すべて表示


[ホームページ][使い方説明][ツリー表示]

1ページに最大10件のツリーを表示します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
javaを理解してくれないブラウザ、海外からは書き込みできない可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
宣伝書き込み防止のためURIは不定期に変更します
↓次の記事の先頭へ↓

No.17563 松本氏のブログ FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/17(土) 14:37
松本氏のブログ

こちら

は面白いですね。立場としてはSBIの技術担当重役ですが、立場としては、
クアルコムに長年在籍したときに、世界のキャリア、技術を俯瞰して
みた展望というのが基礎になっているように思います。

過去の経緯で、たとえばAUがどう動いているかなど、ほとんど把握している
ように思います。

逆にコドモに対しては、井の中の蛙 という見方をもっているんじゃないかな。

孫さんが、大きなことを言える原因が松本氏を要していることでしょう。
いまは間柄が微妙ですが、ファイナンスで孫氏があまり心配しなかった
のは、北尾氏がいたからだと思います。

この板では、私はSBに対して、応援するでなく、また批判するでなく、是々非々
で見てきました。特にSBがボーダを買収した際には、この板に出てくる90%の
人は、永くは持つまい、と言ってましたが、私は注視に値するとおもって
きました。

特に、どうやって乏しい資金から事業を回転させるか、についての手腕は120%
の成功であったと思います。あとは技術面ですが、優秀な技術陣を獲得しており、
また契約者数の増加から、端末メーカーもSBIを無視できないと思います。

ただ、個人的には孫氏の野望は、単なる携帯キャリアにとどまることでは当然
ありませんね。その点にはかなりの危惧をもっている。しかし、みかか と
コドモの幹部はかなりおそまつ(ビジネス的にも技術的にも)なので、
あるいは孫氏の思い通りになってしまうのではないか、とひそかに恐れています.

FUSHIKIZ

No.17564 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 05/17(土) 14:53
松本さんとか宮川さんは正直ベースで話をするので好感が持てると思います。
このblogの中でもピークレートより実際のスループット、別の記事ではスループットはコストであると書いているし、それはマイクロセル化しようとすればカネがかかるからだとも書いています。

でもこれって孫さんの言い分というか方針と対立しちゃうんですよね。
孫さんはマクロセル化を推進してきたわけだから。

> 携帯端末は、やがてパソコンと同じ感覚で使われるようになる
>
これにしても、孫さんが盛んにインターネットマシンを宣伝し、PCでしか出来なかったことが今後はインターネットマシンで自由に出来ると吹くものだから松本さんも少し気を遣ったのかなみたいな感じは受けます。

FDMA論はちょっとどうかなと思います。
FDMAを行うとインタリーブでしかチャネルが使えなくなるとか、IMの問題で使えないチャネルが出来るなどの無駄があります。
これを解決したのがOFDMAな訳ですよね。

松本さんの目指す?FDMAシステムは現行PHSですね。

フェムトセル問題は宮川さんが否定的に答えていました。
ドコモやKDDIの指摘する問題そのものの直面しているようで。
ただここも孫さんと意見の分かれるところで、その後孫さん方針で無理矢理的フェムトセル路線になったようですが。

No.17574 RE:松本氏のブログ GAMA [Windows/2000] 05/18(日) 00:10
資金的にどうなのでしょうね。
今年度は昨年度よりさらに設備投資を圧縮すると言っていたし、通信屋が設備投資をケチったら先がないように思えます。

一応設備投資していたauでさえトラフィック増に耐えきれずにパケット大量使用ユーザに制限を加えるそうです。
あれって夜間自動配信される音楽?か何かを取っているだけで結構なパケット量になるんですよね。
決してヘビーユーザということでもないような気がします。

No.17584 RE:松本氏のブログ aquila http://d.hatena.ne.jp/aquila2664/ [Windows/2000] 05/18(日) 19:33
>>あれって夜間自動配信される音楽?か何かを取っているだけで結構なパケット量になるんですよね。

 EZチャンネルですね。Rev.A対応端末向けにはIPマルチキャストで送信されています。これだとパケ代はwebアクセスなどとは別建てとなり、月間315円の定額となります。

 「どのような用途かわからないが」なんてしらばっくれていますが、auが問題視しているのは、ニコ動などオンデマンドの動画配信でしょう。auが「大量通信ユーザ」としているのは月間366MB、一日12MB程度の転送量でしかありません。ムービー見てれば、すぐに到達すると思います。

 まあ、SBと同じく、ムービーを見て欲しくないということでしょうな。

acngya013042.adsl.ppp.infoweb.ne.jp


No.17586 RE:松本氏のブログ a&D [au/INFOBAR2] 05/18(日) 21:16
私は、aquilaさんの記述の通りでもセーフです。良かった(笑)
そういえば、EZチャンネルは1回も見たことないですね。ニュースチャンネルは天気予報とか何気に便利(ボーダのステーションと似た感じ)です。
無料で予告編動画とか、アーティストのインタビューとか見せたがるくせに制限とかズルいなぁ。
実はストリーミング動画も仕様だとSBM以下で、長時間動画はほとんどありません。
2年縛りになった途端にこれと割賦とか、嫌気がさしそう。。

wb50proxy02.ezweb.ne.jp


No.17587 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 05/18(日) 22:11
EZチャネルはトラフィックが増えにくいというか、そのセクタ内にいるユーザには一斉配信に近い事をやっているから良いのかも知れないですね。
容量制限が継続的に行われるとすると次世代投資など必要ないのではないかと思えてしまいます。
或いはLTEになったら自由にパケット使ってくださいとでもやるのか。
それとも、通信速度の遅いSBMでも加入者が増えているのだからauもその路線で行くというのか。
でもこれってちょっと間違うとデータARPUを下降させてしまいそうな気もします。

No.17701 RE:松本氏のブログ 証アナ [Windows/Vista] 05/29(木) 08:47
決算発表とその後の取材対応でレスをするのが大幅に遅れてしまいました。

>特に、どうやって乏しい資金から事業を回転させるか、についての手腕は120%
の成功であったと思います。あとは技術面ですが、優秀な技術陣を獲得しており、
また契約者数の増加から、端末メーカーもSBIを無視できないと思います。

この点については同感です。以前もコメントしたように営業CFが1000億円以上
創出できるとは思っていませんでした。それでも事業としては十分まわせると
思っていたのですが、アナリストの多くは契約者減⇒業績悪化を想定していました。

従前の同社ビジネスの評判が決してほめられたものではありませんでしたし、
ランダムウォークといいながら、実際は過去の延長で予想する手法を
とっている以上、ボーダフォン末期の状況が劇的に変わるとは予想できなかった
のは無理からぬところだと思います。私はたまたま引き継いだのが昨年の
春だったのでそういうことに囚われなかっただけでしょうね。

>ただ、個人的には孫氏の野望は、単なる携帯キャリアにとどまることでは当然
ありませんね。その点にはかなりの危惧をもっている。しかし、みかか と
コドモの幹部はかなりおそまつ(ビジネス的にも技術的にも)なので、
あるいは孫氏の思い通りになってしまうのではないか、とひそかに恐れています.

一方、ドコモの経営は疑問符がつくことが多いです。ドコモの目指す方向が一定して
いないように思います。先日も新機種発表会に出席しましたが、端末メーカーが
減っている影響もあって、いまひとつ盛り上がりにかけています。
端末のコンセプトも全部入りなのか、特定用途なのか、シンプルなのか
まだ過渡期の印象です。実質はともかくわかりやすいサービスの訴求攻めてくる
SBMに対して動きの鈍いドコモで対抗できるのか、心配しているところです。

em60-254-216-121.pool.e-mobile.ne.jp


No.17703 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 05/29(木) 09:46
906i、ドコモはダメっぽいですね。
従来の路線からの変更を考えているのか、中途半端な印象です。
デザイナーコラボも無ければ目新しさもなく、随分ケチったなぁという印象です。
もしこれで906iが売れたらドコモは凄いって事になるのでしょうが、どうかなぁ。

別の場所でiPhoneの話が出ていて、個人的にはドコモよりSBMにやらせた方がうまく行くかなと思っています。
ドコモではiPhoneの良さをスポイルしかねない。
逆にSBMならAppleの良いところを乗っ取る形でビジネスをするでしょうから、お互いに活きてくる可能性があります。
ただしいかんせんSBMはインフラが弱すぎる。
音楽や画像ダウンロードには耐えられそうにないし、HSDPAのエリアは公表できないレベルなので、音声はSBMでデータはドコモネットワークを借りるのがベストかな。

No.17728 RE:松本氏のブログ 証アナ [Windows/Vista] 06/03(火) 12:35
>従来の路線からの変更を考えているのか、中途半端な印象です。
デザイナーコラボも無ければ目新しさもなく、随分ケチったなぁという印象です。

今年に限ればソフトバンクよりもドコモもほうが資金繰りが厳しいと思います。
その影響がでているんでしょうね。


>別の場所でiPhoneの話が出ていて、個人的にはドコモよりSBMにやらせた方がうまく行くかなと思っています。

本日ソフトバンクが夏モデルの発表を行う予定です。
となるとiPhoneは厳しくなったかな。


em60-254-246-138.pool.e-mobile.ne.jp


No.17734 RE:松本氏のブログ 証アナ [Windows/Vista] 06/04(水) 15:57
iPhoneはソフトバンクに決まりましたね
孫さんのことだから新製品発表会で大々的にやるのかと
思いましたが既存メーカーに配慮したのかな。

em60-254-223-27.pool.e-mobile.ne.jp


No.17735 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 06/04(水) 16:03
他社に配慮なんかするかなぁ。
いずれにしてもドコモが出すよりiPhoneが活かせるのではないかと(ネットワーク的にではなく商品として)思います。
どういう売り方をするのか、どの程度の販売量になるのか。

No.17736 RE:松本氏のブログ 証アナ [Windows/Vista] 06/04(水) 17:14
>他社に配慮なんかするかなぁ。

ええ、私もそう思うのですが、発表するのであれば
大々的にやるとおもうんですよね
唐突な印象がつよいから
情報が漏れそうなったとかかもしれませんね

em119-72-56-202.pool.e-mobile.ne.jp


No.17740 RE:松本氏のブログ ひま〜 [Windows/XP] 06/04(水) 21:52
禿
スゲェエェエェ─【o`゚□【o´゚□゚`o】□゚´o】─エェエェエ

というか
シュア50%も持ってるのに
選ばれないドコモって、
どんだけ〜

つい2日前には
ケータイ業界に精通しているジャーナリスト達が
口を揃えて、
「iPhoneは、ドコモ!」
と語ってたのに、

ケータイ業界を知る5人が語った 
大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!
こちら
・Appleとの関係が深いドコモが優勢(石川温氏)
・iPhoneがiモードに対応する可能性も……(石野純也氏)
・金銭的な上限をクリアできればドコモ(神尾寿氏)
・ユーザー数の多いドコモが有力だが……(法林岳之氏)
・多彩な端末の販売実績があるドコモ(村元正剛氏)

それでも、
フラレちゃうドコモって、
どんだけ〜

softbank219051057142.bbtec.net


No.17741 RE:松本氏のブログ NAKA [DoCoMo/N904i] 06/04(水) 22:12
携帯ジャーナリストといっても、ごく普通の予想しかできないから、みんな『ドコモ』というんでしょうね。この掲示板にきている人たちと知識量はたいして変わらなかったりして。

携帯でメールやSNSを誰もがやる日本人。スパボ一括の通話専用機としてならともかく、タッチパネルでメインの機種として売れるのか、少々疑問です。

proxy1120.docomo.ne.jp


No.17742 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 06/04(水) 22:40
ジャーナリストの予想というより希望だったんじゃないかな。
業界にいる人でソフトバンクを好きな人はいないでしょうから。

Appleとの契約がどうなっているかですが、販売量コミットがあるとするとインセンを積み増してでも売り切らないといけないですね。
ロイヤリティはどうするのかな。
PC定額並みのパケット料を取るのか?
その為にBizコピーを廃止したのか?
色々楽しみです。

ドコモ向けは品質管理が厳しかったんじゃないかな。
某M社も倉庫の中には突き返された端末が山のように…

No.17743 RE:松本氏のブログ FUSHIKIZ [Windows/2000] 06/04(水) 23:09
>Appleとの契約がどうなっているかですが、

おそらく、ディズニーと似たように、SBMのインフラを使うが、契約などは
ちょっとちがう、、、という位置付けじゃないでしょうか。

>ケータイ業界を知る5人が語った 
>大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!

情報の質が悪いのですよね。評論家、というよりもインサイダー評判家
じゃないかな。単にコドモから一般人よりわずかに早く情報をもらった
ことを、雑誌にリークして喰っているわけで、自分で得た情報じゃない
からですね。ようするに、”たかり”です。

最近はKeyさんがいませんが、やはりここにこられている方々、みんな
SBMがキライのようですが、SBグループには個人的には得体の知れない
パワーを感じるのですね.

いわゆる、日本村の住人とは違う、というか、さすが電子辞書を売った
金で米国で当時yahoo株を買い、一台でSBグループを立ち上げた人間は
良し悪しは別にせよ、たしたものだと。

FUSHIKIZ

No.17744 RE:松本氏のブログ FUSHIKIZ [Windows/2000] 06/04(水) 23:13
>タッチパネルでメインの機種として売れるのか、少々疑問です。

これも、予想を裏切って、ある程度(ディズニー程度の)シェアは
とれると思います。

まあ、各社にスマートホンの類はすでにあるのですが、一般人はそのことを
知りません。スマートホンの類を使っているのは、一部のオタクであって
一般人はザウルスの類と思っていて、通信機能があることは”見えてない”
のだと思います.

で、アップルは、またあたかもスマートホンはウチが発明したのだ、的な
宣伝をやると、コロっとだまされるヒトが多いのでは無いかと思いますよ.

FUSHIKIZ

No.17746 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 06/04(水) 23:25
いわゆるスマートホンの類はなかなか日本では売れないんですよね。
SBMにしても通話が出来てメールがちょっと出来る、普通の層を狙っているとするとiPhoneは厳しいでしょう。
ただ、ライトユーザ層以外がこれで開拓できるとすると、新たな客層を取り込むことが出来るわけで、SBMならそのくらいのことはやりそうな気もします。
孫さん自身インターネットマシンの時代が来ると声を張り上げていたのはつい先月の話です。
PCでやらなくてもケータイ一丁で作業が出来る、時間の節約だとブチ上げました。
この流れを、うまくするとiPhoneが後押しするかも知れません。

ここでインフラの弱さが露呈してしまうわけですが、それこそ無線LAN主体のようなYBBの流れをうまく使えば何とかなるかも。
ライトユーザと違って、聞きたいときに音楽がダウンロードできなかったり動画が途切れ途切れにしか観られなかったら魅力半減。
ま、それでも売りまくるのが孫さんだとは思いますが。

人気機種ともなるとスパボ詐欺にあいやすくなり、もしかすると一括払いのみかも。
こうなるとイニシャル出費が痛そうです。

No.17747 RE:松本氏のブログ 証アナ [Windows/Vista] 06/05(木) 08:24
ドコモは、なんどかここで申し上げたように官僚的で自分が一番優れていると
妄信されているところがあって、端末の開発も主導的です。
アップルがドコモのいうことを全面的に受け入れるとは考えにくいので
交渉が難航するのは必然だったように思います。

ただ、昨日も申し上げたように孫さんが発表会で公表しなかったのは
すこし腑に落ちませんね。

>これも、予想を裏切って、ある程度(ディズニー程度の)シェアは
とれると思います。

キャリアに固定観念みたいなものがあって、スマートフォンを使うのは
一般人ではなくマニアだ。だからマニア向けの仕様にしなければならない
というような前提で開発されたものが多いのも一因じゃないでしょうか?
その点iPhoneは、一般向け前提の製品なのでマーケティングをうまくすれば
普及する可能性があると思います。この手の思い込みや先入観ほど
やっかいなものはないんですよね。

em60-254-220-146.pool.e-mobile.ne.jp


No.17748 RE:松本氏のブログ 証アナ [Windows/Vista] 06/05(木) 08:27
>情報の質が悪いのですよね。評論家、というよりもインサイダー評判家
じゃないかな。単にコドモから一般人よりわずかに早く情報をもらった
ことを、雑誌にリークして喰っているわけで、自分で得た情報じゃない
からですね。ようするに、”たかり”です。

 残念ながらライターの方たちはソースと密着しすぎているように思います。
 アナリストもそういうところがあるのでいえた話ではないのですけれど・・・
 

em60-254-220-146.pool.e-mobile.ne.jp


No.17749 RE:松本氏のブログ a&D [au/INFOBAR2] 06/05(木) 08:56
色んな所に書いた後気づいたのですが、修理体制(バッテリ交換等を含めて)というかも関係ありですかね。
プラダもD&Gも修理窓口はドコモでしたよね。
こういった細かい交渉→選択肢が狭まる形でのSBMですかね。
まぁ野心というか挑戦の意思の強いキャリアなんで、iphoneのGoogle部分とかがどうなるのか楽しみでもあります。

しかし、ドコモは他社で出されるぐらいなら…と変な意地張ると思ってました(笑)

wb50proxy07.ezweb.ne.jp


No.17750 RE:松本氏のブログ ほりこし [Windows/XP] 06/05(木) 10:07
ディズニーはその時は話題になりましたが今は忘れられた感じもします。
10万加入くらい集めたのかなぁ。
iPhoneはそんな数じゃ商売にならないと思うので50万くらいは売らないと。
話題作りやコンテンツサービスをどこまで出来るかで、この点ではドコモより孫さんの方が腕は良いと思います。

修理に関して、SBMは売り切りに近いので(笑)壊れたら捨ててねみたいな。
孫さんは飽きっぽいみたいなので、売れ行きが鈍ると放置しそうですね。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17714 田舎でも高規格道路は欲しい adfl [Windows] 06/01(日) 10:55
国道57号線の高規格化の工事やってますが、早く工事を完了させて欲しいです。
旧い方の57号線はカーブが多くて非常に疲れます。

ほりこしさんの知人は今国津々浦々にいらっしゃるのでしょうか。

u501028.xgsfm2.imtp.yokohama.mopera.net


No.17715 RE:田舎でも高規格道路は欲しい nobody [Windows/XP] 06/01(日) 11:28
私も雑記に同感で、高速道路を作るとレジャーなんかで長距離を車で通過する
人にとっては便利なのですが、地元の人にとってはインターの間隔が長くて
高い料金を取られる高速道路よりも、みんなが使える部分的な改良の方が
よほど良いと思います。
かなりなお金かけて旧道にトンネル作って峠越えをバイパスしておきながら、
暫定2車線の高速道路を平行して建設していたりするのを見ると、何をやって
いるのかといつも思います。

そりゃ、たまにしか車に乗らない私のような人は、設計最高速度120km/hの
高速道路でショートカットできた方がうれしいですけど、それが原因で下道の
ドライブインが潰れて、かつ料金がネックで地元の人が使えないんだったら
高速道路建設が経済に対して悪影響を及ぼすだけにしかならないからです。


まあ、レギュラーガソリンが170円になって、これから先どんどん需要予測が
外れていく中で、参議院の与野党逆転はあと6年は解消しませんから、国交省も
これまでみたいな無茶苦茶はできなくなるでしょう。

No.17716 RE:田舎でも高規格道路は欲しい Kazuna [DoCoMo/N905i] 06/01(日) 12:23
nobody樣の例
とっても国道18号線、碓氷峠を思い出します。
旧道は確かに走りにくいが有料のバイパスがある。
そこに高速道路を通しました。しかし、当面は対面通行です。
ドライブインは閉店し釜飯屋はS.Aに移転しました。
更には新幹線まで通し在来線は廃線に…。(難所でしたが)

それとも、同じ様な場所って結構多いのかな?


