個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25474 RE:MIMO ほりこし MAIL [G:Windows/7:Chrome/13.0.782.112] 08/27(土) 00:06 返信
反射もそうなんですけど、変調方式もOFDMに限った事ではないのです。
CDMAでもMIMOは成立しますが、CDMA+QAM+MIMOとなると干渉(振幅方向のデータが干渉する)が起きるので効率が低下します。

これもドコモは(CDMA+MIMOは)意味がないと言っていますがクアルコムは出来ると言っています。
何が違うかと言えばセル内収容局数です。
拡散符号に余裕があれば干渉の度合いが少ないのでMIMOが出来る、ドコモのようにセル内に沢山の加入者を入れているような使い方だとMIMO効率が上がらず意味がない、と言う事ですね。

反射や回折の考え方というか判断の仕方も似たようなものでしょう。
YRPの実験でドコモは、アンテナの間隔を広げられるのなら(空間)多重数はいくらにでも出来ると言っています。
これも、理屈はそうなのですからそうですねとしか言いようがないです。
それこそアンテナ間の距離を離していけば良いだけ。
あとは演算量がものすごくなるだけです。

2つのアンテナに別々の信号が入ってくるような状態においてはMRC(最大比合成)のロジックを少しいじった程度でMIMOが出来てしまいます。
しかし2つのアンテナにほぼ同じような信号が入ってきてしまう状態では、理屈通りの演算をしないと理屈通りのパフォーマンスが出ません。
(長くなるので割愛しますがこの辺りはドコモの特許がいっぱい)

MIMOの方式自体も何を対象にするかによって説明や比喩にしても変わってきますよね。
そもそも何かに例えて説明する時点で物事の正確性や確実性は相当減少しているわけです。
なので、話が難しくならない程度、面倒にならない程度に例えてみましたくらいのものです。

AさんとBさんの話す声が空間で混ざりますよね。
なので、聞く側はその空間の伝達特性の逆のフィルタをかければ話し声は分離出来ます。
歪みに関しても同様に、空間で何かしらの歪みが起こるとすればその逆のフィルタをかければ歪みは取れます。
でもこれはたとえ話にしにくい訳です。

このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12