個別表示


[ホームページ][使い方説明][すべて表示][新規書込み][記事の検索][管理者専用]

個別の表示です。返信を押すとツリーに返信します。
24時間以内の書込みにはNEWマークを表示します。

Nortonなど、アンチウイルスソフトの設定によっては書き込みできない場合があります
No.25504 加圧栓 ACBI [n:Windows/7:FireFox/6.0] 08/29(月) 21:56 返信
本日の雑記に関連して。

炭酸飲料の容器に空気を充填して炭酸の抜けを防ぐ加圧栓がありますが、二酸化炭素のほとんど含まれていない大気を充填しても、炭酸抜けに対しては何の意味もないと思うのですが、どうなんでしょう?

水への二酸化炭素の溶存量は、気液界面の二酸化炭素分圧に依存するので、二酸化炭素以外の気体をどれだけ充填しようが、抜ける炭酸量は変わらないと考えられます。

元々のキャップが十分なシール能力を持っているので、それをしっかり締めておけば十分な気がします。

zt044082.ppp.dion.ne.jp


No.30016 RE:加圧栓 忍者乗り [p:Windows/XP:IE/8.0] 09/02(金) 14:34
2回目に開けたときもプシューってなりますが、その圧力がどこから来たのか
考えれば「抜ける炭酸量は変わらないと考えられます。」って事にはならないですね。
加圧栓で加圧しておけば、残飲料から残空間に抜ける分を妨げますので
2回目もウマーになります。飲み残しが少ない時ほど効果が出ます。

エラストマ製のポンプが樹脂臭くて、使う気になれない物もありますのでご注意を。

kd111103093125.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30027 RE:加圧栓 ACBI [n:Windows/7:FireFox/6.0.1] 09/02(金) 21:23
>加圧栓で加圧しておけば、残飲料から残空間に抜ける分を妨げますので

加圧栓で充填しているのは大気なので、炭酸ガスの抜けに対しては何の効果も無いでしょう。炭酸ガスの抜けを防ぐには、炭酸ガスを充填しなければなりません。

同じような話で、水の蒸発は大気圧に左右されません。温度一定ならば、湿度だけで決まります。大気圧を上げても水の蒸発は防げません。湿度を上げるしかないのです。

大気の充填には、他に私の知らない効果があるのでしょうか?
(気泡ができにくくなるので、二酸化炭素の放出速度が低下するとか)

zt043237.ppp.dion.ne.jp


No.30028 RE:加圧栓 おほいぬ MAIL [Windows/XP:FireFox/4.0.1] 09/02(金) 22:05
突然失礼致します。
思うに「空気=窒素+酸素」で他の成分をネグッてしまっていませんか?
たとえ二酸化炭素の分圧比が全(大気)圧の400ppm程度としても加圧栓で全圧を上げれば(選択的な排除をしない限り)二酸化炭素分圧も上がりますよね?
たとえば加圧栓で全圧を3気圧にできたとすると二酸化炭素分圧も元の3倍ですから、加圧空気中との平衡を仮定すると液相にとどまる二酸化炭素が3倍、と思っていいのではないかしら?何か勘違いしていたらごめんなさい。

PS. 私事&オフトピで恐縮ですが、F&Fのプレゼント品が今日届いていました!感動です!!
結構しっかりとした作りで当方のような辺鄙な田舎暮らしでは重宝しそう(駐車場も自宅も街灯無く真っ暗です)です。大事に使います。ありがとうございました。

No.30032 RE:加圧栓 ACBI [n:Windows/7:FireFox/6.0.1] 09/03(土) 00:49
大抵の炭酸飲料は20℃での平衡圧は4気圧です。
この平衡に達するまで、大気中の二酸化炭素を充填しようとすると、1万気圧の大気の充填が必要になります。
でも、加圧栓ではせいぜい数気圧しか充填できませんので、大気中の二酸化炭素の寄与は、必要量の1/1000未満にしかなりません。
これはもう無視してもよいレベルでしょう。

