個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25480 原子村瓦解のあしおと FUSHIKIZ MAIL [G:Windows/XP:FireFox/6.0] 08/28(日) 01:08 返信
こちら

政府が原子力コスト試算案 1キロワット時16〜20円

”政府の「エネルギー・環境会議」は、原子力コストの算出などのために「コスト等試算・検討委員会」(仮称)を9月に立ち上げ、報告書を11月に公表する予定”

もうひとつ、

こちら

原発周辺住民は「ヨウ素剤飲むべきだった」 識者が指摘

” 3月17、18日に福島県で実施された住民の外部被曝検査の数値から内部被曝による甲状腺への影響を計算すると、少なくとも4割が安定ヨウ素剤を飲む基準を超えていた恐れがあるという。 ”

原子力村からの脱藩者なんでしょうか、あるいは、今後の訴訟から先に逃げ出そう
というのですかね。

” 甲状腺被曝では放射性ヨウ素の中では比較的、寿命が長い放射性ヨウ素131(半減期約8日)だけが考慮されていたが、広島大原爆放射線医科学研究所の細井義夫教授は「半減期が2時間と短いヨウ素132も考慮が必要」と指摘。理化学研究所などが3月16日に原発30キロ圏外の大気を分析した結果、放射性物質の7割以上が放射性ヨウ素132や、約3日で放射性ヨウ素132に変わる放射性物質だったという。”

これは前から私が指摘していることなんですが、政府/放医研はチェルノは汚染した
ミルク云々といっているのですが、私はガスだと思います。牛乳が問題になるには
ある程度時間がかかるが、ガス体のヨウ素はプルームが飛んできた瞬間から内部被爆する
のです。ですから、東電の作業員が別に汚染牛乳を飲んでいなくても外部線量の
8倍も内部被爆していた。

これは訴訟問題になる可能性大です。訴追の恐れから今後原子村からの脱藩者が
多数でると思います。中川教授もあぶない。

こちら

”現時点での原発事故による放射性ヨードの心配をする必要はありません。医薬品であるヨウ化カリウム製剤も、現時点では服用する必要はありません。ましてや、消毒薬のイソジン(ヨードを含む)を飲むなど、絶対にやめて下さい。それに伴うアレルギー、甲状腺機能異常などの副作用の方がずっと心配です。”

問題は放医研も飲み水や牛乳ばかり気にしていたのですが、やっとガス吸入の
影響が大きいことを計算で示しています。

こちら

”空気中の放射性物質を吸い込むことによる放射線量は、1日あたり22.2立方メートルの空気を吸ったとして、東京都が発表したちりの中の放射性物質のデータを用いると約21マイクロシーベルトと計算されます。

これらを足しあわせると約1ヶ月間で約120マイクロシーベルトを受けたことになります。この放射線量は、東京−ニューヨーク間を飛行機で往復するときに浴びる放射線量※の上限よりも少なく、健康に影響を与えるレベルではありません。ただし、今後も行政機関からの発表に注意し、要請や指導があった場合にはそれに従ってください。”


飛行機では内部被爆は無いのですよね。ヨウ素の甲状腺等価線量は外部線量の数倍から10倍以上にもなるのですがね。ただし、以降は何なんでしょう。放医研は

こちら


”体内の放射能量(Bq)が分かったとしても、内部被ばく線量(Sv)がすぐに求められる訳ではありません。。ホールボディカウンタによる内部被ばく線量の評価は、測定した時点までに、どのくらいの量の放射性物質が、どのくらい長く体内に存在したのかを推定することから始まります。現在の量が同じであっても、何日か前に1度だけ取り込んだのか、毎日少しずつ取り込んできたのかによって内部被ばく線量は異なります。また、空気と一緒に吸い込んだのか、食べ物から食べたのかによっても線量は異なります。

 さらに、大人と子供では代謝の速さが違いますので、同じ量の放射性物質を取り込んだとしても子供の方が速く体内量は少なくなります。一方で、子供の方が臓器の大きさが小さいので、同じ量を取り込めば、線量は大きくなります。これらの年齢依存性を考慮して、子供については3ヵ月児、1歳児、5歳児、10歳児、15歳児と年齢区分ごとに成人とは別の線量換算係数が用意されています。

