Home > エンジン発電機:キャブを洗う

エンジン発電機:キャブを洗う


  • Posted by: F&F
  • 2018年11月11日 12:07

1811111201_480x360.jpg
3度目のキャブ掃除である。
今回はキャブクリーナを使った。

YAMAHA製のケミカルは何度も使っているが、安価な割に効果が高い。
キャブクリーナを使うと黄ばみなども落ちる。
ただし皮膚に付くと刺激があるので手袋必須だ。
私はネオプレンゴムの超薄手の手袋を使うが、これはキャブクリーナで徐々に溶けてしまう。

灯油に一晩漬け込み、エアで灯油を吹き飛ばす。
次にキャブクリーナをあらゆる穴を注ぎ込み、エアで吹き飛ばす。
ちなみにキャブクリーナーは灯油には完全には溶けないようだ。

綺麗になったキャブを発電機に取り付けてスタータの紐を引く。
何度か紐を引くとエンジンがかかった。
が、回転数が上がらない。
スロットルレバーが効かない。
以前の状態とは違う。
以前は高回転では回ったが低回転では失速した。
今回は、低回転では回るが回転がスムーズに上がらない。
スロットルレバーをアイドリング位置にしてもエンジンは回転し続けているが安定ではない。
スロットルレバーを動かしたりチョークレバーを動かしたりすると回転は上がるが不安定さが増す。

   

Comments:2

こやま Author Profile Page 2018年11月11日 14:33

今までの症状の感じだと、キャブが腐ってる
感じが強いですね。
どこか詰まって全般的に薄いんじゃないかと。

正常だと、始動時にチョークは必要ですが数秒で
チョーク全開にしないと、てってってってっ、、、って
感じで爆発が不等になり、黒煙吐いてストール気味に
なります。

速度調整のガバナ部分は結構クリチカルで、一度バラす
とハンチング気味になってしまい戻すが大変でした。

暖まった状態で、チョーク全閉にして黒煙が出る程
濃くなってるかチェックしてみてください。

レオナルドクマ博士 Author Profile Page 2018年11月12日 14:47

発発じゃないですけど、結局、コイルだったってオチだった事がありますが。

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > エンジン発電機:キャブを洗う