、
リスク回避傾向により「割安を買って割安が解消されるのを待っていた資金が、待ちきれずにブン投げている」
ことだと理解しています。

No.18441 RE:景気対策? バラマキ? Tako [Windows/XP] 09/13(土) 21:42
インプライド・ボラティリティに頼っているのが最大の弱点だと思います。

>信じてはいるけれど幾らで売買すればよいかは分からない

 やはり、タイムマシンがないとむりじゃないかな?と。


No.18442 RE:景気対策? バラマキ? Tako [Windows/XP] 09/13(土) 21:50
>インプライド・ボラティリティに頼っているのが最大の弱点だと思います
 ^^^^^^^^^^^^^^^
オプション価格でした。

No.18443 RE:景気対策? バラマキ? Tako [Windows/XP] 09/13(土) 22:08
 補足です。
 オプション価格からインプライド・ボラティリティを計算する
ので超短期の投資には非常に向いているのではないかなと、今思
いついたのですが皆さんどう思われます?

No.18447 RE:景気対策? バラマキ? 証アナ [Windows/Vista] 09/14(日) 01:13
>なぜ私がサブプライムの影響は投機を活発させただけで、意外と実態経済を
悪化させなかったか、少し解るような気がするんです。

アメリカが景気後退になりにくいのは個人消費が強いことに尽きると思います
上のほうでマクロ、ミクロを議論していましたが、私がグローバル化でさらに全世界マクロ経済?なるものが最近成立しているのではないかと思うようになりました。

日本経済が、これほど消費が弱くて需給ギャップが大きいにもかかわらずなんとかやってこれたのは最終消費をアメリカがずっと引き受けていたからです。それは住宅の広さに尽きます。最近のデータは見ていませんが、少し前にはアメリカのGDPの1/3近くが住宅関連で占められていたと思います。広い家は、周辺需要を作り出し、世界中の余剰生産力を吸収し続けています。

そういう経済で人口増が続いているわけですから、消費が致命的に落ち込むことはなりにくい。なんどかバブルがはじけましたが日本ほどではないのは、住宅需要の強さでしょうね。さすがに不動産バブルがはじけたことで減速は起こりましたが、人口増にともなう不動産需要自体は、日本よりも強いですから根底でのアメリカの強さはこのあたりにあると個人的には思っています。やはり大事なのは最終需要である個人消費だと思うのです。

em119-72-10-28.pool.e-mobile.ne.jp


No.18448 RE:景気対策? バラマキ? nobody [Windows/XP] 09/14(日) 10:59
私の理解では、マクロ経済というのは統計力学に近いと考えています。
一つ一つの原子相互のふるまいはわからなくとも、結果として見える圧力や
温度などのパラメータを考えて行くことによって、現実におきている現象を
理解することができるのが、統計力学です。

同様にマクロ経済も、個々の経済活動、価格決定の問題や商行動などはわか
らなくても、GDPや金利などのパラメーターを見ることによって、経済その
ものがどう動いているのかを知ることができる。

>No.18415
>経済学として世間で認識されているものには,正しいものとそうでないもの
>があるように思います.なぜって,いうことが180度違う経済学者,およ
>び経済を語ることをなりわいとしている人たちが普通に存在しているからです.
>私見では経済学なんて,本当に学問なのかどうかさえ怪しいと思っていますが,
>具体的にどれが,というか誰が,正しいのでしょう.

学生の時に受けた経済学の授業で、最初に「経済学はインテリの学問です。
お金儲けをするための学問ではありません」とか教えられたのですが、
ご指摘のように経済学は社会科学として見ても、学問かどうなのか微妙な
分野が多数あるのは確かです。
しかしながら、経済学の分野の中で概ねコンセンサスが取れている概念や、
大まかな方向性として認識できている部分もあり、そのあたりは学問に近く
なっています。

逆に、もし経済学という学問がまったく存在しなかったら、ジンバブエみたい
な混乱が全世界で発生してしまうのかもしれません。

No.18447 証アナさん
>やはり大事なのは最終需要である個人消費だと思うのです。

以前にも議論させていただきましたが、この結論については完全に同意しま
す。最終的な個人の人としての営みが、経済循環の終着点だと思います。
ただ、公共事業部門についても、日本においては引き続き重要なのではない
かと思うのです。戦後すぐに植林を開始して今では日本に禿山は皆無になり
ました。また、砂防を徹底してやったおかげで、有史以来大洪水に見舞われ
ていた地域が安定して居住できるようになり、交通網の発展が地方にも恩恵
をもたらして来た、と思っています。
今までのように道路に潤沢にお金をつぎ込む時代ではないですが、日本の国土
状況を考えるに、公的部門の役割も引き続き重要だと思っています。

個人消費の点でいえば、住宅の拡充はとても必要だと思いますが、持続可能
な消費として文化文芸方面への消費や、旅行・長期休暇方面の需要喚起に
よるライフスタイルの変革も、成熟した先進国である日本では重要だと思い
ます。

P.S. 原油に関する予測、ほぼ完璧に的中しましたね。

No.18449 RE:景気対策? バラマキ? てんぷ [Windows/2000] 09/14(日) 11:40
>私の理解では、マクロ経済というのは統計力学に近いと考えています。

ここが間違いの元なのかなとも思うんですよね.