しかも、ちょっと気づいたのは、気密を完璧にすることは不可能なので、加圧するとリーク量が増大します。加圧すればするほど、リーク時に空気と共に抜けていく二酸化炭素も増えてしまいますね。
やはり、リーク部が最も少ない既存のキャップが保圧には最適では。

zt043237.ppp.dion.ne.jp


No.30035 RE:加圧栓 おほいぬ MAIL [Windows/XP:FireFox/4.0.1] 09/03(土) 02:52
おかげさまでやっと理解できました。ありがとうございます。
おっしゃる通り気相の体積が一定なら全圧の変化によらず一様に二酸化炭素が拡散しますね!
・・・とすると加圧栓の唯一の存在意義は(リークの話を値引いてあげれば)、「こんだけ全圧が上がってるんだ!漏れは少ないんだ!」という確認もしくは主張(?)と、栓抜き時の圧縮空気による清涼感の演出(?!)、ということになりそうですね。非炭酸飲料用の減圧栓に比べればやはり気休めという感は否めない。。。

No.30049 RE:加圧栓 忍者乗り [p:Windows/XP:IE/8.0] 09/03(土) 20:35
容器内圧力は、開栓前は高圧となっている。
気体の溶解度は圧力に比例して高くなるので、
大気圧に開放すれば一気に拡散する。泡となって出る。
が、直ちに全て拡散はしない。残る。

半分残して飲んだ後、通常栓をした時点では容器内は大気圧だが
徐々に容器内圧力は大気圧以上に上昇する。
その圧力上昇分は、残りの二酸化炭素の拡散によるもの。
どこまで拡散するかは、圧力上昇に比例した溶解度まで拡散して
バランスする。密閉するので全て拡散はしない。

加圧栓で大気圧以上に加圧しておけば、残りの二酸化炭素の
溶解度のバランス点が、通常栓の場合とはずれる。

液体自ら拡散して加圧するか、外部から加圧するか
では、後者の方が残存溶解度が高いとなるのではなかろうか。

kd111103093125.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30052 RE:加圧栓 M.A. MAIL [Windows/XP:Chrome/13.0.782.218] 09/04(日) 02:50
炭酸ガスは、主に空気との界面から抜けていくのではなく、泡として抜けていくと思われます。

気泡の中ではほとんどが炭酸ガスで、その内部の圧力には加圧しておいた空気の圧力が加わるので、加圧栓は意味があるのではないでしょうか。

もともと存在している気泡核を潰して泡自体を発生しにくくさせる効能もあると思います。

No.30069 RE:加圧栓 通りすがりのホイキタです。 [m:Windows/7:IE/9.0] 09/05(月) 21:08
何十年も前にスキューバダイビングをやりましたが、減圧症というのがあります。水深が深いところで呼吸をすると圧力の関係で血液に空気中の気体が通常より多く溶け込みます。海面に向かって浮上すると圧力が下がるので血液中に溶け込んだ窒素が泡になり大変なことになります。減圧症を防ぐために計画的に潜ります。この場合はM.A.さんの主張が当てはまります。

ntkngw577196.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.30070 RE:加圧栓 JR8 [m:Windows/XP:Chrome/13.0.782.220] 09/05(月) 21:49
わからないときは実験!してみました。

コーラ1.5Lボトルを開栓後すぐ、できるだけ泡が立たないように中身を500mLの空ペットボトルに移し、きっちりとキャップで栓をしました。
残った1Lのコーラが入ったペットボトルに加圧栓を取り付け、2日かけて少しずつ飲みました。
1Lのコーラを飲み終わったところで、500mLのペットボトルを開栓。
泡立ち具合を比較しました。

確かに加圧していてもだんだん炭酸が抜けていってるのがわかります。
とはいうものの、500mLの方も炭酸っ気はだいぶ抜けており、概ね両者ともほぼ変わらない感じになっていました。