 内部被ばくでは、体内に放射性物質が存在する間、被ばくを受け続けることになります。しかし、例えば摂取があってから6カ月目の線量はいくらかといったような、そのときどきの線量を評価することはせず、職業被ばく及び公衆の成人では摂取したときから50年間、子供及び乳幼児に対しては70歳までに受けることになる線量をまとめて摂取した年に受けたものとして評価します。こうした考え方で評価される線量を預託線量と言い、各々の臓器の等価線量を評価した場合は預託等価線量、実効線量を評価した場合は預託実効線量と言います。”

だから飛行機で主に電離放射線をあびたものと、ガスやパーティクルがやってくる原発の被曝とではまったく違うのと自ら言っていながら、飛行機がどうのこうのって相変わらず怪しい説明をしているのは犯罪的ですね。そもそも関東東北の人が全員飛行機で日米を毎月往復するとでも。

fushikiz

No.25482 RE:原子村瓦解のあしおと jerrybird MAIL [M:Windows/XP:FireFox/6.0] 08/28(日) 01:18
あれっ?何かバグっちゃったかな?妙なところにコメントが付いてしまった??
よろしければ、適当に修正おねがいします。>ほりこしさん

No.25483 RE:原子村瓦解のあしおと そらまめ MAIL [Windows/XP:FireFox/6.0] 08/28(日) 08:40
>これは前から私が指摘していることなんですが、政府/放医研はチェルノは汚染した
ミルク云々といっているのですが、私はガスだと思います。

少なくとも文科省は事故前から放射性ヨウ素がガス体で来ることは把握していたはずですが、今回の事故に対する彼らの対応は不誠実極まりないというか、まさに犯罪的ですね。

こちら

ところで、40歳半ばを超えるあたりから安定ヨウ素剤服用は必要なしとしている国が多いようなのですが(ドイツ、イギリス、オーストラリア)、いわゆる中年以上では放射性ヨウ素による甲状腺の機能低下等は発生しないのでしょうか?また、具体的な症状はいかなるものなのか?
このようなものが紹介されていますが...

こちら

諸兄の見解を伺いたく。

No.25484 RE:原子村瓦解のあしおと ほりこし MAIL [G:Windows/7:IE/7.0] 08/28(日) 10:00
> よろしければ、適当に修正おねがいします。
>
どこに付いちゃいましたか?
移動は出来ないですが消す事は出来ます。
この親記事は2度作成されている(最初のものを消したあとで新規に)ので、タイミングによってはおかしくなったのかも。

No.25485 RE:原子村瓦解のあしおと ほりこし MAIL [G:Windows/7:IE/7.0] 08/28(日) 10:02
> #このBBSの311以前と以降のアクセス数って顕著な変化は
> 有ったのでしょうか? >>ほりこしさん
>
ページ毎のアクセス数は集計していないので解らないですが、地震情報配信のページへのアクセスは相当増えましたが、今は元に戻りました。

掲示板への(他サイトからの)リンクは微増した感じがします。

No.25486 RE:原子村瓦解のあしおと YASU [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.215] 08/28(日) 10:39
>ところで、40歳半ばを超えるあたりから安定ヨウ素剤服用は必要なしとしている国が多いようなのですが(ドイツ、イギリス、オーストラリア)、いわゆる中年以上では放射性ヨウ素による甲状腺の機能低下等は発生しないのでしょうか?また、具体的な症状はいかなるものなのか?
>このようなものが紹介されていますが...

ん?放射性ヨウ素による健康リスクは発ガン性で甲状腺の機能低下じゃないですよ。
過剰摂取による健康リスクは放射性でないヨウ素と同様にありますけどね...
過剰摂取のリスクを考慮しても安定ヨウ素剤を服用した方が良いって事です。
で、放射性ヨウ素由来のガンによる死亡までにはかなりのタイムラグがあり、40歳を超えた人の場合は老衰による死亡の方が先に来るってことで必要ないって事です。
他にも、若年層に比べて新陳代謝が活発ではないので影響が少ない等の理由がありますけど...

em114-48-209-54.pool.e-mobile.ne.jp


No.25487 RE:原子村瓦解のあしおと FUSHIKIZ MAIL [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/28(日) 10:56
>いわゆる中年以上では放射性ヨウ素による甲状腺の機能低下等は
>発生しないのでしょうか

基本的に甲状腺ホルモンは
1)成長
2)代謝の維持
  (元気を調節する、脂肪を燃やしてエネルギーにする、筋力を維持する)

