デジカメ画質比較


デジカメの画質比較を行った。
使用したデジカメは、1 CANON EOS Kiss Digital(約600万画素)
2 PENTAX Optio S4i(約400万画素)
3 NICON CoolPix950(約200万画素)
4 NEC N505is(携帯電話内蔵約100万画素) である。
各カメラの設定は全てオート、最高解像度と最低圧縮率に設定した。
縮小は横幅が640ドットになるようにした。
各画像をクリックすると無加工の画像(ただしN505isのみ反時計方向に90度回転)が見られる。
EOSは圧縮率が低く3〜4Mバイトの画像サイズなのでご注意を。
まずは小さくした写真をご覧頂こう。
どの写真がどのカメラ高想像は付くだろうか。
画面の横幅を850ドット以上にすれば並べてご覧頂ける。





実はこれ、縮小と共にコントラストと色補正を行っているのだ。
答えは左からCoolPix,N505is,Optio,EOSである。
以降もこの順で写真を縦に並べる。
一番上:COOLPIX
二番目:N505is
三番目:OPTIO
一番下:EO
と言う具合だ。
ズームはワイド端で固定したが、すべり台の写真のみテレ端で撮った。
まずはコントラストが高く逆光で木と空と家を写したもの。
N505isのみ飽和していないが、他の写真は空の部分が飽和している。










次は最初の写真と同じもの。
(色補正などは行っていない)









同じく木々の中から空と民家が写ったもの









子供用の遊具を写したもの









空と時計を写したもの(N505isのみ撮影時間が少し違う)COOLPIX 太陽の部分のみ飽和
N505is 雲の部分が飽和
OPTIO 飽和していない
EOS 雲の部分が飽和









丘の上から遠方を写したもの









園庭(optioは写真無し)



−−−OPTIOは画像無し−−−



テレ端で撮ったすべり台(N505isは固定焦点なので画像無し)







如何だっただろうか。
この中でメカ絞りがないのはN505isとOptioだ。
N505isは明るい所は苦手なようで、明るさを"-1"程度に調整した方が写りは良くなるが色調が多少変化してしまう。
COOLPIXは青系が強いようだが、露出バランスは良いと思う。
ただしオートフォーカスは余り褒められたものではない。
OPTIOは低価格カメラの割に頑張っている。
ディテールが甘いかなとは思うが、この大きさの中で頑張っていると言えるだろう。
何しろ携帯電話より小さく薄く軽いのだから。


EOSは銀塩EOSの露出特性と似ている。
今回は全て評価測光モードで撮ったが、部分或いは中央部重点測光の方が良いような気がする。
限られたダイナミックレンジの中でどの部分に露出を合わせるかは、特に時計の写真のようなシーンでは難しいとは思う。
だが、全体的にはオーバ気味といえるだろう。
ホワイトバランスも意見の分かれる所なのかも知れないが、この辺りの対策としてEOSはホワイトバランスと露出を変えながら1シャッタで9枚の絵を撮るモードが存在する。