Home > 海水水槽:H&Sスキマーをセットする

海水水槽:H&Sスキマーをセットする


  • Posted by: F&F
  • 2018年12月 4日 11:07

1812041100_480x360.jpg
H&Sスキマーが入手できたのでセットする。
3万円と中古としては少し値が張ったのだが、マイナーチェンジ後の新品ポンプが付いてくると言うので妥当だと判断した。

ポンプは新型と旧型で若干違いがあるため、一部パーツも異なる。
モーター、インペラ、一部配管、エアチューブが新品未開封だった。
Bubble-Magus Curve A5とHS-850を並べてみた。
モーターからカップまでの位置はさほど変わらないが、太さはかなり違う。

本体下部のサンプ槽との接触部に防振ゴムを貼ってサンプ槽に入れる。
サンプ槽の仕切りを外すことで設置することが出来た。
電源を入れると50Hzのモーターの振動が…
Rio+3100の場合は回転バランスが悪いような振動があったが、H&Sは50Hzとその高調波の振動という感じ。
Rio+3100をガーとかゴーいう音と例えるならば、H&Sはブーンである。

DCモーターのCurve A5とは大違いで、Curve A5はかなり静かなのだ。
水槽をリビングなどに置く方はDCモータータイプのスキマーを選んだ方が良い。

H&Sはモーターの振動がスキマーに伝わって大きくなる感じなので、両者接続部をゴムホースにすればマシになるかも知れない。
圧力がかかる訳ではないのでシリコンホースが良いか。
接続部の塩ビパーツの外径は26mmなので内径25mmのシリコンホースを買ってみた。
ただ肉厚があるので振動対策として相応しいかどうか。
塩ビパーツを廃してゴムホース接続にすれば良いのだが、曲率が小さいとホースが潰れる。
モーターの向きを90度変えればストレートホースで接続が出来、流路抵抗も減少するはずだ。

吸気音対策はCurve A5の消音器を拝借した。
これで吸気はほぼ無音になった。

水位はBubble-Magus Curve A5の時と変えずにセットした。
少し低いかなと思うが、これは徐々に調整したい。
現在の所排水バルブは全開である。

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

現在サインインしないとコメント投稿が出来ません。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > 海水水槽:H&Sスキマーをセットする