No.17717 RE:田舎でも高規格道路は欲しい GAMA [Windows/2000] 06/01(日) 12:59
中央道の大月?あの先でしたっけ?
葡萄屋さんが並んでいる辺りが長らく未開通でしたよね。
未開通だったおかげで高速を走ってきた車がいったん一般道に降りるため、商売繁盛で潤ったんですよ。
でもそこが高速道路化されるにあたって大反対運動が起きました。
高速道路が出来てしまうと葡萄屋さんがつぶれてしまう。
20年くらい前の話だと思います。

高速道路を使う側にしてみればいちいち一般道に降りる必要がないので、つながっていた方が便利だと思いますが、地元にしてみれば観光客が来なくなってしまうって事です。
地元の人は高速道路が出来たとしても下道を使う率が多いそうですが、地元の人は葡萄は買わないから商売にプラスにならない。

No.17718 RE:田舎でも高規格道路は欲しい ほりこし [Windows/XP] 06/01(日) 13:21
九州のえびのや人吉の山を通る高速道路、出来たら便利になるのかなと思っていたものです。
あの辺りは一般道を通るにしても山道で大変。

高速道路が開通し、山を切り開くためにもの凄くお金がかかったと。
何度か通りましたが(当時対面通行)すれ違うクルマもなく、快適と言えば快適でしたが本当にこの道路は必要だったのだろうかと疑問にもなりました。
今は交通量も増えたのかな。

たぶん、たぶんですが通行料金の取られない道路だったらもう少し使われていたのかなと思います。
ループ橋も有料だと思うのですが、それも含めて地元のことを考えるなら無料が良いですよね。
元々税金で出来た道路なら無料で提供できるはず。

No.17719 RE:田舎でも高規格道路は欲しい JR8 [Windows/XP] 06/01(日) 15:05
以前書いた内容の繰り返しで恐縮ですが

北海道では、地方都市への高速道路建設が進んでいます。
有料区間は、地元の人は滅多に使いません。乗用車はもとより、トラックは皆無。
都市間高速バスや、観光バス・送迎バスが使うくらいでしょうか。
そのバスですら、冬は下道を使うことが多いです。
まさしく「熊しか通らない高速道路」です。
よって、高速道路ができても、沿線の施設や自治体が悪影響受けることもありません。(笑)

高速道路自体要りません。
高規格道路でしたら大歓迎です。

No.17720 RE:田舎でも高規格道路は欲しい ほりこし [DoCoMo/N904i] 06/01(日) 19:33
せっかく造った高速道路の利用率が上がらないのは、割高な料金にもあるでしょうね。
バイパスなどでも有料のところもありますが、金を払ってでも使いたいと思うような高速道路以外の有料道路は全体の3割にも満たないとか。


No.17724 RE:田舎でも高規格道路は欲しい nobody [Windows/XP] 06/02(月) 23:24
スレッドを作った大元の方のコメントが頂きたいところですが。

元々の雑記は、なんかのカイカク派が言うような、「地方に道路はいらない」な
どという主張ではなくて、意義のよくわからないような有料道路を作るなら、
使われるように道路を作った方がいいんじゃないか、という主張なのですが、
どうもNo.17714は読み違えられているようで。

>とっても国道18号線、碓氷峠を思い出します。

碓井峠、たしかに旧道はイニシャルDの世界ですし、前に行った時はがけ崩れで
閉鎖されてて長野側へ行けませんでした。そこへ、碓井バイパスが開通して
とりあえず両県の行き来に支障はなくなってたわけですよね。そこへ似たような
経路で山岳高速道路を作る。

まだ、上信越自動車道はそこそこ利用されているからいいかもしれません。
私が常々気になっているのは中部縦貫道です。安房峠道路の意義は大きいです。
油坂峠道路も必要だったと思います。しかし、飛騨清美から平湯までの区間と、
中の湯から波多までの区間って必要なんでしょうか。この区間、相当の改良が
進んでて、多数のトンネルが掘られてて、登坂車線もかなり整備されている。

こんな区間にガラガラの暫定2車線の新直轄方式の道路を作っても、沿線の
みやげ物屋やガソリンスタンドが潰れるだけで、税金を投入した分に見合う
だけの経済波及効果や雇用創造効果は無いと思います。
#仕事終わってから上高地や新穂高へ徹夜で行くには便利ですけどね....

No.17727 RE:田舎でも高規格道路は欲しい [Windows/2000] 06/03(火) 05:50
地元民なので
中部縦貫道油坂峠、冬は難所で確かにトンネルは必要でした
しかし、高速道路になるまでは、あのトンネルが無料で通行できていたので、
今の状態はちょっと残念です

中部縦貫道の福井県側、油坂峠以外は必要無いと思います
山を豪快に削りながら、工事は進んでいるのが残念です

u043201.ppp.asahi-net.or.jp


No.17729 RE:田舎でも高規格道路は欲しい きたひ [Windows/XP] 06/04(水) 01:29
長野県は道路工事で成り立っている県というイメージがありますからねw
長谷村にあるあの走る事が出来ない高架道路とか・・・・
安房峠や権兵衛峠のトンネル等は必要だった道路の一つだとは思います。

個人的には東京外環、圏央道、北関東自動車道、首都高速C2を完全開通させて
もらいたいです。(1周?できるように)

ntszok178174.szok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


No.17730 RE:田舎でも高規格道路は欲しい 四形 [Windows/2000] 06/04(水) 11:26
>長野県は道路工事で成り立っている県というイメージがありますからねw
>長谷村にあるあの走る事が出来ない高架道路とか・・・・

 その「高架道路」って、ダム排砂システムの管理道路ですよね。
 あれは道路工事っていうよりダム工事では。

 あのあたりの土地柄なのか、美和ダム建設の時に美味しい思いを
したことが忘れられないのか、道路工事に限らず、大型風力発電
施設だの大型新設ダムだの、いまだに大型公共事業の利権に夢を
抱いている一般市民がとても多いですね。

 昔はサテオキ、最近は殆ど地元に利益は落ちてきませんけどねえ。
 

server122.janis.or.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17674 医師の報酬格差3 JR8 [Windows/XP] 05/24(土) 18:47
書き込めなくなったようですので、新スレ立てました。

混合診療の論議を読んでいて、ふと思ったことを書きます。
国民皆保険制度は、とどのつまり国営の保険と、その保険制度に契約した医師(保険医)と契約した施設(保険医療機関)からなるシステムですよね。
でしたら、民営で同じようなものを作ればよいのでは?

医師や医療施設が、国と契約するのではなく、Fast&First生命保険という保険会社と契約する、というイメージです。
この場合、診療報酬を決めるのは国ではなくFast&First生命保険ですから、国内未認可の診療も、医師の腕別に料金格差をつけても、まったく問題ないのではないでしょうか?

No.17675 RE:医師の報酬格差3 Tako [Windows/XP] 05/24(土) 18:57
>医師や医療施設が、国と契約するのではなく、Fast&First生命保険という保険会社と契約する、というイメージです。

 既出です。

>アメリカを引き合いに出したいのか、出したくないのか判りません。
普通の国語力があれば判るでしょう。引き合いに出しているのは高名な脳外科医です。

 婉曲にと思ったのですが無駄でしたね。

No.17676 RE:医師の報酬格差3 JR8 [Windows/XP] 05/24(土) 20:55
>既出です
あ、失礼しました。
読み返して、気づきました。

No.17682 RE:医師の報酬格差3 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/24(土) 23:52

ジェネリック=効き目が同じ薬、との定義は間違いですね。

個人的に、慢性の成人病の薬はジェネリックでいいんじゃないでしょうか。
糖尿病の薬はちょっと怖いですが、注意して使う分には大丈夫かな。

ただ、絶対にジェネリックがよくない薬があります。

まず、抗がん剤のジェネリック。これは勘弁してほしい。

次に、全身麻酔、局部麻酔のジェネリック。これも勘弁してほしい。

これらは、わずかな効き目の違いで、死人が出るから、です。

まずジェネリック、といっても、有効成分がまったく同一で無いことが
ある。Na塩だったり、K塩だったり、します。


また、薬には安定剤(燐酸など)、殺菌剤、賦形剤(乳糖、デンプンなど)、
色素(錠剤の色)など、先行する薬剤とゾロでは異なることがある。この
あたりがわずかに薬効が違ってくる原因でしょうか。

また、アレルギーやショックって有効成分だけでなく、安定剤、殺菌剤など
でも起こりうるので、当然ジェネリックでは異なることも起こりえると
思います。この確率はかなり高いのじゃ無いでしょうか.

またジェネリックの有効成分にはいろいろな由来がある。良い方から書きますと、


1)原末を先行品と同じ、もしくは同等の薬剤会社が作り、それを供給している。

これはOEMとか、第二純正品(ドライブジョイのような?)のようなものでしょうか。

最近はメルクとか、世界的な薬剤会社がゾロ専用の会社を作っています.

2)原末がある程度信用できるところから出ているが、薬効が同じかどうかは保証できない
もの。

最近の流行は、インド製原末でしょうか。ゾロ大手は自分で作っているものあるようです。

3)原末の出所に疑問があるもの。

これは信頼性が?です。

ようするに、ゾロの品質はさまざまであることです。

あとのリスクとしては、たとえば患者さんが救急で運ばれた、とします。運が良く
薬のリストがあったとしても、それがゾロばかりだと、どんな薬剤かわからない。

いちいち本かパソコンで引くことになる。その間はケアができない。というのは、
飲んでる薬がわからないと治療に着手できないこともあるから、です。

ですので、私はお金持ちの場合は、純正を指定されたほうがいいかと思います。

ゾロのネーミングにはいろいろおもしろいものがありますよ。

ボリンリール(グラマリール) グッドミン(レンドルミン)、
ミンザイン(ハルシオン)、ぺランプリン(プリンペラン)などなど。

FUSHIKIZ

No.17686 RE:医師の報酬格差3 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/25(日) 07:23
>医師や医療施設が、国と契約するのではなく、Fast&First生命保険という
>保険会社と契約する、というイメージです。

米国ではマネージドケア、というのが一時はやりました。

これは、ブラックマンデーで失業した数字統計学者が保険会社に雇われて、
病気の治療をあるていど定型化(はい、いいえ)することで、保険料を
下げたものです。

たとえば、Aさんが風邪を引いた、とします。どうもアスピリンじゃ
だめかな(米国ではアスピリン1000錠1000円くらいで売っている)
と思うと、保険会社に電話をする。

と、看護婦のオペレーターが出て、あらかじめ決められた質問にそれぞれ
イエス、ノーで答えさせる。と、パソコンが、治療法を選択する。
たとえば、

1)メシを食って早くねろ
2)薬を郵送するから、それを飲んで再度電話しろ。

つまり、この段階では病院にはかかれない、のです。

です。これで追いつかない、となると、保険会社と契約した病院の受診を
指定される。医師は診察して、保険会社の指針(本かパソコン)にある
フローチャートに従って、、治療法を選ぶ、ということです。

もちろん、手術など、高額なもののいくつかは、カバーされません(別に
実費になる)。今はマネージドケアの問題点がクローズアップされています
(払ったケカネの割に制限が多すぎる、医療の品質が悪い、会社は大もうけ
しているが)。それ以前にこんな保険でも保険料がどんどんあがるので、
かなりが脱落して無保険になる。

もっとも、このようなマネージドケアでさえ、入れるのは、米国人口の6割程度じゃ
無いでしょうか。

3割は無保険です。1割はもっと条件の良い保険会社(ほとんどの病院を
受診できるが、保険料が高い)です。


ほかは、たとえばラテンの国では満足な医療は無いですね。英国だと、診療を
申し込んで2週間から数ヶ月待たされます。

日本の保険制度はまあ、マシな方ですが、お金の配分が間違っている。だから、
妊婦や赤ん坊、子供があぶれるのです。老人を診察する内科の診療所が優遇
されすぎで、当然ながら産婦人科、小児科、外科が冷遇されている。これは
是正されるべきだと思います。

個人的には、75才以上の方にも払える方には1割を負担していただくのは
悪いことでは無いと思いますが、準備、広報、周知徹底がうまくなされて
いない。これはもちろん厚生省の責任ですが、じゃあマスコミは何をして
きた?後期医療がどうなるか、4月までにマスコミが何か広報やっていた
かな?という感じです。

特にNHK。おそらく左翼の巣窟だから、騒ぎがおこるのを待っていたとしか
思えませんね。

FUSHIKIZ

No.17687 RE:医師の報酬格差3 ichigo [Windows/XP] 05/25(日) 09:18
>ほかは、たとえばラテンの国では満足な医療は無いですね。英国だと、

フランス滞在経験があるので少々書きます。
政府が面倒を見る全加入の医療保険で患者負担は3割。保険が適用される診療報酬は固定。医師は公定料金で診察する者もあれば、保険外報酬を請求する者もあります。当然保険外は全額自腹となります。一般医は公定料金で行うところが多いですが、専門医は+αの部分に差があります。公立医療保険のまったくきかない、全額自腹になる医者もおります。

この公立医療保険のほかに民間保険会社の補完的な保険があります。これでのこり3割までも保険でカバーすると。保険の条件によっては自由報酬の部分もカバーされたりします。これは個人で加入したり、サラリーマンなら職場で一括加入だったりします。今の日本の全部国保でも、全部民間のアメリカ式でもないです。

大病したことが無いのでそんな時はどんな待遇なのかわかりませんし、老人事情もわかりません。しかし現役世代が日常で医師に医師にかかるという状況では、自由報酬が許されているからといって経済的弱者の医療を受ける機会がいちじるしく奪われているというわけでもなさそうです。私のかかりつけの医師は公定基本料金だけでしたし、だからといって質が悪いというわけわなく、むしろ親切ていねいでした。

おもしろいのに、かかりつけ医師登録制度というのがあります。公立医療保険でかかりつけ医師を登録すると保険払い戻しで優遇され、登録外医師に飛び込むとちょっとだけ不利になる。専門医へ行くにもこのかかりつけ医師の一筆の有り無しで払いもどしきききます。緊急時や産科婦人科、歯科にはてきようされませんが。

国別比較は医療だけに絞って比べれば差は出るでしょうが、ほかの行政サービスとあわせるとどこがとびぬけていいということも無いのではとおもいます。フランスの出産、育児支援はかなりのものということになっていますが(妊娠15週におこなう申告以降、出産まで100%保険カバー)子供2人目から育児補助金百数十ユーロ/月、納得いかないことが他にかなりあります。



No.17690 RE:医師の報酬格差3 かとう [Windows/Vista] 05/26(月) 10:55
フランスの方法は私的にはかなりよいと思います。
日本に導入する時の問題を予想してみました。(あくまでも予想です)

特に今まで優遇されてきた人からの反発(高齢者など)が多くなるでしょう。
・保険料または自己負担が上がった
・ジェネリックが増えた(先発品を希望しているのに)
・かかりつけ医なんていない

また、とんでもない所からの反発も・・
・俺らにも金くれー(公共事業請負業者など)
・道路族議員
・野党のみなさん(日本を壊す気か!)

どのように変えても何がしかの反発はあるし、一長一短はあるかとは思いますが、
小手先でない長期を見据えた物が必要ですね(その後の状況に応じた小手先改革はありですが)。
改良や改革でなく、革命(新制度の発足)を!

g037079.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17691 RE:医師の報酬格差3 nobody [Windows/XP] 05/26(月) 17:30
私はフランスの保険制度には詳しくないのですが、

>フランスの方法は私的にはかなりよいと思います

No.17687の書き込みで諸制度のかなり違う外国の制度の是非を判断できるもの
なんでしょうか。

とりあえず、フランスの付加価値税は19.6%(食品などは5%)あり、企業に対する
社会保障負担金や外形標準課税など、相当社会保障の仕組みが違います。
またフランスの抱える根深い社会問題って日本ではなかなか報道されませんよね。
せいぜい、パリ郊外などで暴動が起きたとか、またストが発生したとか。


>日本に導入する時の問題を予想してみました。(あくまでも予想です)

>・俺らにも金くれー(公共事業請負業者など)
>・道路族議員
>・野党のみなさん(日本を壊す気か!)

あなたの単なる思い付きですか?

No.17692 RE:医師の報酬格差3 かとう [Windows/Vista] 05/26(月) 20:17
>あなたの単なる思い付きですか?
>諸制度のかなり違う外国の制度の是非を判断できるものなんでしょうか。

ちょっとオチャラケが入ってしまったことに気分を害されたら謝ります。
「私的には」には単なる思い付きの要素も多少含まれています。
また、フランスの諸制度(医療関係以外の制度も含める)全般の肯定ではなく、
医療制度中の方法に対してのみの自分としての感想です。

あと、日本においても諸制度との絡みがあり導入は簡単ではないことを、
内容を少々歪曲させ記述しました。真意とシャレが通じない記述であったことを
お詫び申し上げます。

g037079.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17693 RE:医師の報酬格差3 ボーリ [Windows/2000] 05/27(火) 23:32
TVでやってる事ですから何らかの意図がある事を疑った方が良いですね。
件の先生は、TVで良く取り上げられるようになったのが5年ぐらい前から
でしょうか。その頃から某顕微鏡メーカーのアドバイザーになったようで
最近の番組では、メーカー名が大きく映る機会が増えましたね。
そう言えば、日本に自分の名前のついた病院をここ何年かで何件か作った
ようですね。そう考えると裏で絵を書いてた人間が居るのかと思ってしまいますね。

医師の報酬格差では、今はフリーランスの麻酔科医が流行ってるらしいですね。
麻酔科医不足のおかげで、1回のオペで脳外科医の5倍取ってる事もあるとか。
これからは、外科医のフリーランスも増えるのではないかと言われてますが、
そうすると、残った勤務医の労働環境がさらに悪化するので健康保険以前に
総合病院(特に公営の)の崩壊の方が早いかもしれませんね。

g039152.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17694 RE:医師の報酬格差3 ほりこし [Windows/XP] 05/27(火) 23:44
逆リンクをたどってみると、nikaidou.comさんからリンクされていました。
こちら

No.17695 RE:医師の報酬格差3 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/28(水) 02:00
>逆リンクをたどってみると、nikaidou.comさんからリンクされていました

また、とんでも無いところからリンクされていますね。

文章には人間の名前がありませんが、一応削除しておきます。

FUSHIKIZ

No.17696 RE:医師の報酬格差3 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/28(水) 02:09
>総合病院(特に公営の)の崩壊の方が早いかもしれませんね。

特に200床を少し超えたあたりの公立病院はかなり閉鎖されるのじゃないでしょうか
ね。

というのは、

1.病院の利益のかなりが手術で発生しているが、手術するには術者、助手、
麻酔医、機械だしナース、ちゃんとした病棟、検査部門、事務部門が
いります。200床だと苦しいのです.

2.200床を超えると、なぜかいろいろな指導料や管理料がとれない。つまり、
再来はほとんどが赤字になる。なぜか、200床以上の病院は再診料が
診療所の1/5に設定されているのです。

それは、病院から診療所に患者さんを誘導し、病院では高度な治療に
専念できるように、ですが、地域の中核の病院がまったく再来をみない
わけにはいかない。再来を見れば見るほど赤字になる。

これは、医療制度、というよりは料金制度の問題ですね。
しかも、地方自治体も財政が厳しいので、赤字の病院を維持
できない。

したがって、診療科がそこいら中歯抜け(脱落)した病院だらけ
になる。あるいは、病院を再来料の高い診療所に格下げする
ということが起こる。

おそらく本年中には、このクラスの病院の大半が瓦解するんじゃないですかね。
目下、後期医療の調子が良くない.これがうまく行かない、とみると、みんな
逃げ出すでしょう.

