Home > 太陽光発電:チャージコントローラの限界?

太陽光発電:チャージコントローラの限界?


  • Posted by: F&F
  • 2018年6月14日 11:09

1806141103_480x234.jpg
ソーラーパネルは当初は220Wだったが、現在は320Wになっている。
チャージコントローラはTracer2210Aで最大電流は20Aだ。

320W分のパネルでも20Aは流れないと思うのでチャージコントローラはそのまま使っている。
しかし電流による制限ではなく電力による制限がかかっているのか?
チャージコントローラの最大定格である260Wを発電量が超えない。
これが日照やパネルの限界なのか、それともチャージコントローラの限界なのか。
これはパネル増設後から感じていた事なのだが、パネル温度が上がったから発電量が上がらないのかな程度に思っていた。
260Wでも140Ah分のバッテリを充電するには十分だったし、余り気にしなかったのだ。
しかし今回バッテリを増やす事でちょっと気になり始めたというわけだ。
発電電力カーブを見ても山型にならずに、山の上が平らになるような感じでクリップされている。

もう一つ気になるのは発熱である。
強制空冷はしているがチャージコントローラの上の方、ちょうどDC-DCコンバータのコイルのある辺りの裏側が熱い。

チャージコントローラは大電力版の方が効率が良い。
各部の損失が小さく作られているからだろう。
しかし40A版は3万円もする。
が、aliexpressで買うとUS$87なのだ。
オプション付きでもUS$100くらい、送料を含めてもUS$120位なのだから安い。
問題は信頼性なんだなぁ、機器の信頼性でもaliexpressの信頼性でもなく出店ショップの。
ま、駄目ならaliexpressが保証してくれるらしいので頼んでみようか。

Tracer2210Aは20Aがリミットなのか、それとも260W(12V系の場合)がリミットなのかも確かめられる。

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > 太陽光発電:チャージコントローラの限界?