Home > ホビー用ドージングポンプの価格

ホビー用ドージングポンプの価格


  • Posted by: F&F
  • 2019年1月 7日 12:07

ISMATECのドージングポンプは30万円以上する。
一方でホビー用のドージングポンプは4チャネルのものでも7千円位だ。

これは日本国内で買っても1.5万円位である。
これは横浜時代に使っていたホビー用のドージングポンプ同様にオープンループでDCモーターを回しているものだと思う。
その為モーターやローラー、その抵抗やチューブの抵抗によって吐出量が変わってしまう。
最初にキャリブレートすれば±20%位の添加量にはなると思うのだが、ホビー用なのでその程度である。
一度の吐出量は1mlから9999mlで、これはローラーの回転数を変えるのではなくモータの駆動時間を変える。
モータの動作回数は最大8回/日で、休止は0〜30日(時間ではなく日設定)となっている。
時間指定での動作指定が出来るので、例えば夜間にまとめて添加とか日中に3回添加などが可能だ。

ISMATECは最も細いパイプを使うと毎分2マイクロリットルの吐出量になる。
間欠動作も可能で、最小駆動時間は100msなので3.3ピコリットルが最小だ。
他に規定量送出したら停止するとか、あるいはその組み合わせなどの設定が出来るが時計機能はないので時間指定での動作は出来ない。
私にしてみればキャリブレート無しに流量が直読できるのが一番有り難い。
ホビー用のポンプはキャリブレートしても狂うので余りアテに出来ない。

でも価格は1/60だしなぁ。

中華ポンプならば6万円位だ。
信頼性は気になる所だが、機能的には十分である。

私の場合は水槽に各種添加剤を入れるのに使う訳だが、水耕栽培をしている人は水や肥料をこれで添加する。
あらかじめ肥料水?を作って置けば良いと思うのだが、肥料によっては事前に混ぜてはいけないみたいな。
これは水槽用の添加剤にも言えて、高濃度で混ぜるとダメというものがある。

水耕栽培も各種肥料の添加や照明のコントロール、溶存酸素濃度を測ったりしながら管理するのだとか。
水耕栽培の制御は難しいものとされていたのは昔の話で、肥料や培養液やノウハウの蓄積がこれを手軽なものとした。
安価な水耕栽培キットはホビーレベルだが、それでも失敗は少ない。
水耕栽培は害虫や病気などのリスクが少ないそうだ。
庭に置く小さなビニールハウスで野菜を育てると、自己消費できないほどの生産量になるとか。
https://amzn.to/2ESJo9q

   

Comments:0

コメント投稿には JavaScript が必要です。ブラウザのJavaScript 機能を有効にしてください。

サインインしなくてもコメントの投稿は出来ます。
サインインしている場合はお名前などを入力せずに、そのまま投稿できます。

登録は簡単&それによって何かが起きるわけではないのでお気軽にどうぞ。
登録ページ書き込み→確認メール送信→確認メールのURLクリックで承認、の手順です。
確認メールに書かれたURLにアクセスしないと登録は完了せず、正しいログイン状態に移行できません。
コメント フォーム
コメント投稿完了までには少し時間がかかります。
二重投稿にご注意下さい。

Home > ホビー用ドージングポンプの価格