Core12世代は割高らしい(5/18)
◆ 現在は第10世代、11世代、12世代のCoreプロセッサ搭載モデルが販売されている。12世代は昨年登場したもので、未だ割高という事だ。世代ごとの比較などもあり、最新が最良に違いは無いがコストとの兼ね合いもある。

◆ 4年前に購入したPCはi7-8700Kなので最新のi3-12100と同等か少し遅いくらいだ。CPUの性能上昇率が鈍ったとは言え、4年の月日の流れはプロセッサを大きく進化させた事になる。

◆ i7同士で比較するとi7-8700Kはi7-12700の半分以下の処理能力という事になる。見た目の部分としてはクロック周波数が少し上がり、コアが少し増え、キャッシュが少し増えた。

◆ スマートフォン用のCPUは、従来は2年で2倍くらいのパフォーマンスアップになっていたが、今はIntelのCPUと同じように4年で2倍くらいだろうか。これもPCと同じように、では4年経ったらダルいほど遅く感じるかと言えばそうでもない。

◆ Intelにはi9もあるのだが、消費電力的にも価格的にも一般的PC利用者が求める性能よりも高いところにある。というより性能向上率に比較して高額になり、極限性能を追求する人向けみたいな感じがする。

◆ AMDのプロセッサを使ったPCは殆ど使った事がないが、演算性能を求める向きはXEONよりもRyzen Threadripper 3990Xを求めるのだとか。動作クロック周波数はさほどでもないのだが、データバス幅だとかコア数でパフォーマンスを稼ぐ。CPU内のキャッシュが大きい事なども有利に働くのだろう。

◆ 現実的なプロセッサ搭載のPCに話を戻そう。昨日も書いたようにBTO PCではグラフィックボード搭載品が多い。i3やi5ではCPU内蔵GPUを使うものが多いので、普通に使うなら(つまり、ゲーム用途でないのなら)i7は要らないでしょうと言う事だ。

◆ ウチにあるDellのInspironは2枚までしかメモリを挿す事が出来ず、最大メモリ搭載量は16GBだ。ただチップセットがH110ではないかと思われるので、そうであれば最大メモリ実装量は32GBになる。Dellの常でチップセットの最大メモリ認識量よりも仕様上の最大メモリ量が少ない。CPUはi5-6400なのでi7-7700に換装すると5割くらい性能がアップする。今更古いInspronにお金をかけるのかと言われると微妙だし、消費電力が増えるとますます電源が心配になる。

◆ 電源のファンに手をかざしてみると、結構温かい排気が感じられる。電源容量が小さいので、仕様的にもギリギリなのだ。コストの問題もあるので、容量の余剰分は削らなければならない。これはVostroでもInspronでも同じ、電源の発熱量に対して冷却能力が足りないというより余裕度がない。ファンや内部に埃が溜まって抵抗となると、冷却力が不足する。

◆ ショップブランドのPCは汎用パーツが使われているので、パーツ単位の交換は容易だ。現在使っているPCも謎のモニタ消灯&スリープ解除があって電源を交換した。電源が不安定になっていたのか、外来ノイズの影響かは分からないが交換して今は安定動作している。マザーボードがダメかと思ったのだが、電源交換だけで済んだ。

昨日までの雑記は雑記置き場に移動しました。
PC版TOPページ



LIVE CAM.


お知らせ


全文サーチ


どこに何があるのか見つける為に。
F&FのBlog風1


2008−2020
F&FのBlog風A


2020−
F&FのBlog風N


2020−
HP関係


SSIとかcgiとかiアプリとか
気象関係


F&F観測所付近の映像と気象データ。
自動車関係


ワックスや燃費グッズテスト
PC関係


第一期?オーバクロック世代
旅行など


海外旅行・国内旅行・ツーリング
魚と珊瑚と猫


水草、無脊椎飼育・ネコ
デジカメ


デジカメ比較・内部拝見
家電製品他


携帯電話・家電製品・スマートフォン
料理関係


普通の人はやらない調理法
ニュースIndex


ニュースの見出し
住宅関係


土地取得から完成まで
ポリシー


プライバシーポリシー
12星座占い


当たるかな??
BBS


何でもお気軽に
LINK



Twitter



Tnx! 112,590,922 Access