個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.32463 初期ダイソンサイクロン掃除機 にこらて MAIL [Linux/x86_64;:FireFox/77.0] 2020/11/12(木) 22:39 返信
 Blog風Nextでのダイソン掃除機サイクロン分解掃除を興味深く拝見しました。複雑そうな多頭サイクロン機構の中身を初めて知ることが出来ました。
 私はダイソンの掃除機 DC05スタンダード を使っていたことが有ります。サイクロン機構は一つのものです。吸引力は強くありませんでしたがサイクロンでのごみ分離がかなりうまく行っているように感じていました。
こちら
空気清浄機を設置している部屋で紙パック式掃除機を使うと清浄機は埃を検出するようで最強運転となります。その部屋で DC05 を使った場合には清浄機は全く反応しませんでした。メッシュフィルター外側にかなり細かい粉状のものも多く貯まりました。メッシュ内側にはほんの少し細かい埃が貯まる程度だったと記憶しています。わざと衝撃を加え粉状のごみをクリアビン内で舞い上がらせると内側のサイクロンで分離されていました。プレモータフィルターにスポンジのようなものが使われていました。これは半年に一度洗浄するよう指定されています。使用半年経って溜めた水で洗ってみても水は全くにごりませんでした。ダイソンのサイクロン機構は優秀なのだなと思ったものです。
 その後の多頭サイクロンは随分とごみ分離力が劣ってしまったようですね。どうしてそうなった?と不思議に思っています。
このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12