Home > 海水水槽:スキマー用DCポンプを入手してみる

海水水槽:スキマー用DCポンプを入手してみる


  • Posted by: F&F
  • 2019年2月12日 11:10

1902121103_480x283.jpg
スキマーの振動対策第二弾はDCポンプである。
中華スキマー用のDCポンプを使ってみる。

Jebao CoralBoxプロテインスキマー用のDCS4000がそれだ。
HS-850のオリジナルポンプはUP2000/1で消費電力33W(初期型は38Wらしい)、流量は2000l/hだ。
DCS4000は消費電力30W(コントローラは最大50W)で流量は2900l/h〜4000l/hの可変である。
揚程もほぼ同じなのでDCS4000の方が効率が良いわけだ。

DCモーターなので速度制御が容易であり、コントローラで10段階の調整が可能だ。
HS-850は水位などにも寛容なので多少の所は調整で何とかなるのではないかと思う。
配管が上手くいくのか、本当に静かなのか、パワーは十分なのかは実際にセッティングしてみないと分からない。

配管にはアクリルパイプが入手できないと(たぶん)難しいと思うが、無理矢理的には今手元にあるシリコンホースで接続が出来るかも知れない。

H&Sのモーターと中華モーターのインペラの違いはその形状だ。
特許なのかも知れないがH&Sのものはクシ状になった突起の太さが異なる。
角速度の遅い中央部付近は太く、外側は細い。
進角レスのACモーターなのでどちらに回転するかは分からないので、どちらに回転しても上手く水が排出されるようにフラップが付いている。
中華モーターはDCであり回転方向が決まっているので、通常のポンプ同様の構造だ。

黄色のインペラが中華もの、黒い方がH&Sである。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

サインインしなくてもコメントの投稿は出来ます。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > 海水水槽:スキマー用DCポンプを入手してみる