個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25461 MIMO 釣具屋 MAIL [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/25(木) 09:58 返信
 
8/23の雑記が、消化不良と言うかなんと言うべきか。。釣具屋の理解と異なっているところが
あるので、適当に加筆&修正してみます。専門家ではないので、間違えているかも知れません。
ツッコミへのツッコミは大歓迎です。

>言語は同じで同じ場所で話しているが、どの方向から聞こえた声か、AサンとBサンの
>声質が違うので分離が出来る。

「言語が違う」と「声質が違う」の差分が不明確です。CDMAも「声質が違う」で説明できて
しまいます(カクテルパーティー効果)。

より端的に説明するには、言語も声質も同じな双子が同時に左右から話しかけてきても、
(一般的にヒトには耳がふたつあるので)双子のどちらが話したか判別できる、といった
所ではないでしょうか?

>これにはAサンとBサンが離れた場所にいてくれる(電気的距離が長い=使用周波数帯が
>高い)必要があり、もしも近い場所から話されると分離出来なくなってしまう。

離れたところに居てくれないと困るのは、AサンBサンではなくて、右耳と左耳では?

>相関のない2つのアンテナをどうやって筐体内に納めるかに苦労した。

「相関のない」ではなくて(それだと3dBのゲインにしかならない)、「空間に対して相関
のある」が正解かと思います。

MIMOの出自はSM(空間多重)ですから、「どちらから電波が飛んできたか判別できること」
ならびに「どちらへ電波を飛ばすか選択できること」にあります。これを達成するため
には、アンテナは、空間に対して相関がなくてはなりません。

ただ、それだけだと、ただのアダプティブアレイアンテナに成り下がってしまう(MIだけ
もしくはMOだけ)で、大して面白くない。MIMOの面白いところは、ここから先です。

>つまり直進性が強く反射しやすい性質の周波数帯の方が何かと使いやすい

従来は、反射波はただの「妨害」でした(マルチパス干渉)。アナログテレビで言う所の
「ゴースト」です。しかし、技術が進歩して「どちらから電波が飛んできたか判別」できる
ようになると、反射波を「別々の伝送路」として用いることができるようになりました。
ちょうど、PCI-Eを2レーン使うと、1レーンの時の倍の速さになるようなものです。

AサンBサンが(ほぼ)同じ場所に居ても、Aサンは右の壁に向かって話しかけ、Bサンは左の
壁に向かって話します。それを聞くヒトもまた、耳がふたつあるので、右の壁から反射して
聞こえたのか、左の壁から反射して聞こえたのか、判別できる(情報量が2倍になる)。

さらに言うと、AサンBサンは同一人物でも構いません。右と左に話し分けられれば。ただ、
左右を聞き分けられるヒトは居ても、左右に(同時に)喋り分けられるヒトはなかなか居ない
ので、説明は難しいですけどね。

ここが、まさに「コロンブスの卵」的な発想(従来はただの妨害ですよ?)で、個人的には
感心したところです。そこの説明がなかったのが、ちょっと惜しい、と個人的には思います。
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12