私も理系人間なので,人間社会の営みがモデルで記述できればよいなぁとは思います.でもたぶん,無理なんでは?

流体力学のシミュレーションは完全に成功していると言えるけど,地球シミュレータは嘘くさい.モデルの複雑さがある点を越えてしまうと,ダメなんでしょうね.

>逆に、もし経済学という学問がまったく存在しなかったら、ジンバブエみたいな混乱が全世界で発生してしまうのかもしれません。

リフレ派の立場に立てば,日本の経済政策はジンバブエ並みであるかに見えますけど(笑).

麻生さんが「15年金融政策を続けても効果はなかった.だから財政政策が必要だ.」なんていってましたけど,本当にリフレ派が正しいのなら,日銀首脳のジャンクぶりとあわせて,もう「お手上げ」ですね.

また,上の方で出た消費税増税議論で,経済の何たるかがわかっていないということでしたけど,K大の先生でそう主張しておられる人もいるんですよね.いったい何なのか?

>持続可能な消費として文化文芸方面への消費や

こういう点で言えば,個人的には「食」がありなんじゃないかと思っています.私のいる地方(中核)都市では,フレンチでもイタリアンでも,かなりハイレベルな店が結構な数あって,地元の食材を,しかも(物価が安いので)安い値段で提供しています.ヨーロッパあたりと比較すると,コストパフォーマンスは圧倒的にすばらしい.なんでいつも店内がすいているのか不思議なくらい.

ntmygi062005.mygi.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18373 Chrome nyokoran [Windows/XP] 09/03(水) 09:36
話題のGoogle Chromeを早速インストールしてみました。
すごいですね、コレ。
IEやfirefoxに比べて、レンダリングが明らかに速いです。
基盤はAppleのWebkitらしいですが、開発にはMozillaから流れた技術者も係わっているようですね。

まだベータ版なので色々足りてない機能もあるものの、とりあえず私が良く見て回るサイトは問題なかったので、しばらく使って見ようかなと思っています。

ストビューの件ではGoogleに対して色々思うところもあったのですが、これは素直に感動しました。

No.18376 RE:Chrome necoscsi [Windows/XP] 09/04(木) 11:49
描画速度は高速ですね。
今のところの不満は、
 1)リンク部分の下線が常時表示される。マウス・オーバー時のみ表示して欲しい。
 2)MHT形式で保存できない。
 3)キャッシュ・サイズやら、http1.1接続の可否等 about:config的なUIが無い?
ぐらいですねぇ。

No.18377 RE:Chrome [Windows/XP] 09/04(木) 22:30
"googleupdate.exe"が常駐し、chromeを削除しても居残るようで気持ち悪いです。
正規の削除方法も無いそうですので、とりあえずレジストリのrunから削除。
それでもいつのまにか常駐しているので、タスクマネージャーに発見後削除しました。
googleupdate削除後も普通にchromeは使えてますので、いったい何をしてるプログラムなんだか・・・

p2067-ipbf701sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp


No.18379 RE:Chrome ほりこし [Windows/XP] 09/04(木) 23:40
googleupdateは実行ファイルだけで6個くらいあります。
エラー報告か何かをするのか?何かよく解りませんが、確かになくても動きますね。

No.18380 RE:Chrome nobody [Windows/XP] 09/05(金) 07:02
とりあえず、こういう指摘があることは知っておいた方が良いと思います。

Chromeのプライバシー機能は穴だらけ?
こちら

MSがWMPで固有IDについてかなり慎重な態度をとっていることと比べると、
最近のGoogleはどうかな、と思います。

No.18399 RE:Chrome B51 http://b-51.hp.infoseek.co.jp/ [Windows/XP] 09/08(月) 15:56
とりあえず数日間使ってみましたが、まだまだβなのもあってか乗り換えるにはちょっとつらいところが多いですね。

1)文字入力中の候補文字編集が困難
 IMEを独自制御しているようで、私の環境では未変換文字の再編集などでカーソルが見えなくて事実上不可能に近い状況になってしまいます

2)履歴が使いにくい
 まあ、最近開いたページ数箇所であれば良いのですが、特定の曜日に開いたサイトから探すような場合とかだと、まだIEの履歴機能の方が使い易いですね

3)入力欄のオートコンプリートがいまいち
 ユーザ名を入力すればパスワードは自動入力してくれるのですが、IEのようにユーザ名側のオートコンプリートが利かないのはちょっと不便ですね

4)長い時間立ち上げておくと不安定になる
 まあIEもおんなじ様な傾向はありますけど、XPの休止モードをつかって数日間使ったら文字入力中に時々フリーズ(1分くらいで復帰しますけど)するようになってしまいました

