個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25496 RE:原子村瓦解のあしおと C.M. MAIL [p:Windows/XP:IE/8.0] 08/29(月) 07:21 返信
>最近,「KI錠の配布ミスは大失敗としても,
>デマやってまでイソジン止めた放医研のほうが正しかったかも」に近くなってきてます.

悲しいことに、近辺の幼い子供達は既に放射性ヨウ素に汚染されて手遅れになっている
と予想されますので、早晩甲状腺癌の増加及び集団訴訟に繋がって行くと思われますが
その裁判の証言台で、放医研及びその筋の権威(笑)の方々が
「あの時にヨウ素の過剰摂取による患者を出すぐらいなら現状の方が適切だった」
という証言を胸を張ってできるか、って事に収束すると思います。
まぁそれまでにアナウンスされた方々が逃げ出さずに残っている必要が有りますが…。

>それは「自己責任」で片付けることでいいのでしょうか.
>掲示板で服用に賛成していた人(私も含む)がつるし上げを食らっていたかもしれないわけです.

医師の立場で公(マスコミ等)の場でイソジンの服用を薦めた人は居なかったのでは。
FUSHIKIZさんもその辺の線引きは守っておられたと認識しています。

>もしや我々は放医研に助けられた形になっているのではないか

どうお考えになるかは個々人の考え方次第ですので勝手にどうぞですが、
放医研やその筋の権威の方々の行為がどの様な結果を生んだかについては
後に歴史によって必ず裁かれる事になると私は思います。
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12