ということです。成長に関しては乳児は成人と同じ量を必要とします。ですから
体重あたりの必要量が10ー20倍ということです。40歳以上というのは
それ以上成長しない、筋肉運動が減り、代謝が減る、ということです。

ただし、この40歳以上というのは広島長崎の原爆からのデータですので、
平均余命が89/86歳の時代にはどうか、と思います。以上のことから、私は
100キロ以内のかたはガーグルをXXXX、東京の人にはうがいと昆布をお勧め
していたところですね。

また放射性ヨードはバセドウ病や甲状腺癌全身転移の治療に使います。ただし
その量はGBq/bodyのオーダーですので1000倍近い差があります。ですから、
成人の被曝は甲状腺機能低下になるかは疫学で有意かどうか、の
程度でしょう。放射線ヨード治療は一応15歳以上となっていると思います。

しかし、子供については体重あたり10倍ヨードを摂取するので放射線
治療との差が10-100倍前後になることもありえますね。例えば、
放射線ヨウ素が牛乳で300Bq1/kgが基準ですから、基準ぎりぎりとしても、
牛乳3Lで900Bqになる。。。飯館村では水道水が1000Bq/kgのオーダーです
から、牛乳でなくても脱脂粉乳+水道でも同じです。もちろん呼吸するだけ
でも入ってきます。

こちら

では東京都の被曝は空気からは食品の1/3と見積もられていますが、よく
知られているように東京とのモニタリングポストはビルの屋上の高い
ところにあり、人間の地上高平均0.7m、乳幼児の数十センチの線量は
10倍高いのです。つまり空気>食事も多いにありえるわけです。

福島県ではいわき市の児童の預託甲状腺等価線量が最高30mSvという
報道がありました。福島死はいわき市より線量が高いのですよね。

もちろんヨウ素の預託等価線量の計算は難しいのですが、実効線量係数が
3歳以下で空間線量が高かった2週間で10^4Bqとなる可能性があるわけで、
実効線量係数x10をいれると、甲状腺癌の放射線ヨード治療とのオーダー
の差は10倍ちょっとにしかないのですよ。

という計算をしておいて、SPEEDIでの最初の図

こちら

を見ていただくと、計算が合う。いろいろ違う計算をしても桁が合う、という
ことは科学計算においては非常に意味が大きいのでうs。政府や原子力安全
委員会は犯罪を犯したことで、本来なら地検が捜査に入るレベルということです。

fushikiz

No.25488 RE:原子村瓦解のあしおと そらまめ MAIL [Windows/XP:FireFox/6.0] 08/28(日) 13:25
諸兄の御見解拝見させて頂きました。ありがとうございました。


> 放射性ヨウ素による健康リスクは発ガン性で甲状腺の機能低下じゃないですよ。

健康に対する影響が、ごく限定された範囲であることを祈るのみです(私自身のためにも)。


> この40歳以上というのは広島長崎の原爆からのデータですので、平均余命が89/86歳の時代にはどうか、と思います。

そうですね、私は棺桶に入るぎりぎりまで働こうと考えていますから(経済的理由+個人的な好み)、年齢が高くなってから出てくる問題は非常に

怖いです。私のような素人の目には、内部被曝が健康に与える影響については充分解明されていないように見えますので、なおのことです。


> 東京の人にはうがいと昆布をお勧めしていたところですね。

あれから半年が経とうとしていますが、最初の放出量がハンパではなかったようで...

こちら

念のため、うがいを励行しています。



> #このBBSの311以前と以降のアクセス数って顕著な変化は有ったのでしょうか?

横レスになっちゃいますが、個人的には311以降ほぼ毎日見るようになりました(それ以前は週一回くらい)。
これを3/13に見てたら、3/15は絶対外に出なかったのですが(迂闊にも、油断して夕方外出してしまった)。

こちら

なお、3/15は近所ではこんな状態でした。

こちら


No.25489 RE:原子村瓦解のあしおと Shimalith MAIL [u:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/28(日) 17:55
全員賛成ではディベートにならないので,あえて.
私の個人的スタンスとしては,元々は「各自の判断で」だったのですが,
最近,「KI錠の配布ミスは大失敗としても,
デマやってまでイソジン止めた放医研のほうが正しかったかも」に近くなってきてます.

