ラーメンを食う


このページはサイズの小さいjpeg画像です。



ラーメンを食うのだ。
インスタントラーメンを食うためには、ゆでなくてはいけない。
湯を沸かすのに約4分、吹きこぼれないように見張りながら約3分。
麺をゆでた湯でスープを作るのがいやな向きは、別に湯を沸かしておく必要がある。
これは面倒だ。
だいたい、この暑い時期に吹きこぼれようとする鍋と睨めっこしているのは健康に良くない。
そこで、ボタン一押しで調理完了..電子レンジでラーメン作りに挑戦だ。


丼に水と麺を入れる。
麺が水に浮いてしまうのがちょいと心配だ。
「ふきこぼれ」調査も行うため、ラップはかけない。


丼を電子レンジにセットする。
あとは調理ボタンを押すだけだ。
電子レンジの赤外線やら湿度やらのセンサが、かってに適時間電波を放射してくれる。
ちなみに、この状態での調理時間は約7分であった。
実に簡単、オートマチックで調理できて吹きこぼれもしない。
独身や、単身赴任のオトーサン。
はたまたOLにも浸透するに違いない..か?

これが完成品。
どうだ!見た目はフツーのラーメンではないか。
それに、スープが澄んでいる。
あの、鍋でゆでたときのようなドロドロ感は全くない。
味はどうか?うーん、なかなか..まずい麺が伸びていると言うより、ボソッとした感じなのだ。
よく梱包材料で、発泡スチロール製のそば(うどん?)みたいな物が有るだろう。
アレを食っている(いや、オレは食ったこと無いよ..発泡スチロール)みたいだ。
言葉ではうまく言い表せないので、各自作ってみて欲しい。
腹が減っていれば、決して食えない味じゃない。
ちょっと油っぽいけどね。
もっとかための麺..中華三昧みたいな..で試せば良かったかもしれない。
VC