明確な差がつくはずだと思っていたのですが、意外な結果でした。

p62d40d.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp


No.30071 RE:加圧栓 通りすがりのホイキタです。 [m:Windows/7:IE/9.0] 09/05(月) 22:35
私は加圧栓を持っていないので実験はできないのですが、実験するなら簡単なんじゃないでしょうか。炭酸飲料は栓を抜いた状態で放置すると小さな泡が出るのが観察できます。加圧栓で加圧することで泡が出なくなる、または出る量が減るなど観測できれば効果ありですね。加圧しなくても栓をすれば徐々に内圧が高まる、または空間が炭酸ガスでほぼ満たされ平衡状態になり泡は出なくなりますが、そうなるまでに抜け出てしまう炭酸ガスが問題なわけです。

ntkngw577196.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.30076 RE:加圧栓 風風ながれ城 [Windows/7:FireFox/6.0] 09/06(火) 14:28
平衡状態に達したときの溶存ガス量は同じだが平衡に達するまでの時間が遅くなるということなのでしょうか。

j037233.ppp.dion.ne.jp


No.30077 RE:加圧栓 おほいぬ MAIL [Windows/XP:FireFox/6.0.1] 09/06(火) 18:20
加圧栓が見つかったのでさっそく手持ちの炭酸飲料で実験してみました.
開栓後に液相内全体に発泡している状況で,加圧栓で50回位ポンピングしてペットボトルがガチガチになる位にすると・・・泡がそのまま液相内でつぶれたように見えます.

炭酸飲料の発泡を水の沸騰と類似ととらえると,大気全圧が高まれば沸点が下がって100℃でも沸騰しなくなるように,炭酸飲料液相内の発泡も停止するのではないでしょうか?(M.A.さんのコメント通り)

液相内での発泡がなければ気相-液相の界面での抜けだけになるので,短時間であれば液相内にとどまる溶存二酸化炭素が加圧しない場合よりも増えるのでしょう.
長時間放置すると,どのみち界面からすべての二酸化炭素が抜けてしまうので,容器上方に気相の空間がある限り,ACBIさんおっしゃるとおり,ある程度時間がたったあとは加圧栓は無力なものとなるようです.
こんなところでいかがでしょうか?

No.30078 RE:加圧栓 通りすがりのホイキタです。 [m:Windows/7:IE/9.0] 09/07(水) 00:03
>長時間放置すると,どのみち界面からすべての二酸化炭素が抜けてしまうので,

すべて抜け出ることはないと思いますが、分圧が上昇して平衡するまで出続けるということでしょう。

炭酸ガスが抜けないようにするには、気相空間の容積を小さくして保存するのが効果的ということになるのでしょうか。

ntkngw577196.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp


No.30087 RE:加圧栓 おほいぬ MAIL [Windows/XP:FireFox/4.0.1] 09/08(木) 04:00
ホイキタさんフォローありがとうございます。
舌足らずでしたが、おっしゃる通り気相との平衡になるまで二酸化炭素が抜けるの意味でした。
>気相空間の容積を小さくして保存するのが効果的

を拝見して少々妄想してみましたが、加圧栓の下に風船のようなものがついて加圧とともに液面に接するまでの空間を埋めてしまうような仕掛けを考えましたが、素材(ゴム系?)に注意しないとおいしさが失われそうですね。実験としてはゴム風船もアリだと思いますが。。。

No.30092 RE:加圧栓 B-51 MAIL [m:Windows/7:Chrome/13.0.782.220] 09/08(木) 19:29
ある程度減ってきた場合は、線をする前にペットボトルをつぶして、空間を最小化した状態で栓をするとよいと聞き、しばらく実践していました。
2Lのコーラのペットボトルでね。

理論的には、こうすることで空間内は大部分がCO2になるわけで、二酸化炭素分圧は通常よりはるかに高くなるはずですが、実感としてはそう高い効果があるとは思えませんでしたね。

ふつうにキャップをきつく締めるのと大差無いような感じでした。

加圧栓は試したことないですが、上の感じだと、かえってこちらの方法を採ったほうが効果あるのかななんて思わないでもないですね。
液面からの拡散よりも、気泡で抜けてしまう量の方が多いってことでしょうかね。

