個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.30077 RE:加圧栓 おほいぬ MAIL [Windows/XP:FireFox/6.0.1] 09/06(火) 18:20 返信
加圧栓が見つかったのでさっそく手持ちの炭酸飲料で実験してみました.
開栓後に液相内全体に発泡している状況で,加圧栓で50回位ポンピングしてペットボトルがガチガチになる位にすると・・・泡がそのまま液相内でつぶれたように見えます.

炭酸飲料の発泡を水の沸騰と類似ととらえると,大気全圧が高まれば沸点が下がって100℃でも沸騰しなくなるように,炭酸飲料液相内の発泡も停止するのではないでしょうか?(M.A.さんのコメント通り)

液相内での発泡がなければ気相-液相の界面での抜けだけになるので,短時間であれば液相内にとどまる溶存二酸化炭素が加圧しない場合よりも増えるのでしょう.
長時間放置すると,どのみち界面からすべての二酸化炭素が抜けてしまうので,容器上方に気相の空間がある限り,ACBIさんおっしゃるとおり,ある程度時間がたったあとは加圧栓は無力なものとなるようです.
こんなところでいかがでしょうか?
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12