当初,イソジン代用の話がでたとき,
「日本人は普段からヨウ素まみれで耐性あるから少々の過剰は問題ない」
と言うこともあり,リスク/ベネフィットで自主服用の価値がある,
という議論であったと記憶しています.
(いま掲示板を検索するとほとんど出てこないんですが,
私の記憶違いorよそで見た内容のだったのかしら,,)


…「日本人」って誰?
という定義域の問題が出るのですが.
何年住めば日本人なのか?遺伝的要素が絡むのか?
私には範囲の決定がさっぱり出来ないことに気がついてぞっとしました.
誰かヨウ素耐性について範囲を決定できる方はおられるでしょうか.

No.25491 RE:原子村瓦解のあしおと FUSHIKIZ MAIL [G:Windows/XP:FireFox/4.0.1] 08/28(日) 21:25
>全員賛成ではディベートにならないので,あえて.

ごくろうなことです。

>「日本人は普段からヨウ素まみれで耐性あるから少々の過剰は問題ない」

まったく根拠のないタワゴトですよ。

それが間違いという根拠は以前のトピで書きました。ので再度は
書きませんが、もし飽和しているなら、インスタントラーメンと
おにぎりを喰っているらしい東電の作業員が高度被曝した理由が
無いですね。まあヨウ素剤を一回は飲んだらしいですが。

またいわき市の児童が預託甲状腺等価線量で30mSvの内部被曝をしたのか、
説明できないでしょ。

まあ良くもウソを書くと思いますが、単なる希望的観測なんでしょ。

fushikiz

No.25492 RE:原子村瓦解のあしおと Shimalith MAIL [u:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/28(日) 23:00
>まったく根拠のないタワゴトですよ。

なるほど.
耐性うんぬんではなくて,飽和量と維持量ベースでの投与でも大丈夫である,と.
ひとつ安心しました.


しかし,私が気にしていることは他にもあります.
市販の,どこにでも売っている薬剤では,管理が出来ないという点です.

必要なときに,自己責任で飲んでもいい,と誰かが言ったあと,
不要になったときいったい誰が止めさせるんでしょう.

100%の管理下にある薬剤なら,止めさせるのは簡単です.供給しなければいいのですから.
医者に買ってもらう薬も,「飲みきるまで」「次の診察で決める」など,停止の機会はあります.
これがその辺でてきとーに売られているものになると事態の処理が急激に難しくなります.
それでも政府が指示したものならば,全部政府がやればいいのですが,
クチコミとなると,いよいよもって収束は困難です.

前から100km圏外だった東京圏などで,いまも飲んだりうがいしたりしている方がいらっしゃるようです.
もう止めていいって言う人がいないと不安ですからね.
ところが,「不安な人も精神安定剤代わりに」とおっしゃる.これ,適用外ですよね?
(いやもともと放射線防護は適用外なんですが,KI手に入らないので仕方ないとする)
正規の安定剤など今どきハードルの高いものではありません.
かかりつけに「地震以来不安で..」とでも言えばデパスぐらい出るでしょう.
デパスもたいして効くものではありませんが,
専用品がある限りはそちらを使うのが筋でしょう.
どんどんイソジンまみれにするのが目的なのでしょうか?
目的は放射性ヨウ素が甲状腺によってこないようにすることだったはずです.

過剰にならない服用として,維持時には容量を減らし,
隔月空ければ問題ないというお話を文献を含めてご説明いただきました.
おそらくその通りにすれば,何か異常があっても対応可能な範囲になると私も思います.
ところで,守っている方は何割かはいるでしょうが,全員に守らせることが出来るとお考えでしょうか.
正規のうがい薬として使わせているときにすら,原液で飲んでしまったりする人がいる.
そんな用法も用量も守らない方がいらっしゃるのは,ご存じの通りです.
放射線対応で服用するときだけ,用法用量が守られると考えるのは無理があります.
きっと事故発生時から一年後まで,ずっと飲み続ける人が出てきますよ.
それは「自己責任」で片付けることでいいのでしょうか.

政府の立場は「毒で飲むなと言ったのだから,今飲んでいる人などいないはずだ」
でしょう.広報にはもう期待できません.
そうなると,本来は言い出した人が終了の合図を出さなければならないわけです.
それがないならば,始めた方は,いったいいつまで飲み続けなければならないのでしょうか.


この件で,さきほど「デマやってまでイソジン止めた放医研のほうが正しかったかも」
としましたのは,もしや我々は放医研に助けられた形になっているのではないか,と考えたからです.

