Home > エンジン発電機:タペット再調整をした

エンジン発電機:タペット再調整をした


  • Posted by: F&F
  • 2018年11月10日 12:11

バルブクリアランスを再調整した。
0.1mm±0.05との事なのでそれに合わせるが、適当に合わせた値がほぼその程度だった。

EX側が少し広かったが、広い分には害は少なかったはずだ。
いずれにしても冷間で規定値に合わせ直した。

エンジンの掛かりは良い。
スタータの紐を引っ張れば一発でかかる。
だが低回転域が続かない。
ある程度回転が上がっていると安定して回る。
スロットルを絞ると、ある程度のところで失速したようになる。
ガバナーは外してある。
スロットルがリニアでは無く、ONかOFFかみたいな感じなのだ。

何せキャブには全く詳しくないのでよく分からないのだが、スロージェットみたいなものも詰まっていない。
ただ通路が詰まっている可能性はある。
再々分解か?
これまではパーツクリーナーで掃除をしていたのだが、より強力なキャブクリーナを使ってみる。
キャブクリーナとしては洗浄力の強いYAMAHA製を使う。
その前に、明日までキャブごと灯油に漬け込んでおく。

でも定常回転でスロー系は関係するのだろうか。
スローダウンモードであればアイドリング回転数まで落ちると思うけど。

   

Comments:1

ishii Author Profile Page 2018年11月10日 23:22

キャブ詰まりには、パーツクリーナーや灯油では歯が立ちません。
キャブクリーナーが必需品です。
ただし、ゴムも溶かしますから注意して下さい。
ニトリルゴム手袋も30分で穴が開きます。

キャブクリーナーに浸けた後、パーツクリーナーで溶剤除去、その後にエアーで仕上げが確実です。

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > エンジン発電機:タペット再調整をした