FUSHIKIZ

No.17697 RE:医師の報酬格差3 ビギナー [DoCoMo/P903iTV] 05/28(水) 11:36
最近の傾向として、中堅病院が廃業に追い込まれる一方、巨大マンモス病院が続けている・・・
というお話を聞きましたが、
そういう事情があったのですね。

医療関係のメーカーも最近は販売の軸足を調子の良いマンモス病院に移しているとの事です。

proxy3118.docomo.ne.jp


No.17698 RE:医師の報酬格差3 nobody [Windows/XP] 05/28(水) 21:55
>逆リンクをたどってみると、nikaidou.comさんからリンクされていました

リンクというか、完全な転載ですよね。どう見ても引用の範囲を超えている。
明らかな著作権法違反という犯罪なんですが、他人の著作物を勝手に使って
いるという意識がないんでしょうね。


>それは、病院から診療所に患者さんを誘導し、病院では高度な治療に
>専念できるように、ですが、地域の中核の病院がまったく再来をみない
>わけにはいかない。再来を見れば見るほど赤字になる。

これはかなり前から厚生省ががんばってやっているのですが、医療の現場が
疲弊するだけで全然成功してませんよね。入院日数をアメリカと比較して
日本は長いからもっと短縮を、というキャンペーンもありましたが、アメリカ
と日本の差異をちゃんと検討したものでなくて、単に医療費削減の口実として
使っただけでした。

しかし、この200床クラスの病院って一般的にそう気安く行くような病院では
ないはずなんですが、ここを潰してしまうと救急医療が本格的に崩壊するような
気がします。
以前、中津市民病院の例を挙げられていましたが、ああいう例が同時多発的に
全国で起きると、救急やら入院が困難になる(しかもその変化は短期間で起きる)
ような気がします。

No.17702 RE:医師の報酬格差3 COLE [Windows/XP] 05/29(木) 09:33
週末から、ネットが盗作vs捏造ネタで盛り上がっているところですが、
今回のnikaidou.comは盗作ではないですね。
引用(一般にOK)と転載(本人の許可がなければNG)の線引きはどの辺にあるのでしょう。
引用or転載した他人の文章より自分の文章の方が多ければ良いのでしょうか?

今回の件は、二階堂氏の方がこっちに書かれたら何の問題もなかったわけですが、
ブログと違って掲示板は流れてしまうので、リンクだけでなくある程度は引用しておこうという気持ちは分からなくはないですが、
本人の許可なく名前、全文丸写しは、私もされたことがあって、気持ちの良いものではないです。

私も、ネットで見つけた情報を記録しておくのに、以前は自分のパソコンに入れていましたが、最近はブログを使っています。検索が楽なので。
人に見られて困ることは書いていないし友人も興味持ってくれているので閲覧制限はかけていないのですが、
転載にあたるのであれば、そしてアクセスログを見て不特定多数の人が来ているようだったら閲覧制限したほうが良いのかな。

No.17706 RE:医師の報酬格差3 nobody [Windows/XP] 05/29(木) 22:48
>引用(一般にOK)と転載(本人の許可がなければNG)の線引きはどの辺にあるのでしょう。
>引用or転載した他人の文章より自分の文章の方が多ければ良いのでしょうか?

最高裁判所第三小法廷昭和55年3月28日判決こちらは、
まさにこの点について判断を示したものなのですが、「著作権法は時代について
いけてない」という批判が多数起きるなかで、この判決に批判的な学説は聞かれ
ませんので、これが現代にも通用する基準でしょう。

ポイントは「両著作物の間に前者が主、後者が従の関係があると認められる場合
でなければならないというべきであり」という部分ですね。あくまでも引用する
のは自説を補強するためですから、引用文は従でないといけないわけです。

No.17694の先を見てみると、どう見てもFUSHIKIZさんの文章が主であって、それに
若干の感想を述べているに過ぎないわけであって、明らかに引用の範囲を逸脱して
います。まあ、著作権侵害は親告罪なのでFUSHIKIZさんが告訴しない限り、逮捕
されることはないでしょうが。

ただ、元の文章は結構微妙な性質の文章であるわけで、そこのところをある程度の
リスクを考慮しながら書かれたものであるというのが節々に伺えてましたので、
これにフリーライドしている転載先には、法律論云々を離れたところで嫌悪感を
感じます。

>転載にあたるのであれば、そしてアクセスログを見て不特定多数の人が来ている
>ようだったら閲覧制限したほうが良いのかな。

どのような形態かわかりませんが、転載どころか送信可能化権の侵害とみなされる
可能性もありますので、速やかに閲覧制限して、私的利用の範囲に留めるように
するべきでしょうね。

No.17709 RE:医師の報酬格差3 COLE [Windows/XP] 05/30(金) 08:16
nobodyさん、ありがとうございます。
ひとまず閲覧制限して、転載にあたるものを削除します。

送信可能化権について確認ですが、二階堂氏の転載もFUSHIKIZさんの了解がない限り送信可能化権の侵害になりますよね。
FUSHIKIZさんはあくまでこの掲示板での公開だけを前提に書き込みなさったのですし、
ましてや現在ではこの掲示板での公開も取り止めていらっしゃるのですから。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17643 地球温暖化 みお [Windows/XP] 05/23(金) 01:28
ほりこし様が、炭素のことを記載されたことに便乗します。
CO2が地球温暖化の源のように言われていますが、CO2がどのようにして熱を保持するのか、色々と調べてみましたが今だ理解できません。
京都大学や東京水産大学にも、CO2は、地球温暖化の原因物質ではないと、主張される先生が何人かいらっしゃいます。
ご存知の方がおられましたら、是非、ご教示ください。

No.17645 RE:地球温暖化 りんた [Windows/2000] 05/23(金) 09:57
二酸化炭素の温室効果について

一般に、すべてに物体から放射される電磁波の種類は、その物体の温度によって決まります。
太陽の温度は約6000Kと高温なため、その放出する光(電磁波)の波長は、いわゆる電波と呼ばれる波長の長いものから赤外線、可視光線、紫外線、X線などといった波長の短いものまで放出されていますが、主として短波域の光と考えられると思います。
一方、地球は−50度(℃)から40度程度の温度なので、大体300K程度です。
結果、地球からの放射は、大部分が赤外線域の放射となります。
そして、二酸化炭素(水蒸気)は、ちょうど長波域のエネルギーを吸収するので、外(太陽)から入ってくる光は素どうりで、外(宇宙)へ出て行く光(熱)はため込んでしまうことになると言うわけです。


「二酸化炭素が増えたから地球が温暖化している」という考え方が正しいかどうかは、まだまだ絶対そうだとは言い切れないないかもしれないなと、個人的には感じています。
二酸化炭素が増えたデータがあることは真実ですが、この説が真実かどうかは、わからないという意味で。

不十分なところあれば、適宜訂正お願いします。

りんた

59-190-91-172.eonet.ne.jp


No.17646 RE:地球温暖化 みお [Windows/XP] 05/23(金) 12:15
りんた様、ご丁寧なご説明をいただき、ありがとうございます。
二酸化炭素が、熱をため込んでしまう理由がよく分かりました。

ところで、過去の資料を検索すると、全年度ではありませんが、二酸化炭素量が増加した年度は、各国平均気温が高目になっています。しかし、そうでない年度もありますので、地球温暖化の原因は、二酸化炭素のみが原因だとは思えません。深層海流等、他の原因もあるかと思料いたしますが、どのようなことが考えられるでしょうか。

また、何事も行き過ぎは問題ですが、地球は温暖化するほうが、寒冷化するよりも、食料問題等で、悪いことでは無いと思料いたしますが、間違った考えでしょうか。


再度のご教示のお願い、よろしくお願いいたします。

219x113x187x140.ap219.ftth.ucom.ne.jp


No.17647 RE:地球温暖化 ほりこし [Windows/XP] 05/23(金) 12:20
海中に溶けこめる炭酸ガス量は海水温度が上がると減少するので大気中に放出されます。
なので気温が上がったことによって海水温が上昇し、それが炭酸ガス濃度の増加につながっているのだという人も居ます。
それとは逆に、炭酸ガス濃度上昇が先でそれによって海水温が上がっているという説もある。

気温変化はともかくとして、炭酸ガス濃度が高まっているのは事実ですよね。

> 食料問題等で、悪いことでは無いと
>
炭酸ガス濃度の上昇と適度な気温の上昇は植物の発育に貢献します。
しかしこれによる気候変動などが大きいとすると、例えば台風が沢山発生するとか砂漠化が進むとか、洪水が起きるなどがあるとすれば(あるとすれば)植物はダメージを受けるでしょうね。

No.17649 RE:地球温暖化 B51 http://b-51.hp.infoseek.co.jp/ [Windows/XP] 05/23(金) 16:11
気温上昇とCO2濃度の関係は確かに鶏と卵で、実際の地球ではどちらがきっかけなのかは微妙なところがありますね。
しかし、現実問題としてCO2濃度が上がれば保温効果が高くなって、さらに温暖化が加速するのは自明です。
温暖化のきっかけが人為的なCO2放出ではないとしても、人間が今までどおりの生活を続けていくためには、極力気候変動は少なくしないとならないわけで、そのためにはCO2濃度も極力変動させない努力は必要でしょう。

よく、「今までが寒冷期だっただけで、温暖化していくのは自然の流れだ」「だからCO2削減などやったって仕方ない」という人が居ますが、上記のように原因が何であるかは、対策を採るかどうかの理由にはならないと思います。
巨大隕石が落ちてくるとして、そのようになるのが自然なのだから対策は撮る必要が無いというのと一緒ですね。

>地球は温暖化するほうが、寒冷化するよりも
変動は全ての地域に平均して訪れるわけではありません。
ご自分でも書いているように、気候と言うのは海流とか気流とか複雑な要因が絡まって決まります。

バランスが現在の状況から変動するということは、(もちろん氷河期になるよりは温暖化の方が良いでしょうが)今までどおりの生産活動が出来なくなるということです。
例えば、穀倉地帯が干上がって、大都市圏が湿潤になったとしても、都市をいきなり農地にすることは出来ませんよね。

そんな感じで、どっちの方向であれ、「現在の地球上生物の都合としては」変動が起こらないことに越したことはないのです。

No.17652 RE:地球温暖化 すぎもと [MacOS] 05/23(金) 21:51
江戸時代、天明の浅間山大噴火レベルの噴火がどこかで起これば、
粉塵などによって気候の寒冷化が起こるようです。
...で、いつ起きるかって?
わかりませんよね?
同時に同規模噴火が複数おきたて寒冷化したら、
「もっと二酸化炭素を!」なんでね。

218.33.197.20.eo.eaccess.ne.jp


No.17659 RE:地球温暖化 あらき [Windows/XP] 05/24(土) 00:09
温暖化についての科学者による現在の状況の分析と今後の予測はIPCC4次報告書
こちら
をみるのがいいと思います。

今後の予測のところをみると、かなり排出量を抑えても100年間以上にわたる温暖化は避けられないというような趣旨のことが書いてあります。
干ばつもそうですが、巨大台風の発生が増えるというのが心配な感じがします。何年かに一回日本でも河川が決壊して広い範囲が水浸しになるような災害がありますが、それが毎年日本のあちこちで起こるというようなイメージでしょうか。

火山の噴火の影響は確かにある(最近だとピナツボ火山)ようですが、影響が残るのはせいぜい数年なので、蓄積的に効いてくる温室効果ガスの問題とは比べられないと思います。

宮沢賢治の話で冷害をなくすのに火山噴火で云々という話があったような気がしますが、むしろ冷害がひどくなるような。。。

i121-113-204-16.s05.a011.ap.plala.or.jp


No.17661 RE:地球温暖化    [Windows/XP] 05/24(土) 00:56
二酸化炭素削減を通して工業国の国力もなんとなく削減するのが真の狙いだったりして。

kyt6-p210.flets.hi-ho.ne.jp


No.17672 RE:地球温暖化 りんた [Windows/2000] 05/24(土) 13:58
温度がどちらがわに振るにしても、変化が大きいことは現住する生物には負担が大きいことだと思います。
そして、自然(地球)は、人間が思うほど単純ではないと思います。

さばく緑地化、ダム建設、台風(実際に行ったのはアメリカなのでタイフーンかな)制御、動物の移動、どれもこれも、やってみたら思わぬ事態も起きてきています。

人はおごりすぎているように思います。


>温暖化のきっかけが人為的なCO2放出ではないとしても、人間が今までどおりの生活を続けていくためには、極力気候変動は少なくしないとならないわけで、そのためにはCO2濃度も極力変動させない努力は必要でしょう。

私もこの意見に賛成です。
二酸化炭素だけではなくエネルギーをどう使うかをもっと意識しないと現在の生活の維持期間は短くなると思います。
太陽から送られるエネルギー量と過去に送られてきたエネルギーの形態変化物量は既に決まった数値だからです。

一方で、気象学はいろいろ大げさにアピールして世間から研究予算をもらわなければならない宿命にあるので、ちょっと値引きして話を聴かなくてはいけない面もあるかもしれません。
何も生み出さない機械なのにべらぼうに高いものを使わなくちゃいけないんですから。
でも、きっと人類の役に立つ研究であると思うので、寛大な眼で見守る必要もあるかなと思ってます。


私の住むの自治体では、貝殻は燃えるごみに指定されていて、いつも納得行かないなぁーと思っているりんたです。
微量とはいえせっかく同化(固定?)できてるのになぁ???ってかんじです。

59-190-91-172.eonet.ne.jp


No.17681 RE:地球温暖化 note [Windows/XP] 05/24(土) 23:49
便乗してききたいことがあります。
予想される100年後の気温に数年以内にこぎつける研究とかないのでしょうか。
実際にちょこまかした温暖化対策で100年後の気温変化をどうにかすることができるならば、逆に本気を出せば数年後にその最悪のシナリオ結果を引き出す方法があってもよい(?)と思うのですが。

p4021-ipbf504niigatani.niigata.ocn.ne.jp


No.17683 ごめんなさい note [Windows/XP] 05/25(日) 00:04
100年後をx年後に直して読んでください。

p4021-ipbf504niigatani.niigata.ocn.ne.jp


No.17688 RE:地球温暖化 ichigo [Windows/XP] 05/25(日) 09:32
>予想される100年後の気温に数年以内にこぎつける研究とかないのでしょうか。

予測のもとになるデータでも実際の観測によるもので、1993年はとんでもない冷夏だったが1994年はすごい猛暑でしたようにいま温暖化と呼んでいるものはものすごいノイズのなかにあるわずかな上昇トレンドで数10年単位でないとわからないと思います。
そして予測されるみらいも、現実はばらついているでしょうから、数年という精度は意味が無いと思います。

No.17689 RE:地球温暖化 みお [Windows/XP] 05/26(月) 00:29
りんた様
B51様
あらき様

皆様の貴重なご助言、ありがとうございます。
地球温暖化の原因は今だ未定ですが、CO2が地球温暖化を促進している原因の一つと考えれば、CO2を増やすことは、地球の環境破壊につながることがよく理解出来ました。
子供達に、今以上の快適な環境を残すため、CO2を増加させないよう、また、出来ることならCO2を削減出来るよう、微力ですが全社をあげて努力していきたいと思料いたします。
師事した東京大学の先生方、また、東京工業大学、東京水産大学、京都大学の先生方や、その他、ご紹介を頂いた先生方のご意見も参考にしていきたいと存じます。皆様ありがとうございました。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17629 医師の報酬格差2 かとう [Windows/Vista] 05/22(木) 03:02
書き込めなくなったので、新スレです。

横ヤリのようですが、
>その中で「信頼できない薬を患者に飲ませられない」として切り替えに抵抗した医師は悪人なのですか?

>ジェネリック医薬品を信頼できない薬と決め付けるとは

前にも書きましたが、ジェネリックは生物学的同等性試験を経ているので血中濃度推移などはほぼ同等と考えてよろしいのですが、効果に関しては何も調べていないというのが正しい表現ではないでしょうか。
つまり、信頼に足るデータもなければ使用経験もない状況です。やまもと様がジェネリックを信頼するといわれるのはご自由ですが、医師や患者がジェネリックは信用できないと考えても不自然さは感じません。先発品で好結果・好感触を得て入ればなおさらだと思います。まあ使ってみなければ始まらないといわれればそうですが・・・。

g037079.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17630 RE:医師の報酬格差2 ユウスケ [Windows/XP] 05/22(木) 06:51
>やまもとさん

回答がまだ途中までですね。書きかけでしたか?
内容に関するレスポンスはまだ控えます。

No.17631 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/22(木) 07:53
私がジェネリックを信頼できる医薬品だと考えている理由は、ジェネリック医薬品を大量に採用している医療機関を知っているからです。特に問題が出ているとは聞いていません。

回答は全てしたつもりですが。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17632 RE:医師の報酬格差2 ユウスケ [Windows/XP] 05/22(木) 08:11
No.17621の「またやまもとさんが、」以下についてはまだ無視されています。
お答えになるつもりはありませんか?

No.17633 RE:医師の報酬格差2 医師ではありませんが [Windows/XP] 05/22(木) 09:05
やまもとさんへ.

どうしても気になりますので再登場いたします.ちなみに,医療関係者でもなければ当然意思でもありません.念のため.

> 私の意見は当面、現状の健康保険制度を維持しつつ特殊技能を持つ医師には、その技能にふさわしい料金の上乗せをしたらどうか?です。ただ、そのような技能を持っている医師は少ないだろうとも書いています。

前回も書きましたが,特殊技能を持つ医師の定義はとても難しいと思います.やまもとさんは論文が多かったり,最先端にいたり,そういうことを定義されているようにお見受けいたしますが,例えば,災害対策で他国へ行かれる医師や,離島で奮闘する医師などは一般人からすると「有能な医師」との評価は少ないかもしれませんが,少なくとも「評価される仕事をする医師」ではあると思います.ただ,論文が多いかという点に関しては調べたことはありません.

 どんな仕事でも評価される物差しで見方がガラリと変わります.

 例えば,仕事に没頭し,家にも帰れず,子どもと遊ぶ時間も無い.しかし,仕事は評価されているというパターンの仕事をもつ人と,仕事はそこそこ可もなく不可もなく.しかし家庭を大事にする人.と(あくまで)端的な例を挙げてみますと,

 前者は職場ではとても評価されますが,当然家庭での評価は低い.後者はその逆です.

 しかし,どちらのパターンも見方を変えれば「有能」とは考えられませんか.

 話は変わりますが,一般人受けするテレビ番組で取り上げられやすい医師というのはメスを持つ科目の先生なんだそうです.考えるに,スポーツでも目立つポジションと,目立たないポジションがありますので,それは十分に考えられますけど.

 有能=目立つ では無いことを切に考えます.


 政府は医療費抑制のために積極的な採用をしたいようです.

 がしかし,

 医療費抑制=人件費の削減
 医療費抑制=薬などの経費削減

 がメインのようですが,ここ数年来の傾向を見ていますと悪い方向へはなっているようですが,よい方向へ向かっている兆しが見えません.

 悪い方向へ向かっているのは,なにも社会保障制度のためだけではないとは思いますが,低所得者層の医療費負担が高すぎるのは相当な要因になっていますし,とにもかくにもモラルハザードが大きいわけです.いわゆる病院のコンビニエンス化でしょうか.
 それはなにも若者だけでなく,高齢者も同様です.私も80歳以上の高齢者2名と同居していますが,患者間での薬のやり取りはもちろんのこと,あの病院は薬もくれないとか,まぁ大変なものです.言って聞くようなこともなく,これが医療費増加の元なんだなとつくづく感じます.薬をくれない=悪い医者かのごとく吹聴していますので.かと思えばなんだかわかりませんが山のように薬をもらってくる.それがある意味ステータスと感じる人々もいるわけです.

 相当根が深い問題ですけど,やまもとさんなにか具体的な対策お持ちでしたらお知らせください.

nthkid124084.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.17634 RE:医師の報酬格差2 ネジきん [Windows/Vista] 05/22(木) 12:25
>ただ、子供の医療費を無料にしている自治体がありますが、これが原因でちょっと
したことでもすぐに病院に連れて行って、という問題が出たりしますので、軽減
措置を設計する場合には十分な注意が必要だと思います。

結構多いのかもしれません。
2市にまたいで住みましたが今も子供はタダです。

タダだから病院通いが多くなるかどうかは疑問が残りますが
タダはよくない、と思う。 ありがたいことには違いないのですが。
昔からタダより高いものはない、とか。
後でごっそりつけが子供の世代に残らないかな?