放医研の尽力...で「デマということになって」服用者はごく少数となりました.
もし,放医研がイソジンの件を放置静観していたら.
きっともっと多くの人が手を出したでしょう.しかも止められません.
服用被害が出たとき,掲示板で服用に賛成していた人(私も含む)がつるし上げを食らっていたかもしれないわけです.
今後似たようなことが起きたときどうするかを考えるためにも,
ここらで一旦皆さんで地震が起きてからのことを振り返ってみませんか.

No.25495 RE:原子村瓦解のあしおと 釣具屋 MAIL [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/29(月) 07:19
 
>いまも飲んだりうがいしたりしている方がいらっしゃるようです.

うがいを続けている一人です。こちらではしていませんが、東京にいる家族は続けているでしょう。
毎年、季節の変わり目や梅雨時期、必ずと言っていいほど2,3回は風邪を引いていたのですが、
うがいのおかげ(かどうかは分かりませんが)、今年は何事もなく乗り切れました。せっかく
習慣づいたので、これからも続けていくつもりです。

ガラガラゴックンはどうかと思いますが、うがいに関しては積極的に止める必要もないのでは
ないでしょうか?

おしゃぶりコンブも続けています。こっちでも食っています(日本から持ってきました)。
酒のつまみとして食べると、腹が膨れる膨れる。その副作用で、酒量がだいぶ減りました。
先日の健康診断でも、肝機能がだいぶ良くなっていました。これは、だいぶ飽きてきたので、
買いだめ(買占め)した分が尽きたら終わりになるかも知れませんが、腹が膨れて低カロリーな
代替おつまみって、何か無いものですかね?

No.25496 RE:原子村瓦解のあしおと C.M. MAIL [p:Windows/XP:IE/8.0] 08/29(月) 07:21
>最近,「KI錠の配布ミスは大失敗としても,
>デマやってまでイソジン止めた放医研のほうが正しかったかも」に近くなってきてます.

悲しいことに、近辺の幼い子供達は既に放射性ヨウ素に汚染されて手遅れになっている
と予想されますので、早晩甲状腺癌の増加及び集団訴訟に繋がって行くと思われますが
その裁判の証言台で、放医研及びその筋の権威(笑)の方々が
「あの時にヨウ素の過剰摂取による患者を出すぐらいなら現状の方が適切だった」
という証言を胸を張ってできるか、って事に収束すると思います。
まぁそれまでにアナウンスされた方々が逃げ出さずに残っている必要が有りますが…。

>それは「自己責任」で片付けることでいいのでしょうか.
>掲示板で服用に賛成していた人(私も含む)がつるし上げを食らっていたかもしれないわけです.

医師の立場で公(マスコミ等)の場でイソジンの服用を薦めた人は居なかったのでは。
FUSHIKIZさんもその辺の線引きは守っておられたと認識しています。

>もしや我々は放医研に助けられた形になっているのではないか

どうお考えになるかは個々人の考え方次第ですので勝手にどうぞですが、
放医研やその筋の権威の方々の行為がどの様な結果を生んだかについては
後に歴史によって必ず裁かれる事になると私は思います。

No.25497 RE:原子村瓦解のあしおと 釣具屋 MAIL [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/29(月) 10:26

>> よろしければ、適当に修正おねがいします。
>どこに付いちゃいましたか?

なんか色んなスレにくっ付いたり引越しを繰り返していますね。面白い現象なので、しばらく
様子を眺めていたい気もしますが。。。

No.25498 RE:原子村瓦解のあしおと YASU [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.215] 08/29(月) 12:12
>>> よろしければ、適当に修正おねがいします。
>>どこに付いちゃいましたか?

>なんか色んなスレにくっ付いたり引越しを繰り返していますね。面白い現象なので、しばらく
>様子を眺めていたい気もしますが。。。

親記事が消えたので変な動きするんでしょうね。
記事番号:25479が親記事だったのかな?
検索キーが存在しないときの動きって事でしょうな。。。

em1-112-43-146.pool.e-mobile.ne.jp


No.25507 RE:原子村瓦解のあしおと CF化挫折者 [u:Windows/7:Chrome/13.0.782.215] 08/29(月) 22:44
バグの話題に便乗させて頂きます。

WEB MASTER 様

"↓次の記事の先頭へ↓" の上の辺りに "↑この記事の先頭へ↑" を配置していただけないでしょうか?
ご検討、お願いします。

p182.net059086003.tnc.ne.jp


No.25508 RE:原子村瓦解のあしおと ほりこし MAIL [G:Windows/7:IE/7.0] 08/29(月) 22:45
記事の消去機能をやめてしまいますかね。
親記事が消されたりするタイミングによって、それへの返信が行き場を失うのかも知れません。


"次の記事の先頭へ"は「この記事の先頭」にあるので、"この記事の先頭へ"だと殆ど移動しない事になります。
"前の記事の先頭"に戻るって事かな?

