夏の夕日は西に沈む

夏の夕日は西に沈む

この時期太陽は真西に沈む。冬場であれば、南西に陽が沈むところがバルコニーから見えるのだが、春先にはそれが見えなくなってしまう。
冬場は湿度が低く青いと言うより黒い空と、赤く沈む夕日が綺麗だ。

横浜は住宅街だったので夕日に照らされる景色など見ることは無かった。
高台に上がれば富士山も見えたのだが、家の2Fから見えるのは住宅の屋根ばかりだった。

ここは山の中なので見えるのは木々と山である。
ここに引っ越してきた当時は、その綺麗な夕日に見とれたものだ。
ここからは見えないのだが、北側の開けたところに行けば富士山が見える。

横浜でも同じなのだが、富士山に近いこの地でも夏場は富士山の見える日が少ない。ここから沼津方向に移動する時には真正面に富士山が見える。
最初は富士山だ~と思ったものだが、底にいつも富士山があればそれが普通の景色になってしまう。