世帯収入を鑑みて負担率を考慮したほうがいいと思うなぁ。
もちろんタダの世帯もあり。


203-179-92-163.cust.bit-drive.ne.jp


No.17636 RE:医師の報酬格差2 toshi [Windows/Vista] 05/22(木) 20:07
まあ、なぜジェネリックを医者が使いたがらないかっていうと、実は薬って色々な副作用とかがあるわけで、たとえば厚生労働省から副作用報告なんていうのがあったりすると、まともな製薬会社は、MRを捕まえて
 「これに書いてあることだけど、本当? なんだか問題があったっていうような論文とか詳しい文章ってある?」
って聞くと、いくつもの資料をすぐに持ってくるんだけど、これをジェネリックのメーカーに聞くと
 「大元の開発メーカーのMRさんに聞いてください」
なんて平然と言い放つんだよな・・・
 なおかつ売れない薬だとすぐに発売をやめてバックレルし。
 こんな経験をしていると、ジェネリックなんてなかなか信用できないななんて思うんだよな・・・・・・

p3032-ipbf308sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp


No.17637 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/22(木) 21:32
>特殊技能を持つ医師の定義はとても難しいと思います.やまもとさんは論文が多かったり,最先端にいたり,そういうことを定義されているようにお見受けいたしますが

違います、私の意見は自己申告制です。自分が高度な医療技術を持っていると思うなら別途料金を設定して公表すれば良いのです。そう書いてますよ。

>相当根が深い問題ですけど,

私と言うより、行政の回答の一つが今回の高齢者保険制度だろうと思います。今回の行政の失敗は、1.唐突で説明不足だった。2.マスコミがいつものように半可通ぶりを発揮した。3.政治屋の政争の具と化してしまった。だろうと受け止めています。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17638 RE:医師の報酬格差2 Kazuna [Windows/XP] 05/22(木) 22:20
ジェネリック品を使った感想 (本題の方はわからないので)

後から後発品が「ゾロゾロ」と発売されるので、
後発品を「ゾロ薬」や単に「ゾロ」と呼んだりします。

良くも悪くも名前だけは有名な超短期型BZP系の睡眠導入薬「ハルシオン」を
長年服用していますが、売れている薬だけに沢山のゾロ薬が存在します。
過去に「ハルラック」や「アサシオン」に変更したことがありますが、
どうしたことか全く効かず。気分的な影響はあるにせよ同一とは言えません。
ハルシオン 0.25mg 1T だった処方がゾロ薬に変更後は 0.25mg 2T となり、
それでも効かない…。これでは服用量は増え、価格が半額であっても負担は同じ。
「アサシオン」寝る前から「朝」という名称による影響だけではなさそうです。
結局、元のハルシオンに戻すことで落ち着きました。

ハルシオンのゾロ一覧 こちら

確かに主成分だけを見ると、どれも同じトリアゾラムです。
ところが、期待する効果や作用も同一かと言うと明らかに異なります。
有名なのでハルシオンでの経験を書きましたが、他にも効き方の異なる薬は
いくども経験しています…。効かないわけではないものの効き方が違ったり。

違いが出る理由は、こういうことかと こちら

決して後発品が劣っているというわけではなく、主成分が同じなら効果や作用も
同じという考えが後発品ですが、必ずしもオリジナルと同一で期待通りの働きを
するものではなさそうです。主治医や薬局からはジェネリックを勧められますが、
自分から断っている方です。(多分、主治医は過去の結果を忘れたのかと 笑)
ゾロで問題ない薬は、そちらを選択しています。

No.17639 RE:医師の報酬格差2 JR8 [Windows/Me] 05/22(木) 23:48
Kazunaさんと同じ経験を、「ホリゾン」と「セルシン」で経験したことがあります。
どちらもジアゼパムという薬のゾロもといジェネリック品であり、成分は全く同じ(はずの)薬ですが、ホリゾンでは著効するのにセルシンでは殆ど効かなかったのです。
たぶん、メーカー毎の微妙な調合の差や、成分を合成する際の微量な不純物の差などにより、効き目に差が出るのではないかと考えます。

No.17640 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/22(木) 23:49
>ジェネリック品を使った感想 (本題の方はわからないので)

本題は>「公務員のそれもそうですが、そもそも医者の請求する医療報酬が高すぎる
と思うのは私だけでしょうか。」と書き込まれた方がいて始まりました。

我が国の公的医療保険制度や医療水準を適正に保ちつつ改善する方法は無いのだろうか?と延々スレが繋がっています。公的健康保険制度の大きな問題点は老人医療費の高騰にあるのは事実ですから、私はジェネリックの大量使用も対策の一つなのかなと考えているし、同時に老人に対する医薬品の大量投与も本当に必要なのだろうか?と疑問を呈しています。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17642 RE:医師の報酬格差2 ユウスケ [Windows/XP] 05/23(金) 00:44
やまもとさんは自分にとって都合の悪い質問は無視なさるのですね。
まあ最初から誠実な議論が望めないことは判っていましたが、それにしても予想通りでした。
そのような方が疑問など呈され、議論を望まれても虚しい限りです。
あなたにはコメントする価値がないことがはっきりしましたので、やりとりはこれにて終了させていただきます。

常連の皆様方、設置者の堀越様、お目汚し失礼致しました。


〜ご覧の皆様方へ〜

こちらで投稿されている「やまもと」氏は、自覚的かどうか判りませんが、激しいルサンチマンを抱えるがためにメディア等で流布される「悪徳医師」もしくは「藪開業医」のイメージを積極的に拡大・一般論化しようとされています。

しかし、そのイメージは虚像であり、”噂話”以上の根拠が存在しません。

賢明な皆様方におかれましては、このような根拠のないデマ・煽動に惑わされること無く、現場関係者への直接接触を含めた信頼のおける複数の情報源から情報を入手していただき、ご判断下さいます様にお願い申し上げます。

No.17644 RE:医師の報酬格差2 Kazuna [Windows/XP] 05/23(金) 01:40
JR8様
「ホリゾン」と「セルシン」は異なる製薬会社ではありますが、
同時認可・同時発売ですので先発後発はなかったりします。
これも先の「ハルシオン」と同じBZP系です。(偏りが出易いの?)
「デプロメール」と「ルボックス」等、同時発売の製品も多いです。
一覧 こちら

やまもと様
全て読んでいますので、掲示板の流れは把握しています。
ただ、診療報酬や現行医療制度等に対し、自分として
「どうあるべきか」「どれが正しい」という答えが分からないので
ジェネリック薬に関してのみの発言という意味です。


No.17631
> 私がジェネリックを信頼できる医薬品だと考えている理由は、
> ジェネリック医薬品を大量に採用している医療機関を知って
> いるからです。特に問題が出ているとは聞いていません。

大きな問題(事故例)にはならないものの、ジアゼパムとして販売される
後発品は上記一覧の通りです。これが、製品ごとに効き方が違ったり、
中にはJR8様のように効かなかったりするのでは困ります。
投薬が安定するまでは先発品を選択し、様子を見ながら切り替えるのが
医師としても患者としても安心できる方法かと思うのです。

No.17650 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/23(金) 19:03
特定の人物から、誠意の無い話し合う価値の無い人間にされているので一言。

私の表明した事柄は、そう複雑な内容ではありません。専門的な医療について詳しいわけでもないからです。現在の健康保険制度が維持不可能ならその対策は?患者の立場で、より良い医療を受けるにはどうしたら良いのか程度です。

私はサラリーマンなので問題解決の手法を、いくつか教育されてきました。代表的な手段はQC手法です。簡単に言えば、現状の把握を行い最も大きな問題から処理する。

公的健康保険制度の最大の問題は、増え続けている高齢者の保険料負担をどうするのか?だろうと思います。既に表明しましたが入院の必要な高齢者はさておき、通院治療を受けている高齢者には多量の薬を望むモラルハザードの問題があります。モラルハザードは高齢者の希望だけで成立しているものではなく、そこには開業医の加担があるから成立しているのだろうと考えています。実際、医薬品を多量に出す開業医は高齢者で混雑しており、必要な少数の薬しか処方しない開業医の待合室には高齢者の集団は見られません。

ジェネリック医薬品についても私自身は多くの情報を持っている訳ではありませんが、友人の外科医はジェネリック医薬品を積極的に採用しています。彼によれば、ジェネリック医薬品を処方する場合、多くの学習と情報収集が必要であり、先発の医薬品を処方しているほうが、はるかに労力も少なく簡単に言えば楽なのだそうです。

ユウスケさんからは、私から見れば枝葉末節の類の質問が多数寄せられましたが、私は、馬鹿馬鹿しいと思いつつも簡潔に思うところを書き込んできました。

彼の言うところの答えていない質問とは、問題があるなら特定の医師を公表し糾弾すればよいので個人名を挙げろと言う、社会人としては明らかに問題がある要求でした。このサイトは法廷ではないし、医師は犯罪者ではないのです。私は、小中学生に流行っていると言われる裏サイトなみの書き込みなどする気はありません。

次に、私が高度な医療技術を持つ医師は保険外の料金を設定しても良いだろうと考えている理由です。

現実に裏金を受け取る医師は存在します。金を払っても払わなくても患者が受ける医療に差は無いとの発言も聞かれますが、実際には手術の順番が繰り上がった例も知っています。どうせ裏金のやり取りがあるのなら追認してしまえば良いし、所得として把握すれば良いのです。

アメリカで成功した高名な脳外科医がいますが、彼はTV番組で「私は手術に¥300万いただきます」と発言していました。料金を公表するのは自信と実績があるからでしょう。別途料金を公表すれば、入院患者にとってアタマの痛い裏金も減少し、それほどの実績もなしに保険外の料金を要求する医師は淘汰されるだろうと思います。

主に医療者側から日本の健康保険制度は安いとの発言も見られましたが、実際には健康保険以外にもガン保険や生命保険の特約なども含めれば、そんなに安いとは思えませんが如何でしょうか。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17651 RE:医師の報酬格差2 Tako [Windows/XP] 05/23(金) 20:32
>アメリカで成功した高名な脳外科医がいますが、
>彼はTV番組で「私は手術に¥300万いただきます」と発言

 アメリカを引き合いに出したいのか、出したくないのか判りません。
アメリカを引き合いに出すなら、アメリカの現状をもっと認識したほうが
いいのでは?

>医療費の公定価格がない国として採り上げました。他に適当な国があるのなら御教示下さい。
すでに、わが国の公的な健康保険を維持するべきだと表明しているので、アメリカを引き合いに出すのはどうかと思うと書きましたが、それならどの国だと聞かれても返事のしようがない。常識で考えても問題の多いアメリカを引き合いに出すのは変でしょう。

No.17653 RE:医師の報酬格差2 てんぷ [Windows/2000] 05/23(金) 22:00
>通院治療を受けている高齢者には多量の薬を望むモラルハザードの問題があります。

30年くらい前からそんなんでしたね.病院勤めの母親から,待合室を集会所代わりに使用し,大量の薬をもらいながら飲まずに捨てていることを自慢する老人たちに対する悪口を,さんざん聞かされて私は育ちました(笑).人口構成と経済状況がそれを許したんでしょうね.よく今までもった(もっていない?)ものだと.

No.17654 RE:医師の報酬格差2 ばたやん [Windows/XP] 05/23(金) 22:09
トヨタ「カイゼン」に全額残業代 過労死認定受け来月から
(中日新聞)
こちら

医療もQC活動で更に過労死が増えるかな?

No.17655 RE:医師の報酬格差2 ユウスケ [Windows/XP] 05/23(金) 22:43
>30年くらい前からそんなんでしたね.

確かに以前はひどい状況でした。
しかし最近はずいぶん様変わりしてますよ。

なんと言っても状況を変えたのは定率の自己負担が発生するようになった事ですね。
今から考えれば夢のような話ですが、2001年まで老人の外来については400円/月の定額制でした。
いくら大量に薬を処方されても支払いは定額、しかもわずか400円/月なのですから、そりゃモラルハザードにも陥ります。また以前は今ほど保険制度の危機が叫ばれていませんでしたから、資源の浪費を意識できた人は少なかったかと思います。

あと多数の薬害報道のせいでしょうけども、今はご老人といえども処方の追加にはかなり慎重です。ほぼ全員が副作用について質問されます。むしろ今では薬の必要性を懇切丁寧に説明しても内服拒否される方のほうが多数派で、疾患管理に苦労します。現場におられないとなかなか想像できないと思いますけども。

そんなわけで病院の老人サロン化については過去の話となりつつあります。それどころか現在は患者ニーズにより病院滞在時間を出来るだけ圧縮する必要があり、診察前の待ち時間もそうですが、むしろ診察後から処方・会計までの待ち時間についておしかりを受ける事が頻繁です。

上の方で無駄な薬を大量処方する開業医が人気で、薬の少ない開業医には老人の集団はいないと言い切る方がいらっしゃいますが、まあいつまでも古いイメージにとらわれているものだなと思いますね。

No.17656 RE:医師の報酬格差2 たにやん [Windows/XP] 05/23(金) 22:43
医療関係者ではないですが

>現実に裏金を受け取る医師は存在します。金を払っても払わなくても患者が受ける医療に差は無いとの発言も聞
>かれますが、実際には手術の順番が繰り上がった例も知っています。

その程度の不利であれば、まだ裏金の方がなんぼかマシではないかと・・・
(患者側から見ればですが)

>アメリカで成功した高名な脳外科医がいますが、彼はTV番組で「私は手術に¥300万いただきます」と発言していま
>した。料金を公表するのは自信と実績があるからでしょう。別途料金を公表すれば、入院患者にとってアタマの痛
>い裏金も減少し、それほどの実績もなしに保険外の料金を要求する医師は淘汰されるだろうと思います。

有能な医師がそんな人ばかりになったら、もはやよほど財力のある人しか良い治療を
受けられなくなってしまうだけでは?
それが当然な世の中になれば多くの医師が追加料金を請求するようになるだけでしょう

近所に赤ひげがいる事を祈るしかないですね。

結果、赤ひげの所には患者が殺到して過労死するのが落ちでしょう。

>い裏金も減少し、それほどの実績もなしに保険外の料金を要求する医師は淘汰されるだろうと思います。

淘汰された結果、お金持ち以外は藪医者に出会ってしまう確立が増すだけと・・・

やまもとさんが今の健康保険制度が崩壊してもいいと考えているなら、まあ
そういう考えもアリかとは思いますが。

大抵の人が保険料が高いと感じるのは当然でしょう、自分では使い切れないことの
方が圧倒的に多いですから。



kd125054226057.ppp-bb.dion.ne.jp


No.17657 RE:医師の報酬格差2 ばたやん [Windows/XP] 05/23(金) 22:56
ジェネリック使わないと生活保護ダメ 厚労省通知
(asahi.com)
こちら

生活保護受給者への後発医薬品の使用通知、厚労省が撤回
(asahi.com)
こちら

ジェネリックって生活保護の方が猛反対している薬なんですね。
そんな薬を普通の市民の方々に使ってもいいんですかね?

No.17658 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/23(金) 23:13
すっかり人気者になってしまいましたが、返事を書かないと怒る人も居るので。

>アメリカを引き合いに出したいのか、出したくないのか判りません。
普通の国語力があれば判るでしょう。引き合いに出しているのは高名な脳外科医です。

>医療もQC活動で更に過労死が増えるかな?
単なる嫌がらせなら書き込む価値が無いと思います。

>あなたにはコメントする価値がないことがはっきりしましたので、やりとりはこれにて終了させていただきます。
ユウスケさんのやりとりは終了したのでは?

>有能な医師がそんな人ばかりになったら、
あの脳外科医は特殊な例でしょう。他の医師では不可能な治療を行っている方ですから。それに彼は、彼自身の負担でその治療法を広めるための施設を運営しているが、滞在費は無料にするからと日本の大学に声をかけても、はかばかしい返事が少ないのは残念だとも発言しています。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17660 RE:医師の報酬格差2 ユウスケ [Windows/XP] 05/24(土) 00:10
あなたにコメントしたものではありません。
言いがかりは勘弁して下さい。
それとも日本語能力に問題がおありで?

No.17662 RE:医師の報酬格差2 toshi [Windows/Vista] 05/24(土) 01:35
>私と言うより、行政の回答の一つが今回の高齢者保険制度だろうと思います。今回の行政の失敗は、1.唐突で説明不足だった。2.マスコミがいつものように半可通ぶりを発揮した。3.政治屋の政争の具と化してしまった。だろうと受け止めています。

まあ、やまもとさんも人間ですから、こんなに集中砲火を浴びると色々といこじになるとは思います。でも上のようなことがベースにあって発言なさっているのですから、そうそう僕から見ても「あーあ 奥底はいいことをおっしゃっているのに 」って感じです。
 もっと淡々と議論していきませんか・・・
 まあ、車の燃費改善グッズひとつとっても根底の知識があやふや(すいません言い方が悪いですが)だけど、それを元に理論を積み上げていってしまった人を説得するには生半可なパワーでは勤まりません。ましてや医学って学問としてはもともとがいい加減(これも言い方が悪いですが)で、患者さんにこのような処置をしたらこうなってしまったって学問の積み重ねで、後に理論を考えているのですから、そう明確には説明できないところがさらに根を深くしているのでしょうけど。 だって皆さんだって学会に出ると つい10年ほど前まではスタンダードだった考えが3−4年前には思いっきり否定されていて、でも今年は やっぱり昔の考えのほうがよかったなんて反省されているなんてことを経験されていませんか。
 医師の間でもそんなのですから、ましてや、畑の違う人には、事実を淡々と説明されていくのがいいと思います。そして いわれた人は、淡々と自分の考えを述べていくってことで・・・

p3032-ipbf308sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp


No.17664 RE:医師の報酬格差2 toshi [Windows/Vista] 05/24(土) 01:40
でも、行政って、皆さんにはわからなかったけど、医師相手には、今回の高齢者保険制度みたいなこと いや、もっとひどいことを 医師が患者さんのためを思って我慢していたのをよいことに過去10年ぐらいやってきたんです。
 それで調子に乗って 今回国民に対して同様のことをやって 大顰蹙を買ったっていうのが本当のところだと思います。

p3032-ipbf308sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp


No.17665 RE:医師の報酬格差2 ばたやん [Windows/XP] 05/24(土) 01:57
>ユウスケさんへ

もう諦めましょう。
まるで携帯電話スレにいつものピエロさんが出て来たような状態(もっと悪いか)です。
残念ながら日本は政治や経済だけてはなく科学技術等も含め全てが三流国になってしまったのです。
医療関係者は今まで分らず屋の役人・司法・マスコミ等の主に文系と戦ってきましたが、ネット上である種理系の聖地のようなこの場所で、極一部のせいでしょうがこのような状態になるとはもう世の中のお終いも近いように思います。

それから質問に必ず答えなければならないようなルールが出来つつあるようですが、答えないのもある意味答えかもしれませんし、質問の意味が理解できないとか、とんちんかんな答えよりは黙ってもらった方がましかもしれませんし...。



No.17666 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/24(土) 02:33
>それとも日本語能力に問題がおありで?
No.17642の書き込みは普通の日本語で判断すれば、皆さんへの最終的な挨拶ではないでしょうか?

