個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.30007 RE:原子村瓦解のあしおと Shimalith MAIL [u:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/31(水) 12:33 返信
この記事の上に移動,便利ですね.
といいつつ,くせが残っているので,ホイールをぐるぐるさせていたりしますが.


>うがいのおかげ(かどうかは分かりませんが)、今年は何事もなく乗り切れました。

本人が体感上効果があるというのなら,プラセボでもOKとも思いますが.

ほとんどの消毒薬は細菌を殺す濃度に達するまでに多細胞生物の細胞を殺す能力を持つとされます.
また,ある程度殺菌するのに1分,もうちょっと本気で消毒する際は3分必要とされています.
やってみると判るのですが,3分も口にイソジンいれていると口の中ガビガビになります(笑
つまり,イソジンでうがいをすると,さして殺菌しないうちに,粘膜に傷をつけ感染を呼ぶ,
風邪を引きにくくなったことに理由を探すなら,「普段よりうがいをしている(液体種類関係なく)」
の可能性のほうが高いのではないかと考えております.


>「あの時にヨウ素の過剰摂取による患者を出すぐらいなら現状の方が適切だった」
>という証言を胸を張ってできるか、って事に収束すると思います。
KIの出しそびれは汚点となるでしょう.
ただ,公衆衛生の分野は,ヨウ素に限らず,ワクチンでもそうなのですが,
もとより「1万人のために1人殺せる」といえる,政治家に近い仕事なのではないかと思います.
「目の前の人を助ける」対応には現場判断のできる余地は大きいですが,
抜け漏れの検討範囲が広くなる公衆衛生は,現場の裁量はごく限られるのかな,
「決めた通りのことはやれ(錠剤配れ)」までしか一般人に言えることは無かったのかな,
今ではそう考えています.
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12