個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25480 原子村瓦解のあしおと FUSHIKIZ MAIL [G:Windows/XP:FireFox/6.0] 08/28(日) 01:08 返信
こちら

政府が原子力コスト試算案 1キロワット時16〜20円

”政府の「エネルギー・環境会議」は、原子力コストの算出などのために「コスト等試算・検討委員会」(仮称)を9月に立ち上げ、報告書を11月に公表する予定”

もうひとつ、

こちら

原発周辺住民は「ヨウ素剤飲むべきだった」 識者が指摘

” 3月17、18日に福島県で実施された住民の外部被曝検査の数値から内部被曝による甲状腺への影響を計算すると、少なくとも4割が安定ヨウ素剤を飲む基準を超えていた恐れがあるという。 ”

原子力村からの脱藩者なんでしょうか、あるいは、今後の訴訟から先に逃げ出そう
というのですかね。

” 甲状腺被曝では放射性ヨウ素の中では比較的、寿命が長い放射性ヨウ素131(半減期約8日)だけが考慮されていたが、広島大原爆放射線医科学研究所の細井義夫教授は「半減期が2時間と短いヨウ素132も考慮が必要」と指摘。理化学研究所などが3月16日に原発30キロ圏外の大気を分析した結果、放射性物質の7割以上が放射性ヨウ素132や、約3日で放射性ヨウ素132に変わる放射性物質だったという。”

これは前から私が指摘していることなんですが、政府/放医研はチェルノは汚染した
ミルク云々といっているのですが、私はガスだと思います。牛乳が問題になるには
ある程度時間がかかるが、ガス体のヨウ素はプルームが飛んできた瞬間から内部被爆する
のです。ですから、東電の作業員が別に汚染牛乳を飲んでいなくても外部線量の
8倍も内部被爆していた。

これは訴訟問題になる可能性大です。訴追の恐れから今後原子村からの脱藩者が
多数でると思います。中川教授もあぶない。

こちら

”現時点での原発事故による放射性ヨードの心配をする必要はありません。医薬品であるヨウ化カリウム製剤も、現時点では服用する必要はありません。ましてや、消毒薬のイソジン(ヨードを含む)を飲むなど、絶対にやめて下さい。それに伴うアレルギー、甲状腺機能異常などの副作用の方がずっと心配です。”

問題は放医研も飲み水や牛乳ばかり気にしていたのですが、やっとガス吸入の
影響が大きいことを計算で示しています。

こちら

”空気中の放射性物質を吸い込むことによる放射線量は、1日あたり22.2立方メートルの空気を吸ったとして、東京都が発表したちりの中の放射性物質のデータを用いると約21マイクロシーベルトと計算されます。

これらを足しあわせると約1ヶ月間で約120マイクロシーベルトを受けたことになります。この放射線量は、東京−ニューヨーク間を飛行機で往復するときに浴びる放射線量※の上限よりも少なく、健康に影響を与えるレベルではありません。ただし、今後も行政機関からの発表に注意し、要請や指導があった場合にはそれに従ってください。”


飛行機では内部被爆は無いのですよね。ヨウ素の甲状腺等価線量は外部線量の数倍から10倍以上にもなるのですがね。ただし、以降は何なんでしょう。放医研は

こちら


”体内の放射能量(Bq)が分かったとしても、内部被ばく線量(Sv)がすぐに求められる訳ではありません。。ホールボディカウンタによる内部被ばく線量の評価は、測定した時点までに、どのくらいの量の放射性物質が、どのくらい長く体内に存在したのかを推定することから始まります。現在の量が同じであっても、何日か前に1度だけ取り込んだのか、毎日少しずつ取り込んできたのかによって内部被ばく線量は異なります。また、空気と一緒に吸い込んだのか、食べ物から食べたのかによっても線量は異なります。

 さらに、大人と子供では代謝の速さが違いますので、同じ量の放射性物質を取り込んだとしても子供の方が速く体内量は少なくなります。一方で、子供の方が臓器の大きさが小さいので、同じ量を取り込めば、線量は大きくなります。これらの年齢依存性を考慮して、子供については3ヵ月児、1歳児、5歳児、10歳児、15歳児と年齢区分ごとに成人とは別の線量換算係数が用意されています。

 内部被ばくでは、体内に放射性物質が存在する間、被ばくを受け続けることになります。しかし、例えば摂取があってから6カ月目の線量はいくらかといったような、そのときどきの線量を評価することはせず、職業被ばく及び公衆の成人では摂取したときから50年間、子供及び乳幼児に対しては70歳までに受けることになる線量をまとめて摂取した年に受けたものとして評価します。こうした考え方で評価される線量を預託線量と言い、各々の臓器の等価線量を評価した場合は預託等価線量、実効線量を評価した場合は預託実効線量と言います。”

だから飛行機で主に電離放射線をあびたものと、ガスやパーティクルがやってくる原発の被曝とではまったく違うのと自ら言っていながら、飛行機がどうのこうのって相変わらず怪しい説明をしているのは犯罪的ですね。そもそも関東東北の人が全員飛行機で日米を毎月往復するとでも。

fushikiz
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12