>まるで携帯電話スレにいつものピエロさんが出て来たような状態(もっと悪いか)です。
これは嫌がらせなら書き込む価値が無いと非難されてムカッときたのでしょうが。
私は慣れ親しんだQC手法で判断するなら健康保険制度の問題解決には高齢者対策を最優先すべきだとは書きましたが、医療機関にQC活動を取り込むべきだなんて表明したことはありません。ばたやんさんは、そんな事は理解していて書き込んだんですよね。

toshiさん
一部の方からは私の人格まで誹謗する書き込みがあり、呆れてはいますが意固地にはなっていません。一部の方々だけでは判断できませんが、医療業界とはこんな方々が多いのかなと驚いています。忠告有難うございました。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17667 RE:医師の報酬格差2 やまもと [Windows/XP] 05/24(土) 09:42
一言だけ。

日本の健康保険制度は、このままでは破綻するのは誰の目にも明らかなのです。
私は素人ながら、出来るところから改善する必要があると考え意見を述べてきましたが、反対意見は多く出ても、プロを自認する方々から何一つ建設的な対案が出ていないのは残念です。

このままで問題は無いのだと考えているのか?それとも対案は無いが素人が口出しするのが不愉快で反発しているのか疑問ですが、それでは建設的な議論は成立しません。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17668 RE:医師の報酬格差2 nobody [Windows/XP] 05/24(土) 10:48
うーん。何度読んでもよくわからないですね。特によくわからないのが、No.17590の

>>これは、古くて新しい混合診療という問題に尽きます。
>尽きません。私の意見は、そのような事ではなく、現状の医療保険制度を維持しつ
>つ特別な能力を持つ医師が怪しい裏金ではなく、正々堂々と特別な料金を設定でき
>る制度にすべきだとの意味です。

という部分ですね。前後の書き込みを見てもどのような制度設計を考えられているの
かさっぱりわからないので、ここでは2通りを考えてみることにします。

■実際は混合診療である場合

「特別な能力を持つ医師」が設定した「特別な料金」のうち、特別でない料金部分
は保険で負担して、特別部分だけを自由診療で払う形態の場合、これはまぎれもなく
混合診療に相当します。

この場合、エクストラな部分を少々高く設定したところで、患者から見た費用負担
はさほど上がらないことが予想されますので、診療総数はさほど下がらないことが
予想されますし、たとえば健保が負担するベーシックな部分を引き下げた場合、
「特別な能力を持つ医師」で無い人も従前同様の料金に引き上げてしまえばいいわ
けで、結局のところ健保側の負担が下がって患者側の負担があがることになります。
#但し、この制度設計は相当難しいと思います

でも、混合診療の問題ではないわけですよね?

■混合診療でない場合

「特別な能力を持つ医師」が設定した「特別な料金」は、健保組合が認めていない
ので全額自己負担になる、かつ、同じ治療に含まれる「一般的な料金」の部分も全額
自己負担になるということになります。これ、現行のアメリカの方式に近いのです
が、これをやるとどういうことになるのかは、皆さんが指摘している通りです。

少し補足しますと、経済原則が上手く働くような市場だと、価格が上がった市場には
参入者が増え、供給が増加して価格が下がることになるのですが、医業の世界はなか
なかそうはいきません。特に現在の日本では医師数の不足が相当問題になっています
ので、短期間の準備での参入が難しいこともありますし、リスクも多く、価格が上が
った分に見合うだけのリターンが得られにくいわけです。

典型的な例が、日本における麻酔医の不足です。麻酔医の不足はもうかなり前から言
われており、市立泉佐野病院などは3500万円もの報酬を出す、という状況になって
います。他、産科医にも高額のオファーが出されている例もあります。こういう状況
なら、経済原則的には麻酔医や産科医が増加してもおかしくないはずですが、実際に
はそうならずにいつまでたっても麻酔医や産科医の不足は解消されません。

こういう市場で、自由価格を導入してなにがどう解決するのか、さっぱりわからない
ので、どういうコメントをすれば良いのか苦慮しております。

No.17669 RE:医師の報酬格差2 かとう [Windows/Vista] 05/24(土) 11:06
>現在の健康保険制度が維持不可能ならその対策は?

現在の状況と比べてということであれば、現況をまず考えてみましょう。
まず健康保険に入ってくる金額プラス自己負担金額の合計が、
出てゆく医療費総額がほぼ釣り合っていることが制度の維持には不可欠ですよね。
そのために今までは医療費総額を抑える方向を重視できたのですが、いわゆる高齢者医療やコストのかかる医療の増加などで医療の総量が増えている以上、この方法では限界があるのは目に見えています。

>患者の立場で、より良い医療を受けるにはどうしたら良いのか

これも見方を変えれば今より医療費総額をを上げろと言っていると同じです。

こちら

にもありますが、医療費は結局誰かが払っているのです。国庫負担も国民から集めた税金です。
しかし自己負担・保険料が上がるのは嫌だというのであれば、国庫負担の割合を増やす以外に医療費総額を上げる(または維持する)手立てはありません。
道路作るより医療・福祉に金を回せ!も一つの方法です。
これは行政サイドのことですが、他にも行政にはやってもらいたいことが多くあります。
患者側、医療を提供する側としては無駄な医療費を作らないことでしょうか。
「自分は必要以上に保険料や税金を払っているんだから損をしないように医療費はドンドン使う」ではなく
「病気や怪我で困っている人のために自分は保険料や税金を払っている、でももし自分が困ったら助けてね」
というような意識改革が必要ではないでしょうか?自分がよければと言う考えは捨てましょう。
全てとは言わないが、必要があればジェネリックを使う。
病院をコンビニ化しない。など地道でコツコツとやることしかないのかなあ
まずする人はいませんが、「自分は皆のことを考えて全額自己負担にしてください。別口でお礼もいたします。」もいいかな?

g037079.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17671 RE:医師の報酬格差2 ユウスケ [Windows/XP] 05/24(土) 13:49
>toshiさん

すみません、お騒がせしております。
確かにやまもとさんの主張に同意できる部分も無いではないのですが・・・

1)対立意見を無視する
御自分の主張の根幹に関わる反対意見については、無視するか「常識で考えると」など説明を放棄しており、対立意見を真剣に検討した形跡が見られない。

2)質問の趣旨が理解できない
例えばNo.17611の「印象操作による虚像」のくだりでは、質問の要諦は「現実には存在しない虚像ではありませんか?」であり、「固定観念をさも一般論であるかに語るべからず」という主題に基づく問いかけですが、言葉の表層のみに囚われて質問の趣旨を全く理解出来ていない。

3)それどころか対立意見はきちんと読まない
ジェネリック積極派を何故糾弾しないのか問うたくだりでは、まるで反対の意味に誤読している。

4)無用に攻撃的な発言をする
「出身大学の医局の顔色を窺うだけ」、「エリート意識が強く異常に自己評価が高い」、「子供じゃないんだから」、「それとも脱税?」などなど、無用に感情的・攻撃的で対立を煽る文言を書き込みながら、いざ対立が起これば他人のせいにする。

などおよそ議論を行うものがとるべき態度ではなく、議論するための最低限の姿勢と能力に欠けていると判断せざるを得ません。

そのような方と議論をしても得るものがない。というかそもそも議論の体を成しませんので、私はやまもとさんとの議論はあきらめました。

>ばたやんさん

すみません。上記のようなわけであきらめました。
やまもとさんに回答を要求した事については、そこに大切な論点があったからで、うやむやにしたまま御自分の主張のみを続けられてはかなわないと思ったからです。
確かに議論の場においては、反論しなかった点は肯定したとされるのが通常ですが、そのような「常識」が通じる方に思えなかったもので。
とにかくお騒がせいたしました。今後やまもとさんにはレスしないように致します。

No.17673 RE:医師の報酬格差2 てんぷ [Windows/XP] 05/24(土) 17:57
>典型的な例が、日本における麻酔医の不足です。麻酔医の不足はもうかなり前から言
>われており、市立泉佐野病院などは3500万円もの報酬を出す、という状況になって
>います。他、産科医にも高額のオファーが出されている例もあります。こういう状況
>なら、経済原則的には麻酔医や産科医が増加してもおかしくないはずですが、実際に
>はそうならずにいつまでたっても麻酔医や産科医の不足は解消されません。

ただちに経済原則が働いていないとは言えないのではありますまいか.3500万が安いだけかもしれません.単年度では十分でも,将来にわたってその報酬が約束されるわけではないと思っているのかもしれません.特に産科医なんてのは,経済合理的に見てもそれ以外の科の2倍や3倍程度ではぜんぜんペイしないようにも見えます.麻酔科医は「やりがいがない」とかそんな理由なのかもしれませんが.あくまで他との(長期的視野での)比較を考えないと.



No.17677 RE:医師の報酬格差2 toshi [Windows/Vista] 05/24(土) 21:56
まあ、実のところ、実際の医療にどれだけお金がかかっていて、それに対して国がどれだけお金を払っているのかということが議論している人たちに提示されていないから、ついつい議論が感情論に偏っていくのだと思います。 まあ、整形外科の分野に限ってですが、最近 玉造記念病院っていうところの医師が、雑誌整形外科でしたっけ?で論文として TKA(膝の人工関節)を行うにあたって人件費含めたトータルのコストをまとめていますけど、到底国が払ってくれる手技料だけでは赤字で、納入の値切りとかでようやく少しプラスだ、って発表していました。 とにかく、今は結構ぎりぎりです。10年ぐらい前から、かの救命医療で有名な日本医大ですら救急部門は大赤字だって話ですし、それから国は やれ感染症対策だ、リスクマネージメントだって注文だけは立派だけど 診療報酬はほとんど増えていない。 だって、常識で考えたって、税金がかなり免除されているはずの国立病院の約8割が赤字だって 異常事態だと思いませんか?

p3032-ipbf308sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp


No.17679 RE:医師の報酬格差2 note [Windows/XP] 05/24(土) 23:20
色々議論されていますが、いくつかあいまいな部分について聞きたいです。
やまもと さんへ
少し議論の仕方がまずいと思います。
>高度な医療技術を持つ医師は保険外の料金を設定しても良いだろうと考えている
ここでいう「高度な医療技術x」は何を指し示しているかまったくもってわかりづらい。

例えば、考えられる例として次の5つがあげれらる。この例の場合どれも「保険外の料金C」定する理由はない。
@xは最新の論文aの理論を用いて行った手術である。
Axは今まで何度も行われておりかつ、死亡率と失敗率が極めて少ない手術である。
Bxは失敗例は極めて大きいが患者への大きな回復力が見込まれる手術である。
Cxは患者の好む手術である。
Dxは未知の手術である。(ここでの「未知」は「科学的」でないもの)

この@、A、Bでは以下の点で「高度」である
@xは最新の「理論」を用いたものでほとんど類を見ない。
Axは高い生存率が得られる。
Bxは高い技術が要求される。
Cxは顧客が多く需要がある。
Dxは神などの外的な何かの影響を用いて行われる。
ここでそれぞれの「高度」でない部分をあげる。
@xは何が起こるかわからない(机上の空論である可能性を持つ)。
Axは誰にでもできる。(簡単かつ単純であり特殊性がまったくない)
Bxは誰でもできるわけではない(汎用性がまったくなく、特殊である)
Cxは単なる思い込みで本当かどうかはわからない。
Dxは否定できない。(否定できないとは正しいかどうか不明を示す)

このように考えると
x=@の場合、Cの理由として新しいアイディアがあげられる、が同時に実験性を含み、実験体への報酬を見込む必要がある。
x=Aの場合、Cの理由がない(汎用であるため)。
x=Bの場合、Cの理由はその数少ない技術が上げられる、が同時にその「技術」自身が「経験」に支えられるだけでかなり不透明(すなわち万一死亡した場合「高度」であるかどうかわかりづらくどの段階でCが必要かわかりづらい)
x=Cの場合、Cの理由は需要にある、が同時に消費者の思い込みである可能性があり、Cはこれを促進してしまう。(単なる流行)。
x=Dの場合、Cの理由はそれを引き出す技術にあるが、同時に不透明すぎるため「保険」自体は大方ない。


p4021-ipbf504niigatani.niigata.ocn.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17663 電波なフレーズ むなかた [MacOS/PowerPC] 05/24(土) 01:35
久々に大笑いしてしまいました。

こちら

記事の取り上げ方自体もちょっとアレですが、特に「交換日記」のくだり。
新聞ってこんなにおもしろかったんだなぁ。もっとちゃんと読まなきゃ。。

pl341.nas953.p-kanagawa.nttpc.ne.jp


No.17670 RE:電波なフレーズ fxd [Windows/Vista] 05/24(土) 13:17
こういう傾向でしたら、こちらもお勧めです。

「朝日歌壇鑑賞会」
こちら

朝日批判がメインですが、力作です。

こちらは、正調マスコミ批判ですね。

「新聞の宅配問題を考えるホームページへようこそ」
こちら

電車通勤なので新聞は朝キオスクで買う派ですが、最近は東京新聞に
ひそかに注目(良い意味で)しております。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17635 水道料金 ななしぃ [Windows/Vista] 05/22(木) 13:53
雑記の本題とは関係有りませんが…

横浜ではクレカでの水道料金の支払いがひっそり始まりました。
こちら

見て頂くと分かりますが、なにか違和感が…
「visaは?masterは?」ええ、何とも不思議な記載ですね。

実は他のvisaなりmasterなりのカードも使えるらしいのですが、「手数料の折り合いが付かなかったので載せて無い」との事。
うーん、面白いなぁ

たしか横水はCARDNETの連んでたハズなのですが、止めてしまったのかな?

No.17641 RE:水道料金 おきゃなん [Windows/2000] 05/23(金) 00:38
横浜市のお隣の大和市では、コンビニ払いが出来ます。(神奈川県共通??)
請求書は二ヶ月に一回、ハガキっぽいやつで、めくるとバーコードが出てきます。

これまではクレカチャージしたEdyで店頭決済しておりましたが、
7月以降はファミマTカードで店頭決済することになりそうです。

↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17551 医師の報酬格差 ACBI [Windows/XP] 05/16(金) 00:27
書けなくなったので新規で。

報酬格差って、自由競争でいいんじゃないでしょうか。
レストランのメニューなど、大抵の商売はそうですよね。
客が殺到するなら値を上げる、客が来なけりゃ値を下げる。

新人が経験を積むために格安で引き受けて数をこなす。腕が上がったら価格を上げればいい。

経験の浅い人が敬遠されるがゆえに経験が低いまま、という問題もなくなると思うのですが。

u084132.ppp.dion.ne.jp


No.17553 RE:医師の報酬格差 Tako [Windows/XP] 05/16(金) 01:18
>客が殺到するなら値を上げる、客が来なけりゃ値を下げる。
 保険基金は存続できないできなくなります。
アメリカと同じような自由競争と医療訴訟が起これば、近い将来起こることは
想像できますね。

> 医師が自ら同僚を厳しくチェックするような仕組みはないんですかね.ダメなやつは排除しないと.
 例えば、
 小学生が自ら他の小学生を厳しくチェックするような仕組みはないんですかね.ダメなやつは排除しないと.
 医師と同僚は、同じ様に全ての職業・立場に置き換え可能です。
この様な思考パターンに私はかなり違和感を覚えるのですが。

No.17557 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/16(金) 19:30
>保険基金は存続できなくなります

そんな事は無いでしょう。一般的な診療は現在と同等なシステムとしておき、特別な能力を持った医師が特別料金を徴収可能とすれば良いのではないでしょうか。当然ながら特別料金の場合は上乗せ分を自己負担とする。お礼との名目で怪しい裏金を受け取る医師もいるようですが、特別料金は正々堂々と公表し所得税も払えば良いのです。

客が、お礼を出すなんて不動産屋の設定している礼金と同じで釈然としませんが、アパートの礼金は裏金では無い分ましかもしれない。

現在でも差額ベッド料金は事実上の特別料金ですから。人間ドックでも健康保険組合の出す補助金は一定なので差額は自己負担ですね。もっとも私の所属している会社は差額を出してくれますが、ドック料金も医療機関で多少異なっているしね。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17558 RE:医師の報酬格差 LEILA [Windows/XP] 05/16(金) 21:51
報酬格差を設けた場合、過疎化の進んだ地方の病院はどうなるでしょうか。
地方の人は病院の選択肢がありません。通える病院は限られています。
しかし絶対的な人口が少ないために地方の公立病院の多くは赤字ですので
特別報酬を出すことなどできないでしょう。自己負担にしても地方の給与
レベルは首都圏等の半分以下ですから安いほうを選ばざるを得ない人が多い。
その上行政サービスも悪い。
腕の良い医者は地方からいなくなっちゃいますね。

地方にとっては深刻な問題です。

No.17567 RE:医師の報酬格差 JerryFoo [Windows/XP] 05/17(土) 20:24
>特別な能力を持った医師が特別料金を徴収可能とすれば
>良いのではないでしょうか。
 この↑考え方に共感をおぼえる人は蝿太郎先生の
マンガ解説↓を一読しましょう。20コマ程度
こちら
 これは、古くて新しい混合診療という問題に尽きます。

 現状で混合診療が実施されると、平均以下の所得層の医療は崩壊します。
 え!私は平均以上の所得層だから無問題!と思ってる人は
将来、無知を悔やむでしょう。
 とどのつまり、平均以下の所得層が安全安心に暮らせてこそ、
平均以上の所得層の安全安心度がより高められるという事です。

 医療費抑制を図る事は必要です。というか無駄な出費が沢山ある現況を
業界人なら誰しも知っている。だけど一朝一夕には片づかない。
 後期高齢者問題にしても出来の悪い苦肉の策の一つと感じます。

No.17568 RE:医師の報酬格差 pd780c1 [Windows/2000] 05/17(土) 20:28
やはり、人並みの技能など持たぬバイト君を排斥すべし、なのです。
排除されたバイト君は、親や配偶者(妻子)の扶養家族として生きてゆくべきなのです。

eaoska193129.adsl.ppp.infoweb.ne.jp


No.17569 RE:医師の報酬格差 JerryFoo [Windows/XP] 05/17(土) 20:52
>特別な能力を持った医師が特別料金を徴収可能とすれば
>良いのではないでしょうか。
 例外的に成立している例を念の為説明しておきます。
例えば、矯正歯科や審美歯科、美容形成など自由価格です。
 治療の過程で虫歯治療等が必要になった場合、紹介医に戻して
自院では一切保険治療は行わない処が多い。理由は保険請求が超面倒くさいから!

 あと、意外なところでは、お産。
 普通は35万前後のカルテル価格ですが、聖路加国際とか百万円。

 あと、日野原大先生の診察は30分で4万円。数ヶ月先まで予約で一杯、、、

 あと、FUSIKIZ先生の虎の巻を買えば、死に体の家電製品が全快!?

#つまり保険診療とは別枠の“自費”という世界においては既に実現しています。

No.17571 RE:医師の報酬格差 JerryFoo [Windows/XP] 05/17(土) 21:15
>しかし絶対的な人口が少ないために地方の公立病院の多くは赤字、、、
人口が少ない事は事実。赤字も事実です。
でも、それぞれに関係は無いのです。

医師一人あたりの医業収入でみると、採算ラインより遙かに優秀だったりします。

 マスコミは多くを書きませんが、地方公立病院の赤字要因は、
コメディカルの異常な人件費の高さです。

 これも医師の裁量の及ばぬ利権構造なので、簡単に改善できません。

No.17573 RE:医師の報酬格差 LEILA [Windows/XP] 05/17(土) 22:49
> JerryFooさん
コ・メディカル・スタッフの人件費が高いのが原因でもあるのは事実です。
その人件費を自治体が負担して医者を集めたりしております。
しかし、そうでもしないと地方には医師が来てくれないのです。

人口が多く顧客(患者)が多いところではそれでも十分に採算が取れます。
決して無関係ではありません。
私の実家は秋田県ですが、現実に過疎化が進んだ地域での患者の減少により
外来診療のみにする医療機関が増えて問題になっています。

ならば医師の報酬を減らせば改善するでしょうか?
むしろ医師・病院の減少に拍車をかけるのではないですか。

ただ有能な医師に特別報酬という話を否定する気はないのですが、地方の病院
にも有能な医師が行き渡る制度も必要だと思います。でも自己負担だと荷が重
いでしょう。


ちなみに出産費用ですが、我が家の場合は東京の市部で帝王切開だったことも
あり85万ほどかかりました。全室個室で病院食が美味しいことで有名だったら
しいんですが、ちょっと食べてみたら普通でした...

