個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.30134 RE:コクセンのガイガー FUSHIKIZ MAIL [G:Windows/XP:FireFox/6.0.1] 09/10(土) 21:54 返信
YASUさんのように、cps^-1のものとありますね。申し訳ありません。

ただ面白いのは同じbq/kgを計算するにせよ、入れ物をかえると変わることと、
cpであれSvであれ、例えばタッパーと瓶の比がそれぞれの計測器で違う。。。
これは計測部分のサイズは形の差なんでしょうか。線量を計ることの
難しさを感じます。

>計数範囲がMax.10 mR/h ,最小目盛が0.005 mR/h (単位に時代を感じる)
であり,参考値にしかならないとは思いながら何回か近所に出てきまし

レントゲンR/hを100で割るとSv/hとほぼ同じ(定義が違うが)ですから、
最小の0.005 mR/hは5μR/h=0.05μSvですかね。
MAXの10mR/hは100μSvでしょうか。ちょうどいい感じでしょうか。

>1m 地点で半目盛からひと目盛をフラフラ・ドブの砂は+1目盛
最大数十mSvのサーベイメータで一桁uSvなんて,機械屋の測定の常識を逸脱しています

まあ対数ということで。。。要するに桁があうか、程度のものですね。
例えば5、とでたら1と10の間か?程度でしょう。核種や計測部の大きさ
など、放射性物質の入れ物でも違うんですね。

ちなみにwikiをまとめると、

Rレントゲンは空気1cm3あたり1静電単位(esu)のイオン電荷が発生させる
放射線総量 CGS単位系

Rad1ラドは、物質1キログラム (kg) あたり0.01ジュール (J) のエネルギー
を吸収したときの吸収線量 国際単位系 (SI)

remレムは1ラドのX線の線量当量が1レム。それ以外の放射線は放射線の種類
ごとに定められた生物学的効果比率 (RBE) を線量当量に乗じて得る。
(X線のRBEは 1 rem/radだが電子線は異なる)、一方レントゲン(R)単位で
計測した照射線量に放射線の種類ごとの生物学的影響の程度を表す係数を
乗じても求められる。重みづけ系数rW=1としたとき、1レムは1.07185
レントゲンとなる

Gグレイ1キログラムの物質に1ジュールの放射エネルギーが吸収された
ときの吸収線量を1グレイと定義する。ラドは0.01Jなのでグレイはラドの
100倍。グレイは100ラドと同じと考えて良い。それはグレイ氏が
1レントゲンの放射能によって単位体積の水中に生じるエネルギーに
等しい量のエネルギーの増加を単位体積当たりの組織の中で生じる
中性子放射線の総量」を単位としたから。人体は水に近いので長らく
グレイが使われていた。

Svはグレイに放射線の種類ないし対象組織ごとに定められた修正係数を乗じて線量当量(シーベルト)を算出する。

Sv = 修正係数 × Gy

等価線量を算出する際には修正係数として放射線荷重係数が使用される。放射線荷重
係数は、放射線の種類によって値が異なり、X線、ガンマ線、ベータ線は 1、
陽子線は 5、 アルファ線は 20、 中性子線はエネルギーにより 5 から 20 までの
値をとる。

だそうです。定義はいろいろですがおおむね数が合うようになっています。
1R=10mSvの100倍は水中の1Jから0.01Jから引きずっているのですね。

fushikiz

このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12