No.30093 RE:加圧栓 penguin [iPhoneOS/4_3_2 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8H7 Safari/6533.18.5:Safari/6533.18.5] 09/08(木) 21:31
前に後輩と議論になって実験しました。
500 mlの炭酸二本を両方半分残して片方加圧、もう一つを密栓して両方を冷蔵庫で保管しました。一日経過後の味見では違いが分かりませんでした。二回やりましたので、そこそこ結果には自信が有ります。

加圧栓は皆さんの議論通り明らかに速度論的に優位ですが、500 ml程度ではその優位は一日持たないと言うことでしょう。ひょっとすると、飲食店で出しているところなら恩恵があるかもしれません。

#経済番組等で平衡論と速度論をとっちらかっているのをたまに見ますが、実験が出来ないのはいかんともし難いですね。

softbank126024207105.bbtec.net


No.30097 RE:加圧栓 ACBI [n:Windows/7:FireFox/6.0.2] 09/08(木) 22:57
なるほど、気泡抑制による速度低下効果はありそうですね。

実験してみたいんですが、溶存二酸化炭素量を手軽に測定する方法が無いのが問題です。経時的にモニタできるといいんですが。

zt032114.ppp.dion.ne.jp


No.30098 RE:加圧栓 ほりこし MAIL [G:Windows/7:Chrome/13.0.782.215] 09/08(木) 23:01
試薬があるのですが、ウチには残っていませんでした。
ただ炭酸水みたいな高濃度のものを測る時には希釈しないと無理かも。

こちら

No.30112 RE:加圧栓 B-51 MAIL [m:Windows/7:Chrome/13.0.782.220] 09/09(金) 19:52
>実験してみたいんですが

厳密な実験じゃなくても、もともとの用途が「炭酸飲料をよりおいしく維持する」ことなんですから、官能試験で良いんじゃないですか?

一応、先入観をなくすために、ブラインドテストにしないとダメだとは思いますが。

微妙な違いがあったとしても、人間に感じられない程度の違いなら、投資効果はないわけですしね。
penguinさんの御経験からすると、あまり意味はなさそうですね。

No.30165 RE:加圧栓 忍者乗り [p:Windows/XP:Chrome/13.0.782.220] 09/16(金) 23:35
最初に加圧栓を肯定した者なので、バイアスかかってんじゃないかと
思われたりしなきゃいいんですが、2本並べて確認してみました。

3日以上冷蔵庫内に静置した強炭酸なペットボトル500mlのクラブソーダ2本。
同時に開栓して同量コップに注ぐ。
直ちに一方は通常栓。他方は加圧栓で加圧。

通常栓は5分ほど気泡が出続けていましたが、
加圧栓は直ちに気泡が出なくなりました。
気泡の出方の観察後、一旦冷蔵庫に入れて「一時間後」に再度開けてみます。

「この時点」では明確に差がありました。コップに注ぐ際の、音が違います。
ブラインドで妻に試したら簡単に当てました。泡の出方見て違いが判るよと。
一時間といった、短時間の静置には効果アリです。

最近涼しくなって飲む機会が減ったので、1日とか2日とかの
長時間経過の評価はまた後日試してみます。


kd111103093125.ppp-bb.dion.ne.jp


No.30235 RE:加圧栓 忍者乗り [p:Windows/XP:IE/8.0] 10/05(水) 13:41
開栓後、1日経過後と、3日経過後の比較しました。
結果は「1日は違いが判る。3日は判らない」でした。
効果は一晩程度と思ってればいいのでしょう。
結論。炭酸水は開栓後は早めにお召上がりくださいってことですね。

kd111103093125.ppp-bb.dion.ne.jp

このスレッドに返信

もどる

ユーザ削除:各項を入力して削除を押してください。
記事番号: パスワード:


mbbs.cgi v5.00 by suzukyu 2000.12