Home > 水草水槽:炭酸ガス添加装置

水草水槽:炭酸ガス添加装置


  • Posted by: F&F
  • 2018年10月10日 13:07

水草水槽には炭酸ガスを添加する。
水中の炭酸ガス濃度がある程度高いと光合成が盛んになり水草がよく育つからだ。

最も簡単かつ確実な方法は炭酸ガスボンベと電磁バルブ、レギュレータを使用して水槽水に炭酸ガスを溶かす。
外部フィルタを使っている場合は、そこに炭酸ガスを入れると循環ポンプによって攪拌されてよく溶ける。

炭酸ガスは炭酸水素ナトリウムとクエン酸でも発生させることが出来る。
こちらのWebmasterはドージングポンプとマイクロコントローラで自作されている。
他にも発酵方式で炭酸ガスを作り出す手もあるが、安定して動作させることが難しい。
水槽に直接タブレットを放り込むタイプなどもあるが、ランニングコストが高い。

炭酸ガスボンベは74g入り食品規格のものが400円位、消火器用だと(中身は同じだが)半額以下で買える。
液化炭酸ガスの圧力はそう高くはないので電磁弁で制御が可能だ。
手間無く安定にと言うことだと液化炭酸ガスボンベになる。

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > 水草水槽:炭酸ガス添加装置