5)他社のツールバーが使えない
 まあ、google自身のツールバーも使えないわけですけどね
 このへんは、ツールバーにあってchromeにはない機能もあるので不便ですね

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18393 水素製造 ぼす [Windows/XP] 09/06(土) 23:31
高温ガス炉を利用したISプロセスでの水素製造なんてのもあります。
原子炉の正当化にも都合がいいですし。
こちら

pl1058.nas929.p-fukuoka.nttpc.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18381 地球温暖化 もえまろ [Windows/2000] 09/05(金) 10:00
地球温暖化で二酸化炭素が悪いという事をいろいろ見かけるので、ビールサーバーで使っている炭酸ガスを満たしたクリアケースと、通常の大気のクリアケースを日なたにおいて温度を測ってみましたが、誤差以上の違いはありませんでした。

ウィキペディアによると
>地表面上の大気の主な成分は、窒素が 78.1%、続いて酸素が20.949%、アルゴンが0.9%、二酸化炭素が0.04%

という事なのですが、そもそも0.04%の割合が少々変わったくらいで、それほど温度が変わるものなのでしょうか??

それとも最近は、窒素が減って二酸化炭素に置き換わっているとか??

pl472.nas935.p-kanagawa.nttpc.ne.jp


No.18382 RE:地球温暖化 ほりこし [Windows/XP] 09/05(金) 10:11
炭酸ガスによる温暖化は、様々な事象から推定されることであって全てが理論解明されているわけでもないと認識しているのですが違うのでしょうか。
光線を熱に変える多くは水蒸気だと言われていて、その次が炭酸ガスなのだとか。
炭酸ガスの赤外線吸収と反射によって地表表面温度の安定化が見られるのは、他の星(火星とか木星とか)を観測しても明らかだと解説している本もあります。

> 日なたにおいて温度を測ってみましたが
>
外気温度と熱伝導による影響の方が大きいような気がします。

No.18383 RE:地球温暖化 もえまろ [Windows/2000] 09/05(金) 10:29
回答ありがとうございます。
炭酸ガスはエコ運動で減らせても水蒸気は水の星なので難しそうですね。
せっかく実験環境作ったので、AD変換機つないで一日の変化なんかも測定してみようと思います。

pl472.nas935.p-kanagawa.nttpc.ne.jp


No.18384 RE:地球温暖化 tohoho2 [Windows/2000] 09/05(金) 16:21
炭酸ガスによる温暖化は、成層圏での濃度が高くなって温暖化するのではなかったのかな。

No.18386 RE:地球温暖化 b51 [Windows/XP] 09/05(金) 19:13
#試しにchromeから#

実験方法としては、炭酸ガスを満たした容器の底に黒い布を被せた土でもおいて、その土の温度変化を見ないとダメなのでは?
二酸化炭素は「温室効果ガス」というくらいで、熱を逃がさないようにしてしまうから温暖化が起きるといわれているわけです。
ですので、ガス自体の温度を測ってもあんまし意味がないでしょう。

khp059134063090.ppp-bb.dion.ne.jp


No.18389 RE:地球温暖化 ふだんはROM [Windows/98] 09/05(金) 23:24
「クリアケース」の材質は何でしょうか。
樹脂は赤外線を吸収します。
1-2mm厚もあれば、事実上は、赤外線に対しては真っ黒かもしれません。
実験の規模によりますが、赤外線吸収量はCO2よりも大きいかも。
普通のガラスも怪しいです。
 赤外線をスカスカ通す固体はなかなかありません。
赤外分光では、KBr が使われているくらいです。

125-14-18-103.rev.home.ne.jp


No.18390 RE:地球温暖化 バイト [Windows/2000] 09/05(金) 23:48
夏休みの終わり頃に夕方のニュースで、何処かの機関で小学生の自由研究を手伝うという話題をやってました。
基本的には、もえまろさんの実験と似ていましたが、
・屋内で白熱ライト(だったと思う)を当てていた。
・温度が上がる速さと、到達温度。また、冷める速さを計測していた。

子供だましなのかもしれませんが、実際に違いが出ていました。

p03ba07.aicint01.ap.so-net.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.18385 ハードディスクのチェック すずき [Windows/XP] 09/05(金) 16:22
ハードディスクの寿命についての話を読んで心配になり,久しぶりに
エラーチェックをかけてみることにしました.(OSはXPです.)

排他制御のため,次回起動時となるのはいつもどおりなのですが,再
起動すると,stage 1とか表示されずにすぐに終わって通常起動して
しまいます.イベントログにも,チェックの結果は残りません.教え
て,で誠に申し訳ないのですが,回避方法をご存じの方がおられまし
たら,お教え頂ければ幸いです.

ちなみに回復コンソールのコマンドラインからの,CHKDSK C: /Rは問
題なく行えるので,実質的には問題ないのですが,なぜ普通の方法で
できなくなってしまったのか,気持ちが悪いです.

u041072.ppp.asahi-net.or.jp


ページ指定:01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12