その奥さんが数年後、酷い腹痛で救急車で病院にいったところ急性腹膜炎で
緊急手術と診断され即日手術になりました。しかし開腹したところ「まったく
炎症はなくきれいな内臓で、開腹ついでに盲腸をとりました。腹痛の原因は
現時点は分かりません」と手術後に説明されました。
後日院長からお詫びがありましたが。後で知り合いの医療関係者に話したら
「○○病院で手術して死ななかっただけ儲けものだよ!」と言われました。
総合病院ですが藪医者が多いことで有名なんだそうです。

No.17588 RE:医師の報酬格差 医師ではありませんが [Windows/XP] 05/18(日) 22:53

少し前のレスにお互いに先生先生と呼ばれるのは気持ち悪いという旨の書き込みがありましたが,個人的には例えば社内で○○部長とか,係長!とか呼ばれることとそんなに差がない気がしますが,外部の方から見ると気持ち悪いんでしょうか.

実はあまり考えたことがありませんでしたので.

医師の診療報酬が高いということですが,千差万別があったとしても,決して高いものではないと思います.むしろ安いとさえ思います.(私は医師ではありませんので念のため)

プロパガンダというか,ステレオタイプというか,その仕事に見合う賃金というのが各々の職業であると思いますが,私の考える特殊職(特定の大学,大学校などを卒業しないとその職になるための受験資格を得られない職)のなかでも冷遇されていると感じます.

それはなぜか.

 先のレスでも触れられていたところもありますが医師の無過失でも訴えられて負けてしまうことがあると思います.
 これは,職場が忙しいとか,仕事が難しいとか,そういったこととは全く関係の無い次元の話です.
 もし,医師がとても儲かる仕事だと,この1点で論ぜられるならば医師希望者は増加し,また,自分の子どもを医師にしたいという医師が増加したりするはずですが,現実はそうではなく,とあるところの調査だと自分の子どもが医師になって欲しいかというアンケートではそう思うと答える医師が減少傾向とききますし,医科大学で人気のある科は比較的リスクの高いと思われている「脳外科」「産婦人科」などではなく,「皮膚科」なんだそうです.

 現在,医師不足や,医療現場の崩壊が叫ばれるようになって久しいですが,診療報酬をチョコチョコいじってうまくいくような状態ではないのです.そして総合病院から一般開業へ業態変更をしていく医師が多くなり,手に負えない患者様は大きな病院へ紹介し,少しでもリスクを感じる患者様は事実上診療できないのです.どこかのドラマではありませんが,誰もやる人がいない,病院も無い,だから自分がやるしかないなどと正義感を張っても何かあれば訴えられて終わりです.机上の空論だけでは何も進まないのです.そして開業されてしまった先生方がまた大きな病院の勤務医となって戻ってくることもほぼ無いことでしょう.一度偏在してしまったら元に戻るまでには10年以上の歳月が必要なのです.

 現在国民皆保険という御旗をあげている国ではありますが,そろそろ終焉が近いのではないでしょうか.
 そろそろ医療を求める側が安さを求めるのか,高度な技術を求めるのかを選択するようにするのか,それとも,社会保険の充実のために皆でお金を出し合って国民全体で一定水準の医療を受けられることを求めるのか,考える岐路なのではないでしょうか.

 世の中に「安くて」かつ「良い物」は無いと思います.「安くて」「良いもの」に見えるものは「高ければ」「もっと良くなる」ので,「その安い値段で」かつ「妥協できる範囲」のなかで「良いもの」ですから.

nthkid124084.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.17590 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/19(月) 11:53
>これは、古くて新しい混合診療という問題に尽きます。
尽きません。私の意見は、そのような事ではなく、現状の医療保険制度を維持しつつ特別な能力を持つ医師が怪しい裏金ではなく、正々堂々と特別な料金を設定できる制度にすべきだとの意味です。

実際のところ、特別な能力を持つ医師は少ないでしょう。

出身大学の医局の顔色を窺うだけで、向上心も無くジェネリック医薬品も採用できない内科医や、信じられないことに不器用な外科医が総合病院に勤務している現状は、私のような門外漢よりも内部の職員の皆さんのほうがご存知でしょう。

>世の中に「安くて」かつ「良い物」は無いと思います
安くはありませんよ。健康保険で毎月3万円弱支払っていながら忙しくて何年も病院に行っていないサラリーマンもゾロゾロいるのです。会社負担を含めると5万円/月を超える額を額を支払っているのですから。

訴訟のリスクは医師に限らず、どの職種でも同じです。訴訟が増えるのは医師と患者、相互の信頼感が減少しているのと、権利意識の肥大した人々が増えているからでしょう。

>そして開業されてしまった先生方がまた大きな病院の勤務医となって戻ってくることもほぼ無いことでしょう.
当然です。開業すると言うことは最新医療の最前線から撤退する事でしょう。そして70歳以上の患者を主たる客とし、無知で自己中な老人に無駄な医薬品を大量に与えて「親切な先生だ」とか「薬を沢山くれる良い先生だ」とか言われて楽しく暮している。そんな医師に勤務医が勤まる訳がないですから。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17600 RE:医師の報酬格差 ユウスケ [Windows/XP] 05/20(火) 00:15
初めて投稿します。
横入りすみません。

>やまもとさん
私は、どうもあなたが蔑視されているように思える、総合病院を辞めた内科医です。
今まで、この掲示板はレベルが高くおいそれと書き込める雰囲気でなかったので尻込みしていたのですが、どうもあなたのご意見は具体的な”実”に欠けるような気がしてならず、いくつか申し上げさせていただきます。

>>これは、古くて新しい混合診療という問題に尽きます。
>尽きません。私の意見は、そのような事ではなく、現状の医療保険制度を維持しつつ>特別な能力を持つ医師が怪しい裏金ではなく、正々堂々と特別な料金を設定できる制>度にすべきだとの意味です。
私にはやまもとさんがどのような場面を想定されているのかが判りません。
「現状の医療保険制度を維持しつつ」と書かれ、また混合診療でもないということは、現在の点数による保険請求に対して、個々の医療機関がプレミアムを設定できるようにすべきだとのご意見でしょうか?例えば「あそこの病院では1点10円で請求しているが、うちの病院では15円で請求いたします」のように。
仮にそうであるとすれば、現在の公定価格制度の事実上の撤廃になると思いますが、それを保険で賄うとして、「たかだか」月額5万円程度の負担で維持できるとお考えでしょうか?あなたは5万円を「安くないですよ」と仰る訳ですが、公定価格のないアメリカで、中産階級の一般家庭がいったいどのくらいの保険料負担を行っているのか、一度調べられたほうがよいと思います。

また「出身大学の医局の顔色を窺うだけ」の医師がいるとすれば、その医師は一生医局派遣で総合病院勤務のままですね。逆に医局を辞めて開業した医師にはそのような医師はいないことになりますので、開業医におかかりになればよろしいかと存じます。

もうひとつ、ジェネリック医薬品こそが正義である!というお考えのように見受けられますが、正直言って今時ジェネリック処方のほうが利ざやが大きいのです。皆さんがお嫌いな薬価差益というやつですね。微々たるものですが。
「ジェネリックに積極的な医師は、薬価差益を貪る悪徳医師だ!」と糾弾することも可能なはずですが、そうなさらないのはなぜなんでしょうか?

まだありますが、十分でしょう。
失礼ですが、あなたのご意見の端々からは決定的な現状認識の欠如と印象操作の被害者であることが伺えます。
説得力のある意見を持つために、ぜひネットではなくリアルで、一度現場の人間と意見を交換されることをお勧めします。

No.17601 RE:医師の報酬格差 nobody [Windows/XP] 05/20(火) 00:23
私の書いたNo.17542を読んで頂いているのかどうかわからないのですが、

>訴訟のリスクは医師に限らず、どの職種でも同じです。

うーん。たとえば一般企業に勤めるサラリーマンや、花屋さんなんかでもリス
クは同じなんでしょうか。極端な例を出せばいくらでもリスクはあるでしょう
けど、通常の業として行う行為で個人にリスクが直接的にふりかかるという点で、
医師は違うと思うのですよね。

具体的になにを想定して、「どの職種でも同じ」と書いてるのでしょうか。

No.17603 RE:医師の報酬格差 kuroda [Windows/XP] 05/20(火) 05:55
下の本を読むと、アメリカのお医者さんのことがわかるような気がします。
こちら
”ルポ  貧困大国アメリカ”


No.17604 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/20(火) 09:15
>私にはやまもとさんがどのような場面を想定されているのかが判りません。

私の友人に他の病院から患者が送られてきたり、定期的に論文も発表している有能な勤務医(外科医)がいます。彼は患者からのお礼も受け取らないので年収も高額ではありません。
私は彼を見るたびに、特別な能力を持つ医師が特別な報酬を正々堂々と受け取る制度が必要だと考えています。お礼を受け取る医師は多いようですが、彼らは領収書を発行していますか?確定申告に、お礼を含めていますか?甚だ疑問です。

彼も時々愚痴をこぼす事があります「忙しいだけで子供達と遊ぶ時間もとりにくい勤務医はやめて開業したいよ」しかし彼は最新医療の最前線にいたいので勤務医は辞められない
と言っています。

「たかだか」月額5万円程度の負担とは、さすがに高額所得者は発想が違うなと驚きました。先進国でも公的な健康保険制度の遅れたアメリカを引き合いに出すのはどうかと思いますよ。

>正直言って今時ジェネリック処方のほうが利ざやが大きいのです。

そうならジェネリック医薬品を使ったら如何ですか?医療機関や開業医は儲かり、健康保険組合や患者は支払いが減って助かる。まるで三方一両損ならぬ三方一両得の素晴らしい結果が出そうですね。

>決定的な現状認識の欠如と印象操作の被害者

どこがそうなんでしょうか?具体的にお教え願えれば幸いです。

nobodyさん
>極端な例を出せば

医師のなり手が無いだろうとか、花屋のリスクは何だ?とか極端な発想はあなたでしょう。私は真面目に書き込んでいるつもりですので、赤の他人を小馬鹿にしているとしか思えない貴方に回答する気はありません。

現状の健康保険制度はこのままでは破綻しそうですから、継続可能な制度に改革する必要があると思います。今、必要なのはQC活動ではありませんが正しい「現状の把握」ではないでしょうか。

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17606 RE:医師の報酬格差 JerryFoo [Windows/XP] 05/20(火) 10:21
>特別な能力を持つ医師が特別な報酬を正々堂々と受け取る制度が、、、
やまもとさんは「極めてシンプルな混合診療(by 蝿太郎先生)」での
別途加算を想定しているのでしょう。しかし、#17565で既出の こちら
で解説されている様に、今の厚労省にそれを求めるのは非現実的です。

>ジェネリックの事
今時の処方箋には「後発品(ジェネリック)へ変更可」という欄があります。
そして、余程のへそ曲がり医師以外は「変更可」に○を付けます。
「変更可」の方が僅か数点ですが保険加算されるからです。

 つまりジェネリックを選ぶかどうかの選択権は、既に患者側にあり
調剤薬局でジェネリックにしてね!と言えば済む事です。

>地方公立病院の医師の報酬
 これは大昔から民間病院に比べ低く抑えられており、医局の縛りでも
なければ地方公立病院を希望する医師はいません。
 しかし、コメディカル(医師は含まない)は民間より大幅に厚遇されており、
大量の看護助手やら配膳係やら公用車の運転手だの庭師までいたりします。
 その人事権は院長ですら決定権がなく、地方議会や首長の意向が及ぶ、
最後の縁故採用の聖域となってます。

No.17607 RE:医師の報酬格差 医師ではありませんが [Windows/XP] 05/20(火) 11:39
> 医師のなり手が無いだろうとか、花屋のリスクは何だ?とか極端な発想はあなたでしょう。

 花屋さんの話はさておき,医師のなり手が少なくなって来ていると若干書いた者です.

> 私の友人に他の病院から患者が送られてきたり、定期的に論文も発表している有能な勤務医(外科医)がいます。彼は患者からのお礼も受け取らないので年収も高額ではありません。

 と書かれておりますが,

 1.他の病院から患者様が送られてくる(紹介されてくる)
 2.定期的に論文を発表している
 3.患者様からのお礼を受け取らないので年収が高額でない

 と要点をまとめさせていただきますと,

 いずれも有能とはちょっとかけ離れていると思うのですが.

 情報が足りませんので類推を含みますが,

 勤務されている病院の規模はちょっとわかりませんが,ある程度の規模だと想定すると一般開業医からとか,他病院からの紹介があっても普通だと思います.

 定期的に論文を発表されている,という件ですが,これも投稿雑誌等々ありますので数が多ければ良いというものではないと思います.

 患者様からのお礼を受け取らないので年収が高額ではない,ということですが,そもそも(ご本人が)高額でないと感じられるのであれば,それは謝礼とは関係なく,勤務病院の評価の問題でしょうから,その技術なり,論文なりを評価してくれる職場を積極的に探すべきです.希望に適う(最前線である)職場があるはずです.

 ただ,スペシャリストばかりが有能とは限りません.今の医師界でこそ論ぜられる必要があるのはジェネラリストの少なさでしょう.有能なジェネラリストが数多く活躍され,正当な評価が与えられる,そんな医業界であって欲しいものです.

nthkid124084.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.17608 RE:医師の報酬格差 通りがかり [Windows/2000] 05/20(火) 11:46
> 今時の処方箋には「後発品(ジェネリック)へ変更可」という欄があります。

4月から「変更不可」の欄に署名するように制度が変わりました。
従って「後発医薬品への変更可」がデフォルトになっています。

> そして、余程のへそ曲がり医師以外は「変更可」に○を付けます。
> 「変更可」の方が僅か数点ですが保険加算されるからです。

この加算も4月からなくなりました。厚労省の誘導が功を奏しているかはまだわかりません。

No.17609 RE:医師の報酬格差 ばたやん [Windows/XP] 05/20(火) 13:25
この掲示板には理系も文系も比較的良識のある方々がいるところだと思っておりましたが、最近どうもレベルが下がっているような気がして非常に残念に思います。

前スレでもヒントを書きましたが、政府発表やマスコミで報道されていることは上辺だけで、実際の真相に関する報道の殆どが出鱈目であることは各業界で実務に携わっておられる常識のある方々であれば分ることでしょうし、医療関係者以外の方でもおそらく医療分野もその例外ではないであろうことは容易に想像がつくはずだと思います。

もし医療が何か変だと気付くことができれば、昔と違って今は、多数の医者の悲鳴のようなブログが勤務医から開業医まで多数あり、一部の「トンデモ」系を除けば概ね真実が書かれているようですし、医療関係者でない方が初めて見られれば信じられないようなことが実態だと思います。

それから、開業医が嫌いな方がいらっしゃるようですが、殆どの医者は若い頃は大学で学び勤務医を経て開業していますので、全くナンセンスな話です。むしろ、いい年して開業できないような医者の方が、開業医を妬んでいて患者さんを洗脳しているのが実態だと思います(尚、私は開業医ではありません。)

No.17611 RE:医師の報酬格差 ユウスケ [Windows/XP] 05/20(火) 19:29
>やまもとさん

>私は彼を見るたびに、特別な能力を持つ医師が特別な報酬を正々堂々と受け取る制度が必要だと考えています。

私は別に特別な能力を持たなくとも、個々人の業務と能力に応じた評価がなされればよいと思います。
それで、やまもとさんは具体的には制度をどうすれば良いと思われるのですか?
あなたの提案には具体性が欠けており、実現可能性ウンヌン以前の様に思います。

あと、この文脈で「謝礼金」が登場する意図は何でしょう?
あなたのお知り合いの先生は、領収書を発行し確定申告する手間が惜しいのでお礼を受け取らないという意味ですか?確定申告すればお礼は受け取ってもいいのですか?

>「たかだか」月額5万円程度の負担とは、さすがに高額所得者は発想が違うなと驚きました。

確かに私は毎月もっと払ってますが、世界に誇るべき国民皆保険制度の対価としては非常にリーズナブルだと思いますよ。自転車を買うのに5万円は高いと思われるかもしれませんが、同じ5万円でもレクサスが買えるならよもや高いとは思いますまい。

>先進国でも公的な健康保険制度の遅れたアメリカを引き合いに出すのはどうかと思いますよ。

医療費の公定価格がない国として採り上げました。他に適当な国があるのなら御教示下さい。
医療の対価を医師の胸先三寸で決めても良いのなら私はとても嬉しいのですが、それで医療単価が高騰しても良いのですか?という意味です。

>そうならジェネリック医薬品を使ったら如何ですか?医療機関や開業医は儲かり、健康保険組合や患者は支払いが減って助かる。まるで三方一両損ならぬ三方一両得の素晴らしい結果が出そうですね。

逆です。なぜわざわざ儲からない先発薬を処方する医師がいるのかを考えてみて下さい。医師が上記の「三方一両得」のように経済的メリットを追求するのみならばあっという間にジェネリックが普及するはずです。そうならないのは「よい医療を行う」という職業上の良心が経済的メリットに優先するからです。

勤務医にとっては先発薬を出そうが、ジェネリックを出そうが自分の給料には1円も響きません。病院からは経営上ジェネリック切り替えの圧力がかかります。その中で「信頼できない薬を患者に飲ませられない」として切り替えに抵抗した医師は悪人なのですか?

>どこがそうなんでしょうか?具体的にお教え願えれば幸いです。

それでは一つだけ。

>出身大学の医局の顔色を窺うだけで、向上心も無くジェネリック医薬品も採用できない内科医

これがやまもとさんのダメ医師の認識のようです。
この医師は例えばどなたの事でしょうか?
本当に出身医局の顔色伺いでジェネリック切り替えが出来ない医師がいたのですか?
どこの医局がそのように指示していたのですか?
またジェネリックを採用しないのは向上心がないからですか?
これらはメディアの様々な印象操作により合成されたイメージであり、現実には存在しない虚像ではありませんか?
もし違うと仰るのならば特定の人物を挙げる事が可能なはずです。
どうぞ遠慮はいりませんので人物を特定し糾弾なさって下さい。

No.17612 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/20(火) 22:57
ここには意外に多くの医療関係者が多くて驚きました。そして多くが敵意むき出しの感情的な表現も多く、エリート意識が強く異常に自己評価が高い方々なのかと。

そして意図的な曲解も多く、馬鹿馬鹿しくなりました。子供じゃないんだから。

ただ、わが国の健康保険制度は金銭的な問題を抱えているのは事実ですから、多くの国民が考えなくてはならないでしょう。

最大の問題は高齢者医療に金がかかり過ぎている事は事実です。年をとれば病気がちにもなり入院される方も多いでしょうが、どなたかが書いていましたが、天気が悪いと待合室の老人が減少するなど無駄な診療も多いのでしょう。近所の開業医を見ても流行っているところは常に老人がたむろしている診療所です。

少しだけ私の提案の意図を書いておくとすれば、どうせ謝礼金を受け取っているなら病院入口にでも表示して(何々医師の診療には別途料金**円が必要ですとか何々医師の場合は手術により別途料金が何円必要だとかです)裏金に確定申告が出てきたのは、お礼と称する裏金と言えば、先生つながりで議員や教員を連想したからです。これもネット情報に毒されているのでしょうか?

最後に、現状では確定申告すれば謝礼は受け取っても良いと思います。ユウスケさんは総合病院勤務の頃、謝礼金を受け取った場合は確定申告してましたか?それとも脱税?

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17613 RE:医師の報酬格差 Tako [Windows/XP] 05/20(火) 23:40
>ここには意外に多くの医療関係者が多くて驚きました。
 そんなに多くないとおもうのですが?

>多くが敵意むき出しの感情的な表現も多く
 あなたのことではないですか?

