個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25492 RE:原子村瓦解のあしおと Shimalith MAIL [u:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/28(日) 23:00 返信
>まったく根拠のないタワゴトですよ。

なるほど.
耐性うんぬんではなくて,飽和量と維持量ベースでの投与でも大丈夫である,と.
ひとつ安心しました.


しかし,私が気にしていることは他にもあります.
市販の,どこにでも売っている薬剤では,管理が出来ないという点です.

必要なときに,自己責任で飲んでもいい,と誰かが言ったあと,
不要になったときいったい誰が止めさせるんでしょう.

100%の管理下にある薬剤なら,止めさせるのは簡単です.供給しなければいいのですから.
医者に買ってもらう薬も,「飲みきるまで」「次の診察で決める」など,停止の機会はあります.
これがその辺でてきとーに売られているものになると事態の処理が急激に難しくなります.
それでも政府が指示したものならば,全部政府がやればいいのですが,
クチコミとなると,いよいよもって収束は困難です.

前から100km圏外だった東京圏などで,いまも飲んだりうがいしたりしている方がいらっしゃるようです.
もう止めていいって言う人がいないと不安ですからね.
ところが,「不安な人も精神安定剤代わりに」とおっしゃる.これ,適用外ですよね?
(いやもともと放射線防護は適用外なんですが,KI手に入らないので仕方ないとする)
正規の安定剤など今どきハードルの高いものではありません.
かかりつけに「地震以来不安で..」とでも言えばデパスぐらい出るでしょう.
デパスもたいして効くものではありませんが,
専用品がある限りはそちらを使うのが筋でしょう.
どんどんイソジンまみれにするのが目的なのでしょうか?
目的は放射性ヨウ素が甲状腺によってこないようにすることだったはずです.

過剰にならない服用として,維持時には容量を減らし,
隔月空ければ問題ないというお話を文献を含めてご説明いただきました.
おそらくその通りにすれば,何か異常があっても対応可能な範囲になると私も思います.
ところで,守っている方は何割かはいるでしょうが,全員に守らせることが出来るとお考えでしょうか.
正規のうがい薬として使わせているときにすら,原液で飲んでしまったりする人がいる.
そんな用法も用量も守らない方がいらっしゃるのは,ご存じの通りです.
放射線対応で服用するときだけ,用法用量が守られると考えるのは無理があります.
きっと事故発生時から一年後まで,ずっと飲み続ける人が出てきますよ.
それは「自己責任」で片付けることでいいのでしょうか.

政府の立場は「毒で飲むなと言ったのだから,今飲んでいる人などいないはずだ」
でしょう.広報にはもう期待できません.
そうなると,本来は言い出した人が終了の合図を出さなければならないわけです.
それがないならば,始めた方は,いったいいつまで飲み続けなければならないのでしょうか.


この件で,さきほど「デマやってまでイソジン止めた放医研のほうが正しかったかも」
としましたのは,もしや我々は放医研に助けられた形になっているのではないか,と考えたからです.

放医研の尽力...で「デマということになって」服用者はごく少数となりました.
もし,放医研がイソジンの件を放置静観していたら.
きっともっと多くの人が手を出したでしょう.しかも止められません.
服用被害が出たとき,掲示板で服用に賛成していた人(私も含む)がつるし上げを食らっていたかもしれないわけです.
今後似たようなことが起きたときどうするかを考えるためにも,
ここらで一旦皆さんで地震が起きてからのことを振り返ってみませんか.
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12