Home > 位置情報

位置情報


  • Posted by: F&F
  • 2010年3月11日 13:03

先日も少し書いたが、WiFiのAPの位置情報を蓄えて利用するPlaceEngineは迷惑なサービスなのか。
通常では集計されたりその位置情報を利用されたりはしないであろうと思っている無線LANの信号が、実は蓄えられている。
PlaceEnginの原型はソニーコンピュータサイエンス研究所が考案したものだ。

VICSシステムによる自動車の走行ルート把握に関しても、特定のコード(車両)と解らないようにランダムコードを使うなどが決められた。
このように、全く他人の移動や固定の情報を第三者が利用する事に対しては注意が必要だ。
ではPlaceEngineはどうかというと、このあたりが全く無視されているという話は以下の記事が詳しい。
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20070527.html

APの信号は誰のものなのかという問題にもなろう。
これを利用したものがセカイカメラで、ITmediaは余程これが好きだと見えてセカイカメラを連呼するが他のメディアでは余り見かけない。
セカイカメラ自体も他人の写真を撮って勝手にコメントを付けたり、商店等を撮って様々なコメントを付けたりする。
ちなみに建造物などは勝手に写真を撮る事は制限されてはいない訳で、だからニュース映像に他人の家が映っても文句は言われない。
ストリートビューにしても同様で、表札を明確に撮らない限り文句は言えない仕組みだ。

しかしセカイカメラは違う。
たとえばあなたの家がセカイカメラ利用者に撮影されて、ここの家のSSIDは… と、得意のタグを付けられたらどうするのか。
家の窓から見えるシルエットを撮影して、この家には○歳の子供がいますとか芸能人の○○さんの実家はここですよとか。
サービス提供元は一応管理しているとは言うのだが、かなり怪しい。

他にPlaceEngineはY!地図などにも利用されていて、両アプリはAppStoreから抹殺された。
セカイカメラはAPIを公開するなどしはじめ、PlaceEngineを使わない形で再度AppStoreに審査を申し込むらしい。
iPhoneのカメラが自分や自分の家の方を向いていたら、何を撮られたのか確認する必要があるのかも知れない。

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > 位置情報