>エリート意識が強く異常に自己評価が高い方々なのかと
 これも、あなたのことでしょう?

>どうせ謝礼金を受け取っているなら病院入口にでも表示して(何々医師の診療には別途料金**円が必要ですとか何々医師の場合は手術により別途料金が何円必要だとかです)裏金に確定申告が出てきたのは、お礼と称する裏金と言えば、先生つながりで議員や教員を連想したからです。

 一番不思議に思ったのは、謝礼金に対するこだわりですね。
今時、謝礼金を出す患者も、受け取る医者も激減していると思います。
実際、医者にかかる時出したことないし。

>確定申告してましたか?それとも脱税?
 どうしたらここまで人の事を悪く考えられるのかな?


No.17615 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/21(水) 01:50
それでTakoさんの健康保険制度に対する具体的な意見は?

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17616 RE:医師の報酬格差 ユウスケ [Windows/XP] 05/21(水) 08:27
>やまもとさん

他の人に質問なさるのもいいですが、その前に質問にお答えになっては如何でしょうか?あなたは私の問いかけにほとんどまだ何も答えていらっしゃいません。回答は義務ではありませんが、己への質問は放置したままで質問する態度では議論は成り立たないことはおわかりでしょう?小学生ではないのですから。

>ここには意外に多くの医療関係者が多くて驚きました。

私以外にどなたか医療関係者であると名乗られていましたかね?あなたの意見に反対の者はみな医療関係者と言う事ですか?それであればあなたはさしずめ生命保険会社の社員さんですね。
だとするとひとつ訂正しなければなりませんね。あなたは「印象操作の被害者」では無く、「印象操作を企む人」ですね。

>最後に、現状では確定申告すれば謝礼は受け取っても良いと思います。ユウスケさんは総合病院勤務の頃、謝礼金を受け取った場合は確定申告してましたか?それとも脱税?

公務員でしたので受け取っていませんでしたがそれが何か?

あなたは医師に大変複雑な感情をお持ちのようですが、あまり公の場でそれを持ち出されない方があなたにとって良いであろう事を忠告させて頂きます。

それとあなたのご提案は、医療価格のほぼ完全な自由化です。医療を提供する側としては歓迎ですが、全ての医師は同時に医療を受ける立場でもあります。その立場からすると絶対反対です。医療に適切な公定価格は必要と考えます。

No.17617 RE:医師の報酬格差 Tako [Windows/XP] 05/21(水) 09:23
>それでTakoさんの健康保険制度に対する具体的な意見は?
 物事には順序(優先順位)があると思います。
健康保険制度と年金合わせての話になりますが、やはり無駄な官僚と
それに対応できない無能な政治家を減らし、浮いた原資を保険・年金
に回す事からでしょう。
 社会保険庁の解体後設立される所へ、年金を着服した公務員の再雇用
も決まったみたいですね。

No.17618 RE:医師の報酬格差 Mr.X [Windows/NT] 05/21(水) 10:21
ばたやんさん、

あなたの話様を見ていると、いかにも高所から見下ろした患者を小馬鹿にする医師の態度を
思い出してしまいました。

貴方様の豊富な知識と御見識でもっとわかりやすく具体的に説いていただけませんかね。
もしできれば、の話ですが。

59.mips0010033.cyberhome.ne.jp


No.17619 RE:医師の報酬格差 かとう [Windows/Vista] 05/21(水) 12:02
論じている点が絡まっているようですが・・

現状の健康保険制度のメリット
 1.公定価格が決まっているので、ある程度同じ医療がある程度同じ価格で受けられる。
 2・定額保険料を支払うことによって、急な高額出費が抑えられる。

デメリット
 1・保険料の総額が決まっているので医療の絶対量が増えても報酬が増えない。
 2・厚労省で決められた以外の医療は給付されない。

他にも色々とあるとは思いますが、
健康保険制度において、最低限度の質を確保しなさいという以外に医療の質のことを多く
論じてはいません。
一方患者側からは、
 ・今の負担(保険料プラス自己負担)でもっと質の高い医療を受けたい。
 ・今の負担よりも少しでも安くしたい。
 ・少しくらい負担増でもよいので最高の医療を受けたい。
など「質」に絡まる要素が少なくありません。もちろん「金」に関することが多いですが。

マスで考えた場合、ご自分が負担(保険料プラス自己負担)よりも高い費用の医療を受けていれば
誰かがその分を払っているわけです(税金だろうが健康保険だろうが)。これは互助で成り立つ
(金銭的には誰かが得をし、誰かが損をするという側面もある。全員が得をするということはあり得ない)
健康保険でまかない(最低限度の医療を保障し税金はできる限り使わない)、プラスアルファの「質」は全額自己負担にしていく
のが理想だと私は思います。

ご批判のあろうと思われる現状との相違に関しては、
ムダをなくすことは当然のこととして、
老人保健医療に関しては税金を少々投入する。(過去の保険料設定が甘かったので老人(といわれる)が使った医療費は既に支払った保険料
った額を大幅にオーバーしている)
健康保険の一元管理(社保と国保を合体する。社保における会社負担分は給与として支払う)
当然のことながら保険料は多くの人が上がると思われる。が、これは過去の保険料設定が甘かっただけのことだと思う。
民間の保険会社による医療保険も個人が積極的に取り入れる(自由診療分)--私としては?のところもあるが

社会保障は重要なことですが、あまり拡大しすぎると自由主義経済との矛盾が出てくる気がします。

g037079.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17620 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/21(水) 12:07
>他の人に質問なさるのもいいですが、その前に質問にお答えになっては如何でしょうか?

すでに答えてますよ。私の意見は当面、現状の健康保険制度を維持しつつ特殊技能を持つ医師には、その技能にふさわしい料金の上乗せをしたらどうか?です。ただ、そのような技能を持っている医師は少ないだろうとも書いています。

謝礼についても確定申告さえすれば、受け取っても良いだろうとも表明しています。

現状の健康保険制度を維持するためには高齢者の医療費負担が問題なのだが、診療所レベルで高齢者は適切な診療を受けているのだろうか?との疑問も提示していますが、どなたもお答えになっていません。

>あまり公の場でそれを持ち出されない方があなたにとって良いであろう事を忠告させて頂きます。

これは脅迫か何かですか?

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


No.17621 RE:医師の報酬格差 ユウスケ [Windows/XP] 05/21(水) 17:21
>やまもとさん

>これは脅迫か何かですか?

いいえ純粋に忠告です。婉曲な表現で理解頂けないのなら直裁に書こうかとも考えましたが、他人の掲示板をこれ以上荒らしたくないのでやめておきます。

>すでに答えてますよ。

いいえ、あなたは自分の答えたい事のみに答え、その他は無視しています。
整理しますと、

>「ジェネリックに積極的な医師は、薬価差益を貪る悪徳医師だ!」と糾弾することも可能なはずですが、そうなさらないのはなぜなんでしょうか?
>医療費の公定価格がない国として採り上げました。他に適当な国があるのなら御教示下さい。
>医療の対価を医師の胸先三寸で決めても良いのなら私はとても嬉しいのですが、それで医療単価が高騰しても良いのですか?
>その中で「信頼できない薬を患者に飲ませられない」として切り替えに抵抗した医師は悪人なのですか?
>公務員でしたので受け取っていませんでしたがそれが何か?

についてまだお答えを頂いておりません。

またやまもとさんが、
>>決定的な現状認識の欠如と印象操作の被害者
>どこがそうなんでしょうか?具体的にお教え願えれば幸いです。
と仰るため、具体的に指摘した上で質問しましたが、これも全く無視されています。

それでも「既に答えた」と仰るなら、具体的に質問と回答のセンテンスの対応関係を教えて下さい。

また私が、やまもとさんの提案には具体性が欠けていると指摘した事に対して、「何々医師の診療には別途料金**円が必要ですとか何々医師の場合は手術により別途料金が何円必要だとかです」と現行の診療報酬に上乗せで保険外料金を徴収するシステムを提示されたわけですが、私はこれに対して「医療価格のほぼ完全な自由化である」として反対を表明しています。
これに対して再反論はありませんか?

>どなたもお答えになっていません。

これを読んで探してみましたが、やまもとさんの仰る「疑問の提示」がどこにあるのかよくわかりません。もしかしてNo.17590最終段落の事ですか?これはどう読んでも「疑問の提示」とは思えませんが、他にありましたら教えて下さい。

No.17622 RE:医師の報酬格差 通りすがり [Windows/NT] 05/21(水) 18:35
>ユウスケさん、

>>「たかだか」月額5万円程度の負担とは、さすがに高額所得者は発想が違うなと驚きました。

>確かに私は毎月もっと払ってますが、世界に誇るべき国民皆保険制度の対価としては
>非常にリーズナブルだと思いますよ。自転車を買うのに5万円は高いと思われるかもし
>れませんが、同じ5万円でもレクサスが買えるならよもや高いとは思いますまい。

医師同士のお話はいまいちピンときませんが、現状支払っている保険料に対して高すぎるのではないかと考える患者(国民)は多いと思いますよ。ましてや、その医師の技量が高くても低くても一様な制度はいかがなもんでしょうか。藪医者にかかっても名医にかかっても
金額は同じ。一見平等なように見えてもちっとも平等ではないですよね。

それからジェネリックの利ザヤが高いか低いかは知りませんが、患者は安い方がいいのです。利ザヤなんか何の興味もないですわ。
ジェネリックにして高くなった事はまだないですし。

ntkngw485016.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.17623 RE:医師の報酬格差 Tako [Windows/XP] 05/21(水) 19:41
 自分で調べることもせず、このレスや前レスに記載されされたり引用されされている
内容も見てはいないようですね。
 日本は世界でも異常(?)に医療費の安い国と私は認識していたのですが、下の引用
が国民のコンセンサスなら私の認識が間違っていたのでしょう。
 アメリカでの平均てきな人が払う月額保険料は15万〜20万、遺伝子検査に引っか
かると数倍もしくは保険に加入できません。
EU圏に於いても日本の比較にはなりません(念のため)。
 ただ、この制度が崩壊しようとしているのをなんとか食いとめればいいなと思ってい
たのですが、以下の引用を見るにつれ一度崩壊したほうがいいのかも。
 最後に一つ、内閣その他が組成する有識者会議etcは組成者の意図通りの結論を予め
用意しています(祖の様な人材を集めています)。

>医師同士のお話はいまいちピンときませんが、現状支払っている保険料に対して高すぎるのではないかと考える患者(国民)は多いと思いますよ。ましてや、その医師の技量が高くても低くても一様な制度はいかがなもんでしょうか。藪医者にかかっても名医にかかっても
金額は同じ。一見平等なように見えてもちっとも平等ではないですよね。

それからジェネリックの利ザヤが高いか低いかは知りませんが、患者は安い方がいいのです。利ザヤなんか何の興味もないですわ。
ジェネリックにして高くなった事はまだないですし。

No.17624 RE:医師の報酬格差 Tako [Windows/XP] 05/21(水) 21:00

 PS 日本の今の医療制度は、低料金で医師をこき使えるのです。

    こんなに良い制度をできるだけ長く維持しましょう!!

No.17625 RE:医師の報酬格差 Tako [Windows/XP] 05/21(水) 21:20
 藪医者にかかろうが名医にかかろうが、アメリカでかかればアメリカ料金
日本でかかれば日本料金です。
 藪か名医かの問題ではないのです。
同じく、平等か否かのもんだいでもない。

No.17626 RE:医師の報酬格差 ほりこし [Windows/XP] 05/21(水) 21:25
医師の報酬は安いと思います。
一人でも多くの人を治療したいと思って医者を目指す人もいるでしょう。
しかし情熱はやがて冷めるものです。
でも欲望は無限ですから、お金が沢山稼げれば一生懸命働きます。

謝礼の話しも出ていましたが、それはまあ個人の自由でしょう。
祝儀を申告せずに捕まった人もいましたが、じゃあ結婚式の祝儀を申告するかといわれるとどうかな。

保険料は高いと思います。
厳密には低所得層に対して負荷が重いのではないかと思います。
課税所得300万円以下で上限の56万円(だったかな?)に達しますよね。
この傾斜を緩やかにしてリミットを引き上げる、例えば課税所得1千万円で保険料は50万円、1億円で1千万円、10億円で2億円みたいにしたらどうでしょうね。
まあ日本のシステムというのは文句を言わない底辺から沢山取るようになっている訳なので仕方ないことだし、米国などに比較すると保険システムそれ自体は優れているとは思いますが、払う側の納得度は余り高くないと思います。

歯磨き運動で虫歯が減って歯科医が儲からなくなりました。
現在は自治体などによる健康診断も財政難を理由に簡略化や廃止が相次いでいます。
早期発見すれば医療費も節約できただろうに、みたいな例がないとは言えないでしょう。
おかしな国ですよね。

No.17627 RE:医師の報酬格差 nobody [Windows/XP] 05/21(水) 23:28
上の方で出ている、「個々人の業務と能力に応じた評価」って言葉、言うは簡
単で行うのはかなり難しい。その昔、富士通という会社が年功序列を廃して業
績評価型の給与体系を導入して、見事に失敗しました。
多くの企業でも、リアルに適正な評価システムの確立に苦労しています。医師の
業務を評価する尺度って何なんでしょうか、さらにそれをどうシステマチックに
やるのか。まじめに考えるとかなり難しい問題だと思います。


No.17626 ほりこし さん
>保険料は高いと思います。
>厳密には低所得層に対して負荷が重いのではないかと思います。

高いですね。社保と国保の差の問題もあって、いわゆるワーキングプア層では
もうとんでもなく重い負担になっています。高度成長が終わった今、国保と社保は
統合して新たなシステムを考えるべきだと思います。
#同じことは国民年金と厚生年金と共済と恩給にも言えます

ただ、子供の医療費を無料にしている自治体がありますが、これが原因でちょっと
したことでもすぐに病院に連れて行って、という問題が出たりしますので、軽減
措置を設計する場合には十分な注意が必要だと思います。

他方、雇用保険のように余って使い道に困るようなものもあるわけですから、
小手先の対策を打たずに、年金や生活保護も含めた社会保障制度全般を見直す必要
があるのではないかと思います。

No.17628 RE:医師の報酬格差 やまもと [Windows/XP] 05/21(水) 23:34
ゆうすけさんにお答えします。
>「ジェネリックに積極的な医師は、薬価差益を貪る悪徳医師だ!」と糾弾することも可能なはずですが、そうなさらないのはなぜなんでしょうか?

私は支払い金額の少ないジェネリック医薬品をもっと使うべきだとは表明していますが「薬価差益を貪る悪徳医師だ!」とは表明した記憶はありません。

>医療費の公定価格がない国として採り上げました。他に適当な国があるのなら御教示下さい。
すでに、わが国の公的な健康保険を維持するべきだと表明しているので、アメリカを引き合いに出すのはどうかと思うと書きましたが、それならどの国だと聞かれても返事のしようがない。常識で考えても問題の多いアメリカを引き合いに出すのは変でしょう。

>医療の対価を医師の胸先三寸で決めても良いのなら私はとても嬉しいのですが、それで医療単価が高騰しても良いのですか?

私は、少数の高度な医療技術を持つ医師が特別な報酬を受ける事に賛成だと表明していますので、それこそ都合の良い曲解でしょう。もっとも「俺様は高度な医療技術を持った医師だ」と考える方々が多くとも、やがて淘汰されるでしょう。

>その中で「信頼できない薬を患者に飲ませられない」として切り替えに抵抗した医師は悪人なのですか?

ジェネリック医薬品を信頼できない薬と決め付けるとは、やはり答えようが無い。

>公務員でしたので受け取っていませんでしたがそれが何か?
これって質問ですか?

61-21-156-216.rev.home.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17589 WindowsXP販売終了間近・・ ura [Windows/XP] 05/18(日) 23:05
WindowsXPの販売が6月末を持って終了となり、PCメーカのサイトでも
「ラストチャンス!」と煽り文句が並んでおります。
現在ノートPCを2台運用しているのですが、

・PenM1.5GHzの母艦ではカムコーダー動画の編集で限界を感じた(エンコに一晩)
・XBOX360プレイ用

そして「XPが入手できなくなる」ということもありデスクトップPC+WUXGA液晶モニタを
買おうかなぁと思案中です。

XPはSP3が出たばかりで、何の問題もないしVISTAに移行する理由がない。
職業柄PCはよくさわりますが、VISTAとは縁がないです。
皆様のVISTAに対するスタンスは如何ですか?自分は当分乗り換えるつもりは
無いですし、最低あと3年は引っ張れると思うのですが。
その頃にはWindows7が出てきている、、、、はず。

そして液晶モニタも色々タイプがあって悩ましい・・・
#ムスカモニタってのには笑いました。

No.17591 RE:WindowsXP販売終了間近・・ kazz [Windows/2000] 05/19(月) 12:52
XPっていうか、主力は2000なので・・・。
たまにXPをさわると違和感を感じますが、使えない訳じゃないし、少なくともVistaよりは好感を持っています。
Vistaはお店の売り場で見る程度なので、正直よく分かりません。

2000や2003serverの保守期限が心配です。(一説ではXPより長いとか?)