でもそれだとツリー表示にすれば良いではないかと言われそうですが、どこに移動したいのでしょうか?

No.25509 RE:原子村瓦解のあしおと CF化挫折者 [u:Windows/7:Chrome/13.0.782.215] 08/29(月) 23:12
すいません。説明が良くなかったです。

> "前の記事の先頭"に戻るって事かな?
そうです。

イメージとしては

↑この記事の先頭へ↑ | ↑の記事に返信
---------------------------------------------------------------
↓次の記事の先頭へ↓


例えばこの記事 [原子村瓦解のあしおと] を先頭から見たいと思った場合、
マウスのホイールを10回ぐらい上方向にグリグリしなければならないので、
[↓次の記事の先頭へ↓] で下に移動するように、上に移動できればと
思った次第です。

p182.net059086003.tnc.ne.jp


No.25511 RE:原子村瓦解のあしおと YASU [k:Windows/XP:Chrome/13.0.782.215] 08/29(月) 23:21
>記事の消去機能をやめてしまいますかね。
>親記事が消されたりするタイミングによって、それへの返信が行き場を失うのかも知れません。

消えてしまったと思われる親記事番号で検索をかけると、該当記事が表示されるので行き場が無い状態になっているようですね。
迷子記事については以下の動きをするようです。
 1.ツリー表示と全体表示ではアルゴリズム上表示はされる。
 2.スレッド単位で表示をすると親記事番号が違うので表示されない。
 3.ツリー表示から直に単独ページで開くと返信は可能だけど親記事の無い変なスレッドになる。

em114-48-183-184.pool.e-mobile.ne.jp


No.30002 RE:原子村瓦解のあしおと CF化挫折者 [u:Linux] 08/30(火) 08:11
変更していただいてありがとうございます。

p182.net059086003.tnc.ne.jp


No.30007 RE:原子村瓦解のあしおと Shimalith MAIL [u:Windows/XP:Chrome/13.0.782.112] 08/31(水) 12:33
この記事の上に移動,便利ですね.
といいつつ,くせが残っているので,ホイールをぐるぐるさせていたりしますが.


>うがいのおかげ(かどうかは分かりませんが)、今年は何事もなく乗り切れました。

本人が体感上効果があるというのなら,プラセボでもOKとも思いますが.

ほとんどの消毒薬は細菌を殺す濃度に達するまでに多細胞生物の細胞を殺す能力を持つとされます.
また,ある程度殺菌するのに1分,もうちょっと本気で消毒する際は3分必要とされています.
やってみると判るのですが,3分も口にイソジンいれていると口の中ガビガビになります(笑
つまり,イソジンでうがいをすると,さして殺菌しないうちに,粘膜に傷をつけ感染を呼ぶ,
風邪を引きにくくなったことに理由を探すなら,「普段よりうがいをしている(液体種類関係なく)」
の可能性のほうが高いのではないかと考えております.


>「あの時にヨウ素の過剰摂取による患者を出すぐらいなら現状の方が適切だった」
>という証言を胸を張ってできるか、って事に収束すると思います。
KIの出しそびれは汚点となるでしょう.
ただ,公衆衛生の分野は,ヨウ素に限らず,ワクチンでもそうなのですが,
もとより「1万人のために1人殺せる」といえる,政治家に近い仕事なのではないかと思います.
「目の前の人を助ける」対応には現場判断のできる余地は大きいですが,
抜け漏れの検討範囲が広くなる公衆衛生は,現場の裁量はごく限られるのかな,
「決めた通りのことはやれ(錠剤配れ)」までしか一般人に言えることは無かったのかな,
今ではそう考えています.