No.17592 RE:WindowsXP販売終了間近・・ eddy [Windows/Vista] 05/19(月) 13:32
>最低あと3年は引っ張れると思うのですが。
>その頃にはWindows7が出てきている、、、、はず。

その頃にはVistaが主流になり、今のXPのような状況になっていると思います。

XP→Vistaの変化に戸惑っている人が多いようですが、それを進化と捉えると、そう悪くないOSですよ。
XPで十分、使う意味がない、と言ってしまえばそれまでですけど、それならWindows2000で十分ですし、Windows7でも同じでしょう。

khp059129164044.ppp-bb.dion.ne.jp


No.17593 RE:WindowsXP販売終了間近・・ ほりこし [Windows/XP] 05/19(月) 13:36
私は2000とXPを使っていますが、機能的にXPが素晴らしいとは余り感じない口です。
むしろアプリが2000に対応していないために仕方なくみたいなところがあるなぁ。
この流れで行けば、やがてXP対応アプリが無くなってvistaへの移行を促されることになりそうですが、CPUパワーやメモリ量のこともあるので出費は嵩みそうです。

No.17594 RE:WindowsXP販売終了間近・・ FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/19(月) 14:03
>私は2000とXPを使っていますが、機能的にXPが素晴らしいとは余り感じない口です。

私も2000がいいなあ。特に最近SPEEDSTEPとCooland Quietが動作することが
分かったので、省電力についても問題ないですね。なおspeedstepは各
機器メーカーのなかで唯一IBMが再配布の権利をもっているようです(ヒント)。

なお、CoolandQuiteのAMDのマルチプロセッサーは、64の1x用のものが使えます。

あとはwindowsupdateが2000でどうなるか、だけですね。

個人的にはXPも使っていますが(パソコンについてきたもの)、相当裸に
しているので、2000とあまり代わりが無いです。無いですというよりは、
セキュリティーのパッチを繰り返す間にシステムはかなり似てきていて、
2000はXPの競技仕様のベースグレード車という感じかな。

>XP→Vistaの変化に戸惑っている人が多いようですが、それを進化と捉えると、そう悪くないOSですよ。

ぽしゃったFSもそうですが、そもそもマックもカタログBツリーですか、ファイルの
属性や因果関係を管理していましたが、結局ファイル数が増えると破綻し、現在の
OS-Xではカタログは無いですね。

基本的にVistaに見えるのは、ファイル構造の論理化、つまりファイル構造の樹上図を
いかに隠すか、というところに重点がある。

これが正しいかどうかわからない。というのは、初心者がファイルを無くす、あるいは
わからなくなる、というのはファイル構造を把握していないからですね。ですから
時間をとってエクスプローラーを樹形図にして探す訓練をつけさせると、その後は
一人立ちできるようです。

現状のソフトやハードが多数入り交じった艦橋で、ファイルの在処を論理化するのは
非常に難しい。初心者が何気なく新しいハード、たとえばUSB機器を挿したら、
必ずドライバーの在処を聞いてくる。この段階で樹上図がわからないとアウトです
からね。

FUSHIKIZ


No.17595 RE:WindowsXP販売終了間近・・ お茶 [Windows/XP] 05/19(月) 21:16
新規PCに、ということなので
特に薦める理由も無いですが、特に薦めない理由も無い、
といったところでしょうか。

ただ既存のハードウェア/ソフトウェアを使用するつもりなら
互換性は確認しておいたほうが良いです。
一部ゲームでトラブッてます(日本語入力関連)

58-188-159-235.eonet.ne.jp


No.17596 RE:WindowsXP販売終了間近・・ ura [Windows/XP] 05/19(月) 21:48
予想以上にWindows2000が支持されていると感じました。

・OSの安定性
・サポートライフサイクル

の点でXP(買うならPro)かなぁと考えてます。自分一人でアプリケーションを固定的に使うならば
2000でもまだ事足りるでしょうけど、ソフトウェア側が対応しているかという点で
XPを使う方が妥当かなと。
性能的に極端な差はない、というか2000が速いのかもしれませんが・・・

XPを使うにしても、クラシック表示にして拡張子を表示させるように設定するのが
一番最初の作業で、LUNAは全然使っていないです。
VISTAのマシンはLenovoのノートを何度か触っただけですが、起動・終了の遅さ、
起動しただけで使用メモリが700MBを超えるメタボさが、、、、、

No.17597 RE:WindowsXP販売終了間近・・ お茶 [Windows/XP] 05/19(月) 22:50
> 起動しただけで使用メモリが700MBを超えるメタボさが、、、、、

それはSuperFetchではないでしょうか?
実際に使っているわけではないと思います。

タスクマネージャを見ると未使用が数MB、でビビるんですが
半分以上はSuperFetch(キャッシュ済み)でしたヨ

58-188-159-235.eonet.ne.jp


No.17598 RE:WindowsXP販売終了間近・・ バイアス [Windows/Vista] 05/19(月) 23:44
昨年秋にVistaのノートパソコンを購入しました。
最初のうちはXPと違うので腹立たしく感じることもありましたが、慣れました。
メモリーは3GBとし、Windows95・98と思えるような設定にしております。
起動は1分もかかりませんし、結構機敏に動きます。
不便になったのは、スカジー接続の古いスキャナーが使えなくなったこと。
日ごろ使わない一部のソフトが使えなくなった(と思う)ことくらいです。

不便を感じるのは、OSよりも、付属のワード・エクセル2007が非常に使い辛いことです。
保存時に、従来バージョンとの互換性を考えなければならないのも問題ですが、
これまでの95バージョン以来 2003あたりまでを使った経験では、必要な操作の表示が
常時見えていて直感的に操作出来ていましたが、2007はどこに何が有るか分かりにくく、
良く使う操作の表示が出てこない。
退役した古いパソコンのワード・エクセルをこちらに再就職させようかとも考えて
います。

No.17599 RE:WindowsXP販売終了間近・・ してん [Windows/XP] 05/19(月) 23:53
>予想以上にWindows2000が支持されていると感じました。

PCはあくまでも道具であって目的ではありませんから。
アナログTVなら十年前の機械でも困らないのと同じです。
むしろ予想外のトラブルを引き起こしてくれるので新品は嫌われます。

・メタボ
OSはまだ我慢堕出来ます。いざとなれば旧環境を引っ張り出すこともできます。
最近困っているのはオフィスの方ですね。
相変わらず互換障害があるのに、新型では消えてしまった機能がある。
外からは新型で作られたファイルがくるのに、蓄積したデータをどうしろと・・・

PS
ところで本当にXPの販売が終わるのですか?
msは伝統的に一つ前も大事にしていたから好き勝手ができたような。
メーカーの都合で個人向け販売を止めるだけでは?(と思いたい自分がいる)

No.17602 RE:WindowsXP販売終了間近・・ [Windows/XP] 05/20(火) 01:28
>ところで本当にXPの販売が終わるのですか?

インストールCDの入手が問題ですが、
うるさい客はこれで何とか爆発を防げるのではないでしょうか?こちら

VISTAの売りがダウングレード権というのも終わっていますが・・・
Windows7が予定通り出れば、VISTAは普及しないうちに終わる気がします。

No.17605 RE:WindowsXP販売終了間近・・ バルス [Windows/XP] 05/20(火) 09:28
 Vistaは練習のために買ってきて何度か試験的にインストールしてみましたが、全く使えていません。
 Vistaは操作インターフェースを大幅に変えてしまったのが最大の原因です。
 XPはクラシック表示にすれば2000までと同じ見た目にできるため、そう苦労せずに動かせるようにはなれました。
 Vistaはクラシック表示にしてもそれほど変わってくれず、普通に操作するだけでストレス溜まるので、慣れるまで使っておられんのでした。
 ストレスを我慢しながらもVistaを使う必要性が無いのだったらXPや2000でいいやとなり、そうこうしている内に試用期間(アクティベーションせずに使える猶予期限)が過ぎてしまう。
 ・・・過去にLinuxにチャレンジして自分が繰り返してきたのと同じような。

 MS社は何でここまで操作インターフェースを変えたかな?というのが一番の疑問です。ツールバーの配置を変えただけで、配されているボタンの種類には変化が無いから。結果的にできる事自体は変わらず、不慣れになっただけ。
 慣れの問題でしょうが、上で書いたように慣れる前にイヤになってしまうのでした。

 うまく動かせない原因はメニューバーが無いせいでもあります。
 設定変更でメニューバーも表示できますが、いざ表示させると他のウィンドゥデザインとミスマッチで違和感バリバリ。Vistaがデフォルトでメニューバーを無くしたのは、見苦しかったからでないかと(笑)。

 メニューも立場が変わってきたようにも。
 昔は操作できる事は全てメニューに入っていたので、メニューを全部開けば何かしらの操作ができました。
 しかし最近はメニューからは指定できない操作が増えました。たとえば、オブジェクトをドラッグ&ドロップで放り込むしかないとか。こういう場合はメニュー操作で[開く]とか[指定する]とかやるのが常識と思っていましたが、そうではなくなっていたのでした。
 おかげで、見ただけでは操作すらできないアプリがあれこれ。
 メニューの文言も一見しただけでは意味不明な専門用語が並び、直接操作を要する場合が増えたのは、Vistaが意識したのではないかと思われるマックの悪影響かとも。
 「オブジェクトを選択してプルダウンメニューからアクションを操作」はマウスにボタンが1個しか無いマックが確立した美点でしたが、本家も変わってきたのかな?
 いや、この辺の概念とか筋を考えずにマックやLinuxを触って混乱気味のプログラマー(ソフトウェアデザイナー?)の仕業か。マックやUNIX発祥のソフトを使うと違和感を感じる事が多いのでした。
 あるいは、プログラマーを指導するMS社のガイドラインが変わってきたのかもしれませんね。Vistaから察するに。


 3Dデスクトップは、最初は3D空間にウィンドーが浮かんでいて、スーパーマリオギャラクシーやセカンドライフのように夜空を泳ぎながら操作する???とか想像していました。
 あるいは映画「マイノリティレポート」でトムクルーズがデータグローブ(?)を手にパラパラダンスを踊りながら操作していたような物かとも。
 実際には、試してみようかと思ったら使っているキーボードが古くて(106キーボード)、Windowsキーが無いせいで試すことすらできなかったりしましたけれど。


 でもWin2000で動かないソフト・ハードは増えましたね。
 大手ではATiのRADEON HDビデオカードがダメ。激安だったので飛びついたら、Win2000ではドライバすら無いので玉砕。結局は知り合いに売ってGeForceに買い換えました。


 ちなみに、昨年秋に見学に行った技能五輪では、パソコン職人さん達はXPを使っていましたっけ。Vistaは見えた限りでは皆無。
 しかしクラシック表示でなくLunaのまま。
 彼らは若い=初めて触ったWindowsがXPだったので、それが基準となっているのか。あるいはMS社に逆らわず、これがこれからの標準だったら自分を変えるべき、としていたのかはわかりませんけれど。<BR>

 実際、自分の体験でも、サポートする際にお客さんがLunaのままだったので、電話越しの指導に苦労したなんて事がありましたので。
 パートのオバちゃんが動かすパソコンをセットアップした際に、拡張子も全部表示させるようにしたらExcelファイルの拡張子までリネームしてしまい開けなくなったというトラブルもありました。拡張子の隠蔽機能の必要性は、この時に初めて知りましたっけ。普通の人は拡張子や関連づけなんて知らないのでした。

p22116-air03hige32k.tokyo.ocn.ne.jp


No.17610 RE:WindowsXP販売終了間近・・ Hiro [Windows/2000] 05/20(火) 16:48
>拡張子も全部表示させるようにしたらExcelファイルの拡張子までリネームしてしまい開けなくなったというトラブルもありました。

MSが拡張子をもっと積極的に保護するように仕組みを変えてくれれば良いのですが。
現状拡張子を変えるもしくは消そうとすると警告メッセージは出ますが、
もう一歩進んで拡張子を消すようなリネームの場合は直前に付いていた拡張子を補完するとか
拡張子を変える場合は通常のリネームと別の手続きを踏むようにするとか。
右クリックメニューの「名前を変える」の下に「拡張子を変える」を付けてくれればいいだけ。

やはり私は拡張子は表示したほうが良いと思います。
ファイルの種類:アイコンの数が1:1ではない現状では拡張子が無いと種類の判断に困る場合や
関連付けがいつのまにか(ほぼソフトのインストール後ですが)変わってる場合に困らないようにとか
あと怪しげなファイルを開かないようにとか。

以前PC初心者からケータイや他のPCから移したファイルが開けないとの相談を立て続けに受けた時期がありました。
原因は拡張子が無かったことでしたが普段から拡張子を表示してない人には原因が想像出来なかったようです。

話は変わって私はWin2000使ってますが自分で使う分には今の所コレで十分ですね。
上に書いたように相談を受けることもあるのでXPに慣れておいたほうがいいかなと思ってましたが
2000までの知識+Web検索で乗り切ってしまいました。Vistaはまだほとんど触ってません。

RADEON HDですが、旧バージョンのドライバでWin2000でも動いたと思います。
またサードパーティーのオメガとかDNAで2000対応のドライバがあります。

p4034-ip01imazuka.yamagata.ocn.ne.jp


↓次の記事の先頭へ↓↑前の記事の先頭へ↑

No.17566 専用電池用充電器 和郎 [Windows/XP] 05/17(土) 17:18
かなり昔の専用バッテリータイプのデジカメ(SONY製)があるのですが、
充電器が何か通電前からコンデンサ油?っぽい臭いがします。
久しぶりに充電しようと思いましたが、戸惑います。
さて、充電器が異常の場合、それでも無理に充電しようとして電池をセットして通電させると電池パックが破裂したりすることはあるのでしょうか。
例えば、
「電燈線のAC100がそのまま電池に伝わり爆発する等」はあり得ますか?

恐る恐る充電しようとするとバッテリーが充電中を示すランプが点灯せずに怖くて中断したとのことです。

44.4.152.122.ap.yournet.ne.jp


No.17570 RE:専用電池用充電器 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/17(土) 21:06
>何か通電前からコンデンサ油?っぽい臭いがします。

ケミコンがパンクしているっぽいですね。

この段階では、なんともいえませんが、もし筐体をあけて、妊娠してる
多数のケミコンを見たら、捨てるべきでしょうね。

ある時期から(1995年ころかな)、ケミコン小型化の切り札として、
*級アミン(詳細わすれた)を多用した製品がでました。このタイプは
結局熱に弱く、ケミコンであれば妊娠して背が高くなったりします。

なかでも、表面実装タイプは実装時にハンダフローの熱で、早期に
パンクし、おもらしします。

特に、このころの高級、超小型機器ほど、この表面実装タイプのケミコンが
多用されており、低レベルな機器より寿命が短い、というこまったことに
なっていますね。

まあ充電器ならいいですが、実は車のコンピューター(ECU)にこの手のタイプが
多数あり、まあ、ひどいことになっています。

FUSHIKIZ

No.17572 RE:専用電池用充電器 和郎 [Windows/XP] 05/17(土) 21:30
FUSHIKIZさん、早速の回答ありがとうございます。
>多数のケミコンを見たら、捨てるべきでしょうね。
熱いときに鼻を近づけて臭いをかいだらコンデンサ油臭が確認されたものの、時間がたったら臭いはましになり、今はしていません。
開けたいのはやまやまですが、特殊螺子を使っているのでどうにも対応が出来ないのです。ベンツ螺子でもないし、螺子がつぶれた状態に似ている特殊螺子です。

こんな物デジカメメーカーが自社生産しているとは思えませんので、どっかにOEMしているのでしょう。


これで通電しても事故は起こりませんか?
近日、使用することになり充電が出来ればとりあえずしのげるとは思いますが。

もう、専用バッテリータイプのデジカメはさすがにあほらしくなり買えません。
電池が消耗して使えないし、充電器不具合で単三電池を使うタイプにします。

専用ドライバーと破損ケミコンと同等部品が入手できたらコンデンサだけ交換できるかな?

44.4.152.122.ap.yournet.ne.jp


No.17575 RE:専用電池用充電器 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/18(日) 01:22
>もう、専用バッテリータイプのデジカメはさすがにあほらしくなり買えません。
>電池が消耗して使えないし、充電器不具合で単三電池を使うタイプにします。


実は充電池のことを気にするのがイヤなので、我が家の現用の8ミリハンディー
カムは、単三電池式にしました。

これはよかったですよ。というのは、ズームは光学式、ボタンは3つしかなく、
操作が簡単です。いままで一番安定している。以前のボタンが多数ついている
のは不評でした。

問題は再生はテレビにつながないと見えないことですが、出先は電池節約の
ため再生はあまりしませんから、問題ないです。

通常電池パックは数千円しますが、年に2、3回の使用頻度では、毎回アルカリ
電池と、トータルコストはかわらないのかも知れませんよ。なお、アルカリ電池
でも8mmテープ一本とってもまだ容量があまっています。

問題は、こういった機種は今は販売していないことですかね。

FUSHIKIZ

No.17576 RE:専用電池用充電器 FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/18(日) 01:25
>恐る恐る充電しようとするとバッテリーが充電中を示すランプが点灯せずに
>怖くて中断したとのことです。

ちょっとヤバイ感じですね。私だったら使いません。

おそらく充電器はスイッチング電源+充電制御回路だと思われます。

充電ランプが着かないなら、内部をあけて確認しないかぎり、私だったら
使いませんね。

FUSHIKIZ


No.17577 RE:専用電池用充電器 和郎 [Windows/XP] 05/18(日) 09:53
>ちょっとヤバイ感じですね。私だったら使いません。
どんな事故が考えられますか?
家族ですぐに軽いからと専用バッテリタイプを買ってしまうのですが、これじゃあ怖くて使えません。
家族曰く、「LEDの問題で使える」と言い張って使おうと言っていますが、
これ本当に通電させて大丈夫ですか?

私は本当は専用バッテリー大嫌いな上、そんな内部で不具合が出ているかも知れないものは使いたくないのです。

44.4.152.122.ap.yournet.ne.jp


No.17579 RE:2.0GHz & 2.5GHz帯免許(9) FUSHIKIZ [Windows/2000] 05/18(日) 10:29
>どんな事故が考えられますか?

最悪だと、爆発とか感電死とか。。。

これが電池式とか、低電圧のラジオだったら、まあ発煙ぐらいで
済むと思いますが、100Vの電源というのがコワイ。

というのは、漏れた電解液は導電性かつ腐食性なんですね。
私も何台か修理しましたが、漏れてしばらくたって基板が
腐食(スルーホールがやられる)したものは救えない。

それと電圧が問題です。

通常スイッチング電源はAC100VをDC280Vまで昇圧します。これは
100-110Vの日米と、200Vの欧州など、世界的に使うことを考えて
設計してある。通常100Vと200Vは配線を一カ所かえるだけで
共用できるからです。

これをスイッチングしてパルスにかえる。それをトランスで
電圧をおとして、整流して目的の電圧にする。電圧は一定
の出力ですが、電流はパルスの幅(デューティサイクル)で
変えています。

従って漏れた電解液が一時側にまわれば、感電、発煙、引火
などあり得ますね。それにLEDが寿命できれることは無いです
から、もう壊れていると考えた方がいいですよ。

まあ、何度も書いてもしかたがないので、それでも使いたいと
いうのであれば、自己責任で使ってください。

もちろん、充電器は故障しておらず、電池パックが不良で
充電ランプがついていないことも考えられますが、電池パックが
他になければどのみち使えません。他の電池があればつけてみるのも
いいかもしれません。

もし電池がNP55だったかな、かなり各社でも使われている製品で
あれば、電池と充電池を別に買う(1万以下)ことも可能です。

FUSHIKIZ

No.17580 RE:専用電池用充電器 和郎 [Windows/XP] 05/18(日) 10:40
メーカーに取り寄せてもらいます。
さすがに危険な上、いつ吹いたものか判らないものですので、強引に中身を開けて状態を見た後に捨てます。

やはり構造上、AC100のすぐ横を弱電が流れるので電解液がほかの回路に着けばそういったこともあり得るということですね。

しかし、貴方、スイッチングとよく判りましたね。
対応電圧を私は書いていません。(SONY側はAC100〜200です。)

44.4.152.122.ap.yournet.ne.jp


No.17581 RE:専用電池用充電器 YASU [Windows/Vista] 05/18(日) 15:01
私の経験上、デジカメのバッテリー単体を充電するチャージャーでシリーズレギュレータの物を見たことがありません。
だから、「バッテリーチャージャー=スイッチングレギュレータ」と考えるのは普通ではないかと...

おまけ

シリーズレギュレータは
 変圧トランスに大きいものが必要となる
 熱損失が大きく高熱を発する
 入力電圧を簡単に変更できない
 出力ノイズは少ない
 回路は単純で部品点数は少なくて済む
スイッチングレギュレータは
 変圧トランスを小型にできる
 熱損失はシリーズレギュレータに比べると小さい
 入力電圧に幅を持たせることが可能
 出力にノイズが多い
 回路は複雑で部品点数は多くなる
の特徴があります。

以前はポータブルオーディオ機器に接続するACアダプタはシリーズレギュレータの方が多かったんですが、最近はスイッチングレギュレータの方が多いようです。

m006173.ppp.dion.ne.jp


No.17582 RE:専用電池用充電器 ボーリ [Windows/2000] 05/18(日) 16:21
4級塩の電解コンデンサーは5年ぐらいでお亡くなりに事が多いです。
大体出力側の最終段のコンデンサーが最初にお亡くなりになります。
それも液漏れが最初に起きてパターンを腐食し、ショートして燃える場合が多いです。
そこまでの出力が無いので・・・・燃えない・・・電圧低下でチャージランプが
点かないとかじゃないかと??
一時期小型化できるので大量に使われたようですが、こう言った事故が頻発したので
使われていないようです。

h222199.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp


No.17583 RE:専用電池用充電器 GAMA [Windows/2000] 05/18(日) 19:32
スイッチング電源はコンデンサ負荷が大きいので、専用のコンデンサを使ったとしてもトラブルが多いようですね。
今やACアダプタでさえもスイッチング方式のものが増えてきて、そのうち電源トランスなんてなくなっちゃうんじゃないかと思います。

No.17585 RE:専用電池用充電器 バイアス [Windows/Vista] 05/18(日) 20:33
充電器による火災で有名なのは
こちら

火災の原因調査に関して、こんなHPが有りました。
こちら
その中で
>火災に関連して、社告されている「製品」のリストです。
>注: いずれも抜粋ですので誤りがあるかもしれません。
>確認は、それぞれのメーカに問い合わせて下さい。
こちら

ページ指定:01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12