No.30011 RE:原子村瓦解のあしおと Sam_Y MAIL [u:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 09/01(木) 17:14
そらまめさんの指摘してくださったリンク
こちら
で ちょっと気になるのは、

脱水汚泥中に いまだにヨウ素131が 検出可能なレベルであることに加えて
汚泥焼却灰において セシウムは ばらつきは有るものの大体30倍から50倍程度の濃縮率
なのに ヨウ素はすべて不検出です。

昔 ここで言われたように 焼却で再度 気相で拡散したということですかね。

No.30012 RE:原子村瓦解のあしおと そらまめ MAIL [Windows/XP:FireFox/6.0.1] 09/01(木) 21:39
> 昔 ここで言われたように 焼却で再度 気相で拡散したということですかね。

私は、次のことから
土壌-->下水---処理場で昇華--->大気-->土壌
のルートでヨウ素がサイクルしている可能性があると考えています。

・ヨウ素は土壌中の生物由来物質の働きにより土壌の粒子に吸着されやすいこと(Ref.1)
・東京都の下水道は合流式であり、土壌の粒子が流れ込みやすいこと(Ref.2)
・下水処理場の焼却炉/塩素接触槽(Ref.3)はヨウ素を昇華させる働きがあること

ちなみに、Ref.1 には海洋-->大気-->土壌へのルートも指摘されています。

「ヨウ素と微生物の相互作用」(PDFを読めます) --- Ref.1
こちら

「合流改善クイックプラン」の概要」--- Ref.2
(東京都の下水道は8割が合流式下水道)
こちら

「下水処理の仕組み(活性汚泥法)」--- Ref.3
こちら

汚泥の焼却処理によるヨウ素、セシウムの再拡散を防ぐためには下水処理施設を除染の仕組みの一つとして考えてゆく必要があるのだと思います(運用関係者の意図するところではないでしょうが、放射性物質収集の仕組みとして働いているように感じます)。

No.30014 RE:原子村瓦解のあしおと YASU [M:Windows/Vista:Chrome/14.0.835.124] 09/02(金) 01:43
>脱水汚泥中に いまだにヨウ素131が 検出可能なレベルであることに加えて
>汚泥焼却灰において セシウムは ばらつきは有るものの大体30倍から50倍程度の濃縮率
>なのに ヨウ素はすべて不検出です。

ヨウ素131の半減期や空間線量から考えると医療用のヨウ素131ってのが一番有力では?
下水の利用者にバセドウ病のアイソトープ治療中の患者がいれば検出されるのは当然のような…
だってMBq位で投与されるんですよ?

em1-113-52-125.pool.e-mobile.ne.jp


No.30015 RE:原子村瓦解のあしおと YASU [M:Windows/XP:Chrome/13.0.782.218] 09/02(金) 13:57
バセドウ病のアイソトープ治療についての補足です。
ヨウ素131の投与量が500MBqまでなら外来治療が認められています。
こっちを疑うのが自然な流れかと...

em114-48-28-223.pool.e-mobile.ne.jp


No.30018 RE:原子村瓦解のあしおと Sam_Y MAIL [u:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 09/02(金) 17:59
> こっちを疑うのが自然な流れかと...

こちら
(pdf)の治療法ですね。

供給量は
こちら
(PDF)P6-P7を見て あれっと思ったら 医薬品は別勘定で P13ですね。
2010年度で 13TBqですか

No.30033 RE:原子村瓦解のあしおと そらまめ MAIL [Windows/XP:FireFox/6.0.1] 09/03(土) 01:31
医療用RIの量についてご紹介いただいたので、都内でのF1由来のI131沈着量について試算してみました。
但し、3月29日以降新たなI131の流入がないことが前提です。


3月11〜29日の単位面積当りI131沈着量(東京都):150kBq/m^2 (図3より)
こちら

東京都の面積:2187.65Km^2
こちら

東京都全体での沈着量:
150*10^3 * 2187.65*10^6 = 3.281*10^14 [Bq]
= 328.1 [TBq]

3/11からの経過日数:
3月 --- 20日
4月 --- 30日
5月 --- 31日
6月 --- 30日
7月 --- 31日
8月 --- 31日
計 173日

I131の減衰量(半減期8日):
1/2^(173/8) = 1/2^21.625 = 3.092*10^-7

9/1時点でのI131残存量(単位面積当り):
150*10^3 * 3.092*10^-7 = 4.638*10^-2 [Bq/m^2]

9/1時点でのI131残存量(東京都全体で):
3.281*10^14 * 3.092*10^-7 = 101.4*10^6 [Bq]
= 101.4 [MBq]

せめてI131はこんなペースで減っていって欲しいものです。

No.30045 RE:原子村瓦解のあしおと nobody MAIL [k:Windows/XP:FireFox/5.0] 09/03(土) 17:55
元々のヨウ素剤の話なのですが、こういう指摘があります。

こちら

福島県川俣町の小学校では、ヨウ素剤の投与が行われたようです。国や県は指示して
いなかったため、誰がどのように指示してやったのかは不明ですが。

それにしてもです。福島県庁は、このまま疎開を言わずに放置するつもりなのでしょうか。
「国からの指示が無かった」といって逃げ切るつもりなのでしょうか。
最近では、セシウムの心筋への影響が疑われる事例も出始めているようですが、バタバタ
と人が倒れ始めない限り何もしないつもりなのでしょうか。

No.30051 RE:原子村瓦解のあしおと eeldog MAIL [u:Windows/7:IE/9.0] 09/03(土) 22:39
メルトダウン予測資料、震災当日に作成 保安院公表
こちら
何をいまさら言っているのだというところだが、だんだんと嘘をつきとおせなくなってきたんだろうか。

ところで、
>それにしてもです。福島県庁は、このまま疎開を言わずに放置するつもりなのでしょうか。
>「国からの指示が無かった」といって逃げ切るつもりなのでしょうか。
たぶん、無為無策のまま押し通すでしょう。現佐藤雄平知事は原発推進派の渡部恒三の甥で、自身もプルサーマルも承認した人です。

月刊政経東北という雑誌(福島市内の東邦出版)の8月号に「SPEEDIの公表を妨げた二つの不備」という記事があった。
記事中、SPEEDIが活用されなかった理由として、県生活環境部の佐藤節夫部長(当時)が、データが古かった、信頼性が低いという理由により、「佐藤部長個人の判断」で公表を差し止めたという。県知事を差し置いて、部長クラスがこのような判断を下すことがあるだろうか。疑問を感ずる。
さて、この記事の中で注目すべきは、内堀雅雄副知事は、もともと総務省の官僚であり、佐藤知事は、この副知事を頼りにして災害対策をしているそうである。しかし総務省出身の副知事は国に先駆けて行動を起こすのを極度に嫌がり、常に国のお伺いを立ててから行動するので、原発対応、復興、復旧が遅れがちだという。

つまり、県知事が頼る副知事が国の方を見ている(=目の前の県民を後回しにする)限り、福島県庁にまともな対応は期待できないということです。
小学校の除染は、郡山市が見切り発車してから、県が後追いでやり始め、町全体の除染は伊達市が始めてから、これも後追いで準備し始めた。
非常時に無能なトップを持つことは、本当に不幸なことです。
それとも非常時に対応できないのは官僚制の本質だろうか。

No.30058 RE:原子村瓦解のあしおと Sam_Y MAIL [u:Windows/2000:SeaMonkey/1.1.18] 09/04(日) 23:28
執着するようで 申し訳ありません。

医薬品として供給されるのが 13TBq / year
一日あたりだと 約 36GBq / day
医薬品としての使用量が 大体人口比になるとして
東京だと この1/10が使用されて 3.6GBq /day

東京にある I-131の量を Nベクレルとすると 半減期 8日として
一日あたりの減衰量は N * (1 - (1/2)^(1/8) で だいたい 0.083 * N
一日あたりの減衰量と 供給量がつりあうと 平衡になるので、
0.083 * N = 3.6GBq ですから 大体 総量 43Gベクレル程度で平衡すると思われます。

体外排出までの時間を無視していますから、 43Gベクレルには 体内保持分も含まれます。(笑)

そらまめさんの計算の 400倍程度になりますから、YASUさんのおっしゃるように
現在検出される I-131は ほぼ 医薬品由来と考えてよさそうですね。

No.30059 RE:原子村瓦解のあしおと みお MAIL [Windows/7:IE/9.0] 09/05(月) 00:20
 新聞等のメディアから発表がありませんが、
福島原発の爆発事故で出たと思われる、
ヨウ素・セシュウム以外の、
ストロンチュウム90などの線量は
どのくらいなのでしょうか。

 ご存知の方がおりましたら、ご教示ください。


 、

No.30079 RE:原子村瓦解のあしおと バイアス MAIL [m:Windows/Vista:IE/7.0] 09/07(水) 07:00
新聞に出てましたが、↓世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション
こちら

関連で、既出かもしれませんが↓食品中の放射性物質のモニタリング計画策定のための環境モニタリングデータ等
こちら

が公開されていました。

このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12